3696fb66.jpg★南池袋にあります
『雑司ヶ谷(ぞうしがや)霊園』を抜けて
お散歩してみました。
目的地が霊園ではなかったのですが
あまりに広々として、いちょうがきれいだったから
通り抜けてみることに。

墓地というより草木や花々、自然がいっぱいで
安らぎを感じる都会のオアシスといった感じ。

本来なら、ひと駅でも都電荒川線にゆられて
向かいたい場所だけど、今回は池袋から徒歩
JR池袋駅からは15分ほど。
有楽町線の東池袋からなら10分程度。
秋晴れの日なら、これまた心地よいお散歩コース

48c77ba3.jpg園内の中央通りから
少し入った「いちょう通り」
見事に紅葉してましたよ。

0998cda5.jpg★こちらの霊園には
様々な著名人がねむっておられます。
案内図を持って墓めぐりをされる方も
いらっしゃるそうですが
私は、たまたま通った路地で
島村抱月」と「竹久夢二」のお墓に遭遇。

・島村抱月・・新劇運動のさきがけとなった人物
       演出家・劇作家
       松井須磨子とともに芸術座を結成

・竹久夢二・・夢二式美人といわれる美人画を数多く残した
       大正浪漫を代表する画家・詩人

確か、私がいまマイブーム中の「夏目漱石」のお墓も
ここだったような記憶

帰宅後に調べてみたら、

竹久夢二さんのお墓の近くに漱石先生もねむっておられた
ようで、お参りできず残念

他にも
泉鏡花・・明治後期から昭和初期の小説家・戯曲家
      「歌行燈」幻想文学の先駆者(66歳没)
小泉八雲・・「怪談」で知られるイギリス人小説家(54歳没)
永井荷風・・明治から昭和にかけて活躍した小説家
       「すみだ川」(79歳没)

・サトウ八チロー、いずみたく、東条英機、東郷青児、ジョン万次郎など


また時間のあるときに、ゆっくり訪ねたいなーーと思いました。
著名人のお墓をきっかけに、また改めて人物象・歴史などを調べたり
作品をよみかえしたりするのも、いいですね。
そして
さらに興味をもてば、博物館・美術館・記念館へと
足を運ぶのもいいかも。

竹久夢二美術館(根津)へは、久しぶりに行ってみたくなりました。
そして、小泉八雲記念館にも興味あり。
って・・、島根県松江市は遠すぎる
ひとまず、彼が東京大学で講師をやっていたころに住んでいた新宿
の旧居あとにでも行ってみたいものです。
石碑がたてられているようですよ

人気ブログランキング 参加してます。記事を読んで興味をもって頂けたら、ぜひ
ワンクリックお願いします