メディア・ビジネス勉強会

メディア×ネット×ビジネスについて考えるヒント Since 2005

アレクサ vs シリ ボイスコンピューティングの未来

わが家にもGoogle Nest Miniがきてちょっと経つが、お手軽で使い勝ってが良いと個人的には思っている。
たいした事には使っておらず、音楽やラジオ、タイマー、天気予報などだがやはり音声で情報をやり取りをできるのは未来的で楽しい。

夢があるよね
IMG_7567



































でこの本を読んでみた。
皆さんもボイスコンピューティングに関心があればぜひ

新規事業の実践論

新規事業を立ち上げる。
なかなか大変なことは、もちろんそのチャンスをどのように獲得するか?
自身で企業するが、自己判断で出来る手段であるが、やはり勇気が必要。
私もそうでしたが、意外と多くの方がその時のビジネス環境で結果的にチャンスが巡ってきたということがあるのではないでしょうか?

社内の新規事業を任せられる
今いる会社の体制が大きく変化して携わっていた新規事業を任せれられる、或いは引き受ける等々

こちらは、お勧めされて読んだ本です。
IMG_7501






















社内新規事業のガイドとして是非、ご一読を!

5Gでビジネスはどう変わるのか

5Gでビジネスはどう変わるのか
IMG_7220

















5G関連の本かなり読みましたが、こちらお勧め


NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業

NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業
IMG_7157
















こちら創業時代初期からの話、ベンチャー系の方にお勧め



WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?

メディアを取り巻く環境は、ITの進化にあわせて激変!
テクノロジーの進化でビジネスモデルも変革する時代、知識のUPデートでビジネスモデルも考えていかないとね

■本日のおすすめ本

WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?

ITナビゲーター2019年版 (野村総合研究所 ICTメディア・サービス産業コンサルティング部 )


IMG_7091


















 


CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方

メディアビジネスを語るには、広告の価値=効果測定のNorm値(基準値)の確立は欠かせない。
圧倒的到達率を誇るTV-CMの効果測定の現状と進化の行方は??

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方
IMG_6422




























こちらも2016年刊行となりますが、TV‐CMという広告の効果測定がどのように変化していくか!?
の概要を押さえるには一読しましょう。


<内容>
現時点でもやはりテレビCMの到達率は魅力である。
本書では、あいまいだったテレビCMの効果効能を科学的に分析し、
真のデジタルマーケティングに必要なデータと共に動画コンテンツのありかた、
将来的なテレビCMのあり方について論じる。

第一章 新たなTV視聴データで実態を把握する
第二章 クリエイティブを科学する方法論
第三章 宣伝部が採用すべき新たな考え方
第四章 CMを科学するために
第五章 「CMを科学する」の向こう側
第六章 最新米国レポート

ほか、最新のテレビ視聴測定技術や、最先端の脳科学を広告に利用した例など、
今まさに最前線で起こっている革新的事例をまとめた現場レポートも収録。

著者について
横山隆治(よこやま・りゅうじ)

1982年青山学院大学文学部英米文学科卒。
同年、旭通信社入社。
1996年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを起案設立、代表取締役副社長に就任。
2001年同社上場。
2008年ADKインタラクティブ設立。同社代表取締役社長に就任。
2011年デジタルインテリジェンス代表取締役に就任。

ネット広告黎明期からビジネスの実践とデジタルマーケティングの理論化・体系化に取り組む。


拡張するテレビ ― 広告と動画とコンテンツビジネスの未来 ―

テレビの進化。
2005年からメディアビジネスの進化を綴っている本Blogですが、インフラとデータ活用の環境条件が整備されてきた現在、かなり盛り上がってきております。
個人的な環境もまたこのテーマが巡ってきたのでボチボチとこのブログにメモっていこうかな

2016年8月出版された
「拡張するテレビ ― 広告と動画とコンテンツビジネスの未来 ―」
IMG_6407





























環境変化が速いので2016年時点の情報では、古いのですが情報キャッチUPの意味もあり読みました。
ポイントは、VOD、ネット配信、動画広告ですかね。

目次 
序章 テレビは拡張している
第1章 SVOD二年目、第二幕
第2章 テレビ番組のネット配信
第3章 テレビ視聴の変化と新しい視聴計測による広告業界の変化
第4章 二度目の動画広告元年
第5章 新しい映像配信サービスはテレビに取って代わるのか?
第6章 ソーシャルテレビ再び
第7章 今後のテレビビジネスと映像コンテンツ産業
第8章 広告コミュニケーションの新しい姿

著者
境 治(さかい・おさむ)
コピーライター/メディアコンサルタント

1962年福岡県福岡市生まれ。東京大学卒業。
87年広告代理店アイアンドエスに入社しコピーライターに。

その後、フリーランスとして活動したあと2006年、映像制作会社ロボットで経営企画室長、
2011年、広告代理店株式会社ビデオプロモーションでコミュニケーションデザイン室長を経験。
2013年から再びフリーランスになりメディアコンサルタントとして活動。
各種メディアや個人ブログでメディア論を展開し、講演活動などで業界の変革を呼びかけている。
勉強会「ソーシャルテレビ推進会議」を運営しながら、有料WEBマガジン『テレビとネットの横断業界誌MediaBorder』発行し、
情報と人脈の交流に努めている。

境さんは宣伝会議のAdverTimesでコラム連載中
ビデオコミュニケーションの21世紀〜テレビとネットは交錯せよ!〜
https://www.advertimes.com/author/sakai_osamu/



日本再興戦略 落合陽一

日本再興戦略 落合陽一
IMG_6290[1]

























いまどきの感覚をキャッチUPするは悪くない

本文から引用
「ポジションを取れ。批評家になるな。フェアに向き合え。手を動かせ。金を稼げ。画一的な基準を持つな。複雑なものや時間をかけないと成し得ないことに自分なりの価値を見出して愛でろ。あらゆることにトキメキながら、あらゆるものに絶望して期待せずに生きろ。明日と明後日で考える基準を変え続けろ」



News「テレビ朝日とKDDIは、スマートフォン向け動画配信事業を開始」

テレビ朝日とKDDIは、スマートフォン向け動画配信事業を開始したとのこと。

地上波番組連動のオリジナルコンテンツの共同制作を手掛けることにしており、共同制作にあたっては国内で初めて通信キャリアのビッグデータを活用。

リリース記事はこちら

お勧めコラム「テレビがもっと面白くなる?!マーケティングの世界」

久しぶりに投稿です。

マーケティング×データ分析をテーマに連載コラムが読めるWebメディア
「Insight×Inside」

こちらで本blog読者にも楽しめる連載があるのでご紹介

タイトルとリンク先はこちら

テレビがもっと面白くなる?!マーケティングの世界

テレビビジネスの取引においてベースになっている視聴率。
まずは、そのデータの解説から始まってます

これからのTVビジネスもデータ分析が重要になってくるのは間違いないですね。
Archives
Recent Comments
blogram投票ボタン
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場