昨日のワールドビジネスサテライトでも取り上げていましたが、TOKYO FMと「香り通信」が『香るラジオ』を実現(ラジオ番組内で“香る音楽”プログラムをプロデュース )
株式会社エフエム東京とNTTコミュニケーションズ株式会社は、平成18年10月2日(月)よりTOKYO FMのラジオ番組『Tapestry』(月曜〜金曜、08:30〜10:55)の中で、「香り通信」と音楽を組み合わせたコーナー『香りセレクション』を開始します。

新しいラジオの試み、話題性十分です!ビジネス展開では、既にどこかのホテルが導入していたと思いますが、自宅での一般リスナーよりリラクゼーション施設の導入の方が話題的には導入しやすそうですね。

ラジオの新しい付加価値創造によるプロモーション手法の開発やEC展開など更にいろいろと挑戦していって欲しいですね。
ベンチャー企業にもこの方向なら機会がありそうですし。

NIKKEI NET:主要ニュース
NTTコミュニケーションズ(NTTコム)とエフエム東京は4日、香り発生装置を使ったラジオ視聴者向けサービスを10月に始めると発表した。香りの情報をラジオ番組のホームページから配信。視聴者のパソコンから専用装置に情報を転送すれば、その香りを楽しめる。
専用装置は6種類の香料の混合割合を調整して様々な香りを演出する仕組み。NTTコムは通販サイトを通じて1台5万円前後で販売している。この装置用の情報を、エフエム東京の番組ホームページから配信。番組に登場するアーティストの印象に合った香りの情報を提供する予定だ。 (19:31)


リリースより抜粋
「香るラジオ」企画についてラジオ番組『Tapestry』内で、アーティストの楽曲紹介をする際に、そのアーティストの音楽性、楽曲の印象に合わせた香りをブレンドし、そのレシピのデータを番組Webサイトで公開、“香る音楽”を提供いたします。香り発生装置とインターネット接続環境をお持ちのリスナー(聴取者)の方は、番組Webサイトにアクセスすることで、ラジオから流れる楽曲と同時に、その曲に合った香りを楽しむことができます。
また、番組では、このレシピに基づいたブレンドの香料や、香り発生装置本体をリスナーにプレゼントすることで、「香るラジオ」のネットワークを広げます。
更には、番組推薦アーティストのコンサート会場で、香りと共に楽曲を楽しんでいただく企画も実施するほか、将来的には、CDショップの店頭に香り発生装置を設置することにより、アーティストや音楽レーベルのブランド定着の手段として、“香る音楽”をプロデュースしていきます。
“香る音楽”の第一弾アーティストには、川嶋あい(http://www.kawashimaai.com/)が決定。10月11日発売の新曲『大切な約束』のイメージに合った香りを『Tapestry』の番組Webサイトで公開するほか、10月18日に開催するライブ(めぐろパーシモンホール)でも、その香りと共に新曲を披露いたします。

今後の展開についてTOKYO FMは、番組『Tapestry』内で“香る音楽”をプロデュースすると共に、女性リスナーたちにとって関心度の高い、アロマテラピーなどの“香り”に関する情報を、番組内や番組ウェブサイト内で積極的に取り扱っていく予定です。
NTT Comは、香り通信や「ゆらぎ通信」(指先の脈派を測定することで、心身の状態を把握する)など、従来の文字・音声を中心としたコミュニケーションの限界を超えた「五感情報通信」の開発を進めています。「五感で気持ちを伝える次世代コミュニケーションにより ごきげんな社会を創造する」というサービスビジョンのもと、
 ・ 香り発生装置、ゆらぎ測定装置など関連規格の標準化
 ・ 個別ニーズの開拓
 ・ パートナーの拡大
などを通して、五感情報通信の事業展開を図ります。

「香るラジオ」のビジネスモデル
TFM2