出任せ系







罪なき者なおもて石を投げる。いわんや罪人をや。
(人生修行中のフリーライターの針小棒大な日々)

551 肉肉しいは日本語か

先日、私をはじめとする多くのモノノフにとって
もはや単なるハンバーガーショップとは言えない、
いわゆる一つの「聖地」といっても過言ではない、
げんこつハンバーグの炭焼きレストラン「さわやか」に行った。

はじめての「おにぎりハンバーグランチ」は絶品だった。

が、問題はそこではない。

一緒に行った知人が、ハンバーガーを食べながら
しきりに「この肉、肉肉しいよね」と感心していたのだ。

「そうですね」などとうなづきながら、
私はどうにも違和感を覚えていた。

少し前から、この「肉肉しい」という言葉が気になっていた。

いつ頃からこんな言葉が使われているのか知らない。
だが、私の手元にある「広辞苑」(第三版)にないので
昔からある、由緒正しい日本語ではないことは分かる。

ニュアンスとしては、肉の味が強い、肉のボリュームがある
といったところであろうか。

肉を感じられるから、肉肉しい。

なるほど。

だがしかし。

単語を繰り返して、最後に「しい」をつけたら
なんでもかんでも形容詞になる訳じゃないと思うのだ。

加えて、日本語には「憎々しい」(たいそう憎らしい)
というれっきとした形容詞があるというのに。

新幹線の座席でのんびりビールとか飲んでたら、
そこに、いきなり筋肉質で屈強そうな男が現れて
「おっさんよー。そこ、オレの席だけど?」
と因縁をつけられているようではないか。

激しく不愉快だ。
場をわきまえろ。場を。

……そう考えていた。

しかしその後、気づいたことがある。

確かに、単語を二つ並べることで、
形容詞になるという日本語はある。

たとえば

白い→白々しい(たいそう白く見える、見え透いている)

軽い→軽々しい(いかにも手軽である、軽率である)

痛い→痛々しい(見るからに痛そうな、同情できる)

すべて、物自体の「状態」を表す形容詞を繰り返すことで
見た目や印象を表す別の形容詞になっている。

一方、繰り返すのは形容詞だけではない。

空→空々しい(知って知らない振りをする、見え透いている)

華→華々しい(華やかである、見事である)

刺→刺々しい(突き刺すような、意地悪な)

こちらは名詞を繰り返すことによって、
空や華、刺という言葉が内包するイメージを強調し、
見た目や印象を表す別の形容詞になっている。

だから「○○+しい」という言葉には、

Aパターン:形容詞を繰り返す場合
と、
Bパターン:名詞を繰り返す場合

の二種類がある、ということになる。


そこで先ほどの話に戻る。

肉肉しい」という言葉を聞いて違和感を覚えたのは、既に

憎々しい」(たいそう憎らしい)

という形容詞があるというのが一つの要因だと書いた。

しかし落ち着いて考えてみると、
こちらは「憎い」という形容詞があって、
そこから派生した言葉だと考えられる。

先ほどの例でいえばAパターン
既存の形容詞から派生した言葉なのだ。

一方で「肉肉しい」は、「肉」の持つ味わいを
強調する言葉であり、先の例でいえばBパターン
既存の名詞から派生した言葉と思われる。

同じ「にくにくしい」でも、構造が違う。

「おっさん、そこ、オレの席」と言う輩に
「は? そんなはずはないのです」と答えて
高々と自分の乗車券をかざしてみたら、
「おっさん、おっさんはA席。オレはB席。
 おっさんのカバンが邪魔で座れねえんだよ!」

と逆にマナーをなじられたような気分である。

そもそも、言葉なんて移り変わっていくものだ。
いくら正しくて美しい日本語であっても、
人々に使われなければ「死語」や「文語」、さらに
「古語」などのフラグが立てられ、やがて消えていく。
そして、日々の生活の中に当たり前になっている、
セイタカアワダチソウのような言葉だけが残っていく。

それが日本語なのだと考えると、まあ、そこまで
頭ごなしに否定してしまう必要もないと思えてきた。

まして、それは「日本語の乱れだ」などと
目くじらを立てるのも大人げないなあ……と、
大人大人しい大人の私は思うのであった。

550 リアル「カエルの楽園」に出会った

愛知県のJR某駅に久しぶりに降り立った。

しばらく見ないうちに、すっかりあか抜けて
「どえらい綺麗になって見違えてまったわ〜」などと
十数年ぶりに法事で会った親戚のように感心していたら
後ろから誰かに声をかけられた。

私がゴルゴでなくて良かった。

そこに立っていたのは、
「グレー」というとグレーが気を悪くしそうな、
「ねずみ色」、いや「灰色」のジャケットを着て、
頭には「ダークグレー」というよりもむしろ
「どぶねずみ色」、いや「汚い灰色」の帽子をかぶった
60代半ばと思しきオジサン。

手には紙とペンを持っている。

 「去年、安倍内閣が通した戦争法案って知ってますか?」

あ、そういう手の人か。

オジサンの肩越しに交差点の向こうを見れば、
「憲法九条を守ろう!」という垂れ幕を掲げた集団が
マイクで何やら熱く語っておられる。

なるほど。これは言っておかねばなるまい。

 「戦争法案? そんな名前の法案がいつ衆院を通りました?」

オジサンも察したようで、言い直した。

 「いえ、安保法案です」

 「いるんですよねー、そうやってレッテルを貼る困った人達が」

そこから、20分くらい道端で激論。

 「あれは集団的自衛権を認め、むしろ戦争しにくい
  状況をつくるための法案だと理解してますけど?」

 「いいえ。あの法案によって、日本はアメリカと一緒に
  世界中で人殺しをする国になろうとしているんです!」

オジサンの話によれば、
日本は独裁者安倍のせいで、人殺しをする国になりつつある。
今こそ、日本の誇りである憲法九条の精神を国民が取り戻し、
独裁安倍政権にNOを突き付けなくてはならないのだ!
ということらしい。

 「でも、実際問題として中国の脅威はご存知ですよね?」

 「もちろんです」


 「それはどうお考えですか?」

 「話し合いです。人間、話し合えば必ず通じます」

 「通じなかったら?」


 「通じるまで話し合えばいいんです」

 「チベットの問題も新疆ウイグル自治区の問題も?」

 「話し合いで解決できると信じています」

万事この調子で話が進んでいく。

まるで、百田尚樹さんの「カエルの楽園」
芝居を目の前で見ているようで、面白くなってきた。

実在するんだ。こういう主張をする人。

反論は山ほどあるけれど、話していても埒が明かないし
だんだん時間もなくなってきたので聞いてみた。

 「で、私に何の用ですか?」


 「安倍政権に反対する署名をお願いし……」

と言ってきたので

 「ぜっっっったいにしません!」

と食い気味に返答すると、オジサンはため息をついて




 「ですよね〜」

我慢しきれず、つい笑ってしまった昼下がり。

549 破られない+忘れない、強力パスワードの簡単な作り方

本日、女性芸能人のSNSに勝手にログインしたとして
長崎県の会社員が逮捕されたというニュースがありました。

もちろんこの犯人が悪いのは当然なのですが、
この場合、サイトを乗っ取られた芸能人にも
大いに問題があると思います。

だって、世の中に公開された誕生日などのデータから
簡単にパスワードを類推できちゃったということでしょ?

脇が甘いというか、危機意識がないというか。

今のご時世、普通に生活していたら、
一日に何度もパスワードを求められます。
しかもサイトによっては
「定期的に変えろ」「でないとここから一歩も通さん」
などと融通の利かないことを言ってくるので
素直に変えているうちにパスワードばかりが増え
すっかり管理できなくなっている人も多いと思いま
……というか、私自身がそうでした。

だって、パスワードを簡単にすると弱いと言われるし、
難しくしすぎると自分が覚えていられないし、
ようやく気に入ったパスワードをつくっても、
同じものを使いまわすと「変えろ」と言われるし。

そんなパスワードハラスメントに立ち向かうべく
いろいろと試してきた私がようやくたどり着いた
破られない+忘れない、強力パスワードの
簡単な作り方をお教えします。

パスワードには次の3つの条件が求められます。
  1. 他人から類推されにくい
  2. 自分も忘れにくい
  3. 十分な長さがある
また1.に関連して、
文字列が意味をなさない」というのも
重要なポイントになります。

これらのポイントをクリアした単語をつくるのは
決して難しいことではありません。

極意はただ一つ、
自分が忘れない、自分にしか分からない言葉を決め、
自分しか知らない「ルール」で処理し、そして
十分な長さになるように言葉を重ねる。

以上です。

[ステップ1]自分が忘れない言葉

たとえば、自分にしか分からない言葉として
自分が好きな小説の冒頭部分を選びます。
(小説でも歌詞でも映画のセリフでも何でも構いませんが)

たまたま手元にあった筒井康隆さんの短編集
「わが良き狼(ウルフ)」に収められた
「地獄図日本海因果」が好きだったとしましょうよ。

その冒頭部分
煙も見えず雲もなかった。
をローマ字にします。
kemurimomi(とりあえず10文字)
これは、自分にしか分からない言葉です。

[ステップ2]オリジナルルールで崩す

次に、これを自分にしか分からないルールで壊します。

たとえば、

●アルファベットを一文字後ろにずらす

 KをLに、EをFにするというヤツです。
lfnvsjnpnj(間違ってたらごめん)
これだと文字列として意味をなしてないので、
かなりパスワードとしては優秀です。
しかし変換が大変なので、もっと簡単に

●アルファベットのOを0(ゼロ)、
 同じくIを1に変換するという方法もあります。
kemur1m0m1
少し弱くなりましたが、これも立派なパスワードです。

私がおススメの方法は、キーボードの平仮名配列を組み合わせて
:]lmn5r@
という文字列をつくるという方法。

つまり、qwertyキーボードの平仮名を拾って
  • 「け」→:
  • 「む」→]
  • 「り」→L
と打ち変えていくという大技です。

ちなみに、上の文字列は「けむりもみえず」です。

ただし、サイトによっては記号が使えなかったり
キーボードによって配列が違うことがあるので
たとえば「:」「colon」「@」「at」などと
読みかえるというルールを決める必要があります。

なんだか面倒くさそうに思えますが、自分のルールは
一度決めてしまえば、案外忘れないものです。

[ステップ3]言葉を重ねる

こうして自分の言葉を自分のルールで崩したら、
最後に単語を重ねてダメ押しをすればOK。

しかも、同じ言葉を使いまわすことなく、
自分でも忘れないルールの決め方をご紹介します。

それはとても簡単な方法があって、
たとえば「abc」というサイトに入るのであれば、
さきほど決めたパスワードの頭(または末尾)に
そのサイト名である「abc」を入れるというもの。
abc:]lmn5r@
:]lmn5r@abc
とかね。

もうここまでくれば、他人は絶対に類推できないのに、
 筒井康隆さんの「地獄図日本海因果」の冒頭を
 qwertyキーボードで打ち変え、頭にサイト名をつけた
というルールを知っている自分だけは
いつでもどこでも簡単に思い出せるという訳です。

まあ、自分が好きな小説を忘れたり、
自分で決めたルールを忘れたりしたら
意味がないんですけどね。

それが心配なら、潔く紙にメモしましょう。

しかし、長沢まさみさんのスマホの電話帳とか
ちょっと見てみたい気もします。嘘です。

548 さよならCOPY

巨大ストレージサービスでおなじみの
COPY(https://www.copy.com/)が、
5月1日のサービス終了を発表した。

まあ、無料で25ギガをあげるという
やけに気前の良いサービスだったので、
こんな日が来ても文句は言えない。

問題は、私が倉庫代わりに放り込んできた
20ギガの過去のデータをどこに持っていくか。
不要なものは捨てればよいと分かっていても、
なかなか踏ん切りがつけられないでいる。
おかたづけサポートさんに相談するか、
新しい巨大無料倉庫を見つけるか。

こうして、デジタルの世界でも
(もちろんリアルの世界でも)
片付けるのが苦手なヤツの持ち物は
どんどん増え続けるのであった。

547 漫画「じみへん」、ひっそりと最終回

漫画「じみへん」、今号で終わり。
最終回も、いつもと変わらない話でした。

昔、スピリッツの懸賞でじみへんTシャツが当たり、
おかげで痛い目に遭ったことがありました。
確かブログで書いた記憶があると思って
検索してみたところ、なんと10年前!
http://blog.livedoor.jp/txtlab/archives/31067395.html
10年前に「まだ連載してるのか」って
言ってたのですから、すごい作品でしたねえ。

これで月朝コンビニのお楽しみが一つ減りました。
記事検索
アーカイブ
Amazonライブリンク
livedoor プロフィール
楽天市場
  • ライブドアブログ