CGM(Consumer Generated Media)という言葉を以前も取り上げたが
ネットの普及がもたらした個人発信メディアの可能性は、通信と放送の融合におけるメディアビジネスに大変影響のある事象と考える。

CGMについて、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「グリー」の田中良和社長がコラムを書いているので紹介します
第4回 SNSからCGMへ――個人が力を持つ時代に

既存メディアをコンテンツ制作機能と捉え、CGMとしてそのコンテンツをどう加工、編集、検索による付加価値などにより見せるか?(著作権の壁を乗り越えて)
CGMと既存メディアとの融合ビジネスモデルへの展開についての意見お待ちします