ついにラジオはネット配信に踏み切る方向へ舵取りしましたね。
ラジオを聞きながらのPC作業ってニーズ(視聴習慣)はある気がします、ネット配信による現状からのマイナス影響がなさそうですから有りでしょう。
ネットコンテンツとのユニークなコラボレーション企画が今後出てくれば、新しいラジオ広告の可能性も十分にあります。
 考えてみたい企画です。

民放ラジオ13局がネットで番組配信 受信機減に対応?インターネット-最新ニュース:IT-PLUS
TBSラジオやエフエム東京など13の大手ラジオ局は3月にも、インターネットによる本格的な番組配信を始める。電波を使った通常のラジオ放送と同じ内容を、ネットで同時に聞けるようにする。ラジオ受信機の普及台数が減るなか、パソコンや携帯電話で番組を聴く機会を増やす。減少が続く広告収入をてこ入れする狙いだ。

 ネットによる番組配信には首都圏の7局と関西6局が参加する。6カ月間の試験期間を経て、今秋以降に本格的な配信を目指す。各局はラジオと同じ番組をネットに流し、携帯端末やパソコンで聞けるようにする。番組はネットで全世界に届けることが可能だが、13局は放送免許で規定された首都圏と関西に制限する。[2010年2月13日/日本経済新聞 朝刊]