はじめましてつゆだくと言います。

主にXYシングルをやっています。

ダブルやポケカも始めたいですね 。

パーティーとかちょっと考えたものとかを書いていきたいなーと思います 

久しぶりのブログ更新となります。つゆだくです。

9月16日に行われたつくばポケモンだいすききクラブ主催のつくオフで3位となることができたので、
構築を記録しておこうと思います。

そもそも、サンムーンは友達とQR対戦をする時にしかやっておらず、レートなどはしていなかったため、使用するパーティーがありませんでした。当初はバンドリを使用しようと考えていたのですが、シーズン5の上位にいたグライオン+ポリゴン2にマンダが入ったパーティーに勝つことが難しいと感じたためパーティーがなく途方に暮れていました。twitterでパーティーを募集したところptrst君が案をくれたのでそれを改良し持っていくこととなりました。

メガガルーラ+クッション+スカーフという並びが単純でつようそうなので、これを軸とすることにし、
持ってないポケモンを代用していきガルカバコケコゲッコドランミミッキュとなりました。

以下、常体となります。

ガルーラ@メガ
207-159-101-x-102-116
猫騙し
捨て身
地震
不意打ち

このパーティ―唯一のメガ枠。選出のしやすさを優先するため単体性能が高いと考えている猫不意型での採用。また、行動回数が欲しかったので耐久に大きく振った型にした。当初は秘密の力を使う予定だったが威力が低すぎて捨身となってしまった。最後のワンウェポンは炎のパンチ、冷凍パンチ、地震で悩んだがゲンガーやドランの処理を考えて地震とした。結果論ではあるが冷凍パンチや炎のパンチの方が欲しい場面が多かった。適当に猫打ってるだけで強いのが素晴らしかった。

カバルドン@ゴツゴツメット
215-132-187-79-92-68
地震
岩石封じ
どくどく
なまける

クッションその1。相手の地面枠、バシャーモ、電気枠に投げていく。ランドロスでない理由はめざ氷を持ったメガバシャが上位におりそれを気にしたことと砂おこしの定数ダメージがガルーラの猫騙しと相性が良いと考えたためである。起点回避の技としてあくび、ほえる、岩石封じがあるがあくびはコケコとアンチシナジーであるため不採用とし、ボーマンダとギャラドスをを重く見たため挑発されても打てる岩石封じとした。また、相手の地面枠に対しての打点として氷の牙の採用を考えたが、グライオンの処理を他に任せることにしたためカバミラーで強くなるどくどくを採用した。最後に回復ソースとして怠けるを入れたが、打つタイミングがあまりなかったのでステロなどでもよかったかもしれない。

カプ・コケコ@スカーフ
146-183-105-103-95-182
ワイルドボルト
ブレイブバード
ボルトチェンジ
とんぼがえり

相手に先に展開された場合のストッパー及び終盤の掃除役。スカーフ枠として考えたポケモンとしてはガブリアス、ゲッコウガもいたが、とんボルチェンの採用によりガルーラの猫騙しの使用回数を増やすことが強力であると考えたためコケコにした。ゲンガーやテテフを重くみたため物理型での採用。Sに補正をかけて抜きたいラインが見当たらなかったので意地っ張りとした。

ヒードラン@残飯
借り物のため実数値は割愛
ふんえん
大地の力
どくどく
守る

ガルーラに数値を受けを突破する力がないため、地面枠を除いた数値受けに対して崩しを行うことができるヒードランを採用した。配分はHDベースとしてミラーを意識してSに少し振っている。数値受けを崩すどくどく、炎技として外し負けがないことと思考回数を稼げることから追加効果のある噴煙を採用し、コケコが出せないパターンにおいてゲンガーを見れるよう大地の力にした。最後の一枠は定数ダメージを稼ぐことや場持ちをよくするために守るとした。コケコが出しにくい構築は地面枠がいる構築でありヒードランに大地の力を入れる意味は薄かったかもしれない。

ゲッコウガ@クサZ
臆病CS
くさむすび
めざ炎
ハイドロポンプ
冷凍B

王冠使ってなくて実数値酷いので割愛。
Zが余ってたのでZをもたせて強いポケモンを考えたところゲッコウガとなった。相手のレヒレやスイクンとカバルドンの並びを一貫して崩せる草結びZとした。ドランが出せないときにナットレイをどうにかするためめざ炎と単純に強い冷凍Bを入れて、最後の一枠は一貫しやすい中で威力を重視してドロポンにした。コケコやバシャが入ってるパーティーが多かったのであまり選出はできなかった。

ミミッキュ@風船
130-110-101-×-157-162
いたみわけ
のろい
みがわり
おにび

ここまででグライオンにギロチンを打ち放題にされる未来が見えたのでグライに強いポケモンを考えた。裏にいるポリ2も考えるて処理が安定するポケモンが思いつかなかったところ、こんな沸いたポケモンに行きついた。1回も出してないので強いかはわからない。多分グライ入りに風船ミミッキュは強いので剣舞で採用するべきだった。オフでは1回グライ入りに当たり日和って出さなかったらガルーラが1発でちょん切られて負けた。

バシャ入りがキツかった。これは本当松。
ミミッキュ思いついた時は天才だし最強だと思ったけど嘘松なうえブス松だった。

総括
僕にしては強そうなポケモンだけでパーティーが組めたのうえに苦手としていたガルーラで勝てたのでよかった。しかし、記念すべき第10回で優勝できなかったのは悔しいためウルトラサンムーンでは優勝を果たしたい。

Special Thanks
パーティー案をくれたptrst
育成を手伝ってくれたしまこー
ドランを貸してくれたうじおさん
語彙力を台無しにしてくれたオタク達

どうもつゆだくです

前回の記事であげたダストビークインはくそ雑魚だったので解体しました。

新弾のコケコのテキストが発表された際にカラマネロにエネを張りながらコケコで殴るデッキが強いと思いました。

そのデッキをある程度の形にしたのですが、サブに組み込むポケモンがなかなかうまく決まりませんでした。マルマインを投入したデッキタイプが多くあるのですがマルマインとカラマネロの相性が悪く、マルマインを入れなかった際のサンダースやライコウもパワーが低いと感じました。 
枠がかなり空いていたこと、ダストダスが環境に多いためグッズを減らしたいこと、コケコの特性から逃げエネが重いシステムポケモンを入れてもデッキが回ること、以上のことからラフレシアを投入しました。先攻1ターン目の強力催眠+イライラかふんはかなり強力であり、苦手なマッチアップでも特性ロックさえなければ取れることも多いと思います。

ポケモン17
カプコケコGX 4
ラフレシア 3-3-3
カラマネロEX 1
シェイミEX 3

サポート17
プラターヌ博士 4
N 4
AZ 4
フラダリ 2
リーリエ 1

グッズ14
ハイパーボール 4
トレーナーズポスト 4
レベルボール 3
ピーピーマックス 3 

スタジアム4
巨大植物の森 4

エネルギー 10
基本雷 10

一応ジムバトルで一回使って全部じゃんけん負けましたが先攻でダストに軽いしつけれられた試合以外は勝ちました。じゃんけんが強い人が使うと強いです。

↑このページのトップヘ