チャトラかも

白地にチャトラぶちの「チャトラかもしれなくもない」初代猫ひめ(♀・享年15歳)と、全身薄茶色にうっすらシマシマの「チャトラかもしれない」2代目猫ミライ(♀・享年12歳)、そして我が家の3代目猫の月丸(♂・2018年9月生まれ)+わたし(♀・からかる)+みんちゃん(♀・同居人)の下町暮らし。

2018年12月

カラ元気も元気のうち

こんにちは。

皆様にはミライへのお悔やみのお言葉に加えて私どものご心配もいただきまして
どうもありがとうございます。
皆様のお心遣いや優しさが心に沁み入ります。

まだ個別にお返事できないことを大変心苦しく思いますが、もうしばしお許しいただきたく存じます。
とりあえずカラ元気でも私たちは元気にやっております。

しかし、実際お返事や更新ができないのは悲しみのせいということもありますが
相変わらず仕事がギュウギュウのせいでもあります。

半月前
忙しいと余計な事を考えないですむので今はそれでいいのかも。
まだミライの画像フォルダとか、ブログの過去記事とか勇気が無くて見られないんです。
でも今週末から冬休みに入るので、その後ゆっくりとミライを悼みたいと思います。

今のところ、このブログは存続するつもりです。
主役がいなくなっちゃったけど、また必ず猫を迎えることになると思いますので。

年が明けてからはしばらくミライさんの思い出話にお付き合いいただければ幸いに存じます。

今年の更新はこれで最後になると思います。
いままでミライさんを可愛がってくださってありがとうございました。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ

慌ただしく

こんにちは。


つねづね思っていたのですが、猫ブログの記事のタイトルが「またね」とか「旅立ち」とか
「ありがとう」とかだったら、絶対泣かされるから見てはいけない、と。

まさか自分がこんなに早くやらかすことになるとは夢にも思っていませんでした。

ミライさんにたくさんの暖かいお悔やみのお言葉をどうもありがとうございました。
皆様に驚きと悲しみとご心配をおかけして申し訳ありません。
お一人お一人にお返事できないことをお許しください。
大切に拝見させていただいております。

ミライさんが旅立ったのは16日の午前2時過ぎ。
妙な言い方ですが、私とみんちゃん(同居人)が揃って看取ることのできる絶妙のタイミングでした。
最期までミライさんはいい子でしたよ。
その後ゆっくりお別れしたかったのは山々なのですが、二人して休めない仕事をかかえている身で、
その日の正午には荼毘に付して小さな骨壺に入って帰ってまいりました。

今のミライ
今は最近お気に入りだった木製ラックのてっぺんに鎮座ましましております。
まわりがごちゃついているせいでとりあえず置いた感が半端無いですが、49日までは
ここにいてもらうつもりです。

まだ5日しか経っていませんので全然落ち着いたとは言えませんが、もう少し休ませていただいたら
できるところから少しずつ報告させていただこうと思います。

ありがとうございました。

ありがとう

2018年12月16日午前2時10分

ミライさん、永眠しました。
12歳と約4ヶ月。

今までミライさんを可愛がってくださってどうもありがとうございました。

そしてミライさん

ありがとう

ありがとう、我が家に来てくれて。


またね。


いつか、落ち着いたらまた更新いたします。

自宅点滴始まる

おはようございます。

いつもご心配をおかけしてすみません。

昨日は点滴を受けにみんちゃん(同居人)がミライを病院に連れて行ったのですが、
その際に軽い痙攣を起こしたそうです。
今は点滴をしないほうがいい、ということでみんちゃんがやり方を教わって急遽自宅点滴生活が
始まりました。

本当は今度の土曜日に二人で病院に行って教えてもらう予定でしたが、状況は待ったなしです。

早速みんちゃんが夜勤前に点滴と強制給餌していってくれました。頼もしい・・・。

点滴01
先週の土曜日に撮った写真です。
今はもうだいぶヨレヨレで足元もおぼつかないです。

しかし、血液検査でほんとうならもう動けないくらいの数値になっているのに
自分で水を飲みに行って、トイレにも向かおうとする(間に合わないですが)
ミライさんはすごいです。

点滴02
もう頻繁に病院に行く必要は無くなったので、少しはストレスが減るかな?

点滴03
ミライさんに残された時間があとどのくらいかはわかりませんが、出来る限り穏やかに
快適に過ごしてもらうために一生懸命考えていきます。

飛んで帰りたいのに

いつも応援やアドバイスをありがとうございます。
最近レスポンスが遅くてすみません。

ミライさんのお世話が大変、というより、こんなときにとんでもない仕事が入ってしまって
なかなか時間が取れないだけですのでご心配なく。

こんなときだからよりいっそう早く帰ってミライさんと過ごしたいというのに、帰りたい
帰りたいと毎日半べそかきながら残業です。
くそー

ないい01
とはいえ、こんな風に自分から食べてくれる機会も少ないので強制給餌が欠かせません。
みんちゃん(同居人)が頑張ってくれてます。
ミライさんも頑張ってます。
食べてないのにどこにこんな力が残ってるの?というくらい抵抗が激しいですが、
まだ上手に嚥下できています。

ないい02
食べろ食べろ もっと食べろー

ないい03
朝食べていたものを夕方も食べるとは限らないので、我が家もお店並みにフードの
ラインナップが揃ってきました。
偏食の猫と暮らす方々の苦労がよーくわかりました。

今後もこうやって更新がまちまちになると思いますが「便りの無いのは良い便り」と思って
お過ごしいただければ幸いに存じます。
記事検索
最新コメント
プロフィール

からかる

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ