放送と通信の融合への挑戦は、なにかと身軽なラジオが進んでいる!もう少し世間から注目されても良いと思うのだが。
今日は、東京FMでアカペラグループRAG FAIRの土屋礼央さんがライブストリーミングとポッドキャスティングを週替わりで公開する「なんだ礼央化RADIO!」を紹介。
この所、ブログでハード機器の進化を強調していたが、土屋氏へのインタビュー記事を読むとやはり新しい技術に対応したコンテンツ(作り手の)重要性を再確認します
RAG FAIR土屋礼央に聞く「ポッドキャストを当たり前にしたい」――リスナーと作るネットの“音”   (ITmedia)
この記事は後2回連載予定。

関連記事
ポッドキャストとラジオとネット TOKYO FMに聞く
TOKYO FMは、ポッドキャスティングにいち早く参入したラジオ局の1つだ。業界団体の壁や著作権問題――さまざまな困難と直面しながら、ネット時代のラジオ局の姿を模索する。

複雑な気持ちでポッドキャストとiTMS-Jに向かい合うミュージシャンiTMS-Jがポータルとなり、ぐっと身近になったポッドキャスト。自然音を背景にトークを広げるポッドキャスト「クジラノイズのF.B.I」に出演している、ミュージシャンの朝日美穂さんにネットと音楽、放送の関係について聴いてみた。