初めて訪れた「砂町銀座商店街」

結局、迷いに迷って(笑)交番に聞いてたどり着いたのでありました。
戦前は、30軒ほどの普通の商店街だったそうで
戦争中は、もちろん焼け野原。
昭和38年ころからは、現在の状態だったそうな。

いやはや、これまでにも都内でいろんな商店街を巡りましたが
○個性的、オリジナリティあふれる商店街
○にぎやかな商店街
○お惣菜のオンパレード

そんなイメージですね。
正直言って鳥越のおかず横丁の風情は好きだし、あの寂しい感じも私好みだけど
砂町銀座こそ、「おかず横丁」というネーミングがぴったり。
レストランや飲食店よりも、「おでんだねの店」「八百屋」「お惣菜や」「焼き鳥屋」などが
大半。ほかには、地元の酒屋さん、肉屋さん、鮮魚店、衣料品店など。

戸越銀座に行ったときは、長さはすごいと思ったけれど、オリジナリティにかけて
期待外れの感(つまりは、チェーン店やドラッグストアが多くてありきたりな雰囲気)
がありましたが、こちらにはチェーン店が少なかったな〜

CIMG1370

特に人が群がっていたのが、こちらのかまぼこ店。
かんじんな商品が見えない・・・

人気ブログランキング参加してます。
ぜひ応援ワンクリックお願いします




続きを読む