アラサー女子の人生傷ついてなんぼ

椎間板ヘルニアになって仕事を辞めた。もう満身創痍だった。それをきっかけに始めたブログ。私だって急いで走った。

切りっぱなしボブ。
ずっと何年も、6年くらい同じ髪型だったアラサー。


今年に入って、久しぶりに髪を伸ばそうと思っていたのですが。
肩に掛かる髪の手入れと、暑い時期は広がって仕方なくって、結ぶのもなんかなぁ。
髪を伸ばす理由のほとんどは、実は結婚式のためだったという。
それも当分まだなさそうだしなぁ。


ということで、今日あっさりさっぱり髪を切って来ました。
またもや切りっぱなしボブ。この髪型が一番しっくりと馴染む。


なんだかんだ10センチくらいは短くなりました。結構なばっさり具合。
そして根元のプリンと、色が褪せてしまっていたので、全体をカラーリング。
ラベンダーカラー。明るさは今までと同じ。
夏らしい透明感のある、涼しげな色。気に入りました。

そして、今回初めてローライトを入れてもらいました。
前から入れてみたいなと思っていて、でも接客業だし、あまり目立つのはちょっと、ということで、自然に見えるトーンで入れてもらいました。

自然に馴染み過ぎて私にはわからない(笑)
まぁ、色が落ち着いたらまた違うのかなぁ。そう願います(笑)


新しい髪型。
アラサー女子のネオ切りっぱなしボブ。
気に入りました。


とりあえず、あたらしいヘアアクセサリーを買いに行こうと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



仕事が早番だった日曜日。
同じく早番だった先輩のUさん。
最初は、苦手なタイプだなぁ、と思っていたのだけれど。
いつからなのか、最近よく話すように。 
意見がはっきりとしていて、頭の回転が早い、しっかりした年下の女の子。

そんなUさんに誘われて、なんと急きょカラオケに行くことに!!
職場の人からの誘いにはとりあえず乗っておこう精神のアラサー。
だがしかし、あまり親しくない人と二人だけで密室のカラオケとは。
今思えばかなりリスキーである(笑)よく二つ返事したな(笑)

皆さんご存知の通り、友だちの少ないアラサー。
大人になってから、腹を割って話せるような友だちは新しくできていない。
というか、そもそもその気がない。HとM子の二人の親友が、私にはいるもの。

お互い探り探りだったカラオケは、意外や意外、大いに盛り上がり(笑)
来月は二人休みを合わせて一日中カラオケに行こう!!と約束まで(笑)
お互いに阿部真央好きな二人。阿部真央メドレーを熱唱。


あぁ、なんか、居心地が良いな。
こんなに気を遣わない関係を保てる人。
HとM子意外に初めてだった。
変わり者同士、波長が合うのだろう。


飲み放題プランだったカラオケ。
調子に乗ってぐびぐび。立ち上がると一気に酔いが回る。
ぐでんぐでんアラサーの出来上がりである。

Uさんと別れて、彼が恋しくなった勢いに任せてライン。
真っ直ぐ歩いているつもりが、なぜか斜めに歩いてしまう(笑)

そんな自分の状況を一方的に彼に中継して、絡みに絡んで満足したアラサー。
一方的に彼に別れを告げ、ラインのやり取りは強制終了。
酔っ払い過ぎて、このまま家まで歩いて帰ってやろう、という意味不明な衝動に駆られる千鳥足アラサー。謎の使命感とともに、上機嫌で黙々とただ歩き始める。

しばらくしてラインの通知音が鳴る。


J「帰り着いたら、連絡しろよ」


私を心配した彼からだった。
その画面を見つめて、私はにやけずにはいられない。
嬉しくなる。思わず酔いも醒めてしまうほどに。
彼に大切にされているんだと、一人夜道でかみしめる。


私「ありがとう」


そして私は家までの道を1時間ほどかけて無駄に歩き、無事に帰宅。
彼に「ただいま」と連絡を入れて「心配かけてごめんね」とちゃんと伝えるアラサー。
そしてぐだぐたなラインを続けるうちに、たまらなくなって、ちょっと声が聞きたかっただけ電話(酔っ払い編)をかけてしまう、かまってちゃんアラサー。


私「日曜日まで待てない〜」
J「日曜日なんてすぐだろ?」


酔った勢いに任せて甘えてみる。甘えた声で彼にすり寄る。
ぐでんぐでんでありながらも、心のどこかで、相も変わらずのバカップル加減に、安心するアラサーなのであった。




にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
にほんブログ村




たまたま休みだった土曜日。
彼とデートしようと思っていたのだけれど、流石忙しい彼、先に先約が。
まぁ、仕方ない、と家でのんびりアラサー。
夕方に突然スマホが鳴る。彼から電話。


J「今日家にいるの?」


胸にじんわりと淡い期待がにじむ。
ところが彼は父の日のプレゼントを、ただ届けに来てくれるだけだった。なんだ。
でもそこから1時間くらいは、彼に時間の余裕がある。そわそわ。
コーヒーくらい飲みに行けるんじゃないかと、やっぱり淡い期待が。


テッカテカの顔にベビーパウダーをはたく。流石にアラサーのテカリは見せられぬ。
可愛さのかけらもないシャワーサンダルを横目に、念のため、夏らしいオレンジのミュールに足をすべらせる。念のため。


彼の車がいつものように、私の実家の前に横付ける。
彼が降りてくる。今日もジャケットを羽織った、かっちりスタイルの彼。
これから付き合いの飲み会があるらしい。

私に百貨店の紙袋を手渡す。
私の父に、父の日のプレゼント。


私「わざわざありがとう。」
J「…なんかおでこに白い粉が付いてる。」


私の顔をまじまじと見て彼が言う。
それはベビーパウダー!!なんてこと!!
私は慌てておでこをこすって、手で隠す。
恥ずかしいったら、ない。


J「オナニーした手でそのままおでこさわったんじゃないの(笑)」


んなわけないでしょ(笑)そもそも白いのは男性だけだから(笑)
白い粉の正体がまさかベビーパウダーとは言えず(笑)

おでこを隠したまま、うつむいて、表情を見られないようにするアラサー。
知っている、彼が今にやにやしていることを。喜んでいることを。
彼は、こんな私の垣間見える表情や様子が、大好きだってことを。
恥ずかしがっている表情。焦っている様子。
それを知りながら、私はわざとうつむいたままでいる。


私「早く行きなさいよ(笑)」
J「冷たいなぁ、せっかく来たのに(笑)」


そんなバカップルのじゃれ合い。
本日のアラサーはツンデレ風味。

残念ながらコーヒーは飲みに行けず。
彼は素直に付き合いの飲み会へ。



数時間後の夜、彼にライン。


私「明日の夜なら空いてるよ」


とがっつり過ぎるアピール(笑)
すると彼からすぐに電話。るんるんで電話に出る。


J「明日なら空いてるって(笑)」


嬉しそうな彼の声。またにやにやしているに違いない。
でも明日の父の日、彼は実家に帰って家族でご飯を食べに行くらしく、残念。


私「7月まで我慢だね。」


たまには会えない時間があっても良い。
そう本音で言ったプラトニックアラサー。


J「次の休みはいつ?」


いつもなら「そうだなぁ」と返してくるはずの彼。
というか、もともとはむしろ彼の方が、会えない時間があっても良いと思っている人。


私「えっとね、来週の日曜日早番だから、夜空いてるよ。」


来週の日曜日、仕事終わりに会えることに。
夕方のツンデレ風味の効果だろうか(笑)
彼はああいうのが好きに違いない(笑)


ここ最近、焦らしに焦らされているアラサー、もとい発情期のメス。
セックスしたいけれど、その頃はちょうど生理の予感。なんと。

最近では『焦らされる』という行為さえ、セックスの一部だと考えるように。
焦らされて、恋い焦がれて、やっと彼の温度にふれる瞬間。



焦らされるセックスもまた、一興。




 にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ
にほんブログ村




このページのトップヘ