流れる雲にのって♪

~ 流されずに流れていたい ~

思いついた事、思いついた時、思いのままに…

久しぶりの家系。
いや、ココは屋系?

屋号は『誠屋』なので…
ラーメンはアレですけどね。
外観
大森駅北口から徒歩6~7分かな?
ジャーマン通りの真ん中辺りですね。

本気で行く気にならないと行けない場所。
↑そんなに僻地でもないと思いますけど…(^^;)

お住いの方以外が偶然通りがかる可能性は低いかと。
まぁ池上通りと環七を結ぶ通りなので、車通りは多くて…

路肩が駐車帯になっている事もあって、ガテン系のパラダイス。
狭小店舗という事もありますが、いつも混み合っている印象ですね。

毎月1度はコチラの店先を通るのですが、今までなかなか機会がなくて…
ただただ通り道になっちゃっていたのですが、今回は無性に食べたくなった。

年に何回か、体が家系ラーメンを欲しがる時があるんですよねぇ~w
この日がその日だったってわけで、お昼時にも関わらず暖簾をくぐった。

ですがラッキーな事に、この日はそんなに混み合っていなくて…
すんなりと入店し、すんなりと食券を購入し、すんなりと席に着けた。

予想していた通り、先客も後客も、ほとんどがガテン系の男。
そんな中、先客に1組と後客に1組、カップルで来店していました。

別にそれ自体に驚く事なんて、何ひとつないのですが…
そのカップルのオーダーにちょっと驚いたと申しますか…(^^;)

今の時代、これぐらいは当たり前の出来事なのかもしれませんが…
女性のオーダーの方がトッピングが多く、カスタマイズも半端じゃない。

「牛丼屋さんとか一人で入れない」なんて話が昔話だって認識はあったけど…
家系ラーメン店のハードルはそれ以上に高いと思っていただけに余計ビックリした。

その女性の一人はトッピングが激しくて、ほとんど全部のせでオーダー!
「いつ麺に辿り着くんだ?」という、二郎系のような仕上がり具合でして…(^^;)

野菜を多く摂取したいという願望が具現化したって事なのでしょうね。
でも、これを綺麗で華奢な女性が食べるって、頼もしい時代になりましたw

さらに、もう一人の女性も負けず劣らず頼もしいオーダーでして…
トッピングこそ「半熟玉子二個」だけだったけど…(←二個でも凄いよ)w

カスタマイズ(Customize)が半端じゃなく(←なぜ英語まで?)w
↑このカスタマイズの“C”が、タイトルの“C”ですよって意味です(笑)

何と何をカスタマイズしたのか憶えきれない程たくさん…
同時に、これを憶える店員さんも凄いなぁ~って思いましたw

自分が若い頃は、店員さんと会話すら出来なかった。
今じゃ考えられない話ですが、若い頃はシャイでした(笑)

なので、今ではカスタマイズも全然平気ですが…
今度は年齢のせいで、味も脂も普通で十分に…(^^;)

たまに麺はカタめとかにしてもらいますが…
今回は「太麺」680円を頂いたのでオール普通。

ランチタイムは太麺の大盛りは無料です。
↑コチラは珍しく細麺もチョイス出来るので。
太麺(大盛り)&ミニチャーシューご飯
ランチタイム限定でミニご飯の用意もあるので…
その中から「ミニチャーシューご飯」150円も追加。

私の場合、これで十分満足出来る内容だったのですが…
次回は何かトッピングとカスタマイズしてみようかなぁ~w

誠屋 大森山王店ラーメン / 大森駅大森海岸駅

世の中まだまだ知らない事だらけ。
もうけっこういい歳なんだけどねぇ~(^^;)

まぁ年齢とは無関係って事も多々あるんだけど…
今回の知らなかった事はソレに該当するかもしれない。

皆さんは「コンブチャ」って知ってますか?
今、アメリカで流行ってるみたいなんですけど…

なぜそんなものがアメリカで流行るの?
↑私の第一印象はコレ(←そうなるよねぇ~)w

そう、粉末のアレを思い浮かべて…
梅が入ってない方のやつだな!ってネ!

でも、ソレって「コブチャ」の話だもんね!
コレは「コンブチャ」っていうらしいんだけど…
メニュー看板
スタッフに尋ねてみたところ、何やらキノコとの事。
なんだかよくわからないけど、炭酸だって事にも驚いた。

もうこうなったら飲んでみるしかないですよね?
という事で、コレを頂いたのが『ABC CLUB』でした。
店内
“ALPHA BETA COFFEE CLUB”の略称です。
私はまた、ジャクソン5のファンクラブかと…(^^;)

↑英会話教室って言った方が信憑性が増すと思うけどw
それはさておき、オープンから1週間経ってないカフェです。
店内
2017年4月22日、自由が丘は“ミシェル自由が丘”3階にオープン!
自由が丘らしく、オシャレでオシャレでオシャレなカフェなんですw

オシャレなカフェが鎬を削る自由が丘の中でも、一際オシャレだと思う。
もうこれはアメリカなんじゃないかと思う(←アメリカをよく知らないのに)w
店内
スタッフはアジア系のルックスばかりですが、会話は英語で大丈夫!
というのも、お客の半分が“日本語話せません系”の外国人だったんですよ。

たまたまなのかもしれませんが、たまたまじゃないと思いますw
オープンから3~4日で、偶然外国人が集まってきたとは考えにくい。
店内
オーナーらしき男性も、ルックスはアジア系だったのですが…
日本語は話せない様子で、アジア系アメリカ人ではないかと思う。

あっ!勿論日本人らしきスッタフも居ます!(←らしき?)w
日本語もペラペラなのでご安心を!(←そりゃそうだろうよ!)w
コンブチャ
そんなこんなで「コンブチャ」400円を頂きました!(笑)
で、缶に貼られたシールに書かれた内容を確認したところ…

コレって、“紅茶キノコ”なんじゃん!(←懐かしい)w
同じく「懐かしい」って思った人はアラフィフですねw
キャロットケーキ
それを知ってしまうと微妙な気分になるけど…
爽やかな酸味が特徴の炭酸で、意外と飲みやすい。

強いて言えば、女性が美容のために飲むドリンクかな?
そう言えば、ケーキ類もグルテンフリーって事らしいです。
ラテ
今回、私たちは「キャロットケーキ」400円を頂いたのですが…
想像していたよりもはるかに美味しくて、このお値段にも納得です。

ケーキのお供には「ラテ」500円をチョイスしました!(^^)
見た目、若いスタッフでしたが、かなりの腕前で驚きました!

ちなみに、基本的にはキャッシュオンデリバリーです。
そんな風に見えないオシャレな店内にも再度驚かされます。

そういうわけで、皆さん基本的に長っ尻です(^^;)
外国人客の場合、ほとんどがノートPC持参ですので…

そういうカフェなんだという風に認識して頂ければ幸いw
↑お店のスタッフの気持ちを代弁したつもりなのですが…(^^;)

帰り際に挨拶がなかったのは残念でしたが、全体的には及第点。
英語で会話できるという大きなメリットを活かす方向がいいかも♪

ALPHA BETA COFFEE CLUBカフェ / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

仙台といえば…
やっぱコレだよね?

牛たんは外せないっしょ!
って事でやってきたのがコチラ。
看板
仙台駅前にある『たんや善治郎』です。
宮城県内で店舗を展開している牛たん専門店。

そんな『たんや善治郎』の本店がコチラというわけ。
仙台駅の周辺には数多くの牛たん専門店が犇き合っていて…
外観
正直なところ、どのお店を利用すればいいのか頭が痛いところで…
つい、手っ取り早く口コミサイトの力を借りようとしてしまうのですが…

今回は実際に店先まで来て見て、直感的に訪問を決めました!
自身が口コミの投稿を始める前は、いつもこうだったんだよなぁ~
お茶とお箸
今となっては、たまに失敗するのも楽しんでいた気がする。
ですが今回は、アタリもアタリ、大アタリという結果で…(^^)v

いつもよりちょっと大盛りの喜びを感じられた!(笑)
これからも、たまには昔ながらの店探しをしようと誓った。
生ビールとお通し
特に、某サイトの点数は信頼度低めですからね。
投稿される記事の信頼度はかなり高いだけに残念です。

でも、出先の場合は急を要するわけなので…
全ての記事に目を通すのはかなり難しいですよね。

そんな時は自分の経験と勘に頼るしかないですからね!
経験に関しては、目減りして行く事はまずないと思うので…

それに付随して、勘の方も養われていくものだと信じています。
だからというわけでもないのですが、大アタリで本当に良かった!w
牛たん焼きギョーザ
コチラは王道の牛たん料理をアレンジした創作料理が多く…
ひょっとしたら、地元の方々の間では賛否あるのかもしれません。

ですが、観光客の私たちにとっては興味深いメニューで…
正直なところ、定食を食べ切れるほどお腹に余裕もなく…(^^;)
ゆでたん
酒のつまみとして牛たんを頂いてみようと思いました。
あと、仙台を訪れる度に王道の牛たんは頂いてるしね(^^;)

しかし、お陰様でいろいろと収穫はありましたよ!
例えば「牛たん焼きギョーザ」518円についてですが…
牛たんつくね
牛たんはあまり感じられないが美味しいとかw
「ゆでたん」864円だったら焼いた方がいいとかw

でも「ゆでたん」って、なんだか可愛らしいでしょ?
冗談抜きに、これも収穫のひとつだと思っています(^^)v
たん辛味ネギ和え
牛たんという意味では「牛たんつくね」302円はオススメ!
牛たんの存在感がバリバリあるというのにこの良心的な価格!

酒のつまみという意味では「たん辛味ネギ和え」410円が一番か。
そんな中、今回一番印象に残ったのは「たん辛味ユッケ風」518円。
たん辛味ユッケ風
食感からしてバリバリの牛たんなのですが、濃厚な味は完全にユッケ。
しかもかなり美味しい部類に入るユッケで、卵黄との相性が抜群でした。

そんな強烈なつまみに負けない酒は、やはり地元の酒って事になるでしょう。
それも、3種類の地酒を少しずつ楽しめて「3種飲み比べ」1026円はお値打ち価格。
3種飲み比べ
これに「生ビール」540円を2杯頂き、合計4718円って安すぎるでしょ?
そもそも全体的にリーズナブルって事に加え、お通しが無料ってのが大きい。

居酒屋で飲めば、少なくとも1人300円ぐらいはとられる筈なので…
仙台ではこういう飲み方も出来るというモデルケースになって良かった♪

たんや善治郎 仙台駅前本店牛タン / 仙台駅あおば通駅広瀬通駅

JR仙台駅の3階。
駅ナカカフェです♪

時間調整にピッタリ!
ホント、助かりますよね。

ガラス張りで明るいですし…
しっかり清潔感も漂っています。

とても綺麗な店内が印象的なカフェ。
それもその筈で、オープンは昨年との事。
外観
店名も仙台らしく『カフェ 杜の香り』といい…
って、調べてみたところ郡山にもあるようで…(^^;)

どちらの店舗も“エスパル”の中で営業中です。
普通に考えて、おそらくチェーン店でしょうね。

そんな『カフェ 杜の香り』でランチを…
と言うか、調べものをしたくて利用しました。

ですが、ランチメニューが魅力的で…
ついついランチをオーダーしちゃいました。
グリルサンド(コンビーフとチーズ)
「グリルサンド(コンビーフとチーズ)」850円。
実はコレ、ハーフサイズのお値段なんですけどね。

レギュラーサイズはグリルサンドが倍になって1300円。
コレ、二人でシェアしたらお得なんじゃないでしょうか?

一人はドリンクを単品でオーダーすればいいよね?
実は今回、ハーフサイズの私たちも同じ事をしました。

元々は食事する予定じゃなかった事もあって…
実際、ボリューム的にこれで十分満足出来ました。
広瀬川
セットドリンクは「広瀬川」をチョイス。
サイフォンでいれた豊かな香りのコーヒーです。

サイフォンのまま提供してくれる演出も素敵ですね。
あとは単品で「水出しアイスコーヒー」600円をオーダー。

さすがに「水出しアイスコーヒー」はグラスで…
↑あのデカいコーヒーメーカーで提供されてもね…(^^;)

お味の方はとてもマイルドで飲みやすかった。
水出しらしくすっきりした味わいが印象的でした。
水出しアイスコーヒー
ちなみに「広瀬川」はソフトタイプです。
その他、ストロングタイプが「青葉城」で…

ヨーロピアンタイプが「定禅寺」で…
炭火焼珈琲が「伊達」と名付けられている。

郷土愛を感じちゃいますよねぇ~
そういう意味でもいいネーミングですね。

そして、ブレンドが店名と同じ「杜の香り」。
次回は是非このオリジナルブレンドを頂きたい♪

カフェ 杜の香り喫茶店 / 仙台駅あおば通駅宮城野通駅

いきなりですが…
高いんじゃないかなぁ~

あくまでも庶民の意見なので…
これが当たり前なのなら申し訳ない。

きっとイギリスでは当たり前なのでしょう。
と言うか、自由が丘でも当たり前でしょうね(^^;)

決してケチをつけるつもりなんて毛頭ないんですよ!
ただ、流行りの手土産が高額である事に麻痺している気が…
看板
コチラのクッキーに1枚292円の価値があるとしてもという話です。
クッキー1枚292円って、私のような庶民には考えられないお値段なので…
包装紙
「だったらなんで買いに来たんだ!」と、お叱りの声が聞こえてきそうですが…
庶民ゆえに、どれぐらいすごいものなのか確かめたくなっちゃったりもすんです(^^;)

そういうわけですので、コチラのファンの皆さん、どうかお許しをm(_ _)m
地元の事を知っておくという使命もありますから…(←お前の使命じゃないわ)w

さて、コチラは自由が丘駅南口を出てスグにある『ベンズクッキー』!
イギリス発のクッキー専門店で、コチラの店舗は日本第一号店なんです!

この街でよく聞く“日本第一号店”のほとんどはお菓子屋さんです。
やはりこの価格設定でも行列が出来る街は限られていると思うので…

逆に言うと、この街でダメならどこに出店してもダメかもね。
まぁ銀座などは雲の上の街なので、私が知る由もありませんけど。

いずれにせよ、この街を最初に選ぶのには理由がある筈。
そんな深読みを楽しみながら暖簾をくぐった(←暖簾はない)w

店内はまるで“ウォーリーを探せ”のような状態!(笑)
赤と白の縞模様のユニフォームの女の子たちが右往左往w

↑なんか「の」が異様に多い気がするんだけど…
実際、赤と白の縞模様のユニフォームの女の子ばかり。

接客応対は丁寧で、お値段以上の内容です。
これには『ニトリ』も脱帽!(←関係ないだろ)w

さて、肝心のクッキーの評価ですが…
どうやら5枚買うと、2枚ついてくるらしい。

5枚の値段で7枚買えちゃうって事。
それでも1枚200円を切らないんだなぁ~

なので、定番商品を1枚と、その他1枚を注文。
定番を訪ねたら「ミルクチョコレート」との回答。
ミルクチョコレート
人気は「ホワイトチョコレート&クランベリー」との事。
女の子を信じて、言われるがままにその2枚を購入する事に!
ホワイトチョコレート&クランベリー
まず、第一印象はデカくて重くてサックサクって感じ。
↑第一印象って言うか、これじゃあ全印象じゃないか!w

この大きさならこの値段でも仕方ないかもねぇ~
ただ、チョコレートがめっちゃくちゃ甘いんだけど…

あと、壊れやすいので慎重に食べる必要アリ!
写真に収めるのも一苦労するクッキーなんですよ。

まぁイギリスに行く事を考えたら安いか?
信じるか信じないかはあなた次第(←何を?)w

ベンズクッキー 自由が丘店洋菓子(その他) / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

自由が丘にまたニューフェイス登場!
コーヒースタンド『Sunset Coffee』です。

自由が丘サンセットエリアにオープンしました。
地区に特化した情報発信拠点を目指しているとの事。
ロゴマーク
自由が丘の街を散策する楽しさを伝える「街の案内所」。
上記のようなコンセプトのもと、コーヒーを提供してくれる。

もちろんコーヒーにも拘っていて、豆はオリジナルブレンドです。
三軒茶屋の『OBSCURA COFFEE ROASTERS』が監修しています。
メニュー
↑まるであらかじめ知っていたかのような口ぶりですけど…
実は、とっても愛想のいい女性スタッフから聞いた話なんですw

オープンしてからまだ1ヶ月ちょいしか経っておらず…
まだまだ試行錯誤の毎日という事で感想を尋ねられました。

その際、少しお話させてもらう時間がありました。
お味については通じゃないのでなんとも言えませんが…

お店の雰囲気に関しては、自由が丘にマッチしていると思う。
しかもこの界隈は、自由が丘きってのお洒落エリアなので尚の事。
カウンター
しかし、奇を衒った感じも一切なく、ナチュラルに溶け込んでいます。
経営母体は元々このエリアに根を張る会社なので勝手知ったるものですね。

きっとこのエリアに根付いてくれると信じています。(←何様?)w
いやね、自由が丘って意外とコーヒー専門店の激戦地だと思うので…
アイスカフェオレ
油断は禁物ですよってことで…(←だから何様なんだって!)w
まぁ地元民からのエールだと思って受け止めて下さいませ。(笑)

今回頂いたアイスカフェオレ450円は本当に美味しかった。
街行く人がコチラのカップを手に…なんて日も近いと思うよ。

Sunset Coffeeコーヒー専門店 / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

ご存じ“杉養蜂園”です。
自由が丘にも出来ました。

ハイペースで出店していますね。
その勢いは止まるところを知らない。
九品仏川緑道
1駅1店舗って時代が来るのでしょうか?
それにしてもいい場所を見付けましたねぇ~

九品仏川緑道沿いの角地で、学習塾のお隣です。
自由通りにも面しているので目立ってますよねぇ~
外観
その上、明るくて清潔感が漂う店舗に仕上がっていて…
ミツバチのみならず、多くの人たちが集まって来ちゃう(笑)

↑ミツバチが集まって来たら危険!(←ミツバチは集まりません)w
ですが、ミツバチが集めた蜜を販売してます(←さほど上手くない)w
メニュー
熊本県熊本市に本社を置き、養蜂歴は半世紀以上の老舗です。
昨年の震災を乗り越え、地元の復興のためにも頑張っています。

4年前の2013年に田園調布店を訪れた事があるのですが…
その際、接客応対が素晴らしくて感動したのを憶えています。

その時に知った、“健やか農蜂業”という杉養蜂園独自の生産哲学。

①:地球環境の持続的な保護
②:手仕事にこだわる生産哲学
③:独自の高い品質基準
④:グローバルな生産理念の進化
⑤:お客様第一主義の実践
⑥:心の通う関係の構築

すべてはこの6項目から生み出されるものではないかと感じました。

まぁ今回はたまたま忙しい時にお邪魔してしまい…
感動するというような接客応対ではありませんでした。

ですが、基本に忠実な安心出来る接客でした。
前回は「はちみつソフトクリーム」を頂いたので…
はちみつドリンク(ブルーベリー)
今回は「はちみつドリンク」を頂きました。
テイストはブルーベリーをチョイスしました。

後味スッキリで暑い日に向いていると思います。
1杯320円で健康と爽快感が得られるなら安いもの♪

杉養蜂園 自由が丘店その他 / 自由が丘駅奥沢駅緑が丘駅

料理は愛情!
ネギにも愛情!

愛こそがすべて!
愛のないネギなんて…

↑相変わらず暴走気味だが…
まぁおおむねそういう事です(^^;)

料理する前の素材にも愛を注ぎ込む!
これこそほんまもんの「ラブ注入」だねw
外観
↑もう遠い昔の話のように感じるのは私だけ?
↑まだあれから10年も経ってないと思うんだけど…

話が横道にそれましたが、愛のあるネギのお話でしたよね。
京都九条葱専門店で、愛情たっぷり込めた九条葱を頂いたって話。

冠からして間違いないお店で、屋号は『時代家 旬』です。
自由が丘駅北口から徒歩2~3分と、高い利便性を誇っています。

ですがなぜかここは安定感に欠ける雑居ビルでして…
この場所も何度か看板を掛け替えていて、少し分かり難い。
卓上
古くから頑張っているお店も数軒あるのですが…
まぁコチラは看板を掛け替えているだけだと思うけど…

というのも、ずっと九条葱に特化したお店で…
コチラの前の前も、ほぼ同じ業態だったと思います。

コチラの前身のそば屋さんは少し残念な感じだったので…
それでさらにその前身の業態に戻したのではないでしょうか?

勿論、私の勝手な想像にすぎないので、真相は定かではありません。
そんなコチラですが、今度はチゲまで始めちゃったみたいなんですよ!
九条ねぎチゲ&ライス
という事で、そのチゲを頂くべくランチタイムにお邪魔しました。
今回は「九条ねぎチゲ」950円(税込み1026円)を頂く事にしました!

って言うか、店先に掲げられたメニュー看板に惹かれて…(^^;)
常に同価格で提供しているようですが、基本は単品での提供です。

しかし、ランチにはライスと抹茶アイスが付いています。
それはそうと、こちらのカウンター席は本当に狭いですねぇ~

カウンター席の後には、人が通れる幅はないでしょう。
おそらく、人が通るたびに立たなきゃならないと思います。
抹茶アイス
その点以外は問題のない優良店だと思います(^^;)
いや、少し価格設定が厳しい気もするんですよねぇ~

それは以前から思っていて、それで未訪問だったんです。
今回頂いたランチについては、価格面も含め大満足ですが…

鉄板焼きに関しては、関西人の私としては受け入れがたい価格。
この場所が自由が丘という事を考慮すれば仕方ないのかもですが…

お店の奥に元阪神タイガース桧山のユニフォームが飾ってあったり…
店員さんも関西弁だったので、価格面にも「ラブ注入」して欲しい!w

時代家旬 ねぎ家鉄板焼き / 自由が丘駅奥沢駅緑が丘駅

『タピオラ』という名の喫茶店です。
店名の由来はやはりシベリウスでしょうか?

そうだとしたら、やはり“名曲喫茶”なのでしょうか?
いやいや、それが実は“マンガ喫茶”なんです!(←おいおい)w
たて看板
↑言い切っちゃってますが、一般的な“マンガ喫茶”ではありません(^^;)
昭和の頃にはどこの町にも必ず一軒はあった、ごくごく普通の喫茶店です。

ただ、コチラの場合は、マンガがちょっと多めだって事ですw
それ以外は何の変哲もない喫茶店に見えるのですがデカ盛りらしいw
マッチ
なにかしら大盛りにすると、写真を撮りたくなるらしいw
私の場合、大盛りにしなくったって写真は撮りますけどね!w

その大元もデカ盛りとなれば、テンションはMAXに!
↑何の話かと言うと、スパゲティの仕込みから凄いのよ!
店内
実はこの日、私たちが口開け客だったみたいで…
店内には、まだBGMすら流れていない状況でして…

とは言え、とっくに営業時間中だった筈なんですけど(^^;)
そういうわけで、まだ仕込みの最中だったりもしたわけです。
カウンター上
で、カウンター上に目をやったら、何キロあるんだって量の麺が…
この光景を見る限り、人間が食べるものの仕込みとは思えなかった(笑)

まぁそれは大袈裟ですが、ちょっとした学校給食とかのレベルじゃないかな?
なんて、待っている間にこれだけ想像力を働かせられればマンガなんて不要です!w

ですが、そのマンガをお目当てにやって来るお客さんだって居る筈です。
と言うか、私たちのすぐ後に入って来たカップルが、まさにそれでしたので…

そんなこんなしているうちに奥様が出勤(←ここまでマスター1人)w
ここからというもの、オーダーをこなすスピードが飛躍的にアップ!w

実は最初、どれぐらい待つのか少し不安だったんだけど…(^^;)
というわけで、立て続けにオーダーしたものが運ばれてきました。

まずはAセットでオーダーしたナポリタンスパゲッティが!
ナポリタンスパゲッティ580円+Aセット200円=780円です!
ナポリタンスパゲッティ
このボリュームにサラダとドリンクが付いてこの値段。
この喫茶店、お値段も昭和のまんまじゃないですか!(^^;)

ちなみに後から来たカップルは大盛りで注文していたのですが…
運ばれてくるところを拝見したのですが、本当にデカ盛りでした(^^;)
サラダ
朝の9時台からこれを食べるということはどういうことなのだろうか?w
まぁしかし、このお値段ですから大盛りにしたくなる気持ちは理解できます。

私もあと10歳若ければ、朝の9時台だろうが間違いなく大盛りにりていると思うw
この後に及んで「お味は?」なんて野暮な質問をする人も居ないでしょうけど…(^^;)
珈琲
コチラのナポリタンスパゲッティ、大盛りでも食べ飽きない美味しさです!
サラダドレッシングも美味しかったですし、喫茶店らしく珈琲も美味しかった。

中でも衝撃的だったのが、バナナジュース(ブランデー入り)400円です。
今まで体験した事のない粘度で、かなりの吸引力を要するジュースでした。
バナナジュース(ブランデー入り)
ですが、このバナナジュース(ブランデー入り)も美味しいんです。
バナナジュースとブランデーが、意外にもマッチするんですよねぇ~

この発想からも、マスターの非凡な才能が伝わってきますね。
お釣りの10円玉もピッカピカで、ここにもこだわりを感じました。

タピオラ喫茶店 / 仙台駅宮城野通駅あおば通駅

九死に一生を得る?
いささか大袈裟かな(^^;)

でも、不幸中の幸いでした。
駅ナカに立ち呑みとは粋ですね。
外観
前日にチェックしておいてよかった。
仙台駅に着いてスグに見っけちゃった(笑)

「もしもの時はココで呑める」とインプット!w
正直、もしもの事態が起こらない方がよかったけど…
店内
起こってしまったものは仕方ないですから…
コチラで旅の締め括りの一杯を頂く事にしました。

コチラは仙台駅の中にある立ち呑み屋。
その名も『立ち呑み 伊達や』というお店です。
地酒メニュー
なんとまぁわかりやすい屋号なんでしょうねぇ~(笑)
そんな屋号を裏切る事なく、仙台を丸ごと楽しめますよ!

宮城の地酒を取り揃え、ご当地グルメだって取り揃えています。
チェーン居酒屋に入るより、コチラの方が仙台を体感できるかもね。
おつまみ
とは言え、どれもこれも“プチ”ってところが駅ナカだけど…
それにしたって、カフェに併設されているにしては上出来です。

まぁ接客はそこそこですし落ち着いて呑めないですが…
これはこれで旅の思い出になると思えばそれなりに楽しい。
仙臺驛政宗
一番驚いたのは、駅限定の地酒があった事です(^^;)
ネーミングもそのまんま“仙臺驛政宗”で、一杯700円!

おつまみは“牛たん二点盛”600円をチョイスし…
あとは“焼酎ウーロン茶割”350円でクロージング!
焼酎ウーロン茶割
これらは税込価格なので、ポッキリ1650円。
この価格設定についても良心的で助かります。

ちなみに、前述のもしもの事態についてですが…
いっそ断られた方がよかったかも”をご参照下さいw

立ち呑み 伊達や日本酒バー / 仙台駅あおば通駅宮城野通駅

このページのトップヘ