以前にも書きましたが、AKB選抜総選挙の予測の中では、個人的に自分は石井教授の研究が一番好き?で、注目しています。個人的な興味で、今年の結果についての教授の仮の見解を、下にまとめました。
一昨年の「松井珠理奈はまったく読めない」と書かれた時代から、「5位まででデッドヒート」と言われるまでの力?を付けてきているようなので、教授の詳しい分析が期待されます。

【石井教授の選挙前の予測を載せた東京新聞記事

2014年6月1日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2014060102000156.html

人気アイドルグループ「AKB48」の第6回選抜総選挙の結果が7日、東京・味の素スタジアムで発表される。姉妹グループのSKE、NMB、HKTを含む約300人が立候補する人気投票とあって、毎年、国政選挙に負けない関心を集める。ファンはお目当てのメンバーの順位に一喜一憂するが、この結果を、数式で理論的に予測できるとしたら!? 昨年の総選挙をほぼ的中させたという鳥取大学の石井晃教授(57)=物理学=に今年の総選挙を占ってもらった。 (藤浪繁雄)

 天下を取るのは「さしこ」か「まゆゆ」か-。石井教授は五月二十一日の中間発表を見て予測する。「固定票が多い指原莉乃(さしはらりの)さんが逃げ切るか。浮動票を多数獲得しそうな渡辺麻友(まゆ)さんが逆転するか。終盤までもつれそう」

 石井教授の数式では、メンバーに関するファンのブログなどの書き込み数(間接コミュニケーション)やその推移、広告宣伝効果、口コミ(直接コミュニケーション)を簡略化して織り込んだ数理モデルの方程式に当てはめ、ファンの「投票行動」をはじき出す。書き込み数が多く、減り方が緩やかな人は概して上位に入ってくるという。

 中間発表では(1)指原さん(2)渡辺(麻)さん(3)松井珠理奈(じゅりな)さん(4)柏木由紀さん(5)島崎遥香さんが上位に入った。「ベスト5の顔触れは変わらないだろう」と石井教授。首位争いの二人は別格で「三~五位争いもデッドヒート」とみる。

 松井(珠)さんは浮動票をうまく取り込み、柏木さんはファンとの交流に強く、島崎さんはブログ書き込み数の減り具合が最も緩やか-と、それぞれに特色が出ている。六位の松井玲奈(れな)さん、七位の山本彩(さやか)さんの争いも激しい。
 五月二十五日に岩手県の握手会で起きた襲撃事件の影響もありそうだが、負傷した川栄(かわえい)李奈さん(中間発表四十五位)と入山杏奈さん(同七十七位)については「二人を心配したり、事件そのものへの書き込みが多いが、現時点では大幅に得票を伸ばしそうな推移はない」と分析する。

 数式を発案したきっかけは、二〇〇四年の米大統領選。有権者のブログが大きく影響したことを知り「物理学の数式だが、これで人間の行動が読める」と考えた。インターネット関連会社の協力を得て、ブログなどのデータを提供してもらい、研究は軌道に乗った。
 当初は国政選挙を予測しようと考えたが、有権者の書き込み数が少なく「それなら」と毎年実施されるAKB総選挙を対象に分析を試みた。アイドルの人気投票とはいえ、数式の分析からは国政選挙ばりの現象が見て取れたという。

 例えば、昨年一位の指原さんは異動した福岡でローカル番組で活躍するなど、地元で評価された。「地元を固め、風が吹き浮動票も取り込んだ。〇九年衆院選の民主党のようだった」。柏木さんは直接コミュニケーションの値が高く「握手会に強く、どぶ板に徹している」と評価。卒業を控え今年は不参加だが、首位争い常連だった大島優子さんには「固定票の量が違う。交流した個々のファンとのエピソードも記憶していると聞く」。選挙に強い政治家の資質を備える。
 社会現象化し、メディアでも過熱気味のAKB総選挙。CDも依然大ヒットしているが、石井教授は「ブログの書き込み数が減った。昨年の半分くらいしかない日もある」と明かす。大島さんや一二年に卒業した前田敦子さんといった強力なメンバーが不在となったからでは、と推測する。


【石井教授の選挙前の予測を載せた読売新聞記事
2014年06月07日 09時48分
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20140606-OYT1T50215.html

 「ヒット現象の数理モデル」を考案した鳥取大学工学部の石井晃教授(57)(物理学)の研究室が、アイドルグループ「AKB48」の新曲を歌うメンバーをファン投票で決める選抜総選挙(7日開票)の結果予測に挑み、前回3位の渡辺麻友さんが初めて1位になる可能性があると分析した。
 石井教授は、広告宣伝費や口コミ情報、インターネット上の書き込み件数などをもとに人気を予想する方程式を考案。選抜総選挙予想は国政選挙や自治体選挙の模擬ケースとして昨年初めて行い、1位となった指原莉乃さんの2位以上を予測した。
 今回は名前や愛称などの書き込みから固定ファンの「基礎票」を割り出すとともに、速報発表(5月21日)までの盛り上がりと、その後の減少率に着目。減少率が大きいと、得票数は伸びないとして計算した。
 速報では、1位指原さん(3万7582票)、2位渡辺さん(2万5283票)、3位松井珠理奈さん(2万3012票)、4位柏木由紀さん(1万7266票)、5位島崎遥香さん(1万5514票)。渡辺さんは基礎票が多いうえ、減少率が低く、大幅な上積みが見込めるという。
 石井教授は「(連覇を狙う)指原さんと激しいトップ争いになる」と予想。松井さんと島崎さんについても「今後の伸びを表す係数が大きく、3位に入る可能性がある」としている。


【上の記事を詳しく書いたブログ(残念ながら麻友・指原のみ)

AKB選抜総選挙 さしこvsまゆゆ
http://stonewell.blog.so-net.ne.jp/2014-06-07


【6月7日の石井教授のツイッターから】























【石井教授の研究について解説したサイト】
http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/tokusyu/20130805/201308toku1.html

数式についての簡単な説明もあり