OS/2

2007年01月08日

とりあえず覚書

ほんとなら遊んでるヒマはないのですが現実逃避中…

Prius Note(PN33K)にOS/2をインストールした記録
*デバイスの名前はwindows xpのデバイスマネージャの表示

OS/2:MCP2(Warp 4.52)でないと「HDDが読めないエラー」で停止する。

PCMCIA:Ricoh R/RL/5C476(II) or Compatible CardBus Controller
標準ドライバで動作してるみたい(ThinkPad760を選択する)。
→カードを差し込むと、とりあえず「イン」にはなる。
 Card Busでは動かない(当たり前か)。

VIDEO:Intel82852/82855 GM/GME Graphics Controller
SNAP(製品版)で動作。

LAN:Realtek RTL8139/810x Family Fast Ethernet
realtek本家からはドライバがなくなっていたが
NICPAK(http://www.os2warp.be/index2.php?name=nicpak)で動作。

AUDIO:RealtekAC97Audio
(FreeSBIEの検出ではAvanceLogicALC650,ICH4(82801DB))
Realtek本家から落としたドライバ(os2warp4_141.exe)で動作せず。

そんな感じ。

とりあえず使えそう。電源管理関連はダメダメ。バッテリの残量検出が
ちゃんと動いてない。ACPIだからかな?

音と無線LAN PCカードが使えるようになれば完璧なんだけれど。
まぁぼちぼちやりましょう。





two_2 at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月06日

終焉

会社での修羅場明けにちょっと遊んでた。


prius/2


結構うまくいったと思ったのに…


OS2_END


こんなにもあっさりと終焉の日を迎えました。

前々からアナウンスはされていたのでわかっていたことでは
あったのですが、こうも根こそぎ無くなっちゃうとちょっと
呆然。

いや、むしろ潔いのかもしれません。


two_2 at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月24日

MySQL/2 v5.0.26

またしてもOS2.jpネタですが。

たくさんのUNIX系ソフトをポートされている
Paul Smedley氏のアナウンスによりますと
MySQL/2 v5.0.26が公開されました。


ようやく他のプラットフォームのバージョンに
追いつきましたよ〜。

会社で使ってる分もそろそろバージョンアップ
しようかしらん。

インストール手順でもアップしたら需要あるかしら(笑)。


two_2 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月03日

ひさびさにOS/2ネタ

そんなわけで、OS/2ネタを。とはいえ、os2.jpの引き写しですが。

ついに職場で私のPCからOS/2がなくなってしまいました。
まぁ理由はいろいろあるのですが、HDDが飛んじゃったのが一番の理由。
長いこと使ってたのですけれど。で、さっさと復旧する必要があって
OS/2を1からインストールする気力がなく、結局リカバリCDからwinXP
をインストール。で、今に至っております。

ただ、私の管理している社内webサーバにはまだOS/2が使われてるので
ヒマができれば環境をコピーして復活させてやろうかと画策中です。

まぁ、マイクロソフトのVirtualPC2004が無償で提供されているので
それを取ってきてもきて使うのもいいかなーなんて思ってもいます。

で、サーバ系ソフトウェアであるApach/2の新版が公開されました。
現在Apach/2は結構以前からポートされているBrian Havard氏のemx版と
最近怒涛の勢いで数々のOSSをポートされているPal Smedley氏のGCC版
がありますが、今回公開されたのはBrian Havard氏のemx版の方です。

Pal Smedley氏のGCC版のほうは、バージョンこそ2.2.3と新しいものの、
modphp4以外のモジュールを組み込むとPHPが動作を停止する問題があり
ます。職場ではmysql+PHPで作った検索システムやLAMPプロダクトで
Coppermine Photo Galleryなんかを動かしてますので、止まっちゃうのは
ちょっとまずいのです。

とはいってもうちではemx版Apach1.3系をつかってるんで関係ないといえば
関係ない話ですが。

で、emx版Apach1.3 + GCC版PHP v5 + MySQL v3という新旧ごちゃ混ぜな環境で
運用してます。今のところちゃんとうごいてますよ。

続きを読む

two_2 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月31日

Firefox 導入

そんなわけで、職場のOS/2にFirefoxを導入しました、というか導入してだいぶ
たちました。すこぶる快適ですなぁ。

今まではVAC版の最終バージョンであるmozilla1.4.2を特に不満も無く使って
いましたが、そろそろかえてみよっかなーという軽い気持ちで移行を決断。

まず、os2.jpで情報を集めて…っと。

「最新版のFirefoxは1.0.4みたい」

そんなわけでここから落とします。
また、libc-0.5も必要です。これはInnoTekのサイトから落とせます。

では導入手順です。その前にmozillaを消してしまいましょう。私はブックマーク
は殆ど使わずURLオブジェクトを多用しているのでさくっと消しちゃって大丈夫
でした。そうでない人は適切にバックアップをとっておきましょう。

落としてきたFirefoxはzipアーカイブなので適当なフォルダへ解凍します。
私の場合はc:\mozilla.org\firefox以下に解凍しました。

次にlibcをインストールします。落としたファイルはインストーラ形式に
なっているのでダブルクリックするとインストールが始まります。LIBPATHの
通ったフォルダにインストールします。

最後にデスクトップにfirefox.exeのシャドウを作るかプログラムオブジェクトを
作るかお好みの方法を選びましょう。もちろんバッチファイルを書いてもOKですが(笑)。

私はプログラムオブジェクトを作成。テンプレートからプログラムオブジェクトを
デスクトップに落としてプログラム名やらパス名を設定して出来上がり。

ついでにワープセンターにも登録。これで一発起動。

mozilla1.4.2と比べると
・起動時のスプラッシュスクリーンが出ない
・mozilla1.4.2よりちと起動に時間がかかる
・fontの表示がmozillaよりみやすくなった(様な気がする)

「あれ〜URLオブジェクトから開かないようになってるやん」

URLオブジェクトにはブラウザを指定する部分がありそれが以前のmozillaのパスと
mozilla.exeになっているため動かなくなっていたようです。ただ、URLオブジェクト
自体をFirefoxに落とすとそのページは表示されます。

「これ全部変更するのって大変なんちゃうん?」

んーしばらく不便だけどドロップして使うことにしよう。きっと一発で変更
する方法もあるでしょ。



two_2 at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)