23日の朝日新聞にテレ朝と日テレの新社長紹介が掲載されていましたのでご紹介。
テレビ朝日の君和田正夫氏
朝日新聞社の記者出身。64歳。
新聞社時代に放送関連会社、インターネット事業などの統括役員を務めてます。
民放キー局が取り組みだした動画のネット配信について「放送のCM収入依存率を引き下げ、リスクを分散できる。単独でできないことは(他社と)補完し合っていきたい」とコメント。

日本テレビの久保伸太郎氏
読売新聞社の出身。61歳。
社長就任から約1ヶ月後に7月中旬、ネットによる番組配信サービス「第2日本テレビ」のスタートを決めた。
「地上波放送の視聴率や売上高が1位になっただけでは評価されにくくなった」と言い、ネット活用などを含む「総合優勝」をめざすという。

両社長ともネット時代を見据えた発言があり、今後のネットと放送の融合サービス展開がさらに加速する気がします。