メディア・ビジネス勉強会

メディア×ネット×ビジネスについて考えるヒント Since 2005

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方

メディアビジネスを語るには、広告の価値=効果測定のNorm値(基準値)の確立は欠かせない。
圧倒的到達率を誇るTV-CMの効果測定の現状と進化の行方は??

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方
IMG_6422




























こちらも2016年刊行となりますが、TV‐CMという広告の効果測定がどのように変化していくか!?
の概要を押さえるには一読しましょう。


<内容>
現時点でもやはりテレビCMの到達率は魅力である。
本書では、あいまいだったテレビCMの効果効能を科学的に分析し、
真のデジタルマーケティングに必要なデータと共に動画コンテンツのありかた、
将来的なテレビCMのあり方について論じる。

第一章 新たなTV視聴データで実態を把握する
第二章 クリエイティブを科学する方法論
第三章 宣伝部が採用すべき新たな考え方
第四章 CMを科学するために
第五章 「CMを科学する」の向こう側
第六章 最新米国レポート

ほか、最新のテレビ視聴測定技術や、最先端の脳科学を広告に利用した例など、
今まさに最前線で起こっている革新的事例をまとめた現場レポートも収録。

著者について
横山隆治(よこやま・りゅうじ)

1982年青山学院大学文学部英米文学科卒。
同年、旭通信社入社。
1996年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを起案設立、代表取締役副社長に就任。
2001年同社上場。
2008年ADKインタラクティブ設立。同社代表取締役社長に就任。
2011年デジタルインテリジェンス代表取締役に就任。

ネット広告黎明期からビジネスの実践とデジタルマーケティングの理論化・体系化に取り組む。


拡張するテレビ ― 広告と動画とコンテンツビジネスの未来 ―

テレビの進化。
2005年からメディアビジネスの進化を綴っている本Blogですが、インフラとデータ活用の環境条件が整備されてきた現在、かなり盛り上がってきております。
個人的な環境もまたこのテーマが巡ってきたのでボチボチとこのブログにメモっていこうかな

2016年8月出版された
「拡張するテレビ ― 広告と動画とコンテンツビジネスの未来 ―」
IMG_6407





























環境変化が速いので2016年時点の情報では、古いのですが情報キャッチUPの意味もあり読みました。
ポイントは、VOD、ネット配信、動画広告ですかね。

目次 
序章 テレビは拡張している
第1章 SVOD二年目、第二幕
第2章 テレビ番組のネット配信
第3章 テレビ視聴の変化と新しい視聴計測による広告業界の変化
第4章 二度目の動画広告元年
第5章 新しい映像配信サービスはテレビに取って代わるのか?
第6章 ソーシャルテレビ再び
第7章 今後のテレビビジネスと映像コンテンツ産業
第8章 広告コミュニケーションの新しい姿

著者
境 治(さかい・おさむ)
コピーライター/メディアコンサルタント

1962年福岡県福岡市生まれ。東京大学卒業。
87年広告代理店アイアンドエスに入社しコピーライターに。

その後、フリーランスとして活動したあと2006年、映像制作会社ロボットで経営企画室長、
2011年、広告代理店株式会社ビデオプロモーションでコミュニケーションデザイン室長を経験。
2013年から再びフリーランスになりメディアコンサルタントとして活動。
各種メディアや個人ブログでメディア論を展開し、講演活動などで業界の変革を呼びかけている。
勉強会「ソーシャルテレビ推進会議」を運営しながら、有料WEBマガジン『テレビとネットの横断業界誌MediaBorder』発行し、
情報と人脈の交流に努めている。

境さんは宣伝会議のAdverTimesでコラム連載中
ビデオコミュニケーションの21世紀〜テレビとネットは交錯せよ!〜
https://www.advertimes.com/author/sakai_osamu/



日本再興戦略 落合陽一

日本再興戦略 落合陽一
IMG_6290[1]

























いまどきの感覚をキャッチUPするは悪くない

本文から引用
「ポジションを取れ。批評家になるな。フェアに向き合え。手を動かせ。金を稼げ。画一的な基準を持つな。複雑なものや時間をかけないと成し得ないことに自分なりの価値を見出して愛でろ。あらゆることにトキメキながら、あらゆるものに絶望して期待せずに生きろ。明日と明後日で考える基準を変え続けろ」



News「テレビ朝日とKDDIは、スマートフォン向け動画配信事業を開始」

テレビ朝日とKDDIは、スマートフォン向け動画配信事業を開始したとのこと。

地上波番組連動のオリジナルコンテンツの共同制作を手掛けることにしており、共同制作にあたっては国内で初めて通信キャリアのビッグデータを活用。

リリース記事はこちら

お勧めコラム「テレビがもっと面白くなる?!マーケティングの世界」

久しぶりに投稿です。

マーケティング×データ分析をテーマに連載コラムが読めるWebメディア
「Insight×Inside」

こちらで本blog読者にも楽しめる連載があるのでご紹介

タイトルとリンク先はこちら

テレビがもっと面白くなる?!マーケティングの世界

テレビビジネスの取引においてベースになっている視聴率。
まずは、そのデータの解説から始まってます

これからのTVビジネスもデータ分析が重要になってくるのは間違いないですね。

仕事に役立つ統計学の教え

統計学という言葉で、何気なく手に取った本でしたが
IMG_1122[1]
























なかなか面白かったです。
仕事に役立つとは、営業、マーケのアプローチについてを統計学的に解りやすく説明している本です。
Amazon書評は意見われてましたけどね。
確かに、解りやすい分初心者的で物足りない方もいるかも。
すぐ読めるので是非一読ください。


著者紹介Amazonより

斎藤広達(さいとう・こうたつ)
1968年生まれ。慶應義塾大学を卒業後、外資系石油会社に入社し、主にマーケティング関連の業務に従事。シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランドベルガーなどを経て、現在はシカゴコンサルティング代表取締役。主として企業再生コンサルティングを手がけている。『ビジネスプロフェッショナルの教科書』(日経BP社)、『「計算力」を鍛える』(PHPビジネス新書)など著書多数。

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

ビックデータブームで多くの本が出てますが
結構オーソドックスな内容でした。

IMG_1090[1]

























何のためにビックデータを分析するか?
どう活用するか?
 

ビックデータ

ビックデータ!は新しいマーケティングの世界を拓か
IMG_1082[1]
























マーケティングはインターネット上の情報を扱う技術、システムの進化に伴い調査アプローチも進化しています。
新しい手法に取り組むプレーヤーによる紹介内容は、かなり多岐にわたっている。それだけに多くの可能性を感じられます。今後更に実例を重ね、検証が進み有効性が確立されていくものではありますが、その試み、挑戦にワクワクします。
是非、皆さんもこの一冊で妄想を膨らませてください。

 

アマゾンより紹介
 ALBERT、インデックス・アイ、インサイト・ファクトリー、ビデオリサーチ、リクルートライフスタイル、R&D、KSP‐SP。データサイエンスのトップランナーが紹介する最先端の情報抽出・情報解析10選!
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
朝野/煕彦
千葉大学文理学部卒業、埼玉大学大学院修了、千葉大講師、専修大・都立大・首都大教授を経て、中央大学および多摩大学大学院客員教授。学習院マネジメント・スクール顧問。専門はマーケティング・サイエンス。AMA、INFORMS会員。日本行動計量学会理事、日本マーケティング・サイエンス学会論文誌編集委員などを歴任

データサイエンティスト

はい、流行りもの好きの私です。
というわけで、今は「データサイエンティスト」でしょうww。
 仕事関連で関係もあるのでお勉強。
データサイエンティストって何という人はまずこれ
IMG_1073[1]
























橋本大也氏の著書で解りやすくアプローチされてます。データ(解析)に携わる方々のインタビューは盛り込まれ実態を感じるとともに統計学の触りを解説と データ解析をビジネスとしてかかわる、関わりたい方へデータサイエンティストと言う流行語?に囚われずイメージしやすい一冊。

ついでにこんな本も
IMG_1080[1]
























 この手の本はもっと出版されるでしょうねw。

ビックデータを制するものは、次世代ビジネスを制する!!
いつの時代も、実データだけで語るのはダメでそれを踏まえたイマジネーションがどれだけできるかが重要ということは普遍です。
統計のテクニカルな事を学ぶ過程で、現実社会における問題認識とデータ活用法の創造力を忘れずに!! 

皆さんも勉強、勉強!
 

ビッグデータの覇者たち

今はやりのビックデータをタイトルに謳った本
IMG_1052[1]
























本書の筆者は、海部/美知さん
1960年、神奈川県生まれ。一橋大学社会学部卒業。スタンフォード大学MBA取得。本田技研工業、NTTアメリカなどを経て、現在、コンサルティング会社ENOTECH Consulting代表を務める。シリコンバレー在住。(アマゾンより)

ビックデータは、ビジネスの可能性が先行して話題になり流行っているようですが、実態はなかなか掴みずらいですよね、本書でも挙げているようにGoogle、アマゾンなどの技術を学べばその可能性とビジネスへの有効性はかなり理解できると思います。

本書では、このあたりを中心に解りやすく解説されてます。

そして 、ビックデータの取り扱い上のデリケートな課題であるプライバシーとの関連に言及し、今後の有用性と可能性を考察してます。

自身のビジネスにと考えるには、もっと突っ込んだレベルの検討が必要でしょうが、まずは全容理解にお勧めの本です。

しかしながら、ビックデータのビジネスはもはやグローバルウェブ企業の四天王Google、アマゾン、フェイスブック、アップルクラスの規模感がないとその果実は手に入れられないのでは?と思うようなスケール感を感じずにはいられません。
 


そうそう本書でも先日ご紹介の「マネーボール」の話を引用してますので、是非一度見てください
 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/still_life46/51912998
Archives
Recent Comments
blogram投票ボタン
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場