市原時代、若き天才GKとして将来日本代表のゴールマウスを守るであろうと思われていた。

しかし相次ぐ怪我やアトランタ五輪で活躍し勢いのある横浜FMの川口などの遅れをとり代表ではあまり出場出来なかった。

所属チームの市原では2000年までは不動の守護神であったが若手の櫛野の出番が増えるとベンチでの生活が続き、高給が払えないチーム事情もあり昔市原(古河電工)にいた岡田監督のいる横浜に移籍する。
ここでも榎本達、榎本哲ら若手のバックアップになっているが二人共のまだまだ不安定なプレーの為ちょくちょく出番があるぞ。
頑張れおっさん。