一口に自転車旅行といってもそこには様々な要素が含まれている。それはどんなジャンルでも同様だと思うけど、何か1つの物事に特化した知識や経験を持っていても「自転車旅行」が上手くできるワケではない。

 自転車の知識だけがあっても駄目だし、キャンプや野営だけが上手くとも自転車旅行は成立しないということだ。まして海外での走行となると、必要とする知識や持っておいた方が無難な技能は更に増える。

 これは別に自転車旅行という遊びのハードルを上げようとかそういう意図は持ってなくて、どんな物事でも総合的知識や実践経験ってのは大切だよね・・・という極々当たり前のことは自転車旅行にも当てはまる、という話。

 じゃあ何でこんな文章書いてるのかというと、旅行というジャンルにおいても経験豊富な人が語る物事の「深み」みたいなモノは知識や経験に大きく影響すると言いたいから。文章とかでも書き方の巧拙ではない懐の深い文章ってのがある。

 ちなみにバックパッカーなんかと比べると自転車旅行の記録ってのは圧倒的に少ないといえるが、それでも一定数の自転車旅行記はネットに限らず色々な媒体で読むことができる。

 そうした様々な旅行者の中には自転車それ自体に興味が無かったり、自転車で旅行する上で避けては通れない様々な点に全く無頓着な人もいたりするのであり、そういう人が綴る自転車旅行記というのもまた面白いし旅行の記録という意味で良いのだと思う。

 だけど最近私が書いてるような「自転車旅行」という物事を自分の意見で語るならば、やっぱりそれなりに自転車旅行の経験を積んだ上で物申すべきなのだろうと考える。

 たとえ海外自転車旅行のワンイシューを論ずるにしても、自転車旅行全体を知っている人間が1つテーマを書くというのと、旅行経験の浅い人間がそこだけを調査して「調べて書いたことしか知らない文章」は別物だからだ。

 そのジャンルのことを広く深く理解していて、そこから必要なことを選び抽出して書かれる文。色々語れるけど必要なことを上手に抜き出して述べる言葉っていうのは何というべきか・・・文章に余裕がある?とでもいうべきなのか。

 旅行も続けていくと他に多くのサイクリストと邂逅があり、割と好きなスタイルで自由気ままにやってる(特に海外の)人たちを見ると「自転車旅行は本当に千差万別なんだな」ということが実感として出てくるのものでして。そうした「自分の旅行スタイルは特別でない」という感覚を持ってるサイクリストの書く文は読んでて気持ちがいい。

 自転車旅行という遊びの宿命で、経験を積めば積むほど旅行の仕方に正解なんてないと思い知らされるのだが、それを理解した上で自分の旅行における主義や主張を語れるようありたい・・・と最近はそんなことを思っている。

 なお偉そうに語ってるけど私自身の自転車旅行スキルだが、経験は兎も角として知識なんかはまだまだ未熟であるのは間違いない。

 まぁそういう背景があるため、駄文コラムに書くテーマは自転車旅行の様々な面を切り込んで多角的・総合的に語っているつもり。別に私が飽き性で1つのテーマを長く続けるのが面倒とかそういうことではナインデスヨ。

 道については本編の日記でもちょいちょい語っている。これはもう自転車旅行者の業みたいなモノであり、道に対して言及が全く無いサイクリストなんて存在しないのだから仕方ない。

 舗装状況に一喜一憂するなんてのは序の口で「アスファルトの含有成分で走りやすい道路がどーのこーの」とか言い出す自転車乗りという存在は、傍目から見ると意味不明なのかもしれないとは思う。

 それはともかく人の住むところにゃ必ず道が存在し、道というのはそれだけで様々な特徴や情報を含んでいる。国の違いを最初に感じるポイントが道であることは多いし、道路の状態から国の国力は察せられたりもする。道というのは非常に興味深く面白い対象なのだ。

 「そうは言っても道路なんて先進国は立派で後進国になるほど駄目駄目なんでしょ?」と完結してしまうは早計で、一つの面としては正しいがコトはそんなに単純な話じゃない。

 例えばアメリカ国内の道は主要道でも案外ボロボロだったり未舗装の割合が高い。あんだけ車社会の割に路面状態は千差万別で、特に内陸部は走行に苦労する場面が多々あったりする。

 州の予算差と公共事業に対する割合、道路の新旧・交通量辺りが関連してくるのだと思われるが、アラスカみたいに交通量極小でも完璧な路面が続いたりすることもあるのが面白いところ。

 へっぽこな国でもよほど僻地でない限り主要道路で全く舗装されていない道というのはあまりないが「とりあえずアスファルトにしときました」という、その後の補修を全く行っておらず結局下手な未舗装路より走りづらいガタガタの道というのは存外多い。後進国で他国のODAにて造られた道路なんかはこのパターンに陥りがち。

 南米やアフリカで多い道路のパターンとして、郊外は綺麗な道なのに街中に入ると路面ガッタガタ・・・というのがある。交通量の多さがそのまま路面にダメージを与えているためで、交通量が増える街中ほど路面状況が悪くなってしまうのだ。

 このためひび割れや陥没してる路面を見かけると「そろそろ街中に入ったな」という指標になったりする。

 ちなみに排水設備がバッチリ整っている道というのは珍しく、大雨の後には都市部なら冠水したり過疎地域では道が川になるといった変化が見られたりする。しかし砂漠地帯で道路が砂に埋もれてしまうというのは基本発生しない。

 「道の構成」という点にもお国柄は出る。分かりやすいのが坂道の作り方で、急斜度の坂を直線的に延ばす国とつづら折りで緩やかな角度で登らせる国とがある。日本なんかは前者に属しており、グアテマラやチリにも匹敵する急な坂道の国。

 後者の代表的な国はアメリカやペルーが思い浮かぶ。特にペルーなんかアンデス山脈を内包している関係で非常に標高差があるにも関わらず急斜度の坂が出てこないため、そういう意味では自転車に優しい道の国とも言える。ちなみに冗談でなく99回くらいUターンさせる「九十九折り」の坂道が出てきたのもペルー。

 ところで国の面積や国力によって特徴が出ると書いたワケだが、日本という国の道路は他のどの国にもない特徴がある。それは「異常なレベルで道路が多い」ということ。

 ハッキリ言ってしまうと不必要な道路が多すぎる。海外にも蜘蛛の巣の如く縦横無尽に道路が広がってる都市は多々あるが、日本は交通量が少ない田舎でもアホみたいに道路を作りまくりなのであり、政治家と土建屋の関係を思わずにはいられない。道とはちょっと違うけどトンネルの数も他国と比較すると面積比100倍くらいあるし。

 ・・・とまぁ、ちょっと舗装路のこと書いただけでも止まらなくなるとは思わなんだ。気分が乗ったら未舗装路についても色々と書いてみたいと思うけど、道をテーマにすると思ったことがバンバン書けるのでまとまりのない文章になりがちなのは問題だ。

 自転車での海外旅行では所謂「外国人慣れ」してない人と会話する機会が多い。というか後進国の田舎だったりすると出会う人間のほぼ100%がそうした方々である。

 そんな状況でもコミュニケーションってのは交わせるものだし、場合によっては(ネット環境があれば)Googleさんに翻訳して貰うこともできる。何より実際に顔を合わせて行うコミュニケーションってのは思った以上に通じ合える・・・ような気がするよ。

 ちなみにおそらく多くの日本人サイクリストは語学が堪能ではないと私は(勝手に)踏んでいる。私もその例に漏れず英語での会話すら目を覆いたくなる残念なレベルなのだが。

 さてさてそんな茶壺さんだが、スペイン語やれアラビア語圏の国で本当にちゃんとコミュニケーション取れてるのか?話した気になってるだけじゃないの?とか思われる方も多かろう。

 だが問題ない。何故ならそうした外国人慣れしてない人がする質問というのは「どこから来た?」「結婚してるのか?」「家族・子供はいないのか?」「何で結婚しない?」のほぼ4項目で占められているからだ。「何で旅行してるんだ?」とか「仕事してるのか?」と聞いてくる人すら珍しい。

 民度の低い国だと日本人と答えた時点で「金持ってるのか?」とか「日本人は幾らくらい稼げるんだ?」みたいなパターンに発展していくこともあるけれど、基本的に彼らが質問してくる内容というのはほぼ同じなのだ。

 国にもよるが場合によって1日10回近くこうした会話を繰り広げるのがサイクリスト。必然的にこの辺の単語は覚えるし、いくら物覚えの悪い私でも受け答えくらいできるようになってしまう。

 面白いのが相手が旅行者だったり外国人慣れしてる人の場合、このテの質問がほぼ出てこないということだ。

 これは後進国の田舎に住む地元民がコミュニティ外の人間と触れる機会をほとんど持っておらず、その地域内のみで生活が完結しているからだと思っている。

 知らない外国人に興味を持って話しかけてくる人は多いのに、その人が何故この地(国)に来たのか?ということには興味を持っていない。

 というのも「知らない異国を旅行する」といった考え方が彼らの世界にないから。考えもしないことは疑問に浮かばない。結局自分の物差しで計れることを聞く事になる。こういう土地というか地域は案外多い。

 私はこうした自分の周辺のみで構成された極々小さな世界で生きてる彼らに対し、もっと外の世界に興味を向ければいいのにという傲慢な考えと、だけど私も彼らと同じで自身の興味あることしか知ろうとしてないという寂寥感を感じてしまう。

 井の中の蛙は幸せか?みたいなことを私がどうこう語る気持ちはないけれど、海外を自由に旅行できる身分というのは非常に恵まれている存在なのだということは強く感じる。コロナで自由に海外旅行できない今の状況だと尚更。

 ちなみに私はこうした「お決まり質問」に返答するのが結構好きである。「独身だよ」と答えて「何でだよ?」みたいに返されるのは、大きなお世話じゃい!とも思うけど。

 ある時点からかなり意識してるのだけど、長期的な旅行を行うならば「歴史」と「宗教」に関しては知識を深めといて損はないと思っている。余力があれば他に「地理」や「語学」も優先順位高い。

 というのも自転車旅行を志すと焦点がギアとかスキルみたいな実践的な方向に向かってしまいがちだけど、実はそういった技術的なことはいざ旅行を始めるといくらでも体験できるから事前勉強せずともトライアンドエラーで進歩できる分野だったりするからだ。

 そもそも自転車で海外旅行しようなんて発想が出る輩はアウトドア関係に興味ある人が多いし、少なくとも苦手意識を持ってるという層ではない。いやまぁそういうタイプもいるかもしれんが割合として。

 前回の記事でも語ったが、各人の基準が違うギアなりスキルってのは経験を経ることで自分のモノにしてかなくてはならない面が強く、経験に依存する割合が高いジャンルなのである。

 しかし歴史や宗教といった知識は違う。こうした物事というのは人々が根ざした生活に絡んで「日常の一部」という形で顕在しているからだ。それは誰にとっても同様にリターンが得られるということ。

 実際に旅行先で触れることになる対象は何でもいいのだが、その土地に訪れ自分の目で見て感じるというのは雑誌やパソコンを通して見るのと確かに違う。それは映像では伝えられない様々な付加価値が付属してくるからだと私は思っているのだが、そこに知識があると更に「見えなかった点が見えてくる」

 同じ国内でも海岸線と山岳地域で人種が違うとか、ヨーロッパのある地域を超えると豪華絢爛だった教会が突然簡素な造りに変わった・・・みたいな変化ならその場で疑問を知覚できることもあるが、イスラム教国のインドネシアに仏教遺跡であるボロブドゥールがあることやチリという国が異様に縦長であること、アメリカ南部の州や町名の多くがスペイン語由来だった点は事前知識がないとそもそも不思議とも思わない。

 こうした特徴には多くの場合、歴史・宗教が絡んでいるし自然物であれば地理的な要因が存在している。そうした物事は場所によっては(現地の言葉で)説明書きがあったり人に教えてもらえたりするのだが、それには現地の言葉を解する力が要るのでして。

 芸術系のスポーツがそうであるように、より深く知りたいと思うのであれば観測者にも最低限の知識土台が必要なのである。

 もちろん旅行なんてのは自由なのだから「何をしておくべき!」と強硬に唱えるべきではないのだが、海外旅行をより楽しむために何か考えているのなら、勝手に身につく旅行スキルなんぞより訪問国の特徴やどんな人が暮らしているのか?といったことに注視するべきだと私はお節介を言っておきたい。

 もっとも時間は有限なので、あらゆる方向に手を出しても結局どれも中途半端になってしまうことは明白。そうした時になるべく多くの国や地域で共通して影響力を持ち、多少なりとも知識があることでより深い見聞を得やすい項目が「宗教」と「歴史」なのだ。

 加えて言うとこうした知識は書籍や映画といった多方面での情報収集が容易な国内で実施しておくことが望ましい。ネット1本に頼ると偏り出やすい・・・というのは私の偏見入った意見かもだけど。まぁ学生の世界史と地理の教科書は使えますよ。

 余談だが、海外に行くと外国人から受ける質問の1つに「お前は何の宗教なのか?」というのがある。日本人なら多くは神道か仏教と答えることになるだろうが「日本人はどの宗教が多いのか?」「それはどういう教えであるのか?」等々興味ある人は突っ込んでくる。さて、ちゃんと(英語で)答えられるかな?

 そんなワケで知ってて損の無い分野であると同時に、私は学生時代に何を勉強してたのだろう・・・と思い知ることになるのでして。勉強はできるときにやっておくべし。

 自転車競技は機材スポーツという側面があり、重量を減らすという一側面に対しメーカーがしのぎを削り軽量化しては国際自転車競技連合(UCI)が重量規定を変更し軽量フレームが使えなくなる・・・みたいなイタチごっこしてたりする。最近はもうそんな単純な話じゃないけれど。

 ともあれそういった風土が影響するのか自転車旅行においても「軽量化」という点に情熱を掛ける向きのある人は一定数いる。単純に軽けりゃ楽だし。

 これの最も分かりやすいのがバイクパッキングというスタイルで、これは自転車のキャリア等に重量物を取り付けるスタイルではなく自転車フレームへ直接バッグを付ける積載方式だ。簡単にいうと「自転車が軽くて走行性能が高い」自転車旅行。

 こういうスタイルってのは個人の考え方なので私がそれの是非をどうこうと野暮なことは言わないが、茶壺さんのツーリングスタイルというのはバイクパッキングとは対極に当たる「超重量級」である。ウルトラライトならぬウルトラヘビー。

 これは私のギア選定基準が「とにかく丈夫で壊れにくい物」を第一に考えているからで、壊れにくい部品ってのは必然的に径が太くて重たいものになるため自明の理だが。

 もっとも長期で自転車旅行なんかやってると、その最中に使用するギアも経験からブラッシュアップされるし経年劣化し使用不能となる物も多数出てくるのは仕方のないことで、そういった過程を経て使われてるサイクリストの自転車なりギアというのは乗り手の趣味嗜好も見えてくる感じで非常に興味深い。


 そんでこうした道具の選定で大切なことは、自転車にしてもギアにしても「己を知る」ことだと思うのだ。こんなご時世なので長期で自転車旅行には何が必要か?とか調べてみれば、雨跡たけのこの如く情報はいくらでも出てくるワケでして。

 そうした情報を探ることはもちろん悪いことではないが、その情報はあくまでも情報提供者が感じた感想であり、誰もが同じ恩恵を受けることができたり同様の評価をすることはないということ。そんなのごくごく当然の話ではあるが、未知の世界へ飛び込む時にゃ何が自分に合ってるとか分からないからさ。

 ということで新しいギアを選ぶ際には「揺るがない指標」に沿って判断するよう心掛けている。自分が旅行に対して何を大切に思っているのかを考え、その希望に沿った方向性を見出すことが大事かと。

 なので私は重量が多少重くなろうとも広くて快適な空間のテントが良いし、旅行の直接的な役に立たずともコーヒー関連用品を手放すことはしない。こういうポイントがブレると無駄に重たいバッグやカメラを使いながら「このテントは重量2kg以下の超軽量タイプなんだぜ!」みたいなチグハグな意見が出てきたりする。

 別に自転車の走行にこだわらなくても「できる限り日本製のギアを使う」とか「ランドナーのスタイルを追求する」みたいな方針に1本芯があると、一見バラバラに取り揃えた道具類がちゃんと繋がっているように感じるのだ。別に騙されてない。

 そうした自分の好みを分かっており、それに伴う考え方を構築するというのが私が考える「良い道具の選び方」だと思う。少なくとも「万人に共通する間違いない便利アイテム」なんてモノは存在しないし、そんなことを声高に宣伝する輩は詐欺師か自転車旅行を分かっていないか、だ。

 ・・・とまぁ強い言葉を使って断言したが、私のことだし自分の道具紹介ページに「自転車旅行するなら必携の一品だ」くらい平気で書いてそうな気がする。だから人の意見なんて鵜呑みにしちゃ駄目なんだぜ!

 私も旅行者なので特に自転車旅行を主とした旅行関連の情報は色々目を通しているが、特にブログというジャンルでは「旅行というのは自己満足の行為であり、それを記した旅行記ブログも同様である。故に多くの人に見てもらう必要はない」・・・といった論調をよく見かける気がする。

 それはある種正しい事象なのかもしれないけれど、私はそれを事実だとか真実だとは言いたくない。世の中における大概のことは人生の役に立ったり糧にはならないかもしれないが、それを「無駄」と切り捨てるのは寂しいじゃないか。

 この世界には私の知らない土地が広がっており、日本と全く異なる人や建物や自然や文化といったものが無数にあることをとても興味深く感じるし、世界には未知があふれていると思うとワクワクする。

 そうしたワクワクを自らの知恵と体力を振り絞り、自分の足で現地を踏みしめ、自らの目で見つめ、己の手でその世界をかき分け、その地に住む人の話を聞いては土地の歴史に想いを馳せる。それをせざるにはいられない、ネットや本で見たり読んだ知識だけでは満足できない、そういう人が綴る旅行の記録。それはとても面白いモノだと思う。


 他の旅行形態は分からないが自転車の世界1周というのは一般的に出発するまでの準備で年単位を要するんですよ。ちゃんと旅行を完遂するためには大人としてキチンと働きお金を稼ぐ必要があるということ。

 これってさ、社会人として大人の分別を持ち、大人の立場に立って、大人としての責任を負わされるという経験を経てもなお「子供の時のワクワクを捨てる事ができない人」だと思うんだ。子供の心を忘れていない大人なんだ。

 それはある意味どうしようもない社会のクズと言えるかもしれないけれど、多分、歴史的に社会を新しいステージへと導いていったのはそういう場所を嘱望し渇望して探検してきた人たちだったのだ。

 そりゃ大航海時代と今じゃ時代も意識も違うけど、むしろ私はこうした時代だからこそ自分の力で旅行する記録を残す存在が必要なのだと思う。誰もが自転車で世界1周をできるワケではないのだから。

 だから私は旅行ブログは必要だと感じるし、もっと多くの人がそうした媒体から海外自転車旅行というモノに触れて興味を持ってほしいと思っている。自転車で異国を走るあの気持ちを感じて欲しい。

 ということで私は「旅行ブログは絶対に必要なのだ!」と声を大にして言いたい。私も数ある海外自転車旅行ブログという世界の片隅に籍を置いて、その一翼を担うことができればと思っている。

 私が好きだったり尊敬してる自転車旅行者は紙の地図が好きな人が多い印象にある。個人的な解釈だがこれは自分の判断を重視するという面が強いことの裏付けではないかと思っている。

 Googleマップに代表される電子地図は確かに便利ではあるのだが、あのテの地図って「目的地へたどり着く」ことを主として作られた代物だと思うのだ。少なくとも経路検索って機能があり距離やれ所要時間が表される以上、それが主要な用途であることは間違いないだろう。

 これに対して紙地図というのはそもそもの用途を利用者に預けている節があり、そこに記されてる情報を基に色々と想像をする余地があるのが強みだと思う。

 ある目標地点を定めれば最適な経路をコンピューターが教えてくれるのは単純な移動ならば利点だが、こと自転車旅行という点からすると決して良いことばかりと言えないのも事実。というか個人的には旅行の魅力を削ぐ機能だとすら思いもする。

 何故ならコンピューターは「面白さ」という曖昧模糊な点を考慮してはくれないからだ。距離走れて早く到着できるだけの道を走って世界1周がしたいのならば、私はとうに自転車世界1周を達成している。

 ナビという存在はどうしても個人の判断力を奪うというか、機械が示した指示に従って動くことになるため自分で考える割合が低くなる。これは別にナビだけじゃなくてガイドでも他者の情報でも同様なんだけどさ。

 移動という存在をどう捉えるかは個人の自由であろうが、その過程をキチンと体験して記憶に留めていられるのは圧倒的に紙地図派だ。だって自分で道順覚えないとゴールにたどり着けないもん。

 よく言われることだけど「カーナビに頼って運転するドライバーって道を覚えない」って話に通じるものがある気がする。目的地というゴールだけを見ていると、その道中という過程に意識が向かなくなるのは仕方がない。

 要するに移動という存在を極力自分の意思で判断して選択したいタイプであるほど、この傾向が強くなるのだと思う。こう考えるとそもそも自力で移動完結せざるを得ない自転車旅行者に紙地図好きが多いことも納得できるじゃないか。


 余談だが私はそういう旅行意識が強いので基本「A地点から○○km進めば水場があって、その先に廃墟があるので野営ができる!」・・・みたいな形の情報は残さないし好まない。

 宝石の道みたいな走破難易度が高い場所だとまぁ気持ち分からんでもないが、事前に与えられた情報に沿って課題をクリアしていく移動は私にとって「面白い旅行」ではないのだ。これが探検や冒険ってなるとまた考え方は違ってくるが。

 そんなワケで私は自分で色々考える余地のある紙地図が好きだ。決して電子機器の扱いが不慣れだからとかそういう理由ではない。

 コロナ禍で旅行再開のためにただ状況の改善を待っているだけ・・・というのは非常に困るというか、精神面でよろしくない。

 たとえ身体がキツくても自転車で走ってる時ってのは頑張ることで前進してることが感じられるし、その結果が走行距離としてハッキリ出てくるため充足感があるうえ何より楽しい。

 ところが自分に出来ることがなく「待ってるだけ」というのは徒労感が強くなるし、精神的には「自分は何やってるんだろ・・・」とか「長期海外旅行の再開を待ち続けてるのだ!・・・ってとんでもないクズ思考だよなぁ」という思いが錯綜してしまい精神が荒廃してしまう。しかもタチの悪いことにこの考え方は世間一般的にこれ以上ないほど正論だ。

 「自転車で世界一周をしたいのだ」という話をすると興味を持ってくれる人というのは割と多いが、そのために今何をしてるのか?で「パンデミックが収まるのをひたすら待ってる」という返答では、それ以上のことを聞いたみたいと思う人は少なかろう。

 自分が納得するための旅行なのだから他人の感想なんてどうでも良いじゃん!という意見もあろうが、旅行を構成する中に「人との関わり」が多分にある以上、そうした多様な意見を全て無視しスポイルするのは1人の旅行者としてどうかと思うしさ。

 もっと単純に私が楽しんでる自転車旅行が貴方にとっても楽しい・興味深いモノであって欲しいし、知らないを知りたい旅行で独りよがりな考え方は寂しい。


 宝クジが当たったら仕事辞めて残りの人生は何をするでも無くストレス掛からない日々をのんびり生きていく・・・という話題はまま耳にするが、少なくとも私はそういう生活に耐えられそうにない。

 達成できるかは置いといて、人生には大小様々な目標があってそれの成就を目指し活動をすべきだと思っているタイプなのだろう。仮に自転車世界1周を無事達成したとして、私は「次はどんな夢を追いかけようか?」とか言いそうな気がする。言わないかもしれんけど。

 ともあれそういう点から私は身体を動かしてナンボな人間なのだ。能動的に活動してると少なくともグチャグチャした負のスパイラルに陥りがちな思考からは解放されるというか、忙しくて余計なことまで考えられないというべきか。

 考えても仕方のないことは考えない・・・が出来るほど私は上等な人間ではないし、先の見えないこの状況で目の前の情報に一喜一憂しては疲弊する。なので物理的にグチグチ考えられない状況下に置くというのは必要処置だったと言えるやもしれん。

 そんなわけで久方ぶりの仕事ってのは精神的にも良いものだな、とか思っていたりする。まぁ仕事の中にまた様々なストレスやれ悩みが介在しているワケなのであり、むしろそんなこと言い出したら海外を自転車走らせてる最中だって「この旅行終えたら私はどうすんべ・・・」みたいな考えが過ぎる瞬間があったりで、なかなか人生で不安のない平穏な期間ってのは難しいともいえようが。

 どう説明しようとも自転車による海外旅行というのはニッチなジャンルである。別にその事実は何ら問題になる事ではないし、むしろ私は一般的な長期海外旅行スタイルとなるバックパッカーみたいな形態と違い、必要となる時間も金銭的負担も大きくなりがちな海外自転車旅行は始めるハードルが少々高くても良いとすら思ってる。

 ともあれ特に日本語という括りにおいて、海外自転車旅行というのは未だその大部分が未知の知られざる世界だといえる。こんだけネットで情報乱立している時代にも関わらず、旅行情報で「知りたくてもその情報が全然出てこない」なんてのは珍しいのであるまいか?

 例えばパラグアイ西部に広がるチャコ地方の自転車走行記録なんてのは、調べても茶壺さん以外の情報皆無ですよ。私が走行した土地だけでもそんな場所はゴロゴロある。

 現代において普通にネットを利用していると「拾いたくない情報まで目に入ってきてしまう」という弊害があり、これは一部の事前に情報入れてワクワクを無くしたくない系の旅行者にとって悩みの種だったり。

 ところがちょっと有名ルートを外してみると日本人が走った記録のないルートってのは溢れてるのであり、そうした未知のルートを存分に楽しめたり世に広めるパイオニアとなることも可能。そう、海外自転車旅行における新規ルート開拓は未だブルーオーシャンの市場なのだ。

 これは「旅行を楽しむ」という側面からは非常に高い魅力であると私は考えていて、昨今のバックパッカー的旅行が他者の情報に依存し評判の良い場所をなぞるある種の「手堅い旅行」とは対極に位置する、自分で考え経験と想像力そして根性で攻略をしていく冒険寄りの旅行が楽しめるといえよう。

  もちろん自転車旅行にも定番と呼ばれるルートがあって情報も充実しており、実際そこを走って「なんて素晴らしい道だ!来て良かった!」と思うことも多々あるのだが、そうした道を少しズラし好き勝手に進路を定めることを簡単に選ぶことができる。これは人力での移動手段である自転車ならではの利点だと思う。

  日本に戻って結構経つがやっぱり世界は未知で溢れていて、私はそれを全然知らないと実感するばかりだ。せめて自転車旅行は自分が満足できるまで走りたいと思いつつ、海外旅行が普通にできる日はいつになるのかなぁと思ってます。

 世界には200近い数の国があって私はその内の僅かな数しか訪れていないのだけど、そうした中でも千差万別の実に様々な景色を見てきたと思っている。その一方で「なんか何処も同じだなぁ」と思ってしまう景色というのもまた多い。

 これは広大な砂漠や荒野で変化のない地形を永遠走っているから・・・とかそういう類の話ではなく、あくまで人が定住する土地での話だ。

 なんと言いますか、別段観光に秀でてないもののある程度の規模を誇る地方都市ってのは町の景色が似てくる傾向がある。これは日本においても同様だ。

 南米などはこれが顕著というか、どの町でも中央広場にパルケ(公園)があってカテドラル(大聖堂)がその脇に鎮座しており、そこから輪を描くように町が広がっているのが一般的。だから「その土地らしさ」というものは街並みを眺めているだけでは正直感じるのが難しいと思う。

 国ごとの国力や文化的な差ってかなり大きいから国を跨ぐと街並みが一変する・・・ってことはよくあるけれど、1つの国内においてはある程度居住民の生活が安定している地方同士だと、生活の基礎部分が均一化されて似たような街並みが形成されるという面があるのだろう。

 思い返してみると私は「国の違い」ではない「一国内での地域差」というのを町の景色で感じ取ったことは実に少なかった気がする。その土地らしさというのは、その地に住んでる人や食や文化といった「もう一歩踏み込んだ」点で感じられることではないだろうか?

 これが喜ばしいことかは置いといて「その土地らしさ」を感じる光景というのは、人の手が入っていない自然が豊かな土地か、真逆のゴリゴリに人の手によって整備されてる観光地だ。

 私は旅行者なので基本的には観光地等を目標にして移動するのだが、自転車という性質上目にする(町の)多くはこの「似たような景色の町」である。

 私は何というかこの「似たような景色の町」ってのがその国における、ある意味で本質の姿じゃないか?という意識があるのだ。

 私も好き勝手に異国の感想を総括という形で論じている身だが、その事実は無視して話を進めると、外国人が日本のことを評する際に東京や京都といった土地しか知らない人が「日本とはこういう国だ!」みたいに語られたらモヤモヤしてしまう感じ。京都のお寺や浅草の巨大提灯は別に日本の当たり前ではない。

 「そんなのはこの国の極一部なんだよ!」ってヤツだ

 じゃあ何をもって「その国らしい景色」とするのか?といった点で、国内の何処にいっても見かける普遍的な街並みというのは良くも悪くもその本質に迫る景色ではなかろうか?。

 ウダウダ言ってるけれど雄大な自然というものが姿を変えず残り続ける一方で、人の手によって作られた町というのはどんどん形を変えていく。結局変わっていくのは人間なのであり、国の違いというのはつまり国民の違いということになるのだろう。

 そうすると地方都市の一風景というのは「その国らしさ」を表すにおいて、実に適切な題材ではないかと思うのだ。オチなし。

↑このページのトップヘ