通常、片手で数えられる最大の数は「5」である。
それ以外の可能性があるなどと思ったこともなかった。
ところが、あるサイトを見ていたら、もっと多くの数を
数えられる画期的な方法があることを知った。
一般的な方法というのは、こうだ。

便宜上、すべての指を折ったグーの状態を「0」とする。
 「1」で親指を立て、
 「2」で人差し指、
 「3」で中指、
 「4」で薬指、
 「5」で小指を立ててパーの状態になる。

その画期的な方法では、こうなる。

グーが「0」なのは上と同じ。
 「1」で親指を立てるのも同じ。
ところが、それ以降が異なる。
 「2」は親指を戻し、人差し指を立てる。
 「3」は親指と人差し指を立てる。
 「4」は中指だけを立てる。いわゆるファ○ク・ユーだ。
 「5」は中指と親指を立てる。

解説する。

指を立てた状態を「1」
指を折った状態を「0」とし、
右手の5本の指を示すと、こうなる。
(左から小指、薬指、中指、人差し指、親指)

 「0」=00000(グー)
 「1」=00001(親指一本)
 「2」=00010(人差し指一本)
 「3」=00011(親指+人差し指)
 「4」=00100(フ○ック・ユー)
 「5」=00101(親指+中指)

と、ここまで書けば自明の通り、二進法である。
5本の指を5桁の2進法の数字と見なし、
親指を1の位、人差し指を2の位(10じゃない)、
中指を4、薬指を8、小指を16の位とし、
折った状態が0、立てた状態を1とすれば、
5よりも多い数字を表示できるのである。

この方法を使えば、最大で
 「31」=11111(パー)
までの数字を指5本で数えられるのだ。

ということは、
001
036

02311
02119
00228

便利なのか便利でないのか分からないが、
とりあえず底知れぬ可能性だけは感じるぞ。

でも20を過ぎた辺りから、
指が攣りそうになるのが玉に瑕。

さて、ここで皆さんに朗報がある。

両手を使えば、なんと

1111111111(二進法)=1023(十進法)

まで数えられることになる。
両の手で、千を超す数字が数えられるとは、
便利この上ないではないか。

というわけで、みなさん。
00631。

ところで、「サバラ」と「グワシ」の違いが分からなくて
調べようかどうしようかと迷っている馬鹿者が私です。 

おまけ

003ec4bf771