メディア・ビジネス勉強会

メディア×ネット×ビジネスについて考えるヒント Since 2005

Mobileでひとこと

東洋経済「激烈!メディア覇権戦争 」

今週の東洋経済の特集は「激烈!メディア覇権戦争

2009060800012642-1







週刊東洋経済

2010年7月3日特大号
発売日6月28日
定価\720

米IT企業vs.各国の伝統メディア。

今、生き残りを懸けた「覇権戦争」の火ぶたが切られた。

◆1章: 電子書籍は「本」を救うのか
◆2章: 「新聞」の暗中模索
◆3章: 瀕死!日の丸プラットフォーム

注目の電子書籍です。


その昔、「放送と通信の融合」といわれた時期もあったが、マスメディアのポジションが完全に変容した今の情報社会の状況下で、マスメディアとWEBネットワークによる情報流通も一元的に捉えることが重要であり既存のメディアがどのようにWEBを活用するとかは、テーマとして魅力的でない。・・・と思う今日この頃・・・。。

2009年流行語大賞

毎年年末になると行われる恒例の「今年の流行語大賞」

「デジ×マガ」と「メディアの鏡」の共同調査で早くも2009年の調査結果が出てましたのでご紹介。

ノミネートとしては、「Yes,we can」「婚活」「草食男子」「弁当男子」などなど

大賞は、なんだと思います!
答えはコチラ
http://member.mediapark.jp/contents/mirror/old/2009/11/2009_2.html?gm_091110

アンケート結果をメディアコンテンツにする。
ランキングとか日本人って好きですよね。やはり皆、自分のポジションを確認してみたいのか!?

CMGOGOの新聞広告!

本日の朝日新聞に、先日紹介した電通の取り組む「CMGOGO」の新聞広告(半5段)が掲載されてました!

驚きです。これはIR広告?それとも本当に広告主募集?
CMGOGOの第一号スポンサーは、PR的にもオイシイのは間違いない。

サイトはこちらCMGOGO
続きを読む

GyaOの黒字化

ネットでの番組配信として先行しているUSEN、「GyaO」についての記事を見つけたので紹介します。

事業として黒字化が見えてきた模様で、いろいろ注目が高い事業だったのでその成功は興味深いものですし、競合プレーヤーの動きも加速しそうですね。
USEN、「ギャオ」黒字化へ広告多彩に
USENの無料ブロードバンド放送「GyaO(ギャオ)」が広告媒体として成長し始めた。昨年4月には10社程度しかなかった広告主が1月には160社まで増え、今期末の8月には収入増により単月収支での黒字転換も見えてきた。独自制作番組の強化と多様な広告手法の開拓で、既存のテレビでもポータル(玄関)サイトでもない新たなメディアへ脱皮できるかが注目されている。
昨年末から始めたテレビなどマス媒体への広告や、サザンオールスターズのライブ中継といったコンテンツへの投資が効き、視聴者数(登録ベース)は660万人を突破した。月100万人のペースで増えている。一般にブランドが認知されるようになってきたことで、広告主からも媒体として評価をしてもらえるようになったという。

ギャオ」の特長は、広告媒体としてのテレビとネットの良さを合わせて提供する、多様な広告手法だ。今年1月から、視聴者の属性によって異なる広告を表示する「セグメント広告」を始めた。視聴者が登録した年齢、性別をもとに「20代女性には化粧品の広告」「30代男性にはヘアケア商品」というように、同じ番組でも見ている人によって流れるCMを変えることができる。今後は郵便番号を利用して、不動産など地域を細かく絞った広告も検討するという。

テレビでは一般的な広告手法の「プロダクトプレイスメント」も取り入れた。広告主の商品やロゴを、自社制作のドラマに登場させている。番組と同時にバナー広告を表示して、商品の利用・購入に直接結びつけることができるのもネットの特長だ。企業の広告費をマスメディアと食い合うのではなく、むしろダイレクトメールなど企業の販売促進費用を取りに行く戦略だ。(nikkei.net)

電通と民放5社、ネットで映像配信へ

電通と民放5社、ネットで映像配信へ
大手広告会社の電通と民放キー局5社が、映像のインターネット配信事業を来春から始める。テレビ局が提供した番組映像に電通が広告をつける仕組みで、原則として無料で見られる。運営会社は電通が中心になって設立する方向。楽天に経営統合を求められているTBSも、ネット事業拡大の一環として出資に応じる意向だ。
サービスに入るには、ネットのポータル(玄関)サイトなどを経由。各局が更新する提供番組を選ぶことができる。
放送業界では放送広告の一部がネットに奪われるとの懸念が出ており、民放各社と電通は新サービスを広告の有力な受け皿として期待する。大手広告会社の博報堂DYホールディングスにも協力を呼びかける考えだ。 (2005年11月27日asahi .com)

珍しく電通さんが表に名前がでてきましたね。新ビジネスにおける広告代理店のポジションと役割は、興味あります。



モバイル一言 携帯でTVみたいよ!

昨日のサッカー「レアルマドリードVSジュビロ」帰宅電車の中で友人がケータイメールで実況メールをバンバンくれたのですが、やはりサッカーは動画映像で見たい!
有料でもいけますね。ボーダフォンのテレビチューナー機能付き機種は売れているのだろうか? 知っている方教えてください。

スポーツのライブ中継のネット配信は、ブロードバンド放送へもケータイ動画配信へもキラーコンテンツになりますな!間違いない!
男性を落とせるサービスなら、情報・流行に敏感な女性は違ったコンテンツでも反応しそうですね。




どっちの料理ショーに参加

先程のYTV[どっちの料理ショー]で視聴者参加クイズをしていました。
食べたい料理に投票! シンプルでわかりやすい! そしてオモロカッタ

光ファイバー回線普及

今日の朝日に光回線の普及苦戦と記事がありました。割安なADSLでユーザーは十分なのが理由との事なのですが、前回の動画配信サービスにオリジナル限定サービス(番組)を増やすのは定石なので切り替え増加は時間の問題でしょう。

【参考資料】
株式会社MM総研リリース(2005.5.28)「2004年度通期国内ブロードバンド回線加入者概況」
Archives
Recent Comments
blogram投票ボタン
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場