efabb5d4.jpgJR中央線の西荻窪
といえば、アンティークストリートめぐりに
よく訪れる街。
そしてとても思いで深い街のひとつでもある。
大好きなベーグル屋さんもあるし・・
居心地の良い喫茶店もある。

こちらは、『物豆奇』と書いて「ものずき」と読む
喫茶店。
今日訪れたのは・・2度目。
そして・・1度目も、2度目の訪問もきっといつまでも
忘れないであろう・・・

8e84057c.jpg1度目に訪れたのは
私がJR中央線の「武蔵小金井」駅を利用していた頃
つまりは・・10年以上前のこと。
劇団を旗揚げして間もない頃だったように
記憶している。その頃、劇団の衣装さんが
この街に住んでいて、
武蔵小金井のさみしいアパートに帰るのが億劫だったとき
数日間居候させてもらったことがあったのである。

確か、あの頃の私は吉祥寺で「バーテンダー」
のバイトをやっていて・・
彼女が某有名衣装会社へ出勤したあと
夕方まで時間があるのに・・自宅に帰りたくない私は
よく、ぼーっと西荻窪の街を散策していたのでございます。

そのときにみつけてふらりと入った喫茶店
忘れもしない出来事がおこりました(笑)
店内の客は私のみ。
天井には、無数のアンティークランプと
チクタク、チクタク・・いろんな種類の時計が時を刻んでいたの。

ブレンド珈琲を頼んで、木製のテーブルの上に原稿用紙を
ひろげて・・台本出筆。
そお、いろんな喫茶店で、バイトまでの時間を
平気で長居をしていた私。
今思えばずうずうしい客。
若かったから・・出来たのよね、きっと(笑)
ああもちろん、珈琲一杯で長居はしませんよお。
必ず食事までオーダー(笑)

おだやかなBGMと癒しの時計の音に囲まれて
ペンが走り出した・・と、思った瞬間
ガタガタガタガタ・・・
さらに強く・・・ガタガタ・・・ガラガラガラ・・

地震でした。
かなり大きかったのよねーーー
気づいたら私はテーブルにもぐっていて
店主は、フロアに飛び出てきて
時計を押さえていたの

しばらくしてゆれがおさまると・・
お互いに目を合わせると同時に
「大丈夫ですか・・」と声をかけあった

そんな思い出の喫茶店
あれから何度もこのお店の前を通るたびに
そのことを思い出しては、ほくそえんでいたのに
いつも素通り。
理由はわからない

67d672c9.jpgそして2度目が今日。
久しぶりの店内
扉をあけると「ふくろう」が、ホホーーっと、お出迎え。
ふくろうのぬいぐるみでした。
入口付近には、舞台のポスターが貼ってあって
時を刻む音が聞こえてくる

自宅で夜、ベッドに入ったあとに聞こえてくる時計の音は
うるさく感じるのに・・アンティークだからなのかしら?
こちらの時計の音は心地よく感じた。

ブレンド珈琲を頼んで・・ほっとひといきついたはずだけど
もちろん、今日は地震はこなかったけど(笑)))
今日は、あまりにも記憶に残ることがおきた日だったから・・

こちらのお店の扉を開いたところまでの記憶は鮮明なのに
その後の時間の記憶がない。

正気に戻ったら・・駅にむかって歩いていた。

今日は午後から三鷹へ行き
その後、西荻窪へ。

まっすぐ自宅へ戻るはずが・・しらぬまに街をふらーーっと
歩いていた。人間は、極度の緊張におそわれたあと
カラダを休めたくなる・・と思いがちだが
逆にじっとしていられなくなるのですね・・・

行くあても考えず、ぐるぐると歩いていた
そして気づいたら・・思い出の喫茶店の扉に手をかけていたの

今日の日の出来事については
話せる時期が来たら・・語りたいと思います。

私の中で・・なにかがかわった日
そんな日でした。

普通にお気に入りの喫茶店としてご紹介したかったの
だけど・・・妙なタイミングで再訪したもので
お店についての紹介になっていないかもしれないけれど
西荻窪のアンティークストリート散策に訪れた際には
是非立ち寄って頂きたい!

そんな癒しの空間です♪