f90023d0.jpg●宿場通りをどんどん直進し
奥のほうへ向かうと、少し細くなった通りに
気になるお屋敷をみつけました
入口付近は、駐車場になっていて案内板をみると

0f85ea7d.jpg★「千住名倉医院
ふむ、病院なのね・・と、思いましたら
案内板によると

骨つぎと言えば名倉と言われるほど、
関東一円にその名を知られていた名倉医院。
1770年頃から、柔術や剣道を教えるかたわらで、
骨つぎを手がけていたと言います。」

うーーん、今の整骨院・接骨院の始まり



4f318b2c.jpg★駐車場からお屋敷目指して
ずんずん歩いて行くと、午前の診療の受付が終了
したところのよう。
今もなお、この地で開業なさっているんですねえ。
開け放たれた入口から、奥を覗かせていただくと
なんだか立派なお庭黒塀
広がっておりました。
入口は、長屋門といいまして
江戸時代」の名残のようです。

この医院は、日光街道や水戸佐倉街道の分岐点にほど近い場所にあり
昔、門前の広場には、遠方から名医名倉を訪ねてきた
患者さんたちのかごや大八車が、ひしめいていたそうです。

現在は、こちらの医院のほかに
御茶ノ水には名倉クリニック
そして北千住駅西口のミルディス(北千住マルイの奥)内に
千住名倉医院 駅前クリニックとがあるみたいですよ

0d0cc11e.jpg●これは、名倉医院に到着する前に
みつけた気になる看板
おそらく、衣料品店の店先にあった
ものだと思われます、が

ものは言いようですね(笑)
Lサイズを「ふくよかサイズ」って・・・
とても、かわいらしい表現ですね

看板の文字があまりにも目立っていて
思わず笑ってしまいました

人気ブログランキング 参加してます。記事に興味を持っていただけたら
ワンクリックお願いします