「新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に」はオススメです。
先進的な知見を有して新メディアを生み出す著者、小林弘人は出版、メディア人として最も注目すべき人。

本書は、とくに雑誌的コンテンツを新メディア(またはネットメディア)でいかにメディアビジネスとして再構築するかを検討している方に非常に参考になります。

メディアビジネスのベースはコンテンツ作成ノウハウですが、フレームとしてのメディア(媒体)は、技術革新や新しいデバイスの登場といった生活者の環境の変化によって日々変化していきます。インターネットの普及もその一つで、すでに我々の生活になくてはならないインフラになってます。

故に、ネットに即したメディアビジネスの出現と普及は必然であり、いかに新しフレームに即したビジネスモデルに対応するかが生き残りのポイントです。

こうやって書くと当たり前のことを書いているように思います。

早速、現状のリソースでいいから新しいメディアビジネスを始める挑戦をしましょう。

興味を少しでももった方は、この本を読んで刺激とヒントをもらってください。