勝つまで負ける

予想やPOGの話題など。

小倉記念予想

時間がないので、前に行く馬から。
アンノルーチェ・キタサンアミーゴ・ヤマニンウィスカーのBOXと
アンノルーチェ−キタサンアミーゴからの3連複流し。

 

7月17日のWIN5

京都10R  3

新潟10R  13

函館11R  10

京都11R  11

新潟11R  16

京都12R

結構前に行く馬がそろった。しかも人気になるのが先行の哲三とくれば、差し馬台頭の目に張りたい。

◎ルアーズストリート
○エトピリカ
▲エランドール
△ディアブラーダ・エーシンスポール

 

アイビスサマーダッシュはアポロドルチェとマヤノロシュニにワイドだけ。

7月10日のWIN5

京都10R 15

中山10R 1・12

函館11R 9

京都11R 2

中山11R 3・4・7

七夕賞 予想

高速馬場対応、内枠、ハンデも手ごろと条件揃った感じのサンライズベガから。
トゥーレも消せないが、アドマイヤメジャーに期待。ここ2走は休養明けと57キロが堪えたはず。パンパンの56キロで見直す。
あとはシャドウゲイト、オペラブラーボなども圏内か。

◎サンライズベガ
○アドマイヤメジャー
▲シャドウゲイト
△オペラブラーボ・キャプテントゥーレ

7月3日の競馬結果

7月にも入ったことだし、日曜だけでも小額で遊べる感じになってきたので随時更新していこうかと心機一転。

とりあえずは結果だけでも。

 

WIN5を買いました。
何日か見てきて自分的にポイントを。
々覆譴襯譟璽垢1点突破で点数を減らす。
穴っぽいレースは本命を蹴って穴を狙う。

京都10R若狭湾特別
ここは2点で。鮫島が気になるが力が抜けてる▲哀螢奪拭璽Εぅ鵐阿斑,2戦目で上昇見込めるゥ潺奪ーバラード。的中。

中山10R常総特別
ここは1点突破で。ゥ筌鵐哀▲奪肇蓮璽函E中。

函館11R函館スプリントS
カレンチャン・アンシェルブルーが内枠で出てこれない想定で前に行く馬を。テイエムオオタカとДリアンサス。外れ。

京都11R米子S
Д螢妊ル一択。的中。

中山11RラジオNIKKEI賞
前を掃除しきってのД泪ぅ優襯薀リマと安全策で▲フナ。外れ。

後で見てみるとラジオNIKKEIはひよっているなぁ・・・
ここは大振りして外した方がよかったのかもな。

 

函館SSは、カレンチャンが差し届かず2・3着というイメージでテイエムオオタカ、クリアンサスを1着固定で買いましたが、まあ思ったよりカレンチャンが強かった。

 

ラジオNIKKEIは、マイネルラクリマが連を外さないだろうと見て、1・2着固定でカフナ、フルアクセルなどをチョイス。フレールジャックがあそこまで能力があるとは思わなかった。

 

京都最終で13-16のワイドが引っかかってなんとか+で終わりました。

京都牝馬S

京都牝馬Sはコーナーが少ないレースではほぼ上位にくるヒカルアマランサスを軸に。
相手はヒカルが前を掃除したときに後ろから突っ込んでくる馬。

◎ヒカルアマランサス
○プリンセスメモリー
▲ケイアイデイジー
△リビアーモ・ブロードストリート・ベストロケーション


 

ACJ杯 予想

頭数がさびしくなったが、なかなか見ごたえのあるメンバーとなった感。
明け4歳より年上の牡馬で総大将格のトーセンジョーダンが出てきた。
これと明け4歳の中でも1枚落ちると見られているコスモファントムとの結果次第では、今年の古馬戦線の趨勢が決すると思われる。

そのトーセンジョーダン
中山も問題なし、距離も適正、脚質も自在ということなし。不安は内田のみか。
前走は有馬記念でスローに落として逃げ、0.3秒差の5着と健闘した。
今回はもう少し締まったペースになるだろう。そうなると有馬記念でトーセンと0.5秒差のネヴァブションの逆転の目が出てくる。

コスモファントムはどうか
ロングスパート戦でいい結果を残しているイメージがあったが、その実、中盤で緩むところがある展開からの持続戦に強みを持っている。
ダービーのような決め手勝負も歩が悪いが、天皇賞秋のような緩まない流れも推せる根拠はない。

今回は、トーセン・コスモがそれなりに意識しあってレースを進めるだろうし、お互いに牽制しあわなければ・・・

◎ネヴァプション
○サンライズベガ
△トーセンジョーダン・コスモファントム

日経新春杯・京成杯予想

日経新春杯

ローズ一族が58キロで1番人気濃厚ってだけで、2・3着臭しかしない。
メンバーで唯一ローズに先着したことのあるヒルノダムールは少々距離が長いか。
ルーラーシップも有馬をみるとローズと1.5キロ差で逆転はと言われると厳しいと思う。
ゲシュタルトはちょっと見劣りする。
コスモヘレノスはグラスワンダー。
ビートブラックしか残らなかったのでこれとメイショウクオリアの行った行ったで。

◎ビートブラック
○メイショウクオリア
△ローズキングダム
×ルーラーシップ・ヒルノダムール

 

京成杯

スマートロビン目標で先行馬には厳しい流れに。

◎コウヨウレジェンド
○メイショウトチワカ
▲フェイトフルウォー
△ノヴァグロリア

シンザン記念とフェアリーS回顧

はい、またしてもいきなり回顧。

シンザン記念は馬券買いました。おもっくそはずれました。
いちおう晒しておくと、
◎ワイズリー
○ツルマルレオン
▲ヴィジャイ
△シャイニホーク
×トキノゲンジ

ドナウブルーの出方がわからなかったのですが、牡馬相手に押し切れる感じもなければ差し比べで勝てる気もしないので消しました。

12.2 - 11.2 - 11.7 - 12.1 - 11.6 - 11.2 - 12.0 - 12.0 1.34.0 (シンザン記念)
12.3 - 11.3 - 11.8 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 11.4 - 12.0 1.33.4 (京都金杯)
総裁とシャイニーホークのラップは直線入るまでシルポートとほぼ同じ。
そりゃ潰れるわな。
ドナウブルーは中途半端だった感じがするし、それを気にかけていた馬たちはレッドを楽にさせすぎた。
よく追い込んだオルフェーブルは、内を回って一番いい流れだったし評価をあげるのはやめとこう。
マルセリーナは逆に思ったより強い。
サガスはまあピリっとした脚が使えない馬なんでしょう。

追走が楽になるならギリギリヒーローは今後狙いたい。

 

フェアリーSは前潰れ期待でコスモバタフライから。
出遅れすぎでしょう・・・

12.3 - 10.6 - 11.1 - 11.1 - 12.0 - 12.2 - 11.9 - 12.5 1.33.7
いや、まあ期待通りの展開になったわけですが、ダンファさんがもうちょい早めに行ってくれないと・・・ね。

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ