DSC_0186~01


☆「サイクロンマグナム21stと私」
2019年にこの記事を書いていますが、今回取り上げるサイクロンマグナム21stがプライズとして稼動したのは2013年12月となります。
2013年当時の私は購入を考えずスルーしたのですが、マグナム系プライズミニ四駆にメロメロになったこともあり、ここ2年ほど「やっぱり欲しいかな」と思って探していました。

☆「ひょっこりでてくる」
今回あの手この手で手にいれました。これは私の経験ですが時間の経ったプライズミニ四駆って「ひょっこり」と中古市場(ネットでの個人売買)に出回り適正価格で購入するチャンスがやってきます。
サイクロンマグナム21stは人気のあるプライズミニ四駆ですが、ひょっこり出てくるので、欲しいかたは探してみてください。

☆「相変わらずウマイ」
DSC_0191~01

プライズミニ四駆を取り上げる度、同じことを述べていますが、プライズミニ四駆のカラーアレンジやパーツのチョイスは上手いところを突いてきます。
サイクロンマグナム21stもTZXシャーシ採用やメッキホイールそしてステッカーのデザインアレンジなどウマイです。

☆「私はエンペラードレスアップステッカーを連想します」
DSC_0187~01

たまたまだと思うのですが
白×黒×赤
エンペラーのドレスアップステッカーを連想します。

☆「やはり白かな」
DSC_0188~01

プライズミニ四駆は複数のカラーでリリースしますが箱絵になったカラーのイメージが強くなり、そのカラーが人気カラーになります。
サイクロンマグナム21stの箱絵は「白」でしたが、やはり白が人気ではないでしょうかね。
今回運良くサイクロンマグナム21stの白を手に入れたのですが、ボディカラーが白でなかったら改めて白に塗装していたと思います。

☆「何かと話題。何かと人気のTZ-Xシャーシ採用」
DSC_0189~01

元々のサイクロンマグナムはスーパーTZシャーシです。
プライズミニ四駆サイクロンマグナム21stはスーパーTZシャーシ「スーパーTZ-Xシャーシ」搭載になります。
TZ-Xシャーシを採用されたマシンは少ない事や猛烈な愛好者もあり、 2013年当時 TZ-Xシャーシを採用したサイクロンマグナム21stも話題になりました。
2019年には「サイクロンマグナムポリカボディのSPキット」が発売されますが、そのSPキットはARでなくTZ-Xシャーシが採用されています。
何かとサイクロンマグナムのSPキットにはTZ-Xシャーシが採用されて機会が多く縁深いです。

☆「AR版」
DSC_0185~01

黒のローハイトタイヤに変更目的ですが、黒ローハイト&ゴールドメッキホイールのARシャーシに乗せ変えてみました。
丸っきり同じだとダメですが、白×黒×赤のステッカーで窓を黒くして変更して「レッドSP」の名前のAR版を出して欲しいと思います。

☆「ビート&ライトニングも見たいな」
DSC_0190~01

残念ながら2019年プライズミニ四駆のリリースが止まっています。
マグナム系は
・ビートマグナム
・ライトニングマグナム
のプライズミニ四駆化されていません。
是非とも「プライズミニ四駆のアレンジ」されたこの2台を見たいですね。

☆「リンク」
サイクロンマグナムプレミアム
DSC_0066~01


マグナムセイバーfirst impact
DSC_0143~01


ビクトリーマグナム21St
DSC_0100~01


レッツ&ゴー関連の過去の日記はコチラからお願いします。
レッツ&ゴー目次

ランキングに登録している他のミニ四駆ブログへは、コチラからいけます。

人気ブログランキング ミニ四駆へ