クリスマス寒波到来~。
北のほうではホワイトクリスマスどころか吹雪いてますね。
どうかお気をつけて。

地獄耳1
クリスマスケーキも受け取ってきましたよ。

さて、ミライさんはカリカリ派。
猫缶は食欲を無くした時か、口内炎でカリカリが食べづらそうな時にしかあげていません。
なのにツナ缶をパッカン☆と開ける音に
地獄耳2
ピキーンいまワタシのご馳走を開ける音がしました。
違うからね。これはツナ缶だから!人間用だから!と、猫に訴えてもわかってくれない。
そーっと開けてもあの音は響くんですよね。

地獄耳3
そのほかにも猫立ち入り禁止の部屋のドアを開ける音、
おもちゃがしまってある物入れの引き戸の音も、この大きな耳で聞きつけて駆け寄ってきます。
猫ってほんとに耳がいいですよね。

地獄耳4
眠ってる最中でも耳レーダーだけは休まず稼働中です。

地獄耳5
もちろんくつろいでる時でも警戒は怠りません。
いち早く獲物や危険の存在を察知するためについた能力なんでしょうね。
やっぱり野生なんだねえ。

地獄耳6
フフフ・・・なんびともワタシの地獄耳からは逃れられないわよ。

そんなことを言っていますが、ミライさんは眠りこけてて私の帰宅に気づかず、
私が部屋に入ってからあわてて出迎えに来たことも何度かあります。
前言撤回。やっぱりミライはユルユルの家猫ちゃんです。