メディアビジネスを語るには、広告の価値=効果測定のNorm値(基準値)の確立は欠かせない。
圧倒的到達率を誇るTV-CMの効果測定の現状と進化の行方は??

CMを科学する ―「視聴質」で知るCMの本当の効果とデジタルの組み合わせ方
IMG_6422




























こちらも2016年刊行となりますが、TV‐CMという広告の効果測定がどのように変化していくか!?
の概要を押さえるには一読しましょう。


<内容>
現時点でもやはりテレビCMの到達率は魅力である。
本書では、あいまいだったテレビCMの効果効能を科学的に分析し、
真のデジタルマーケティングに必要なデータと共に動画コンテンツのありかた、
将来的なテレビCMのあり方について論じる。

第一章 新たなTV視聴データで実態を把握する
第二章 クリエイティブを科学する方法論
第三章 宣伝部が採用すべき新たな考え方
第四章 CMを科学するために
第五章 「CMを科学する」の向こう側
第六章 最新米国レポート

ほか、最新のテレビ視聴測定技術や、最先端の脳科学を広告に利用した例など、
今まさに最前線で起こっている革新的事例をまとめた現場レポートも収録。

著者について
横山隆治(よこやま・りゅうじ)

1982年青山学院大学文学部英米文学科卒。
同年、旭通信社入社。
1996年デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを起案設立、代表取締役副社長に就任。
2001年同社上場。
2008年ADKインタラクティブ設立。同社代表取締役社長に就任。
2011年デジタルインテリジェンス代表取締役に就任。

ネット広告黎明期からビジネスの実践とデジタルマーケティングの理論化・体系化に取り組む。