ドラまとめのニュース

ドラマ、映画等のニュースやネタをまとめてます。 暇つぶしにしてくだされば・・・

    1: ひぃぃ ★@無断転載は禁止 2017/05/22(月) 10:17:02.72 ID:CAP_USER9
     俳優の長谷川博己(40)が主演を務めるTBS日曜劇場「小さな巨人」(日曜後9・00)の第6話が21日に放送され、平均視聴率は13・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。

     初回13・7%と好スタート。第2話=13・0%、第3話=11・7%と数字を落としたが、第4話=13・5%と回復。第5話は芝署を舞台にした“前半”の締めくくりとなり、初回を上回る13・9%を記録していた。第6話(21日放送)からは豊洲署を舞台にした“後半”に突入した。

     警視庁と所轄の確執や警察内部の闘いを軸とした警察エンターテインメント。事件の謎解きのみならず、出世や人事も含めたリアルな警察、警察官の姿を描く。

     「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」などのヒット作を生んだ伊與田英徳プロデューサー(49)、福澤克雄監督(53)が再びコンビ。今回、福澤監督は監修に回り、田中健太氏(37)渡瀬暁彦氏(36)池田克彦氏(35)が演出を担当。伝統ある同枠において30代トリオが演出を務めるのは極めて異例。脚本はTBS「TAKE FIVE?俺たちは愛を盗めるか?」フジテレビ「無痛」などの丑尾健太郎氏(40)。「半沢直樹」などの八津弘幸氏(45)が脚本協力を務める。

     長谷川が演じるのは、東京の治安を根底から支える警視庁「捜査一課」の刑事・香坂真一郎。将来は、警視庁4万人の現場警察官の頂点に立つ最高指揮官「捜査一課長」を期待されるエリートだったが、ある事件を機に人生が一変。所轄の警察署に左遷される。出世街道から外れる一方、懸命な所轄の同僚たちを目にし、刑事としての使命に悩みながらも、自らの正義を信じて悪に立ち向かう。香坂のライバル・山田春彦を岡田将生(27)、香坂の最大の敵となる捜査一課長・小野田義信を香川照之(51)が演じる。

     第6話は、さらなる左遷で豊洲署へ配属となった香坂(長谷川博己)。山田(岡田将生)もまさかの所轄へ異動に!ある日、早明学園に勤めていた横沢(井上芳雄)の捜索願が出される。香坂は理事長の金崎(和田アキ子)と専務の富永(梅沢富美男)の元を訪ね、横沢が金を横領したとの話を聞く…という展開だった。

    2017年5月22日 10:07
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/22/kiji/20170521s00041000339000c.html

    画像
    no title

    【【小さな巨人 視聴率 速報】長谷川博己主演「小さな巨人」第6話13・5% 後半突入も衰えず】の続きを読む

    1: あずささん ★@無断転載は禁止 2017/05/22(月) 17:38:08.50 ID:CAP_USER9
    2017年12月15日に予定している『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』の公開まで、いよいよ半年を切りつつある。首を長~くしながら公開を待つファンは、本シリーズ関連のニュースに敏感になっているのではないだろうか。

    そんななか、ルーク・スカイウォーカー役を演じるマーク・ハミルが、『スター・ウォーズ』における歴史的ワンシーンの裏側についてツイート! その 思わずクスっと笑ってしまうような画像が必見なのである!!

    ・歴史的ワンシーンの裏側は……

    今までに公開された『スター・ウォーズ』シリーズ7作品のなかで、最もショッキングかつ映画史に残る名シーンと言えば、『帝国の逆襲』でダース・ベイダーが、ルークに「私がお前の父親だ」と告白するシーンである。

    かくいう筆者も子供の頃に本作を見た時に、「ええ~!!」とダース・ベイダーがルークの父親だという事実に驚き、テレビの前で叫び声を上げたことを覚えている。そんな衝撃的なシーンについて、アイルランドのテレビリポーターがある画像をマークに向けてツイート!

    ・乱雑に置かれた大量のマットレスが!!

    その投稿には、ダース・ベイダーに右腕を切られたルークが、宇宙船の柱にしがみついている白黒写真がアップされている。劇中では、柱の下には大きな空洞が遥か下まで続いているのだが、投稿画像でマークの足元に写っているのは大量のマットレス! 画像には、「下に置かれたマットレスのおかげで安心感があった?」とリポーターのコメントが添えられている。

    シリーズ中で最も重要なシーンなのに、乱雑に置かれた数々のマットレスが少しおマヌケというか、「実際の撮影風景って、こんなんだったんだ~」と思わずクスっと笑えてしまう感じなのである。

    ・マークを心配するスタントマンも写っていた!

    そして、この投稿に対してマークが、「いつも安心感があったよ。でも、後ろで遠くから僕を眺めているスタントマンを見て! マットレスは見た目よりもずっと下にあったんだ」と返信。

    良~く画像を見たら、足場が悪く高い場所で撮影に挑んだマークを心配して、大量に積まれたマットレスの向こう側で、スタントマンが心配そうにマークを凝視しているではないか! マークがスタントマンに頼らずに体当たりで演技に挑んだからこそ、映画史に残る衝撃的なシーンがリアリティ溢れる仕上がりになったと言えそうだ。

    現代なら、同シーンはグリーンスクリーンを背景に撮影され、残りは全てデジタル処理されるところだ。だが、当時は本格的な宇宙船のセットの中で撮影が行われていたと知って、興味深く思った次第である。

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2017/05/22/902986/
    画像
    https://pbs.twimg.com/media/C_5l8SIXYAAfPxg.jpg

    【【スターウォーズ 最後のジェダイ あらすじ】『スター・ウォーズ』の歴史的ワンシーンの裏側はこうなっていた! ルーク役マーク・ハミルが衝撃写真をツイート】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/22(月) 10:38:06.46 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000109-sph-ent
    スポーツ報知 5/22(月) 10:35配信

     21日に放送された柴咲コウ(35)主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜・後8時)第20話の平均視聴率が14・5%を記録したことが22日、分かった。前回の13・9%から0・6ポイント、アップした。

     初回16・9%でスタートした新大河ドラマ。第2話15・5%、第3話14・3%と2放送回続けてダウンしていたが、第4話で16・0%の大幅アップ。しかし、第5話で14・5%とダウン。第6話で12・9%と同ドラマ最低を記録。第8話で13・4%、第9話14・0%、第10話12・5%、第11話13・7%、第12話12・9%、第13話13・1%、第14話12・9%、第15話14・4%、第16話13・7%、第17話11・0%、第18話14・3%、第18話13・9%、そして今回と推移している。

     「おんな城主―」は戦国時代から徳川家を支えた名門・井伊家の戦いを描く物語。幕末の大老・井伊直弼(なおすけ)の先祖に当たる柴咲演じる直虎(柴咲)は出家して尼(次郎法師)になっていたが、お家断絶の危機に直面すると、直虎を名乗って城主に。乱世に立ち向かっていくというストーリーだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    【【おんな城主 直虎 視聴率速報】「おんな城主 直虎」第20話は14・5% 前回から0・6ポイント上昇】の続きを読む

    1: みつを ★@無断転載は禁止 2017/05/21(日) 00:58:27.31 ID:CAP_USER9
    http://dramanavi.net/sp/news/2017/05/fox24-2.php

    『プリズン・ブレイク』『24:レガシー』米FOXが、オリジナルの続編となる『プリズン・ブレイク』復活版と、『24 -TWENTY FOUR-』のリブート版『24:レガシー』の今後について語っている。米Varietyが報じた。

    今月15日(月)にFOXのゲイリー・ニューマン社長は、『24:レガシー』の主演コーリー・ホーキンズがブロードウェイの舞台『私に近い6人の他人』への出演が決定したことで、秋の新シーズン放送は不可能であることを発表。しかし、将来的に本シリーズが復活する確率はゼロではないとも明かしており、コーリーのスケジュール次第ではカムバックもあり得そうだ。

    そして、復活版『プリズン・ブレイク』に関してはイベントシリーズなだけに、FOXのダナ・ウォルデンCEOが"毎シーズン製作する作品ではない"として、「復活版を特別にしたかったので、(新シーズンについては)慎重に検討したい」とコメントし、復活の可能性をほのめかしながらも今後については明言していない。

    『プリズン・ブレイク』は主役のウェントワース・ミラーをはじめとするオリジナルキャストが多数続投したが、一方の『24:レガシー』は本家に主演したキーファー・サザーランド抜きでキャストを一新しただけにチャレンジが大きかったようだ。

    残念ながら現段階では同局の看板ドラマシリーズ2本の新シーズンが製作される見込みは薄そうだが、『X-ファイル』復活版の第2弾が製作されることは明らかとなっている。モルダー役のデヴィッド・ドゥカヴニーとスカリー役のジリアン・アンダーソンもカムバックすることが決定しており、こちらは2018年の放送となる予定だ。(海外ドラマNAVI)

    2017/05/19

    【【海外ドラマ 米fox】米FOX、『プリズン・ブレイク』と『24:レガシー』の今後を語る】の続きを読む

    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/05/20(土) 20:51:18.39 ID:CAP_USER9
    http://www.oricon.co.jp/news/2091047/full/
    2017-05-19 22:31

    芸能活動30周年、主演作250本を越えるVシネの帝王・竹内力が、原案・製作総指揮・主演を務めるオリジナルドラマ2作品が、「J:COM プレミアチャンネル」で独占先行放送されることが明らかになった。
    男たちが闇の世界で巨悪と闘う『闇の法執行人』と、謎の強烈オバハンが大暴れする『大馬鹿代』の2作品。後者では、竹内がヒロイン役に初挑戦。
    オバハン、大馬鹿代に扮し、笑いあり、涙あり、アクションあり、お色気あり(?)のかつて誰も見たことがないような“笑撃”のエンターテインメントを作り上げる。

    竹内は「誰かと同じことをやってもダメなんだよ。すべての予想を覆すことがヒットするコツ」と『大馬鹿代』の見どころを次のように語っている。

     「オレが演じるのは大馬鹿代っていうオバハン。まず、売りとしてはオレのパンチラがあるぞと(笑)。
    でも、化け物みたいに見える彼女だけど、哀しい過去もあってサスペンス的な見どころもある。
    感動的なシーンもあって泣けるんだ。日本人って笑えて感動できるコメディーが好きじゃない? それを新しく作ろうと思っても普通にやったんじゃ『男はつらいよ』の寅さんには絶対に勝てない。
    だからオバハンになろうと思ったのよ。鹿代はアクションもするけど、正当アクションは一切封印し、怪獣的な強さを見せるようにしている。
    でも、見てると不思議なことに彼女がかわいらしく見えてくるんで老若男女に自信を持ってすすめられる作品だね」。

    一方、『闇の法執行人』は、弁護士資格を剥奪され、探偵稼業に堕ちた男。正義感ゆえに、効率義の弁護士事務所をやめた新人弁護士の女。
    長年の裏悪事がバレて、上司の計らいで閑職に追いやられたマル暴の刑事。
    ひょんなことから、3人が出会い、さまつな事件から、ついには世の巨悪へと戦いを挑んでいくハードボイルドな連続ドラマ(全3話)。

    「今までVシネマのヒットシリーズを作ってきて、一度つかんだ客は逃さない自信がある! オレはこれまで『難波金融伝 ミナミの帝王』、『仁義』シリーズに出ていたんだけど、
    この2つの作品のストーリーと、それぞれの主役の萬田銀次?と神林仁をミックスさせた頭も良くて、アクションもできるキャラクターを作りたかったわけよ。
    それが龍崎剛(今回の主人公)」と語っているとおり、竹内の集大成のような作品だ。

     「最後の編集チェックにも関わっていて、そこで重要視したのは感動する作品に仕上げること。今回の作品でいえば、現代版の『水戸黄門』ってところかな。
    そこにハリウッド的なサスペンスも入ってる。でも、それ以上に泣けるし、スカッとするんで、とにかく俺を信じてチャンネルをロックオンして欲しい」と話している。

     両作品は、J:COMとグループ会社であるアスミック・エースが、日活が運営するCSチャンネル「映画・チャンネルNECO」と共同で製作。
    「J:COM プレミアチャンネル」(299ch)にて、『闇の法執行人』は6月10日スタート(毎週土曜 後10:00~11:20)。
    『大馬鹿代』は翌11日(後10:20~11:45、単発)に放送される。同日深夜0時より、J:COMの動画配信サービス「J:COM オンデマンド」でも配信。
    両作品は今後「映画・チャンネルNECO」でも放送を予定している。

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【竹内力 映画 一覧】“男の中の男”竹内力がヒロイン役に初挑戦 「オレのパンチラがあるぞと(笑)」】の続きを読む

    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/05/21(日) 05:20:27.67 ID:CAP_USER9
    2017年05月20日 12:30

     NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第19話「罪と罰」では、直虎は、近隣の領主である近藤康用(橋本じゅん)から、領内の山の木々を井伊の者に盗まれたと訴えられる。調べると被害は井伊領内にも及んでいたが、直虎はついに犯人を捕らえる。それは以前、直虎に人集めの知恵を授けた旅の男(柳楽優弥)だった。直之と政次は打ち首を主張するが、直虎は労役をさせてはどうかと言う。直虎と政次が対立する中、男が牢から脱走してしまう。

     井伊に亡き直親(三浦春馬)の娘と名乗る少女・高瀬(髙橋ひかる)が訪ねてくる。元許婚である直親の隠し子発覚にショックを隠しきれない直虎だが、井伊家の当主として、その真偽がわかるまで高瀬を屋敷で預かることを決める。噂を聞きつけた直親の元妻・しの(貫地谷しほり)も高瀬のもとに乗り込む。

     高瀬が本当に直親の娘であれば井伊家の姫ということになるが、その真相を調べるなかさまざまな憶測が広がる。政次は、今川と武田の同盟関係に亀裂が入ったことから、高瀬は武田が井伊に送り込んだスパイなのではないかと疑う。

     冷静に対応しようとするが、高瀬も戸惑うほどの動揺ぶりを見せる直虎。一方、かつて直虎に対する嫉妬心を燃やしたが、周囲が予想していたものとは違った様子で高瀬に接する、しの。立場は違えど直親を慕った女性同士、二人の反応にも注目だ。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    no title

    no title

    no title

    no title

    http://www.crank-in.net/entertainment/news/49829

    【【おんな城主 直虎 ネタバレ】『おんな城主 直虎』突然現れた少女・高瀬 、直親の娘なのか武田のスパイなのか…】の続きを読む

    1: 湛然 ★@無断転載は禁止 2017/05/21(日) 05:05:23.50 ID:CAP_USER9
    [2017年5月20日7時40分 紙面から]

     開催中の第70回カンヌ映画祭で18日(日本時間19日)、特別招待作品に選ばれた木村拓哉(44)主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が、公式上映された。

     「無限の住人」は、英大手新聞「ガーディアン」から「星4つ」(最高は5つ)の高評価を受けた。
    同紙は「オリジナリティーに物足りなさはあるものの、力強さがあり、観客が持ち帰るものがある。三池ワールド全開だ」と評し、木村の演技についても「(アクションで)衣装がなびくたびに興奮が止まらない」としている。


    (C)沙村広明/講談社 (C)2017 映画「無限の住人」製作委員会
    no title

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1826352.html

    【【無限の住人 映画 キャスト】「無限の住人」を英紙ガーディアン「星4つ」高評価】の続きを読む

    1: Reproduction Prohibited ★@無断転載は禁止 2017/05/19(金) 18:27:17.41 ID:CAP_USER9
    キンコン西野がアニメ映画監督デビュー「えんとつ町のプペル」を映像化
    東スポWeb 5/19(金) 16:38配信

     ディズニーを超える! お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(36)が、アニメ映画の監督としてデビューすることが18日、分かった。
    これは西野自身が描いて約30万部のベストセラーとなった絵本「えんとつ町のプペル」の映画化で、2019年の公開を目指している。お笑い関係者によると西野は世界で勝負する気でいるという――。

     アラフォー芸人の“セカンドキャリア”が最近、にわかにクローズアップされている。米国に拠点を移した「ピース」の綾部祐二(39)が15日に活動を開始。楽しんご(38)は同日、改名した上で俳優に転身すると宣言した。

     岐路に差しかかる芸人が出てきた中、歯に衣着せぬ発言でたびたびネット上を“炎上”させてきた西野が、メガホンを取ることになった。
    自身が描き、絵本作家名義「にしのあきひろ」で昨年10月に発売して異例のヒットとなった絵本「えんとつ町――」をアニメ映画化し、その監督を務めるというのだ。

     お笑い関係者は「本人は『ディズニー映画を超える!』と息巻いているらしい。昨年、『君の名は。』が大ヒットしたアニメ映画界に殴り込みをかけることになる。公開は19年を目指していて、声優には豪華俳優陣を起用するようだ」と声をひそめて明かした。

     お笑い界から映画監督に挑戦した芸人といえば、“先駆者”北野武監督(ビートたけし=70)を筆頭に「ダウンタウン」松本人志(53)、「品川庄司」品川ヒロシ(45)、劇団ひとり(40)、板尾創路(53)など、最近は増加傾向にある。

    「西野は監督挑戦のタイミングも“適齢期”と言える。長編映画の監督デビューを果たしたのは、たけしさんが42歳、松本さんは43歳、品川さんは36歳と、いずれもアラフォー。19年公開なら西野は38歳(7月3日以降は39歳)になっているし、機は熟した感がある」(同)

     西野が絵本制作にのめり込んだきっかけは、タモリ(71)だったという。もともと絵画好きだったが約10年前、飲み会の席でタモリから「絵を描いたらどう?」と勧められ決意を固めた。

     一心不乱に描き続けて、処女作絵本「Dr.インクの星空キネマ」を完成させ、にしのあきひろ名義で09年に絵本作家デビュー。それ以降、5作描いてきた。

     ところが、芸人と絵本作家という二足のわらじが一部から批判を浴び、昨年6月には“芸人引退”を宣言したこともある。

    「確かに一時に比べると、テレビ出演などは激減したが、キングコングとしては吉本の劇場に出演して定期的に漫才はやっている。今後は芸人、絵本作家に加え、映画監督という“三足のわらじ”を履くつもりなのでは」(構成作家)

     最近の西野は政治色の強い活動にも進出している。20日には千葉市内で、幕張メガフロート構想などを語るトークショーに出席する予定もあるという。

     いろんな分野に手を出して“鬼才芸人”とも言われる西野。果たして映画監督としては、どんな評価を受けるのか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000036-tospoweb-ent
    no title

    【【えんとつ町のプペル 西野】キンコン西野、アニメ映画監督デビュー 「えんとつ町のプペル」が映画化】の続きを読む

    1: muffin ★@無断転載は禁止 2017/05/19(金) 17:40:23.25 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/eiga/news/233153
    2017年5月19日 11:00

    ヒュー・ジャックマンの主演作「ウルヴァリン:SAMURAI」が、6月9日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送される。

    日本各地で撮影が行われた本作は、「X-MEN」シリーズのキャラクター、ウルヴァリンを主人公にしたSFアクション。
    ジャックマン扮するウルヴァリンの前に立ちはだかる剣術の達人シンゲンを真田広之が演じ、TAO、福島リラ、ウィル・ユン・リーがキャストに名を連ねている。
    「ナイト&デイ」「コップランド」のジェームズ・マンゴールドがメガホンを取った。

    なおこの放送は、「ウルヴァリン」シリーズ最新作「LOGAN/ローガン」が6月1日に全国公開されることを記念したもの。ジャックマンは同作でウルヴァリン役を引退すると発表している。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【ウルヴァリン samurai 日本人】ヒュー・ジャックマンVS真田広之、「ウルヴァリン:SAMURAI」が地上波初放送 「金曜ロードSHOW!」 6月9日】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@無断転載は禁止 2017/05/19(金) 13:17:33.35 ID:CAP_USER9
    ケネス・ブラナー他“超豪華”キャストで贈る、映画『オリエント急行殺人事件』12月公開決定!

    http://www.hollywood-news.jp/news/movie/75662/
    2017.05.18 18:00

    no title

    “ミステリーの女王”アガサ・クリスティーの小説をベースに描かれる『オリエント急行殺人事件』の日本公開が2017年12月に決定した。

    本作は、青列車、ゴールデン・ロー、ノース・エクスプレスのような象徴的な名称を持つ豪華列車で、ヨーロッパ各地を網羅し、進化する鉄道網を100年以上に渡り駆け巡っていたオリエント急行を舞台に繰り広げられる。物語は、トルコ発フランス行きのオリエント急行が発車後すぐに、客室で男が刺殺されてしまう。世界的な名探偵エルキュール・ポアロは、殺人者が再び人を襲う前に、事件を解決しなければならない。そんなポアロは、シャーロック・ホームズなどと同様に 、時代を越え、現在に至るまで支持を得ている名探偵の一人。クリスティーの最も有名な登場人物の一人で、「カーテン―ポアロ最後の事件」が出版された際、ニューヨーク・タイムズが、一面で彼の死亡記事を掲載するほど、愛されたキャラクターだ。

    メガホンを取るのは、数々のシェイクスピア劇で名を馳せ、『シンデレラ』や『マイティ・ソー』を大ヒットに導いた名匠ケネス・ブラナー。ブラナーは、監督だけでなく、ポアロも自身で演じる。さらに、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ、『バットマン リターンズ』のミシェル・ファイファー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のデイジー・リドリー、『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー助演女優賞を受賞したジュディ・デンチ、『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞したペネロペ・クルス他豪華キャストが作品を彩る。

    多くの作品で世界中を魅了し、9月15日に『エイリアン:コヴェナント』の公開も控える巨匠リドリー・スコットや、『シャーロック・ホームズ』の脚本や『LOGAN/ローガン』(6月1日公開)をはじめ『X-MEN』シリーズのプロデューサー兼脚本家のサイモン・キンバーグらが、ブラナーとともにプロデューサーを務める。 “豪華すぎる” キャスト・スタッフで描かれるのは、どんな作品なのか?益々、注目が集まる。

    ■『オリエント急行殺人事件』
    2017年12月 全国ロードショー
    配給:20世紀フォックス映画

    【【オリエント急行殺人事件 映画 新作】ケネス・ブラナー他“超豪華”キャストで贈る『オリエント急行殺人事件』12月公開決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ