ITmediaコラムより2005/08/01 小寺信良

急速に拡大するVOD事業の夢と現実(前編) (1/4)
急速に拡大するVOD事業の夢と現実(後編) (1/4)
VODサービスが急速に拡大しつつある。中でも最近は、テレビ局の積極的な参加が目を引く。こうしたテレビ局の動きの背景と課題、そしてVODが普及するための条件を考えてみた。

各TV局の動きを簡単に纏めて紹介してありますので情報確認してください。

覚えておきたいポイントは、課題として上げている3つの「縛り」
1.「プロバイダ」
Yahoo! BBが提供する「BBTV」や、ぷららの「4th MEDIA」といったISP運用型のVODサービスは、各ISPの利用者にのみに限定される点

2.「回線」
東西NTTのIPv6ネットワークを利用する「オンデマンドTV」は、プロバイダは問わないが、回線網にVODの配信センターが直結しているという構造から、Bフレッツの利用者であることが条件となる。

3.「PC」
プロバイダや回線の縛りを排除したVODサービスとしてUSENが運営する「GYAO」があるが視聴は、あくまでもPCがベースとなる。

※インフラの縛りがなく、パソコン縛りもないという両方の条件を満たすのは、デジタル・ネットワーク・アプライアンスが提供するVOD「でじゃ」があります。

VODサービスは、多くの業種のプレーヤーが次期サービスとして参加してきており、競争優位を築くため、ユーザーに全面的に開放されていない状況です

一昔前のTV放送のように、少なくとも一家に一台受像機が置かれ、コンセントを入れるだけで誰でも簡単にコンテンツを楽しめる状況になるのにどれくらいの時間がかかるのだろうか?

記事の後半編では、実際のVODサービスをユーザーが導入するプロセス等は検証されているけど、結構大変そうだなと言うのが感想です

本当に普通のユーザーが楽しめる新サービスって物理的にも心理的にもまだまだ時間がかかりそう。と、このブログで追っかけている動きはかなり一部の関係者の興味かと思いつつ日々更新。