チャトラかも

白地にチャトラぶちの「チャトラかもしれなくもない」先代猫ひめ(♀・享年15歳)と、全身薄茶色にうっすらシマシマの「チャトラかもしれない」2代目猫ミライ(♀・2006年8月生)+わたし(♀・からかる)+みんちゃん(♀・同居人)の女だらけの下町暮らし。

2015年05月

レッツゴー☆八ヶ岳(前編)

皆様、昨夜の地震は大丈夫だったでしょうか?

私は金曜日に有休をとってみんちゃん(同居人)と1泊旅行に行って、昨日の夕方戻ってきました。
地震が発生した時は晩ご飯を食べながらテレビを観ていました。

とても怖かったですが、金曜の夜ミライさんが一人で留守番してるときじゃなくてよかった
ほしの01
地震の時ミライをひとりにしてたら絶対許しません
早めに帰って来ててよかったよー

さて、旅行のお話しです

まずは新宿駅から。
ほしの03
8時ちょうどのぉ~ スーパーあずさ5号でぇ~
・・・字あまり。そしてリアルヤングに元の歌はきっと分からない・・・

ほしの04
ともかく、スーパーあずさで新宿から一路山梨県の小淵沢駅へ

そこからタクシーで約10分
ほしの05
到着しましたのはサントリー白州工場。
(土日は小淵沢駅から無料シャトルバスが出ています)
前回の朝ドラ「マッサン」を見ていたみんちゃんがウイスキー工場見学したいというので、
ガイドツアー(無料)を申し込んでおいたのです。

ほしの06
ガイドツアーの集合場所に向かう途中も緑滴る南アルプスの白州の森

ほしの07
野鳥もたくさんの種類が生息しているみたいですよ。カワセミ見たいなあ。

ほしの28
そんな野鳥ファンのためにバードウォッチングのツアーもあるようです。

ほしの08
ここウイスキー博物館の1階フロアがツアーの集合場所です。
まだ時間があるので館内を見て回りました。

歴代サントリーウイスキー製品の展示がありましたが、私がわかるのはここから↓
ほしの09
父親がたまにのんでいた角瓶です。

ほしの10
そして白州工場の全貌のミニチュアです。右側のたくさんの黒い建物はぜーんぶ貯蔵庫です。
マジか 広すぎ

ほしの25
昔のバーのカウンターを再現したセット。調度がいちいち豪華なんですよねえ。

・・・などと館内を回っていましたらツアーの集合時間になりました。
若い男性のガイドさんに連れられて、まずは博物館の近くにある蒸留所に向かいます。
ほしの11
ウイスキーの工程はすごーくザックリ言いますと、仕込→発酵→蒸留→貯蔵です。
ここは原料の大麦の仕込を行うタンクの前。少しすえたような穀物の匂いがしました。

ほしの12
次に発酵を行う木桶が並ぶ場所へ。
暑い発酵してる場所だからしょうがないけど相当暑いです
そして充満するウイスキー臭酒好きの方にはたまらないと思われます。
酒の苦手な私でもさすがに匂いだけでは酔わないだろうと思っていましたが、これだけ空気中に
アルコール分が充満してると酔いそう・・・。

ほしの13
そして蒸留。ここでは蒸留を2回やるんだそうです。純度が高くなるんだとか。

ほしの14
蒸留所の見学が終わったら、野鳥の描かれたバスに乗って貯蔵庫へ向かいました。
バスに乗って2、3分で到着。

ほしの15
テレビとかで観る、木樽が並んでいる場所ですね。
うわ・・・奥のほうまで見えない・・・

ほしの16
上にも

ほしの17
足の下にも樽がズラリとならんでいます。
樽には仕込んだ年が書いてあって自分が生まれた年を捜す人もいるらしいですが、
気が遠くなりそうな樽の数に圧倒されて、とてもそんな気にはなれません。

さて、ツアーのクライマックスは試飲会です。
私はあんまりお酒は飲めないのでピンとこないのですが、みんちゃんはお高い白州が飲める
とウキウキしておりました。
ほしの18
ショップの建物の中に試飲会場があります。

ほしの19
このようなカウンターがありまして、まずは白州を炭酸水で割ったハイボールが並べられます。
お酒の苦手な人や車で来たグループのドライバーのためにお茶(伊衛門)やオレンジジュース
(なっちゃん)やミネラルウォータ-(南アルプスの天然水)も用意されています。
当然ですがサントリー製品のオンパレードでした。

ほしの20
ハイボール。私も一杯いただきました。
飲みやすかったですが、美味いかというとよく分かりません。

ほしの21
小さいおつまみ付き。
2杯まで試飲できて、みんちゃんはハイボール、水割りをいただいていました。
私は最初に炭酸水、2杯目にハイボールをいただきました。

ツアーはこれで終了です。
時間は午前12時。

敷地内のレストランで昼食といきたかったのですが混雑していたので、ウイスキー博物館の上にある
展望台に上りました。
ほしの22
4階まで階段を上り、さらに螺旋階段を2つ上がります。

あー運動不足だわ・・・ふたりともゼイゼイだったわ

ほしの23
薄曇でしたが遠くの山も見えました。

ほしの24
八ヶ岳の山々もシルエットでしたがなんとか・・・。

再びレストランへ
団体さんが出て行ったので5分ほどで入れました。

ほしの26
せっかくだから森を見ながら食べようとテラス席に着きました。
暑くも寒くもない丁度いい気温です。

ほしの27
ハムや燻製はここで作ったらしいですよ。
美味しい空気の中で食べる美味しい料理 しみじみ幸せ

満腹になったらそろそろ駅に戻りましょうか。

いよいよ本日の宿泊所へ向かいます。
長くなりましたのでそのお話しは後編で・・・

もしも私が家を建てたなら

もしも~わたしが~家を建てたなら~
もしも01
ニャンですか、やぶからぼうに
いいじゃんか ただの妄想です

もしも02
小さな~家を~建てたでしょう~

内装をどうするか聞きたいですか?「ケッコウです」って言われても話しますけど

もしも03
まずキャットウォークは必要ですよね。

もしも04
その上からミライさんにドヤ顔してもらいたいんですよ

もしも05
サンルームも欲しいですね

もしも06
大きなキャットタワーやベッドを設置してミライさんの日向ぼっこルームにしたいです
雨降りの日や花粉の季節の洗濯物干しにもしたいしね

もしも07
出窓はぜひ付けたい

もしも08
ミライさんの落ち着く場所にして、道行く人にミライさんを見せびらかしたいですから

もしも09
ドアには猫の通り道をつけなくちゃ。
ミライさんが各部屋を自由に出入りできるなんて素敵ですよね~

はぁ、ウットリ・・・

もしも10
で、ソレはいつごろ実現するのかしら

そんなの私が聞きたいです。宝くじが当たったら、ですかね・・・?

もしも20
それは一生無理ってことなのね・・・(ガッカリ)


あ、猫と暮らす人限定のマンションを建てるのもいいなああ

もしも11
一生妄想してなさい

夏も活躍する猫コタツ

ご存知の方も多いかと思いますが、我が家の猫コタツはオットマンに毛布をかけたものに
中に充電式湯たんぽを仕込んだ”なんちゃってコタツ”です。

なつこた01
寒い時期にミライさんのお留守番ライフをサポートしてくれた頼もしい存在です。
さて、季節は初夏 コタツはもう必要ありません。

なつこた03
いやいや、コタツはまだ必要ですよ
あらミライさん、いつの間にそこに?

なつこた02
こちら、夏仕様の猫コタツでございます 毛布や下敷きを外してリネンケットだけを掛けてあります。
夏仕様になってからはミライさんもあんまりこの中に入らなかったんですが、今日はどういう心境の
変化があったのかしら

なつこた04
ふぉあふああああああ
おやおや

なつこた05
はふ~ん(´ω`*)
あらあら

なつこた06
おやすみなさ~いい
はい、おやすみなさい

なつこた07
ぐうぐう
気持ち良さそうに寝るよね~ そして大事なとこはしっかり隠してるよね~

なつこた08
カッ気にするとこはそこかよ
あ、起きてた

夏も冬もミライさん御愛用のオットマン。
最近、私の足を乗せるという本来の目的に使った覚えが無いような気がしますけど・・・?

猫草屋苦戦中

土曜日の朝、いつものようにミライさんをニヤニヤ(←?)鑑賞しておりましたら・・・
くせん01
そういえばお母サン、以前にワタシのサラダ(猫草)をしかけてたわよね

くせん02
ギク おおおおおおおお覚えてたんだ

くせん03
そろそろイイ感じに育った頃じゃないの どれ、ワタシに見せてごらんなさい

くせん04
えーと・・・えーと・・・
ホタルブクロとヤブコウジは順調に育っておりますよ

くせん08
そりゃワタシが毎日厳しく監視していますからね

くせん09
監視してねえ
ヨソ見してるじゃん

くせん05
それはいいから猫草は
ハイ・・・

こちらでございます
猫草、というより・・・

くせん06
枯れ草ですー  あーははははははは

・・・どうもすみませんでした

くせん07
んもー また枯らしたの
一体いつになったらワタシは新鮮なサラダを食べられるのかしら

うう・・・ごめんなさい・・・
で、でもまだ大丈夫です苗床はまだ4つ分ありますから

だれでも簡単に育てられるはずの猫草なのに、どうしてこれだけはうまく育たないのでしょうか?
オリーブやクリスマスローズやヤブコウジが順調に育っていく中、猫草だけが
「サボテンも枯らすオンナ」の面目躍如しております。

躍如したくなーい

寝不足と怪盗ミライ

もう無理のきかないお年頃なんです。

かいとう07
なんだと またワタシを年寄り扱いして
いやいや、ミライさんのことじゃありません 私です、私

かいとう04
なーんだ。そんなの言われなくても知ってます
さいですか・・・

ゆうべちょっと珍しく残業なんぞして、ちょっと帰りが遅くなって、ちょっと寝るのが遅くなって、
今朝いつも通り無駄に早起きして、激しく眠い朝でした。
かいとう01
ふわあああああ~~
そんな眠くてもうろうとした朝に、目の前で大あくびをしてみせるミライさんが小憎らしいわ・・・

かいとう06
ワタシはこれからお昼寝(朝寝?)の時間なんです
う、羨ましい・・・代わってほしい・・・

しかし、なんでまたそんな狭いところでくつろいでいるのかしら
かいとう05
このきゅうくつ感がたまんないの~
ああもう片足が落ちてるじゃないか可愛いったら

かいとう02
いつもよりいっそう時間がない朝だっていうのにまた私の時間を華麗に泥棒する気なの
この怪盗ミライさんめ~

かいとう03
ワタシを盗っ人呼ばわりするのはやめてほしいの
時間が無くなるのはお母サンが好きでそのメカ(デジカメ)を持ち出してワタシを撮ってるせいだと
思うの
お説ごもっともでございます

でもやっぱり、時間が無いときでも写真を撮らざるをえないくらいミライさんがカワイイポーズ
をしているのが原因だと思うんですよねええ
記事検索
最新コメント
プロフィール

からかる

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ