masamiの☆まの字

「真善美」と書いてまさみと読みます! 東京での「masami hara」の自由気ままな脇道生活を 綴っています。

February 2011

博多土産 二○加煎餅(にわかせんぺい)

110302_1332~01

こちらは、博多銘菓「二○煎餅」
福岡の方なら、皆さんご存知ですよね。
個性豊かなTVCMも流れていましたよね。
・・・思い出す(笑)

読み方は・・にわかせんぺい
せんべいじゃなくて、「せんぺい」
この響き、かわいらしいでしょ?

博多仁和加の起源は、寛永年間(1624年ー1643年)
黒田忠之公の頃といわれています。
博多のもの好き連中がお盆の夜に集まり、提灯の両縁をとったものを
頭からかぶり、目の部分だけあけて、往来をそぞろ歩いたとか。
人に出会えば、口から出まかせの軽口や謎の問題をしかけ人々を
笑わせる。・・それが、いつしか「仁和加」と呼ばれるように
なったんだそうです。

ユーモアあふれる博多の笑い。
藩政を風刺したものも多く、藩政改善の資料とされたこともある
そうですよ。
さらに・・仁和加は、劇となり演じられました。

郷土演芸として今では、博多弁丸出しで広く親しまれています。

このお菓子は、
その博多仁和加の半面をかたどったおせんべいというわけ。
110302_1333~01

菓子箱の中にも、このお顔の「半面」が一枚入っております。
たれめで滑稽なお顔でございますが・・・
おせんべいのお味は?

続きを読む

盛り上がるJR博多駅

6068e935.jpg★今回の短い福岡滞在
最終日、天神から地下鉄で空港へ向かう途中、地下鉄の駅で
「JR博多シティ開業」のポスターをみて、博多駅で途中下車
盛り上がる博多駅ば、ひと目みてから帰ろうと思ったわけ。

1245a145.jpg駅構内の柱には、
九州新幹線全線開通」のポスターがたくさん
貼られていました。
久留米、大牟田、玉名・・・鹿児島に新幹線が通るんですね
12日が久留米駅
13日には鹿児島駅
わーー、すごいっ

駅の売店では、九州新幹線開通記念のお土産物が並んでいましたよ。
すごいのはね、新幹線をかたどった箱に、ながーーーいバウムクーヘンが入ったもの。
電車好きにはたまらんでしょ。


続きを読む

モンブラン倶楽部(福岡市中央区天神3丁目)

110225_2240~03

○「小金ちゃん
これ、福岡の人なら知ってますよね〜
西通りから親富孝通り(おやふこうどおり)に向かう途中にある
有名な屋台。35年営業している、皇族の方や芸能人もやってくる
屋台。大将の顔が、のれんになっているのねっ。

小金ちゃんを過ぎて、向かったのは「親富孝通り
Kダーリンが、一軒目に連れて行ってくださる時からおっしゃっていた、私が上京する前に送り出してくださった舞台(お店)
「ほら、テラスがあって、一度会ったら忘れられんママがおるとこよ。覚えてないね?」

私は、いろんなところに連れて行っていただいていたので・・・
う〜ん、記憶をたどる・・・

「まあ、行ったらわかるよ、思い出すよ」

覚えてるかな〜と、不安だった。

そして・・・お店の入っているバッカス館8階へ

7c97b171.jpg★エレベーターを
降りて、お店の看板(のれん?)をみたら・・・
店名「モンブラン倶楽部」・・ふむ?

でも、なんとなく、お店の入り口が懐かしい?!
c46262c9.jpg
★すみません、最初にのべておきます。
再会に感動し、人の優しさに感謝し・・・携帯のカメラの
照明をつけずに撮影(苦笑)薄暗くって、たぶんわかりづらいかも
お許しを・・・。

さあ、店内に入ると薄暗い照明の中、笑い声が聞こえてきました。
カウンター席、テーブル席、老若男女で大盛り上がり。
博多のフライデーないとは、華やいでおりました。

「ほら、思い出してきたやろ?」とKダーリン。

店内を見渡したあと、カウンター越しに窓の外に見た風景は
・・・・あ!!知ってる!!ここ、知ってる〜〜

続きを読む

味の店 さだ幸(福岡市中央区大名)

計画しても、なかなかふるさと「福岡」へ帰らない私が、
今回多忙な中にも「絶対帰るぞ」と決めたのは・・・
2つの大事な目的があったから〜

ひと〜つ★母親のお誕生日
ひと〜つ★お世話になった方との再会

さてまずは、再会話。
今じゃ「自由人」となってしまっている私にも、まじめな会社員
時代が、ほんのわずかだけ(笑)あったとよ。
その貴重な会社員時代、あっ、OL時代?うん?
受付嬢時代
大変お世話になった方がいたのに、「東京で生きるのが精いっぱいだった、いや、今も精いっぱいだけど」そんな私は、長い間
失礼にもご無沙汰してしまっていたのでございます。

でも、つねにきになっていたんです、しょっちゅう福岡に帰って
いれば思い出して連絡したのにねえ。
親の顔もなかなか見に帰らない親不孝もんですからね

再会したのは、Kダーリン。
Kダーリンとホテルのロビーで待ち合わせ
かっこいいーーー。かっこいい再会(笑)
ダンディなスーツ姿のKダーリンをみて、まずびっくり。
だって、いつも仕事中は、職業柄もあって「ジーンズスタイル」しか
みたことがなかったんですからねえ。

0b3c566d.jpg★まず、再会の舞台となったのは!
大名にあります、Kダーリンいきつけの「味の店 さだ幸」さん。大人の隠れ家的和食屋さん。

続きを読む

博多音羽寿司(福岡空港内)

突然ですが、2月25日から福岡へ帰っておりました
旅のレポートをお届けいたします。

福岡空港に13時半着。
福岡市内でルームシェアしていた親友Tちゃんが、
空港へ車で迎えに来てくれて、Tちゃん車で宿泊予定のホテルまで
送ってもらうんだけど・・その前におなかがすいて、ひとまず
空港でランチ
Tちゃんは、私と暮らしている頃、福岡空港国際線ターミナルで
働いていたので、空港内はお手のものでしょうということで
彼女のおすすめのお店に〜
・・と言ったら、空港で働いている頃はレストラン街で食事は
していないとのこと

そこで、なんでもいいよねっといいながらレストラン街へ。
速攻、「あっ、音羽寿司は?音羽寿司なつかしかろ?よかやろ?」
決定。ランチメニューをみて、「これ食べたい」と叫ぶ私。

福岡の方ならわかりんしゃろうけど(笑)
博多音羽寿司と言ったら、天神の本店以外に
福岡市内に数店舗展開。有名な老舗店。
戦後 天神の焼跡で、5人程度座れる位の小さな屋台で、
すしを握っていたのが、始まり。

私が、これ食べたいと叫んだメニュー、なんだと思います?
福岡に帰らな食べられんもんです。

続きを読む

お別れの季節

仕事で「秋葉原」の街に通いつめ、
かなり親しみを感じ始めたころ
秋葉原=おたくのイメージは、私の中からだいぶ薄れていきました。
電気街には、PCに詳しい人しかいかないようなイメージも、
電気街にある秋葉原ならではの専門店の取材を重ねていく
うちに、いがいにも「○○オタク」じゃない私でも、
興味津々のものがたくさんあるのだと知りました。

グルメもね、歩きながら食べられるおたく向きのものから
新しいスイーツや、老舗店のおいしいものなど、いろいろ
発見できました。

そんな秋葉原の街とも、もうすぐお別れ〜
そして、もうひとつ、お別れ〜
寂しいですねえ

続きを読む

塚田牧場(中野駅北口店)

54578a74.jpg★いつもひとり芝居
でお世話になっているヘアメイクのNちゃんから連絡があって
「かつら」返却のため中野で待ち合わせ。
次回4月のミーティングもかねて、いつもスタッフと行く中野の
居酒屋へ。

しか〜し、いつもご贔屓にしていたあの居酒屋が
な〜い、ないない、なくなっている。
といいますか、正確には違うお店になっていたんです。

新しく中野に登場したお店は、「塚田牧場
二階に続く階段をのぼる・・これは前と同じ。
その階段の前で、浴衣姿でチラシを配るかわいいお姉さん。
うわあ、裸足に草履。寒くないの〜〜

オープンは2月18日
なぬ?最近じゃないの。
続きを読む

東京岩盤浴発祥、中野アイロック事情

冷え、低体温からだいぶ脱出したと思っていたのですが、
寒さで胃腸が弱ってしまい、久しぶりに思い立って中野の
岩盤浴アイロック

良かった、まだあった。
・・っていうくらい久しぶり。

その昔、あれだけ盛り上がった「岩盤浴ブーム
だいぶ落ち着いた頃に、「不衛生さ」が問題になり、つぶれた
お店もありましたよね

しかし、東京の岩盤浴の発祥といわれているお店「アイロック」は、
さらなる発展をしておりました。

今回体験したのは、「ホルミシスコーナー
そお、私が通っていたオープン当初は一種類だった岩盤浴に
何種類か増えていたんですよん続きを読む

勝浦タンタン麺

6f3429b6.jpg千葉県勝浦に行った
お友達がくれた「勝浦タンタンメン」
え?いつから勝浦名物になったのかしら
知りませんでした。
確かにその昔、私はタンタンメンのファンでした。
大好きだったのは、新宿小田急ハルクに入っていた
「香港飯店」のタンタンメン。でも、もういまはお店がなくなってる。

最近は、中野でおいしいタンタンメン屋さんに行ってみたけど
う〜ん、いまひとつ私好みじゃありませんでした

7bdc2871.jpg勝浦に仕事で立ち寄ったお店で、おじさんが大人買いしていたのを見て買ったという
友人。ふむ、勝浦には「タンタンメン」がおいしいお店が
あるというのに、なぜカップ麺を大人買い?

・・しかし、いがいにピリ辛でうまいのであった。
私は、ひき肉とごまがふんだんに使われたクリーミーな
スープが好きなんだが、こちらは非常にあっさり。
麺は好み。
勝浦といえば

続きを読む

リビング・モティーフ(六本木5丁目)

8118fe21.jpg★六本木散策中、
たまに立ち寄るのがインテリアショップ「LIVING MOTIF」
(リビング・モティーフ)

六本木交差点から、外苑東通りをドンキホーテ、ロアビル方面へ
直進すると、右手にあるAXISビル。
ビル内の地下、1階、2階の3フロアに素敵なインテリア。
1階は、ガラス張りなので、道路から中が覗けます。
ウィンドウディスプレイがおっしゃれ〜。

だから、つい立ち寄ってしまうんですよ。

でも、インテリアショップって全体のバランスが良く
おしゃれに見えるけど、実際はグッズを数個かっても
はじまらない(笑)
空間自体をかえなくちゃねえ
箱がおしゃれじゃなければ・・と、思うのですが、
ついつい買っちゃうカップ&ソーサー。

2階のフロアには、ステーショナリーやワークアイテムが
センス良く飾ってあるんですけれども、こんなスペースで
仕事したら、ものすごくはかどりそう
なんて思います。

自分の時間を過ごす、自分の空間演出って大事ですよね。
いまは、眺めて「いいなあーー」と憧れるばかりですが

★素敵なお店のホームページは、こちら

人気ブログランキング参加してます。
ぜひ応援ワンクリックお願いしま〜す





気に入って頂けたらクリック!
人気美容・健康BLOG ★一日ワンクリック! 応援してくださいねえー
★TOPICS★
○メールはこちらまで
mazeran1990@ac.auone-net.jp
★ツイッター始めました。
masami_haraをフォローしましょう



こんな私・・
masami
はじめまして!波乱万丈人生を楽しむ自由人です。
趣味は「脇道探検」
東京23区をまわる一人芝居を
やってま〜す。
このブログに登場する男性は、すべてダーリンと
呼ばせてもらいます・・・あしからず!
気になるもの達★


★出会いを求めて!



★お豆腐屋さんのコスメ





コメント大歓迎!!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アフリエイトで副収入!!
お気に入り&お友達ブログ



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ