流れる雲にのって♪

~ 流されずに流れていたい ~

思いついた事、思いついた時、思いのままに…

最高の立地です。
鎌倉って感じです。

駅からも徒歩2~3と…
利便性も高いですからね。

お店の目の前には二の鳥居。
そう、鶴岡八幡宮の参道沿い。

通りには有名店がずらりと並ぶ。
鳩サブレ―の“豊島屋 本店”も近い。
たて看板
店舗は2階という不利はありますが…
逆にそれが武器になっている可能性も?
お水
というのも、窓からの眺望がいいんです!
カウンター席から見る二の鳥居は格別です!
卓上
全体的に高級感も漂っていて落ち着けますしね。
『かまくら亭』という屋号に恥じない焼肉店です。
サラダとタレ
今回は「マル得カルビランチ」1350円を頂きました。
外税なので合計1458円ですが鎌倉と思えば高く感じない。
ライスとスープ
実際、なかなか充実していてお値段以上の内容だと思います。
セット内容は、三種の小鉢とサラダとスープとライスになります。
小鉢三種
メインのカルビも、かなりのボリュームで満足出来ました。
サラッとしているわりにしっかりと味が付いたタレも美味しい。
カルビ
ただ、サービス面に於いては高級焼肉店のソレではない。
外国人観光客が凄く多いので、大変なのは理解できますが…
ロースター
サービス面だけ大衆店のような雰囲気なんだよなぁ~
失礼なわけじゃないのですが、このお店にはそぐわない。

そのせいか、店内に少し気になる部分があって…
どうしても目についてしまい、最後まで気になった。

しかし、全体的には悪くないと思いますし…
観光地なので、スピーディーなところも助かる。

サービス面はスタッフによっても変わるでしょうし…
その辺さえ割り切れば、満足できるランチだと思います。

このタイトル…
些か大袈裟だった?

いや、そんな事はない!
きっとそうだと信じています。
富士山駅
コチラは『麺'ズ 冨士山 富士山駅店』。
その名の通り、富士山駅構内にあります。

Q-STAというフードコートの中で営業中です。
知る人ぞ知るご当地グルメ“吉田のうどん”のお店。
外観
“吉田のうどん”と言えば民家のイメージなのですが…
しかしそれも昔、今は様々なスタイルのお店があります。

ですが、古今共通して言えるのが営業時間の短さでしょうね。
ほとんどの“吉田のうどん”のお店は1日3~4時間しか営業しない。

15時ともなれば、本物の“吉田のうどん”は食べられない。
これぐらい言ってもいいぐらい、どのお店も短時間集中営業。

さらに夜営業する“吉田のうどん”のお店は皆無に近い。
こうなると観光客は景勝地で過ごす時間を削るしかない。

そんな時、コチラは力強い味方になってくれます。
10:00~20:00(L.O.19:15)まで通し営業してくれている。

フードコートだから当然と言えば当然ですが…
フードコートと言えど中身は本物の“吉田のうどん”。
お冷
それもそのはず、本店の“吉田のうどん”も本物ですから。
その本店を訪問した際は、接客面で残念な経験をしましたが…

コチラは接客面も素晴らしく、お味についても言う事なしでした。
手軽さと便利さで言えば、コチラの方がオススメと言えるぐらいです。
冷しゴマダレうどん(大)
今回はちょっと変わり種の「冷しゴマダレうどん(大)」650円をチョイス!
ふたりでシェアして食べるのにピッタリのサイズで、その量からすれば安い!

フードコートという性質上、気軽にシェア出来るとのもオススメポイントのひとつ。
これからこういうスタイルが増えれば、“吉田のうどん”もより活性化されると思います。

麺'ズ 冨士山 富士山駅店うどん / 富士山駅

ここはQ-STAの地下1階。
フードコートの中のカフェ。

ちなみにQ-STAって何かですが…
富士山駅ビルショッピングセンター。

元は富士急ターミナルビルだったとの事。
2006年にリニューアルオープンしたらしい。

その頃からこちらの存在は知っていたのですが…
中に入るのは実に今回が初めてという驚きの事実(^^;)

富士山周辺を訪れると景勝地と温泉を巡るのに忙しくて…
さらにはご当地グルメを食べ歩くのに時間を使っていたので…

正直なところ、アウトオブ眼中でした(←死語だ)w
でも、こちらのフードコートの中にもご当地グルメが!

そちらに関しては2014年オープンとの事で…
当時は知らなくて当然の存在だったんですけどね。

そちらと絡めて紹介したいのが『La・オキラク』です。
パンケーキなどのスイーツをメインとするカフェなんです。

ただし、フードコートの中でも窓口が2か所に分かれています。
どういう事か説明すると、食事とデザートで分かれているんです。

今回私が利用したのはデザート系の窓口となっていて…
それとは別に、パスタなどを販売している窓口があるんです。

ブースが離れているので間違える事はないですが…
頭の片隅に置いておくとスムーズに事が運ぶと思います。

今回頂いたのは「デザートセット」500円です。
コレ、内税ですのでかなりお得感があると思います。
デザートセットメニュー
ですが、ちょっとした条件がありまして…
お隣の『麺'ズ 冨士山』で食事した人のみが対象。
デザートセット
ならばと、その通りにしました!(笑)
『麺'ズ 冨士山』で食事した後にコチラへと♪
アイスコーヒー
しかしデザートが残っておらず…
唯一1個だけ残っていたものをセットに。
ショコラプリン
それがショコラプリンでした。
とても滑らかで濃厚な味わいでした。

これにドリンクが付いて500円はやはりお得。
フードコートとはいえ、安いと思える内容でした。

あと、女性スタッフの接客応対にも好感が持てました。
デザートが売り切れ状態だった事を申し訳なく思ったのか…

終始、気を遣ってくれたので気分も晴れました(^^)
もっと人が集まればもっとイイお店になると思います♪

La・オキラクカフェ / 富士山駅

ここは富士山駅。
その構内にあるお店。

“ふじやまたいやき”です。
その名の通りたいやき屋さん。
外観
ですが、ソフトも販売しています。
駅構内らしく土産物も販売しています。

駅の売店感覚で利用出来るので重宝しそう。
観光客にとってはより使い勝手のよいお店です。
外観
やはり駅名を変えた時に出来たのかな?
たしか富士山駅になったのは2011年でした。

それまでは富士吉田駅という名で…
その頃は構内に入った事がないもので…

いずれにせよ、綺麗な店舗です。
店先のメニューを見ていたのですが…

「たいやきソフト」って聞き慣れないよね?
450円と手頃なので購入してみる事にしました!

スタッフに尋ねたところ、ソフトにたいやきが…(^^;)
まんまですが、それはそれで面白いので頂いてみようと…

すると、たいやきが売り切れてしまったとの事!
閉店間際だったので、仕方ないと諦める事にしました。
メニュー看板
でも、せっかくなので何か購入しようと思い…
「フジヤマソフト」370円を購入する事にしました。

富士山に見立て青と白の2層になっています。
青い部分はブルーローズのソフトクリームとの事。
フジヤマソフト
まず見た目ですが、微妙な感じで…(^^;)
閉店間際でバタバタしていたからなのかな?

もう少し丁寧に巻いて欲しかったかな。
お味はよかっただけにちょっと残念かも。

ふじやまたいやきたい焼き・大判焼き / 富士山駅

見掛けた事ないなぁ~
初めて見たブランドです。

経営母体はどこなんだろう?
チェーン店っぽいんだけどなぁ~

“かつ庵”ってとんかつ屋なのですが…
見た事ありそうでないって屋号だよねぇ~

外観の雰囲気やカラーリングも微妙な感じで…
どこかで見たと言えば見た感じがするんだよねぇ~
外観
まぁ内容がよければヨシという事で利用してみました。
コチラは富士山駅から歩ける距離にある“富士吉田店”です。

赤富士通りと昭和通りの交差点の角地に建ってます。
見逃しようのないひらけた場所なので見付け易い筈です。
卓上
駐車場も広いので、駐車が苦手な方でも大丈夫。
まぁこればかりは個人差があるので絶対ではないが…

かなり利用しやすい店舗なのは間違いない。
それもあってか、客層が幅広いという風に感じた。
かつ丼(120g)
正直、目新しい仕掛けはないのですが…
一通り揃っているといった印象の店舗ですね。

痒い所に手が届くといったような…
どんな客層でも及第点を付けるというか…
かつ丼
まずタッチパネルで注文し易い。
カウンター席もあるので1人でもOK!

注文してから提供までが早い。
勘定以外に煩わしい事がほぼない。
ロースかつ
「かつ丼」が490円と安い。
「ロースかつ定食」でも690円。

ただし、お替り等は有料になります。
所謂ファーストフード店に属するかな?
ロースかつ定食
かつ丼が、80gと120gから選べるのもイイ。
100円違いですが選択肢があるのは助かります。

セットされるのは漬物だけと超シンプルですけどね。
そんな中「かつ丼(120g)」と「ロースかつ定食」を注文。

単刀直入に、お値段以上の内容だと感じました。
特筆する点こそないものの定食のセット内容は立派。

わざわざ訪れる感じのお店ではないですが…
普段使いも可能なとんかつ屋さんだと思います。

かつ庵 富士吉田店とんかつ / 富士山駅

富士山と言えば馬さし!
↑ちょっと違うんじゃない?w

全国的に馬さしと言えば熊本ですが…
私の行動範囲内では富士山の周辺がメッカw
富士山麓に咲くニワセキショウ
↑この書き出し、どこかで見た事があるような…(^^;)
ハイ、前の記事から抜粋しましたからね(←開き直り?)w

なので、その辺の事については前の記事を読んでもらうとして…
今回は同じ富士山の周辺でも静岡県側にあるお肉屋さんを紹介します。
外観
静岡県は御殿場市で営業している『武藤精肉店』をご紹介!
コチラがある御殿場市も馬肉を扱う精肉店が多い地域ですよね。

こちら側でも過去に何度か買って帰った事があります。
これがまたハズレなしで地域のレベルの高さが窺い知れる。
駐車場内
コチラもまた駐車場を完備しているので助かります。
御殿場駅からも遠くないのですが10台は停められます。

東名の御殿場インターからも近いので便利です。
私のような観光客が立ち寄るには持って来いの立地。
ショーケース
コチラは内外観ともに昔ながらのお肉屋さん。
軽く30年以上の歴史があるとの事で納得ですね。

店内に入ると隅っこにホットストッカー。
そこに目をやると石ちゃんが「まいうー」w
ホットストッカー
日本国中出没してるじゃないか!(笑)
同じ沿線に住む者としては不思議な感覚w

石ちゃん、普通に電車に乗ってたりするので…w
というわけで、近所の飲食店は石ちゃんだらけで…w
手造りメンチ
当初の予定では馬さしだけ買って帰る予定だったのですが…
1個100円という安さも手伝い“手造りメンチ”も購入しちゃった(^^;)

で、肝心の馬さしの方ですが、“特上馬さし”を200g購入。
100g860円と高価な馬さしですが、せっかくですからねぇ~
特上馬さし
またここまで来る交通費を考えれば安いもの!(笑)
↑前の記事と同じ内容ですが、やっぱり貧乏性かな(^^;)

コチラも注文をうけてから刺身にしてくれます。
謳い文句にもしているだけあってとにかく新鮮です。
特上馬さし
厚みと肉々しさという意味ではコチラに軍配があがるか。
驚くほど癖がないのに「肉を食べてる」って実感があります。

そしてコチラもまた家族経営って感じなのですが丁寧な接客です。
特にご主人の腰の低さには脱帽で、帰り道も終始気分がよかったです♪

武藤精肉店その他 / 御殿場駅

富士山と言えば馬さし!
↑ちょっと違うんじゃない?w

全国的に馬さしと言えば熊本ですが…
私の行動範囲内では富士山の周辺がメッカw

長野では古くから馬肉を生で食べていたそうですが…
山梨県はそのお隣という事で馬さしの文化が根付いてるのか?

その辺の事はわかりませんが、富士山周辺の馬さしは旨いんだなぁ~
富士山周辺で遊んだ帰りに馬さしを買って帰るって方も少なくない筈です。

そういう私も過去に何度か家飲み用に買って帰った事があります。
思い付いたらすぐに買いに行ける程お肉屋さんが多いところも特徴的。

しかも、今のとことハズレなしでレベルの高さを窺い知れる。
そんな中、今回お邪魔したのは『お茶や肉店』というお肉屋さん。
看板
富士山駅から車で3~4分程度の住宅街で営業しています。
徒歩だと15分やそこらは掛かると思いますが、基本は車かな?

店先が駐車場になっているので安心して車でどうぞ♪
昭和49年創業と、そこそこの歴史があるお肉屋さんです。
外観
ですが、外観はそんなに古いお店に見えません。
それもそのはず、2度の移転を経ているとの事でした。

実はこれで屋号の謎も解けちゃいました!
精肉店なのに「お茶や」って、不思議でしょ?
極上馬さし
移転してくる前の店舗にヒントが隠されていました。
前の店舗があった場所がお茶屋町って町名だったとの事。

なるほど内外観共に綺麗な上に、屋号の謎も解けてスッキリ!
あとはお目当ての馬さしを買うのみですネ!(←普通は買うのみ)w
極上馬さし
店内には加工品もいろいろあって少し悩んだのですが…
ここは初志貫徹&たまの贅沢で「極上馬さし」を買う事に!

100g950円と、庶民は手が出にくいお値段ですが…
またここまで来る交通費を考えれば安いもんです!(笑)

せっかくなので奮発して200gにしましたよ!
消費税を足して2052円という自分への贅沢土産♪

注文するとその場で刺身にしてくれます。
ですので、少し店内で待つことになります。

お願いすると保冷用の氷も貰えます。
家族経営って感じですが接客は丁寧です。

あと、馬さしの味さえよければいう事なし!
という事で、結論として何もいう事なしです(^^)

お茶や肉店その他 / 富士山駅

2週続けて“ミスド”へ!w
という事は、2週続けて旅?

ハイ、2週とも日帰りですが…
富士山の裏と表を攻略しました!

って、登山じゃないんだけど…(^^;)
ちょっと野鳥を探しにやってきました♪

前回は富士スバルラインで五合目を散策。
今回は富士スカイラインで新五合目を散策。

正式には「表口五合目」という名称なのかな?
登山者には「富士山表富士宮口」の方が伝わる?

観光地化している五合目に比べたら落ち着いている。
なんと言っても外国人観光客の数が圧倒的に違います。

ですので、野鳥を探すにはコチラの方が適しているかな?
まぁ野鳥探しのお話については別の記事で紹介するとして…

今回は『ミスタードーナツ 御殿場ショップ』の紹介を。
御殿場駅からも御殿場インターからも近い好立地の店舗。
ポン・デ・プリン?
飲食店等、いろんなお店が集まっているエリアで…
駐車場も完備しているので利用しやすい店舗だと思う。
外観
満車の場合はマックスバリュの駐車場も利用可。
ほぼ確実に車を停められる環境というわけですね。
店内
今回、実は馬さしを購入するついでに立ち寄りましたw
小腹サポートに「エンゼルクリーム」を頂く事にしました!
エンゼルクリーム
あまりドーナツに興味がなかった若い頃でもコレは好きでした!
コレを最後に食べたのは、少なくとも10年以上前だと思うのですが…

やっぱり美味しいと言うか、こんなにフワフワで軽かった?
若い頃に食べていた「エンゼルクリーム」より美味しいと感じた。

2週続けてミスタードーナツを見直しちゃいましたよ!
とは言え、今後そう頻繁に訪れる事はないと思いますが…(^^;)

小さいお子さんからの支持は絶大でしょうからね。
あと、女子学生やママさんからも支持されるでしょうね。

なので、私のようなおっさんの出る幕ナシw
キャンペーンを見てもターゲットがわかるもんね。

ポン・デ・ライオン&ポムポムプリン…
おっさんとは縁遠い存在なんだもんね!(笑)

ミスタードーナツ 御殿場ショップドーナツ / 御殿場駅

ちょっと変わった見た目。
今ではスタンダードですが…

初めて見た時は変だと感じました。
専門店なんて行った事がなかったから。

子供の頃はパン屋でしか買った事がなかった。
そもそもドーナツにあまり興味がなかったのかも。

実は、いつ初めて専門店を訪れたのかも憶えていない。
でも、中学生の頃には『ミスタードーナツ』は知っていた。
オールドファッション
おそらくその頃に友人に連れられ初訪問した筈です。
その時に「オールドファッション」を食べたんだと思う。

その時は思っていたものと違った気がしました。
安物のドーナツしか食べた事がなかったので…(^^;)
梱包
当時は高級に感じたのかもしれませんねぇ~
現在、真逆の印象を持っているのが不思議な程。

ですが今回、ドーナツを見直しました。
と言うより、ミスタードーナツを見直した。

そして、オールドファッションも。
これを100円で提供するとは立派です。

小腹がすいた時に最適ですね。
そりゃ学生さんは通っちゃうよね。
外観
そうそう、なぜ割れてるかって話だったw
それは、生地を裏面から揚げるからなんだって。

ひっくり返した時に、表面の生地はまだやわらかく…
ベーキングパウダーから発生するガスが飛び出るんだって。
看板
その事によって生地に割れ目が出来るとの事です。
という事で、割れている方が表面だって知ってました?

私はてっきり割れている方が裏面だとばかり…
そう思ってるって方も少なくないんじゃないかな?

今回は旅の途中に“河口湖ベルショップ”に。
駐車場完備なのでトイレ休憩にも適しています。

旅先でトイレに困る事ってあるでしょ?
さらにフードコートなので利用しやすいしね。

ミスタードーナツ 河口湖ベルショップカフェ / 河口湖駅

原宿で焼肉を食べました。
『原宿焼肉 KINTAN』にて…
看板
間違えようのない屋号です!w
しかも、超優良店なんですよねぇ~
階段上
平日限定ランチは狙う価値アリですよ!
平日なのに行列が出来るのも頷ける内容です。
外観
中でもお勧めなのが「KINTAN焼肉セット」です。
和牛カルビと和牛ハラミと国産鶏と国産豚の四種盛り。
メニュー看板
これにライスとスープとサラダとデザートが付いています。
しかも、ライスとスープとサラダはお替りが自由ときたもんだ!

原宿にあって高級焼肉店でこの内容ですからねぇ~
普通に考えたら、低く見積もっても2000円はくだらない筈。

ですがこのランチ、税込で1000円ポッキリ!
くれぐれもここは原宿ですからネ!(←わかったよ)w

若者なら、待ってでも食べたい筈だわ!
だから入店時に1時間程度でと言われたんだね。

そうは言われましたが、全然急かされる感じもなく…
むしろ皆さん落ち着いてランチを楽しんでいるようでした。

そういう私も、一人でしたが落ち着いてランチを楽しめました♪
店先も含め、全体的に綺麗なお店だという事が一番だと思いますが…
国産鶏と国産豚
スタッフがそういう雰囲気を演出してくれている気がします。
お店全体の高級感を裏切らない接客ですが、程よくフレンドリー。
KINTAN焼肉セット
若者の街らしく、スタッフも若者も揃えていますので…
若者にとっては利用しやすいお店なのではないかと思います。
サラダとスープ
そのせいもあってか女性も多いように思いました。
さらに、原宿らしく外国人観光客も多く入っています。
デザート
ランチの内容に関しては、お味もボリュームも申し分なし!
個人的には、渋谷から足をのばしてもいいぐらいだと感じました。

原宿焼肉 KINTAN焼肉 / 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

このページのトップヘ