流行に乗り遅れる私 最新商品のまとめ

日頃の雑談で流行の商品やニュースの話が分からない事がよくある。 自分が流行に疎い事を思い知らされる。 知らないと話の輪に入れず一人浮く事も。 テレビをボーッと見ていると折角の商品の名前も覚えられない事に。 商品を買わなくてもこんな物があるよという程度は知っておきたい。 そんな情報をテレビをよく見る私がまとめて紹介していきます。 最新というのは私が初めて知った=最新という意味で一般的には古い物もあります。

テレビで目がハートになるライトという商品があるのを見た。

megaheat

商品名は【自分撮りLEDライト セルカライト ハート型】という物だと思う。
女性のインスタでは明るい光で肌を白く見せるのは定番だが、そのライトをハート型にする事で目に映るライトの光がハート型の形を映し出すという商品だ。
この手法は昔からあった物だが雑誌とかそういうメディアの間でよく使われていた。
”色々考える人がいるな”と感心したものだが、それがインスタの普及で個人用の商品で登場したという感じだろうと思われる。
何故ハートがこんなに人の心を引くのかわ不思議だが、女性+ハートは可愛さが倍増する。
そのハートが目に映るのだからインスタ女子には最高の商品と言えるだろう。

最近テレビやインターネットで回るオーブンの映像をよく見かける様になった。
気になって調べて見るとパナソニックのロティサリーグリル&スモーク(NB-RDX100)という商品名だと分かった。

RDX100
丸みを帯びたボディーの側面には沢山のボタンが並び、その数からも分かる様に色々な料理に対応している様だ。
色々な料理が作れる中でインパクトが強いのはやはりロティサリーグリル&スモークで作るローストビーフだ。

mawaruniku

個人的には回る肉をずっと見ていられるが料理好きの人肉好きの人にはお薦めの商品だ。
もちろん金具は取り外しが出来て普通のオーブンとして使える多機能オーブンと言える。
ローストビーフを作らない方も高機能オーブンを手に入れたい所だと思う。

テレビでマウスがヒーターの様に暖かくなるあったかいマウスを見た。

atmause
写真の商品はサンコーのUSBであったかいマウス(USBWMSE7)の写真なのだがスイッチを入れる事でマウス本体が約35度から約40度まで暖かくなるのだという事で、テレビでは女性向けの商品の様な紹介の仕方で取り上げられたいた。

私は最近の寒さでパソコンをする時手袋を付けて操作している。
大袈裟な商品だなと思ったが、こう寒くなると魅力的な商品だ。
部屋を暖房なりストーブなりで温めれば良いのだがずっと暖房を使い続ける訳にもいかないし手足の先は暖かくなりにくい。

商品を検索しているとUSB マウス パッド ハンドウォーマー こんな寒いときはネコの手も借りたい♪ (グレー) という商品を見付けた。

nekonotemau

これは、この商品自体が約40度から約45度まで暖かくなりその中でマウスを操作するという物だそうだが、上までカバーされている分マウス自体が暖かい物よりは優れていると言える。
しかし、大きさが26㎝×21㎝×8㎝と手の保温の為にしては少し大きく、大げさな商品の様に私は感じる。

どちらがいいかは個人の趣味だがこれからの時期に欲しい商品ではある。
手袋ではキーボードの入力に支障があるのでいつかは私もどちらかを買おうと思います。

ネットニュースで帆前掛けに人気漫画北斗の拳のキャラクターが印刷された「北斗の拳2号前掛け」の予約開始のニュースを見た。
前掛けには人気キャラの長兄ラオウが印刷されている。

maekake

他にも次男トキと末弟ケンシロがあり全3種類でファミリーマートや紀伊國屋書店などの一部の店舗で予約が開始されたそうだ。
ケンシロウ兄弟は本当は4兄弟で三男ジャギも本当は入れるべきだと思うのだが、北斗の拳の悪役キャラは悪でも悪になった理由など共感出来る部分や同情する部分がある中でジャギはそんな部分は一切ないので人気がない。
理屈ではもう一種類あってもおかしくないが、商品として需要がないだろう。
予約制ならあってもいい気もするがやはり商売としては難しいのだろう。

私は居酒屋でアルバイトしていた時に付けさせられたが”こんなの必要あるの?”と思っていたが、ビールケースなどを持つ時や皿洗いをする時に下のパンツを守ってくれて大事な役目を果たしてくれた。
これを着けて仕事をすれば目立つだろうし見ている方もどこかの酒屋の物よりもずっと良いと思う。
しかし個人的には使うのが持ったいない気がして買っても額に入れて飾って使わないだろう。

価格は5,500円(税別)で人気が出れば南斗六聖拳の前掛けでも作って欲しい所だ。

ZOMBEARというキャラクターをインターネットで見た。

zombear

一目見て”これは売れるな!”と思った。
ニュースで見た訳ではないので既に大人気とか、既に大人気を通り越して下火になっているとか何の情報も持っていないのだが可愛さとグロさと滑稽さが合わさった良いキャラクターだなと感じた。
ゾンベアーは北海道小樽市のご当地キャラクターで
ZOMBEARゾンベアー(感染者拡大中) (@ZOMBEARLD) | …という名前でツイッターもしている様だ。
2012年9月に登録していてブログを書いた時点でフォロワーがこの5,589人?。

5年でフォロワー5,000人ちょっとではまだきているとは言えない。
私のセンスはこの程度なのか?

zomberra

ZOMRAMENやキーホルダーなど色々な商品がある様だが、私が”これは流行る!”と思ったのは間違いなのかこれから流行るのかもうちょっと注目していようと思います。

私は同じ店に通う事が多い。
店の仕組みというか慣れた所にしか行く気がしない。
ハンバーガーショップでは、行き慣れたマクドナルドしか行かない。
チキンタツタやポークバーガーがお薦めの商品だ。(店舗や時期によってこの商品がない場合も)
今回ネットでロッテリアの『はみだしステーキバーガー』の広告を見た。

hamidasi

価格が1200円(税別)だそうでハンバーガーとしては少しお高めだ。
私がマクドナルドに通っていた理由は値段が安いからという理由もあるのだが、他の店舗では高級志向の素材にこだわった商品を売りにしていハンバーガーショップもある。
『はみだしステーキバーガー』は青森県産のニンニクや淡路島産の玉ねぎなど素材にこだわっている。
肝心の100gのビーフステーキはアメリカ産で長さが15cmありハンバーガーからはみ出している。
お高めと書いたがスーパーでこのサイズのステーキが1、000円以上の値段で売られている事もあるので、この商品が量で考えるとそれほど高い商品という感じの物でもない。
100円のハンバーガーもいいがたまには、こういうハンバーガーも食べてみたいものだ。
ハンバーガーの販売期間が11月24日から11月29日までと全国の店舗で販売はされるが私の感覚では一瞬で販売が終わる。
私はレギュラー商品にならないと食べられそうにない。


初めて肉まんを食べたのは私が中学生の頃だろうか?
美味しかった。
その後ピザまんやカレーまんも食べたがどれも美味しかった。
個人的には餡子がそれほど好きではないのであんまんを食べた事がないが基本○○まんで不味い物を食べた事がない。
初めはコンビニで買うしかなかったが冷凍食品に出始めてからは冷凍庫にいつも入れて小腹がすいた時に食べていた。
この度新たにプルコギまんがコンビニのミニストップから発売された様だ。

purukogiman

そもそもプルコギに馴染みはないが牛肉の細切りに春雨が入った物を煮たり焼いたりした醤油ベースの料理らしい。
○○まんにハズレはない。
これも写真を見るだけ美味しいのが分かるがミニストップは広島にあるのか?
名前は広島の人間も知っているが、検索してみると広島はおろか中国地方にもまだミニストップはない。
食べられる日が来るのだろうか?

私はクレジットカードは一枚も持っていない。
現金派だ。
インターネットの関係で必要に迫られて契約しようとしたが貧乏過ぎて契約出来なかった。
それなのにクレジットカードの勧誘メールがバンバン送られてくる。
契約出来るのだろうか?

さてテレビでクレジットカード入れの紹介を見た。
財布ではなく純粋にカードを入れるだけの機能しかなく裏面にはクリップがあり紙幣を挟める様になっている。
小銭いらずがコンセプトらしい。

kardic
私はクレジットカードには疎いがカードのスキミングの事は知っている。
スキミングとは専用の機器でカードを読み込んでカードのデータを盗み、カードを偽造してお金を下ろしたり買い物をしたりと好き放題出来る最悪な犯罪に繋がる。
このカードケースはスキミング防止機能が付いていてアルミで出来ているのでスキミングする事が出来ない。

私はこの商品を見て”オシャレだな”と思った。
クレジットカードが普及した現在ではこういう感情は無くなったのかもしれないが、普及当初はカードで支払いをするという人はオシャレに見えた。
また、経済的にも信用された人と感じていた。
それがこのコンパクトな財布を使うと”余計オシャレに見えるだろうな”と感じるのは私だけだろうか?
私がこの財布を使う事は一生なさそうだがカードが多い方は、小銭を持ち歩かない財布に変えて見てはいかがでしょうか?

ネットニュースでこたつケーブル式充電コードという商品を見た。
商品名がiPhone用(Lightnig)充電ケーブルリアルタイプでいいのだろうか?

kotatu2
”面白いアイデアだな”と思いどこのメーカーが考えたのかとニュースを読むと個人で作っているらしく、大人気で生産が追い付かないらしい。
それはそうだろう。
目の付け所が素晴らしい。
子供の頃からこたつを使っていた私には懐かしさを感じ、こたつの需要が減りこたつを使ってこなかったこたつのコードに馴染みのない方には逆にオシャレに最新の装置の様にも見える事だろう。

商品は普通のこたつの様に電源を入り切りするだけの機能しかないのだが、受けるインパクトは凄まじい。
iPhon5以降に使える充電専用ケーブルらしく、携帯電話を持っていない私はそれがどういう意味なのかよく分からないが古い機種以外対応しているという事なのだろう。

個人のハンドメイドでコードをホームセンターで仕入れているらしく、このコードが簡単に手に入る物ではないらしくもしかしたら販売中止とうい事になる可能性も十分にあり得る。
作られている方の連絡先が書いてあったが既に一杯一杯の様なのでここでは連絡先は書かない。
どうしても欲しい方は、ネット検索で調べて予約してみては?

堂島ロールは私でも知っている有名ロールケーキで食べた事はないが、生クリーム好きなのでいつか食べてみたい。

douzimarool

今回見つけたのは、堂島アイスロールでオシャレにパワーアップしていた。
シンプルな物からフルーツが一杯乗った物まで魅力的で写真を撮りたくなるような見た目でインスタ映えする事間違いなしだろう。

douzimaaice
他にもマイメロディとコラボした商品がある様だ。

douzimamy

残念ながら私が購入するには高すぎるが、冷凍便の利用が関係していると思われる。
買うのならまず堂島ロールからになるだろう。
糖尿病に気を付けてその日が来るまでグッと我慢して過ごそうと思う。

このページのトップヘ