流れる雲にのって♪

~ 流されずに流れていたい ~

思いついた事、思いついた時、思いのままに…

豪徳寺と言えば招き猫。
招き猫と言えば豪徳寺です。

なんてったって伝説ですから…
今やバリバリの観光スポットです。
豪徳寺
なので当然地元は盛り上がっています。
コチラもそんなお店の中の一軒になります。
豪徳寺
“ペンギンペストリー”というケーキ屋さんです。
水色を基調とした可愛らしいルックスが印象的です。
外観
お隣が花屋さんという事も手伝ってメルヘンチックです♪
おっさんが一人で利用するにはちょっと勇気が要ります(^^;)
店先の陳列棚
ところで、“ペンギンペストリー”って店名も変わってますよね?
トコトコとペンギンのように一歩ずつゆっくりと確実に歩いていく…

“ペンギンペストリー”とは、このような想いが込められていたんですね。
ちなみに「豪徳寺くりにゃんこ鈴」は、ココで購入できるお菓子の名前です。

その名の通り、猫の鈴をイメージしたベビーカステラのようなお菓子。
2013年には【世田谷みやげ】の認定も受けている由緒正しきお菓子です。

一袋3個入りで157円とリーズナブルで、お味の種類も豊富です。
私は今回が初めてという事もあって、プレーンをチョイスしました!
豪徳寺くりにゃんこ鈴
とても素朴な味わいで、老若男女問わずに楽しめるお菓子です。
全ての面に於いて、これは本当に手土産に適していると思います。

どの季節であっても、4~5種類は用意されているようです。
なにしろこの価格設定なので、全種類購入なんてのもアリです。
ダンディー
ですが、コチラにはこれ以外にも人気商品が目白押し!
その中のひとつが、今回購入した「ダンディー」371円です。

これも2016年に【世田谷みやげ】の認定を受けたとの事です。
見た目からしてもかなりダンディーですもんね!(←だから何?)w

コーヒーゼリーの上にマスカルポーネのクリームが乗っかったお菓子。
簡単に言うとゴージャスなコーヒーゼリーって事です!(←どういう事?)w

お味の方もまさにダンディーで、女性のリピーターが続出しているそうです!
とにかく、豪徳寺を訪れる際には是非とも立ち寄って欲しいケーキ屋さんです♪

お店情報 ⇒【 ペンギンペストリー / 豪徳寺 】

“東肥軒”という和菓子屋さん。
山下商店街に軒を並べています。

その名の通り山下駅から続く商店街。
という事は、豪徳寺駅からもスグの場所。

落ち着いた雰囲気の昔ながらの商店街ですね。
北沢川緑道も並行しているので緑も豊かですしね。

世田谷らしく、細い路地が多いところも魅力のひとつ。
まち歩きが好きな方にとっては恰好の的になると思います。
外観
中でもシックな外観のコチラ“東肥軒”は外せないお店だと思う。
地元に根付く昔ながらの和菓子屋さんという雰囲気が漂っています。
店内
その雰囲気を裏切る事なく、上品な女性が迎えてくれる。
如何にもって感じですが、実は店内は意外と賑やかなんです。
招き猫サブレ(チョコ)&黒糖万頭&おためしわらび餅
きっとその原因は「まねきねこのお菓子」でしょうね。
やっぱり豪徳寺と言えば招き猫伝説って話になりますよね。
招き猫サブレ(チョコ)
いまや外国人観光客が大挙して訪れる程ですので…
その招き猫人気に便乗しない手はないって事でしょう。
黒糖万頭
この日は十一種類のまねきねこのお菓子が!(^^;)
そんな中から招き猫サブレと黒糖万頭をチョイス!
わらび餅
その他、おためしわらび餅も購入しました。
三点の合計金額が340円って良心的ですよね!?

まぁまねきねこのお菓子はどれも可愛らしいです。
お味については大体想像していた通りでしたが…(^^;)

わらび餅については諸手を挙げてお薦め出来る美味しさ。
安価でおためしわらび餅を販売しているのも頷ける内容です。

いずれにせよ、山下商店街を訪れたなら立ち寄って頂きたい一軒。
まねきねこのお菓子は友人やお子様への手土産としても喜ばれるはず。

お店情報 ⇒【 東肥軒 / 豪徳寺 】

これが?
喫茶店の?

日替りランチ?
信じられない…(^^;)

どう見ても和食屋のソレ。
ってか、無国籍料理って感じ?

店先を通る度に気になっていました。
ですが、怖くて入れなかったんですよねぇ~

萌えないギャップとでも表現すればいいのか…(^^;)
どこをどう見ても昔ながらの喫茶店にしか見えないので…

店先に出されたメニューを見ても、美味しそうに見えなかった。
正直なところ、和食屋のちょっとした御膳って感じの見た目なので…
たて看板
そんな和食屋の御膳のような日替りランチを提供しているのがコチラ!
東あずま駅から徒歩2~3分の場所にある『ピノキオ』という喫茶店です。
外観
しつこいようですが、どこから見ても昔ながらの喫茶店という外観。
と言うか、全く見た目の通り、昔ながらの喫茶店で間違いありません。
ランチメニュー看板
店内の雰囲気もそのもので、昔ながらの喫茶店で間違いないw
だって、店内に電話BOXがあるんですよ!(←今は新聞置き場か?)
卓上
1970年代~1980年代の喫茶店の作りだと思うのですが…
店内を切り盛りするのは私より確実に若いと思われる男女二人。

想像するに、二代目ご夫婦じゃないかと思われます。
というのも、夜の店内を覗いた時は年配の男性が一人でした。

これまた想像するに、初代マスターだと思います。
昔ながらの喫茶店って雰囲気にマッチしていました!(笑)

なので、食べ物はナポリタンってイメージで…
日替りランチの内容はミスマッチだと感じていました。
日替りランチ
ですがコチラの日替りランチは本物でした。
どれもこれも秀逸な味付けで度肝を抜かれた。

見た目にもビックリさせられたけど(^^;)
内容が伴っていて、さらに驚かさせられた。

特に野菜の小鉢は秀逸な出来でした。
切り干し大根に春菊のおひたしですよ!

しかもどれも手作り感満載で…
出来合いの付け合わせが全くない!
ホットコーヒー
これにコーヒーが付いて780円は安い。
これについては誰もが同様に感じるはず。

その証拠に、店内の賑わい方は半端じゃない。
引っ切り無しにお客が入ってくるんですよねぇ~

地元のご常連だとは思いますが、それでもスゴイ!
でもって、そのほとんどが日替りランチを注文する。

まぁ実際にこれを頂いたらその事にも頷けるはずです。
今まで、この周辺で頂いたランチの中ではトップクラス!

接客応対もちゃんとしてるし居心地も悪くないし…
昔ながらの喫茶店好きの私としてはお薦め出来るお店。

ただ、昔ながら故にランチタイムも全面喫煙可。
しかも喫煙率激高なので、それだけ伝えておきます。

お店情報 ⇒【 ピノキオ / 東あずま 】

出来たてほやほや!
今月OPENしたばかり!

『長春亭』というお店です。
東あずま駅からスグという場所。

サンタウン立花の1階に軒を並べる。
点心に力を入れている中華料理店です。

OPENしたばかりとあってかなり綺麗です。
でもって、スタイリッシュな外観が異彩を放つ。

何せ昔ながらの団地の飲食店街なので…
ここだけ時代が違うぐらいの雰囲気です(^^;)

店内もなかなかスタイリッシュで…
ここが東あずまであることを忘れる程w
外観
そんな長春亭でランチしました。
それにしても立派なランチメニュー。
火曜日ランチメニュー
それもそのはず、曜日毎に6種類ずつ…
なので、メニューも曜日毎に1ページずつ…

価格帯も700円~900円までとなかなか良心的。
麺・飯・定食など、バラエティにも富んでいます。

今回は火曜日に訪れたのですが、別の曜日の方が…(^^;)
“隣の芝生は青く見える”って事なのかもしれませんが…(^^;)

でも、前もってコレを知っていたら違う曜日に訪れたと思う(^^;)
と言っても仕方ないので「鶏肉とカシューナッツ炒め」720円を(^^;)
日替ランチ
まずボリュームですが、小皿に麻婆豆腐まで付いてくるので大満足です。
しかもミニデザートまで付いてきて、ライスのおかわりも無料できるんです。
鶏肉とカシューナッツ炒め
お味の方もなかなかのもので、これで720円ならオススメ出来ます。
ただ、OPENから間もなくという事もあってかサービス面がイマイチ。

ある程度は割り引いて考えたのですが、それにしてもちょっと…
詳しくは書けませんが、残念ながらお客が不安になる程の内容です。

この部分に関しては、どうにかして早急に改善して頂きたい。
誰にとっても、ランチタイムというのは限られた時間ですからね。

そこがクリアにあれば、諸手を挙げてオススメ出来ます。
というワケで、まだまだこれからといった感じのお店でした。

お店情報 ⇒【 長春亭 / 東あずま 】

コチラは町のそば屋さん。
まるで絵に描いたような…(^^;)

外観からはそこまで感じませんが…
店内の雰囲気はまさにそんな感じです。

東あずま駅からスグのサンタウン立花1階。
なるほど、団地直結だからそんな感じなんだ!

本当にアットホームな雰囲気のお店で…
ご常連じゃなくても気軽に利用出来ますよ!

そんなコチラは『味里』という屋号。
前述の通り、そばをメインとするお店。

ただ、町のそば屋さんにしては強気な価格。
以前は並びにライバル店があったみたいですが…

現在、コチラの周りは中華料理店ばかりが乱立して…
東あずま駅周辺に範囲を広げても、和食のお店は少ない。

そのせいかどうかは不明ですが、定食は当たり前に千円超え。
「刺身定食」に至っては1730円と割烹料理屋の昼御膳みたい(^^;)
外観
きっと内容も充実しているのだと思いますが、庶民には高嶺の花です。
じゃあ庶民は利用出来ないお店かと言うとそうでもなく、救済メニューがw
ランチメニュー看板
それが今回ご紹介する「日替ランチ」700円というワケなんです。
これがまたバラエティに富んでいて、以前から気になっていました。
卓上
だって、そば屋で“BBQポテト”ってなかなか見ないっしょ?w
そもそも“BBQポテト”ってどんな料理なのか想像すら出来ない(^^;)
日替ランチ
で、出てきたのは小芋を素揚げにしてBBQソースで和えた感じのもの。
これ自体はなかなか美味しくて、酒の肴なんかによさそうなんですけど…

かけそばと合うかどうかとなると、微妙としか言いようがない(^^;)
ただ、全体的なボリュームを考慮した場合、700円は安いと思います。

これなら普段使いも出来ますし、サプライズも楽しめます!w
とにかく、コチラの日替ランチはバラエティに富んでいますので…

毎日通っても飽きないんじゃないかなぁ~って思います。
周りは中華料理店だらけなのに中華な日替ランチも多めですw

お店情報 ⇒【 味里 / 東あずま 】

ご存じ“デニーズ”です。
東あずま駅からスグの場所!

“墨田立花店”にお邪魔しました。
今回はランチタイムに利用しました。
外観
モーニングは利用した事があるのですが…
“デニーズ”のランチは初めてだったような気が…

“サイゼリヤ”や“ガスト”と比べると少し高いからかも。
まぁ、“サイゼリヤ”や“ガスト”と比べるのは少し酷ですが…
卓上
とは言え、日替りランチはかなり優秀な価格設定。
ライスの大盛りが無料で、税込680円はリーズナブル。

曜日毎に違うメインは似たり寄ったりですが…
と言うか、同業他社とも似たり寄ったりですが(^^;)


月→トマトハンバーグと蟹クリーミーコロッケ
火→和風チキンステーキと春巻き
水→おろしハンバーグと男爵ポテトコロッケ
木→チキンステーキと男爵ポテトコロッケ
金→デミハンバーグとアジフライ


やはりどうしても揚げ物が中心ですね。
あとはハンバーグかチキンかって感じです。

中では、月曜か金曜が自分好みで…
狙い通り、月曜の日替りランチを頂いた。
日替りランチ
大体想像していた通りの内容で…
味もボリュームも想像していた通りw

文句が出ない程度に美味しい。
少し失礼な表現かもしれないけど…
トマトハンバーグと蟹クリーミーコロッケ
正直なところ、特筆する点はありません。
同業他社はこれにスープバーが付く事が多い。

と、値段だけを比べたら見劣りしちゃうんだけど…
ただ、この店舗の接客応対はワンランク上だと感じた。

お店情報 ⇒【 デニーズ 墨田立花店 / 東あずま 】

下町ですねぇ~
これぞ名店ですネ!

この場所だけでも80年以上…
開店から100年以上の歴史がある。
外観
平井の『金太郎煎餅 田尻商店』のお話。
現在は3代目が切り盛りする老舗煎餅店です。
燈明寺
JR平井駅から少し離れた場所にポツンとあります。
ですがお店の並びには「燈明寺」や「平井諏訪神社」があり…
平井諏訪神社
コチラの昔ながらの店構えも含め風情ある一画となっています。
「平井諏訪神社」同様、是非ともお店単独で“えどがわ百景”に数えたい。
えどがわ百景
いや、お店単独と言うより、ご主人の人柄も含めてね♪(^^)
古き良き時代の人情を現代でも感じられる貴重なお店ですからね。

そんな『金太郎煎餅 田尻商店』で煎餅を購入しました。
当たり前ですが、煎餅店なので煎餅しか販売していません(^^;)

あっ!あられも販売しています!(←あられと煎餅は別物だよね?)
いずれにせよ、ソレ系のものしか取り扱っていません(←ソレ系って)w

中でもザラメの煎餅がコチラの代名詞的存在らしいんですが…
醤油味の煎餅にザラメ糖って、実は子供の頃から好きじゃなくて…

セットで入っているもの以外は購入した事がないはずです。
ですが今回、評判が頗るいいので購入してみる事にしました!

当初はバラで何種類か購入するつもりで訪れたのですが…
そこには4枚で100円という超お得なアウトレット商品がっ!
金太郎せんべい
少し丸まっていたり、大小サイズがバラバラですが…
と書かれていましたが、全然気にならないレベルでした。

堅焼き・ごま・えび・ザラメ等が入っていました。
通常価格で購入する事を考えれば半額以下になります。
金太郎せんべい
だからというワケじゃないですがオススメです。
評判通り、中でもザラメは格別の美味しさでした。

本当にちょうどイイ甘さと申しましょうか…
醤油とザラメが見事にマッチしているんですよ!
河童っぽい(^^;)
子供の頃にコレを食べたらハマったはず。
そう思うぐらい、今まで頂いた煎餅とは別物。

ザラメ以外の煎餅も本当に美味しくて…
長きに渡り愛されているはずだと納得(^^)
下町の風景
そう言えば、なんで【金太郎煎餅】なんだ?
見た感じ、HPにも書かれていないようですが…

そうそう、キャラクターとかも可愛らしいですし…
ネット販売もしているので、併せてHPもご覧下さい♪

お店情報 ⇒【 金太郎煎餅 田尻商店 / 平井 】

こんな場所で?
本当にひっそりと…

地元民以外は通らない?
ここは商店街なんですよね?

いろいろビックリする事が多く…
でもなぜか不思議と懐かしいような…

ここもまた私が愛した昭和が残っている。
そんな“弁天通り”の『香梅堂』を訪れました。
外観
JR総武本線の平井駅から10分以上は歩くかなぁ~
速足なら10分切るかもしれない(←その情報必要?)w

自然豊かな旧中川と荒川に挟まれた真ん中あたりですが…
残念ながらこの周辺で自然を感じられる場所はありません(^^;)
たて看板
なので「茶めしおにぎり」と「いなりすし」を購入して旧中川へGO!
そうそう、コチラはおにぎりといなりすしのお店ですのでヨロシク!

最近ちょっと忙しくて、訪問から日が経ってしまった為お値段を失念(^^;)
いずれにせよ「茶めしおにぎり」と「いなりすし」で200円しなかったはずです。
包装紙
手づくりだからこそ為せる業なのか、とにかくこの安さには脱帽です。
おそらく自宅兼お店だと思うので、家族で切り盛りしていると思われます。

それも安さの秘密のひとつだと思いますが、それにしてもご立派。
だからこそ、この場所に根付いて地元民に愛されているのでしょうね。
茶めしおにぎり&いなしすし
で、肝心のお味の方もイイとくれば何も言う事はありません。
おにぎりもいなりすしも少し小ぶりですがお値段以上の内容です。

もしもコチラが近所にあったらついつい寄っちゃうかも。
コチラのおかあさんの笑顔を見るだけでも元気になれるので…

後世に残したい昭和遺産って感じのお店ですかね(^^)
正直なところ、これから厳しくなる一方だと思いますが…

こういうお店が残れないようじゃこの国も終わり。
決して言い過ぎじゃないと思いますがどうでしょう?

お店情報 ⇒【 香梅堂 / 平井 】

すごいですねぇ~
創業から85年って…

HPからの情報ですが…
HPってのもすごいです!

町のお肉屋さんがHPって…
あまり聞いた事がないかも(^^;)

その上、メルマガにブログって…
気にならないわけがないですよね?

そんなコチラは『肉のやまざき』です。
JR平井駅から徒歩2~3の場所にあります。

先日ご紹介した“ヤマザキ”も目と鼻の先です。
サンドイッチ ヤマザキ 平井店』の話ですが…
外観
ソチラの“ヤマザキ”は先月末に産声をあげたばかり。
コチラの“ヤマザキ”は創業から85年という歴史がある。

となると、平井で“ヤマザキ”と言えばコチラになるかな?
そんなコチラはどこをどう見ても正統派の町のお肉屋さん。

言うまでもなく、こだわりのお肉を取り揃えています。
黒毛和牛A5ランクのステーキや切り落としがウリらしい。

ですが、それだけじゃないところが町のお肉屋さんの真骨頂!
「作りたてのお弁当とお惣菜は一度食べたらやみつきです!」(^^)
メニュー看板
この謳い文句通り、お弁当のラインナップが半端じゃない。
下手なお弁当屋さんが白旗を上げるぐらいのラインナップ!w

これはちょっと話を盛り過ぎたかもしれませんが…(^^;)
町のお肉屋さんにしては力が入っていると思いませんか?

それにしてもお肉屋さんらしいラインナップですね。
お肉屋さんだからこの価格設定が実現するのでしょう。

とりあえずお弁当を買う気で店内に入ってみた。
家族経営+αといった感じでアットホームな雰囲気。
ショーケース
ここでまた目に毒なショーケースが…(^^;)
一度食べたらやみつきになるというお惣菜…

ポテトフライ1個15円って反則でしょ?
コロッケ1個65円ってのも反則に近い(笑)

若い頃だったら絶対に手が出る(^^;)
食べ盛りなら【お弁当+お惣菜】だ!

もう私なんかは基礎代謝が落ちてるから…
そんな食ったら2~3日絶食しないとだから…(^^;)
スタミナ弁当
今回はメニューのトップを飾るスタミナ弁当500円を!
いい歳のおっちゃんがスタミナなんかつけてどうするの?w

いやいや、おっちゃんだからこそスタミナをつけないと動けないw
でもって、当たり前かもしれませんが、注文をうけてから調理開始です!

それにしても従業員の皆さんの元気と礼儀正しさには脱帽です。
これだから85年も続けてこれたんだと確信できる接客応対なんです。

それだけでも十分満足できちゃうぐらいの内容なのですが…
お弁当の内容も素晴らしく、これは間違いなくお値段以上です!

味付けは、学生街の定食屋などによくあるあの味!?(笑)
ですが、使用されているお肉の質が全然違うんですよねぇ~

お肉屋さんの面目躍如といったところでしょうか。
この感じなら、牛肉も鶏肉も期待できると思いますよ!

お店情報 ⇒【 肉のやまざき / 平井 】

10 / 31 (火) 午前 7:00…
サンドイッチヤマザキOPEN!
たて看板
なんてことない新規OPENに見える。
だが、意外と謎多き新規OPENなんです。
外観
まず10 / 31って11 / 1じゃダメだったのか?w
なにがなんでも10月中にOPENしたかったのかな?

ちょっとした事ですが違和感を覚えました。
で、ちょっと調べたら余計に腑に落ちない点が。

まず、この屋号から山崎製パンを連想。
なので、山崎製パンのホームページを確認。

ですがどこにもそんな情報はなく…
どうやらグループ会社が経営母体らしい。

なぜグループ会社の経営だと思ったかと言うと…
そのグループ会社のホームページで確認したからです。

ですが、現在はそのトピックスも見失ってしまいました(^^;)
と言うより、トピックス自体が削除されちゃったじゃないかなぁ~

レシートを見ると“サンドイッチハウス ヤマザキ 平井店”となっていて…
この先、チェーン展開しそうなニュアンスも感じ取れるのですがどうだろう?

だとしたら、大々的に宣伝したいんじゃないかと考えるのですが…
なんとなく秘密裏に進められているプロジェクトみたいで不思議に思う。

まぁこれら全てに於いて余計なお世話だとは思いますが…(笑)
素朴な疑問を感じたままに書かせて頂いた次第で御座いますm(_ _)m

OPEN当日、早朝7時前に店先を通りがかったのですが…
店先にはスーツの中年男性が大勢集まって写真を撮っていた。

おそらく、経営母体の社員や関係者だと思われます。
この事から考えても期待の新業態なのだと窺えますよね。

初日は何かセールがあるかもと覗いたのですが…
特に何もなく、夜の割引などをしている様子もなく…

庶民としては残念な想いでスルーしましたw
その後、何度か店先を通るも特にセールはなく…

諦めて通常営業時に利用しました(爆笑)
通りに面しているので、基本は対面販売です。

ですが、店先にワゴンも出ています。
本当に数種類ですが、直接手に取れます。

コレ、開店当初はなかったので…
これからも色々と変わって行くかも?
店先に並べられた商品
昔ながらのコロッケバーガー190円を購入。
「美味しく召し上がれますように」とスタッフ。
昔ながらのコロッケバーガー
宝くじ売り場の「大きく当たりますように」みたいなw
しかし、その言葉通りに美味しかったのでオススメ出来ます♪

お店情報 ⇒【 サンドイッチ ヤマザキ 平井店 / 平井 】

このページのトップヘ