テレビニュースの解剖学―映像時代のメディア・リテラシー


私達が普段見てるテレビニュースの影響を考える機会は、少ない。しかし、その影響は絶大であり、国際的な事件の報道において、たまに海外のTVニュースでの取り上げ方を紹介する時があるが、日本での放送内容(論調)が真逆の時も多く、そんな時に改めてTVニュースの報道によって世論は影響を受け形成されるのだと思い知る。

あの、「あるある納豆事件」でも皆が疑いなく消費に走るのだからニュース番組での信頼はより高いのも納得がいく。

そんなテレビニュースを学術的アプローチで分析を試みることをテーマにしたのが本書であるが、映像の分析が大変なのは、なんとなくは想像していたが、やはりその構成要因が複雑で情報量が多いのだから結構大変なことである。

メディア・ビジネスを展開するのに、メディア・リテラシーに関する知見をもつのは重要なことなので、ぜひ一読することをオススメします。