ペルー13日目 ウアマチュコの町〜リマから北北西に約460km カチカダンの町

 昨日散々ペルーのコーヒー事情について悪口書いた私であるが、しかしながらペルーのコーヒーは私好みで非常に美味であった。食事のレベル高いことばかりが注目されがちなペルーだが、コーヒーの味も素晴らしいと思うのです。

IMG_2266
 あと宿のレベルも高い

 ウアマチュコの町を出るのにしっかり1本上り坂を走らせるのがアンデス山脈。気候は暖かいし、周囲を見回すと遥か高い山々が並んでいるから勘違いしてしまうが、ウアマチュコの標高だって3000m越えだ。これ以上登らせるのはどうなのよさ?

IMG_2267
 つまりペルーにはまだまだ高い峠が控えているのだろう

IMG_2270
 走りやすいアスファルトが続いているのだが

IMG_2271
 私が向かう先は左側の方

 ちなみにこの分かれ道、最初に来た時は普通にスルーしてしまい3kmほど走って「何かオカシイ・・・」と確認してみたところ、道を間違えてることに気づいて逆走してきたというこぼれ話がある。

 もう私の精神がダート走るの嫌がって、見えるはずの分かれ道を見なかったことにしたのでないかと思うのだけど。その割に遠回りにこそなるが舗装された道を走らず、わざわざ引き返してくるあたり、何というか自転車乗り。

IMG_2290
 避けては通れん未舗装路

IMG_2278
 こういう川底に石が敷き詰められている場合

 この程度の川幅であれば乗ったままクリアしてしまう方が多いのだが、中途半端に敷石あったりするとわざわざ自転車降りて押して渡ることになる。

 車ならば問題ないだろうが、こうした大きめの石はぬかるんでいたり隙間にタイヤがはまり込んでしまう可能性が高く、最悪水の中に自転車もろとも倒れ込んでしまう。こうした事故を防ぐため、わざわざ1アクションおいて冷たい水の中に足突っ込みながら自転車押して進まざるをえなくなるため、敷石の存在は「有難迷惑」という言葉しか浮かんでこない。

IMG_2284
 人住んでるのかと思いきや空き家

IMG_2285
 地図に載ってない集落が出てきた

 もしかしたらここでお昼にありつけるかも・・・と近くの住民に「この町にレストランある?」と聞いてみたのだが、残念ながらそんなモノは無いとのこと。

 しかしその後に続く言葉が「だからウチで食べてきな」なのであり、いやなんか本当ありがとうございます。

IMG_2287
 美味しい

IMG_2288
 親切に支えられて旅行しています

 嬉しい気分がそうさせるのか、後半戦に広がる景色が素晴らしくて写真ばかり撮ってしまいちっとも前に進まない。通常、舗装されている道ならば走りながらポケットからカメラ取り出しそのまま撮影するのだが、未舗装でそんな危険なことはできない。

 結果、一時停止して写真撮影し再び漕ぎ始める・・・という余計な行動が挟まれることになってしまい、ストップ&ゴーも増えるため、ただでさえ速度の遅い未舗装路は更にペースが落ちるという悪循環。

IMG_2291
 でも写真撮りたくて仕方ない景色

IMG_2296
 そもそも未舗装の方が景色が映えると思うの

IMG_2298
 「俺だけじゃ食べきれねーよ」

 ここ最近は朝方は良い天気となっているが、午後にかけて徐々に雲が空を覆っていくパターンとなっている。これは中米でよくあった雨季のシーズンにおける天候パターンであり、季節的に乾季であるはずのペルーが徐々に雨季へと移り変わり始めてるのかもしれない。

IMG_2304
 なおペルーの雨季は10月からとのこと

IMG_2301
 ちょっと降られたのでバス停で雨宿り

 よりによって最後5kmで工事区間があり、散水車が気前よく水をぶちまいていた。おかげで水を含んでぬかるんだ地面を走らされることになり、一気に泥だらけとなる我がロシナンテ号。雨宿りした意味ねーじゃん。

IMG_2306
 看板にも泥が縦の筋で付いている

 そんな感じでカチカダンの町へ到着。ここもまた温泉が出る町であるため、温泉付きホテルへ投宿するかと宿を回ってみたけれど、最低価格でも通常宿における2倍以上の値をつけた。といっても35ソレス(約1170円)だが。

 宿代高かった中米だったら即決する値段だが、ペルーじゃかなり強気な値段設定だ。そんな強気に当てられた私は背を向けて逃げ帰ってしまうのであり、素直に安宿へと投宿である。そんで浮いたお金でビール飲むんだ。

 2017年9月10日(日) 走行距離65km 累計67412km

 ペルー12日目 ウアマチュコの町

 ここウアマチュコの町より暫くある程度の規模を誇るような町がない。別にそれは全然構わないのだが、大きな問題となるのが昨日「コーヒー豆が切れた」ことだ。

 それなりにコーヒー豆の生産量を誇るペルーという国だが、コロンビアなどと違って小さな町ではカフェの1つもありはしない。そもそもペルーでは専門の店に行かないとインスタントのコーヒーしか提供されないのであり、ペルーの人たちはコーヒーに対して興味が薄いと言える。

 これはウアマチュコを過ぎてしまうと、次の大きな町までコーヒーが飲めなくなるということであり、今の状態で2週間とかコーヒー飲めなかったら体に変調をきたしてしまう。仕方ないのでウアマチュコで急遽コーヒー探索することにした。

IMG_2258
 んで、町中歩いて回るのだが

 正直、簡単に見つかるだろうと思っていた私。地味に昨日も町中歩き回って空振りの結果だったこともあり、夜のうちにスーパーやカフェの場所を事前調査済み。いくらなんでもこれら全ての場所で見つからないことはあるまいて。

IMG_2259
 中央広場は割と観光地的な雰囲気

IMG_2260
 まぁ、ここだけだが

 しかし人口2万程度の町にはショッピングモールはおろか、スーパーですら存在してないのである。ネット情報でスーパーだと信じて向かった先は巨大な市場なのであり、コーヒー探すはずがブタやトリの生肉ばかりが並ぶ光景である。

IMG_2262
 それでも市場内かなり歩き回った

 それでは小洒落たカフェで豆を買うという方法へと方針変更する。ニカラグアなんかではこの方法でコーヒーゲットした経験を生かし、観光客が行きそうな通りにてカフェ店を探す。

IMG_2265
 しかし土曜日は開いてなかった

 おいおい、休日にこそこの手のお店は繁盛するものだろう?3つのお店回って全て閉まってるとか、やる気の欠片も感じない。そもそも豆が売っているかも怪しい気がしてきたのだが。

 ちなみに中南米の国々は、生活必需品などに関しては小さな町でも入手は難しくない一方で、こうしたコーヒーのような嗜好品の類はほとんど流通されていないのが実情。

 靴や服とか薬、他にスマホショップなんかは無駄にお店が軒を並べる一方で、そうした生活に根ざしていない「趣味」の範疇に捉えられる物は悲しいくらい取り扱いがされていない。こういう時、日本という国のモノの豊富さをうらやましく感じたりする。

 ちなみに今コーヒー以外に欲しいものは、お風呂用のボディタオルです。あれを中南米で見たことがありません。

 というかこのままじゃ駄目だ。一体何のために1日使ってウアマチュコに滞在してるのか分からなくなりそうであり、既に歩き回って2時間以上が経過する中、諦めモード漂いつつもしらみ潰しで適当な小売店を探しまくる。

IMG_2264
 そんで、この広場の隅っこに位置する店

IMG_2263
 あった!

 割と期待してない酒屋にひっそりと置かれていたコーヒー。見つけた時に思わず叫んでしまったほどには嬉しかったです、それはもう。

 これで後顧の憂はなくなったのであり、この先未舗装へと変わる山岳地帯も進んでいけそうな気がするよ。コーヒー1つで大きく変わる私のやる気。

 やる気に満ち溢れたこともあり、宿に戻って昼寝してたらいつの間にやら日が沈んでた。「今日は何したの?」と問われた場合、「豆を買った」以外の回答が出せない怠惰さである。

 2017年9月9日(土) 走行距離0km 累計67347km

 ペルー11日目 学校〜リマから北北西に約490km ウアマチュコの町

 泊めてもらった小学校で迎える朝。この周辺は人家もまばらだし、食べ物売っているような店も存在しない場所なのだが、7時を過ぎるとワラワラと出てくる子供達。どこにこれほど隠れていたのやら?

IMG_2214
 早めに撤収しといて良かった

 そんな環境であるためか、教室の奥には大量の食材が保管されていたし、先生たちは朝食を学校で食べていた。子供が遊ぶ遊具はサッカーゴールのみなのに対して、生活様式のレベルが高いと感じつつ。

IMG_2216
 頂いたこの朝食のお肉

 これがコロンビア南部からちょくちょくレストランに表記されていた「クイ」というネズミ系の肉である。何でも記念日等の特別な日に食することが多い料理だそうで、お値段もエクアドルでは20ドルとか無茶苦茶な設定がなされていた。1食平均2〜3ドルの国ですよ。

 なんかこの周辺はやたらクイ料理の看板が出ていたので、地元の人にとっては割と普通に食べている食材なのかもしれない。ともかく高くて手が出なかったクイをここで食べれるとは思いもよらず。

IMG_2215
 学校って良いもんだ

IMG_2221
 外国人珍しいのか10回近く名前書かされた

IMG_2222
 どうもありがとね〜

 普通に朝食作ったこともあり、クイと合わせて朝からエネルギー満タンの出発である。そんですぐに上り坂となってしまい、あっという間にへばる。エネルギーあろうが朝一での600mアップは勘弁して欲しい。

IMG_2225
 インカ道

IMG_2226
 とりあえずカハバンバの町へ

 この看板出てきても寂れた風景に点々と家が並んでいるだけで、地図では割と大きな街だと思ったんだけど・・・と先へ進むと3kmくらい進んでようやく町らしい風景となった。疲弊してると町の中心が何処にあるのか見えづらくなるのだと知る。

IMG_2227
 町の入り口付近

IMG_2228
 こっちが中心部近く

IMG_2230
 オマケ:全体図

 本日のスタート地点が2000mちょっとの標高。ジワジワと高度を上げ続け「この先に見える山を越えれば」という気持ちを胸に先を目指す。そんで山頂部分へと到達して、更に高い山が前方にそびえ立つ・・・というパターンを何回繰り返したことか。これは精神的にキツい道だ。

IMG_2231
 屋根瓦を作ってる家が多かった

IMG_2236
 この道を通学するのは大変でしょう

 結果的に3250mまで登らされた道は、その高度をほとんど下げることなくゴールを迎えたワケですが。昨日下り坂が多くて楽だったことの反動は、翌日になって襲ってくる。

IMG_2240
 舗装路だったのが救い

 全然下がる気配を見せぬままちょっとした森林地帯を抜けると、そこから一気に平野が広がり大きな湖が鎮座していた。この瞬間は間違いなく今日のハイライトであり、ここにたどり着くまでのギャップもあってか思わず感嘆の声を上げてまう。

IMG_2246
 「わ〜お」

IMG_2248
 観光客呼べそうなポテンシャルあると思うけど

IMG_2250
 人気の少ない私好みの湖なので、このままであって欲しい

 湖を離れてちょっと進んだ場所にあるウアマチュコの町へ。気分は既にゴールしたようなテンションだったのだが、最後にしっかり峠を登らされて、私もう疲れたよパトラッシュ。

IMG_2257
 トルヒーヨの町で作られていることは分かる

 ちなみにウアマチュコで宿を取ろうとしたら、最初のホステルの親父曰く「町中央にある宿は80ソレス(約2700円)するぜ!」とかのたもうて、どうしてこういう適当な嘘をつくのだろうか?少なくとも貴方の信用はその台詞で一気になくなりましたよ全く。

 というのも2つ目の宿でも「Wi-Fiあるよ」と言うから投宿したのに、あるにはあったが全く使えない状態だったりと、ちょっと宿泊施設に対する信頼感が薄い。そりゃ苦言の1つも言いたくなるってもんだ。

 あと本日が海外旅行始めて丁度1000日目だった。日記書くまで忘れていたのであり、折角の記念日だしビール余計に飲んどけばよかったか?

 2017年9月8日(金) 走行距離69km 累計67347km

 ペルー10日目 バニョス デル インカの町〜リマから北北西に512km地点 学校

 温泉サイコーなのでもう1泊するのも満更ではないが、天気が雲1つない快晴だったので出発することにした。こんな良い天気で自転車乗らないと「俺は何やってるんだろう・・・」という気持ちになることが想像できる。

IMG_2179
 オーナーも親切だしすごく良い宿でした

IMG_2206
 やっぱり山は青色が似合う

 さて大都市カハマルカは当然のように周囲を山に囲まれている町である。隣接しているバニョス デル インカの町も同様であり、出発して間もなく上り坂が待ち受けるワケでして。分かっちゃいるけどアンデス山脈。

IMG_2185
 つづら折りなので案外楽だった

IMG_2187
 こういう家って憧れるけど住みたくはない

IMG_2188
 山中だけど意外にも魚がメインのようで

 峠の後もそれなり程度にアップダウンが繰り返される道ではあるが、もう道路がキレイに舗装されてるというだけで私は何の文句もないね。というかむしろヌルいとすら思ってしまうぜ。ぐはははは←フラグ

IMG_2209
 楽できるのが1番です

 しかし3000mに迫ろうという標高なのだが、ものすげー暑い。いや、これは太陽光の強さが尋常じゃないのが原因か。赤道直下に位置するエクアドルよりも体感的な暑さではペルーに軍配あがるといえよう。朝一では薄手のTシャツ1枚じゃ流石に厳しいか?とか思ってたのだが、まさか逆の意味で厳しいとは。

IMG_2192
 お昼過ぎから一気に雲が広がってしまう

 基本、連なっている山々の間に集落が存在しているペルーの山岳地帯。このため峠を越えると眼下に町が広がっているのを眺めることができ、この瞬間は大変嬉しい。・・・のだが、ふと視線を上げると道路は再び上り坂となって奥の山へと消えていくのが確認できる。この瞬間は大変悲しい。

IMG_2196
 町は見えた瞬間が1番テンション上がる

IMG_2199
 何故なら町中入ると交通状況悪くなるし面倒ごとが多いから

IMG_2203
 絵になる 

 昨日の温泉が効いたのか、はたまた坂が少ない楽な道だったのか。90km走った時点で時刻は未だ15時である。そしてここアグアカリエンテの集落は「アグア=水・カリエンテ=暖かい」・・・という名前が示す通り温泉がある。

 別に入れるなら毎日でも温泉浸かりたい私であるが、今日はもっとガッツリ走りたい気分である。ここで進むと野宿になること間違いなしなのだが、まぁそれは些細な問題だ。ビールが飲めないのは大きな問題だ。

IMG_2212
 ということで休憩だけして先に進む

 町こそないが民家がちょいちょい途切れず続くため、存外野宿ポイント見つけるのが難しい。どうしたもんかと思いながら走っていたら、都合よく学校が出てきたので敷地内にテント張らせてもらえないか聞いてみる。

 結果として大教室みたいな部屋を提供くれたのであり、親切な先生方に感謝しながら「使っていいよ」と言われたシャワー室に行くも水は出なかった。電気あれども水はなし、ペルー田舎のインフラは水の方が貴重みたいです。

 2017年9月7日(木) 走行距離103km 累計67278km

 ペルー9日目 バニョス デル インカの町

 温泉日。ちなみにペルーはかなり温泉が豊富に存在する国であり、バニョス デル インカに限らず様々な土地で温泉を楽しむことができるとのこと。今回の表題はそうしたペルー各地で温泉に入れるよう期待を込めて「その1」と歌っている。

IMG_2171
 なおこのプールは温泉水

 この町の中央広場に温泉施設が併設されているのだが、そんな場所へ行かなくてもここTetem Backpackers Cajamarcaの宿では無料で温泉を楽しむことができる。

 もちろん私はその情報を前もって調べておいた・・・ワケではなく、プールで遊んでたらオーナーが「温泉に入ることもできるよ」と教えてくれたので「是非に」とお願いした次第。

IMG_2172
 準備できるまでに1時間くらいかかる

IMG_2173
 コーヒー飲みつつ自転車整備したりして待つ

IMG_2169
 洗濯したりして待つ

 とかやってるうちに準備完了。海外の温泉は外のプールに代表されるように水温低めで水着着用が多いのだが、完全個室の浴槽はお湯も熱々なのであり、むしろ熱すぎて入れないからと水で温くする始末。

 思い出せばコスタリカで川の温泉に入って以来の湯船である。日本だと何処へ行っても温泉ある印象で有り難味も何もなかったが、あの状況は奇跡的な環境だったのだと思う。日本1周した時は合計で150回くらい温泉浸かったような。海外出てからは3年弱でまだ10回も入ってない。

 昼間っから風呂上がりにビール飲んでと良い身分。気分良いのと買い物とで町中にあるという温泉施設でもついでに見てみることにしましょうか。

IMG_2176
 聞けば1回30分の時間制限があるとのこと

IMG_2177
 別に露天に入れるワケじゃないようだし

 小さな町の割に宿泊施設は揃っているインカ デル バニョの町。他の宿のことは分からないが、こうして贅沢に宿で温泉を楽しめることができたのは本当にラッキーだったと思う。ここら辺の運の良さは、自信があります私は。

IMG_2174
 孔雀の羽かよ

IMG_2175
 と思ったら本当に孔雀のオブジェあった

 昨日のオランダ人サイクリストはアメリカ大陸北上してる人なので、夕食食べつつお互いに情報交換である。面白いというか、自転車旅行者同士の情報交換ってそのほとんどが「道」のやり取りに終始するのであり、最初から最後まで観光地の話題とかは1度も出なかった。

 そんな中で役に立つサイトを2つほど教えてもらったので、南米を自転車で走りたいという少なそうな需要に応えてリンクを貼っておきませう。

IMG_2178
 夕食は手抜き炊き込み御飯 


 GoogleMapを使い、各地点のポイントを指定することで道中の獲得標高、斜度、各地点における標高が表示されるサイト。特にアップダウンで苦労する南米の土地において坂の情報を細かく知ることができる。

 名前の通り、アンデス山脈における主要な峠の情報を取りまとめているサイト。自転車旅行者に向けての情報だけあって、路面状況や水分補給可能地点といったマニアックな内容が歌われており、自転車乗りには非常に利用価値が高い。そしてどう考えてもその他の旅行形態では全く使いどころがないと思われる。


 こうした海外自転車における情報の差は、そのまま海外自転車旅行における人気の差であると思う。こうした状況を打破するために、もっと日本人はアンデスの山を走りに来た方が良いと思うのです、自転車で。

 2017年9月6日(水) 走行距離0km 累計67175km

 ペルー8日目 道路脇〜リマから北北西に570km地点 バニョス デル インカの町

 自転車旅行者は似たようなもんだろうけど、自分のテントは最高に快適な空間だと思っている。じゃあどうして毎日テント泊しないのか?と問われれば、それはテントじゃ色々と問題あるからだと言葉を返す。

IMG_2123
 それは最高の空間じゃないのでは?

 さすがに3500mを越えるとTシャツ1枚での生活は難しい。オマケに今日は天気もイマイチで、雲間から太陽が出てこないため上着を着て過ごすことに。下はハーフパンツだしサンダル履いてるけど。

IMG_2124
 手元の温度計で気温は8〜9度

 昨日ウアルガヨクから1時間くらい走っている分を「貯金」と考えれば、今日最初の峠山頂までは溜め込んだ分だけ楽ができる算段。少なくともここから最初の峠までは舗装された綺麗な道での300mアップ。昨日最後に走らされたダートを考えれば大正解の判断だったと思われる。

IMG_2125
 なお山の頂上は採掘場

IMG_2127
 富士山頂より高いのに大きな湖はあるんだね

 そういえば大きな湖として世界最高所にあるチチカカ湖だってペルーにあるのだし。この国では3000後半の標高における湖という存在は特別なものでないのかもしれない。

IMG_2141
 こんな場所に道路作るくらいだし

IMG_2133
 平気で民家がありもする

 しかし舗装路と未舗装路が交互に出てくるのはどうにかならないものか?実際には8:2くらいでアスファルトの上を走っているのだろうが、ダートは極端に速度出なくなるため体感としては半分近くを砂利道走らされている気分。

IMG_2135
 疲れます

IMG_2142
 ちょっとその毛皮寄越せ

IMG_2143
 緩やかに回り道してきたのが分かる道

 しかし凄いなペルー。この道ひたすら標高3500mを超える道が続いているのであり、ここは高い山に登る登山道へと通じるとかではない普通の町と町を繋ぐ一般道ですけど。しかも国道3号線という一級道路。

IMG_2146
 普通に3輪タクシーとかも走ってる

IMG_2148
 ここ3750mあるし横風凄まじいけども

 2つ目の峠の先からカハマルカの町まで一気に下るとばかり思ってたのに、しつこく続く尾根道よ。何だか景色も採掘場地域に入ってしまったようで削り取られた山々となってしまい、でもそれはそれで悪くないなと思ってしまうのが私。

IMG_2154
 割とこの手の景色は好き

IMG_2157
 作業員の人から水だって貰えたりするし

 70kmを過ぎてようやく3000m以下の世界へ向けてダウンヒルが始まる。途中から路面状況悪くなってしまい、いくら舗装されてるとはいえこれでは気持ち良く坂道楽しめない!というフラストレーションを抱えつつ大都市カハマルカへ。

IMG_2161
 まぁね、この町スルーだけど

IMG_2163
 ショッピングモールとかペルーで始めて見た

 特に都市部に用事もないので隣町のバニョス デル インカへと向かう。というのもここは温泉が出ることで有名な町。コスタリカ以来となる暖かなお湯に浸かって休養するのが良いと思うのです。

IMG_2167
 同じ宿にオランダ人サイクリストが

IMG_2168
 夕食で虎の子のカレー箱を使用

 でも休むとなると洗濯に自転車整備、ブログ更新と意外と作業が多い事実。走ってる方が余計な面倒事は一切なくってそれはそれで楽という説もある。

 2017年9月5日(火) 走行距離92km 累計67175km

 ペルー7日目 チョタの町〜リマから北北西に613km地点 道路脇

 壁一面ガラス張りのオシャレな部屋にはカーテンが付いておらず、気持ち良い太陽の光で目を覚ますことができるという素敵な宿。1泊15ソレス(約510円)の宿は一味違う。

IMG_2088
 割と本気で良かったと思ってる

IMG_2089
 ベッド2つも要らなかったけど

 ここチョタの町から先へと進むのにどうやら2つの道があるようで、まぁ調べた限り共に未舗装の道だし少し走ったところで合流する。ならば少しでも距離の短い方を走ろうじゃないか!と小さい道を選んだのだけども。

IMG_2090
 これがもうひっどい道

 未舗装路といっても走りやすいモノから超悪路まで様々であるが、本当に町出て1kmの場所にあるのか疑いたくなるほど走りづらい道だった。乗って走れない場所は自転車押して進みながら、とにかくこの道が終わることを祈って進むことに。

IMG_2093
 景色は良い道だったけどさ

 3時間近くかけて14kmを走り、ようやく合流路が見えてきたのだが、何だか路面が綺麗なアスファルトでありやがるんですよ。え、何なのコレ?

IMG_2095
 チクショウ!騙された

 いやね、舗装路で有難いのは確かなのだが、気分的に納得いかねぇというジレンマよ。さっきまでのガタガタ道は何だったのかと思わせる路面はスイスイ自転車を運び峠の頂上へ。

IMG_2098
 まぁね、自転車旅行なんてこんなもんですよ

 700mを稼いだ標高は僅か30分で元の位置まで下ってしまい、バンバマルカの町に着く。これで素直に平坦路になるなら文句はないのだけども、この町の先に向かう方向には明らかに巨大な山がそびえ立っている理不尽。

IMG_2103
 そもそもこの町が山の斜面に位置してる町だし

IMG_2100
 では後半戦の山登り

 だがまぁ午前中に厳しい未舗装山岳路を登らされた身としてはこの道は楽すぎる。路面は綺麗なアスファルトだし、斜度は緩やかなのであり、これなら私もガンガン登っちゃうよ。

IMG_2105
 ガンガン・・・ちょっと待てや

 登らせるにも限度ってのがあるだろうに。写真じゃ分かりづらいが山の頂上付近までつづら折りで道路が続いてるのが確認できるのであり、つまりもうどうにでもなれってことですかい!

IMG_2109
 意外と未舗装路も混じるし大変だった

IMG_2108
 こんな道ですよ

 なんかペルーの坂は緩やかで楽だと聞いてたし、確かにそういう面はあると思うのだが。そうは言っても厳しく登らせてくるポイントは多いし、全体的に舗装されてない坂道も多く、全体的なイメージとしてはエクアドルと大差ないんじゃないかと思うのだけど。

 まぁペルーは南部の方が発展してる印象なので、この先もっと楽になってくれるという希望はあるけども。結局マイナーな道では大差ないかも。

IMG_2114
 こんな山間部に位置する町だけど大きくて立派

IMG_2117
 恐らくプロチームの試合なんだけどさ

 ここの標高3400mあるんだけど。サッカーみたいに動きの激しいスポーツやってて息切れしないのだろうかとそればかり心配になるよ。海岸線沿いのチームがここでアウェー戦やったら半数はぶっ倒れるな。

IMG_2119
 みなさんこの道から立ち見してる

 すでに食材買い込んでいるのでウアルガヨクの町では終了せずにもうちょっとだけ先へ進む。別に野宿したくて堪らないワケではないが、荷物になってる食料を減らしたいのです私。

IMG_2120
 しかし今日は最後まで手を抜かない道でしたペルー

 適当に車から見えない木陰で走行終了し、日が涼むのを眺めつつ夕食作るのはなかなか気持ちの良い瞬間だ。惜しむらくは、ビール買ってないので一杯やれないことだろうか。

IMG_2122
 ペルーは缶ビールの流通量少ないんよ

 2017年9月4日(月) 走行距離60km 累計67083km

 ペルー6日目 クテルボの町〜リマから北北西に約640km チョタの町

 入国当初はコロンビア・エクアドルと比べて町の汚さや、低所得層の住居がボロすぎることに一抹の不安を抱いてたペルーだが、少なくとも山間部に住む彼らは親切で、陽気さを合わせ持つ人たちだと思う。第一印象が日数を経過して変化していくのは何とも面白くある。

IMG_2058
 あと物価が安い!

 1階まで荷物を運び降ろすだけでもう疲れた出発前。宿に泊まる際には場合にもよるが、自転車含めすべての荷物を上階まで運ぶ場合は「サイドバッグ4つ」「リアボックス+その他」「自転車本体」と計3回の荷物搬送が必要となる。しかも毎回20kg越えの荷物搬送であり、自転車で出発時に息を切らしてるとかどうなのよ?

IMG_2060
 バスもモトバイクも多いが人員輸送トラックもある

 かなりしんどい未舗装路だった2日間。今日は綺麗な路面で楽できると思ってたのだが、いざ町を出てみたら普通に石ゴツゴツのダートであった。ちょっと責任者出てこいや。

IMG_2061
 かなり整備されてはいたけれど

IMG_2067
 山の脇を下っていく

 昨日はブレーキ壊れてたこともあり、あんまり景色見てる余裕もなかったのだが改めてこの道というかペルーのアンデス路も素晴らしいと実感する。

 同じアンデスではあるが、コロンビア・エクアドルでその景色が大きく変わったように、ペルーのアンデスも前2ヶ国とは異なりつつも感動させる光景を見せてくれる。

IMG_2072
 ペルーアンデスは道が続いてるのがよく分かるところが良い

 つづら折りとは漢字で「九十九折り」と書くわけだが、ペルーの坂はまさしく99回曲がらせてやるという偏狭的なノリを感じる。実際には日本の3倍以上の国土を持つ国なので、偏狭という言葉は似合わないけども。

IMG_2076
 まぁ土地の大体が山だから

IMG_2079
 他はアマゾンジャングル地帯だし

 1700mまで下がった標高は、谷間に作られた道を辿ってジワジワと登っていく。あんまり斜度が緩いのでそれほど高度計を確認しなくなるのだが、ふと手元に目を落とすと100とか200m登ってたりするので、何だか得した気分になったりそうでもなかったり。

IMG_2082
 今日は舗装路が多くて楽だった

 14時半にはチョタの町へと到着し、先へ進むか留まるか悩みどころだったのだが「面倒くさい」の一心で終了することにした。まだ昨日無理した反動で体の節々が痛いんだよ。

IMG_2083
 宿のオッちゃんからフルーツ頂く

IMG_2085
 ペルーに入って「これぞ市場!」というメルカドが増えた

 というかペルーではスーパーが明らかに減った。中規模クラスの町でもそうした巨大スーパーがなかなか見つからずに苦労してるのであり、それだけならまだしもペルーは小売店でビール販売してる店が少ないため、必然的にビールを見つけるのが大変になっている。これは由々しき問題だ。

IMG_2086
 今日は何とか近くに酒屋があった

IMG_2087
 そんでこちらの叔父様からご馳走になった

 ちなみに今日も宿は5階の部屋なのだが、自転車はオーナーの好意で2階の踊り場に置かせてもらえた。この場合は盗難防止も兼ねて、リアボックスもワイヤーで繋げたまま自転車脇に置いておけるため、荷物搬送が1回のみで片付くという利点がある。

 自分でも何でこんなに荷物多いのだ?と不思議に思わないでもないけれど、どれも捨てられない必要な道具を残していったら今の形になったのだ。実はペルーで日本から荷物を送ってもらおうと考えてるのだが、これ以上に必要なアイテムって何だというのか?

 2017年9月3日(日) 走行距離63km 累計67023km

 ペルー5日目 カピジャの町〜リマから北北西に約660km クテルボの町

 目を覚ましても全身がダルくて起きられない・・・という経験はおありだろうか?これの9割超は睡眠不足かやる気が原因だと思っているのだが、どちらも万全であるにもかかわらず動けないとはこれ如何に?

IMG_2029
 疲れすぎたのか両足が動かなかった

 結局目を覚ましてから活動し始めたのは1時間後。斜度が緩やかであろうとも、未舗装の上り坂というのは厳しいものだということを身をもって知る。というかまだ山の中腹なんだけど。

IMG_2032
 移動する=坂道

IMG_2031
 でも先に伸びる道は坂しかないんだよなぁ

 天気悪いわけではないのだろうが、標高を上げると雲の中へと突入してしまったため視界不良の中を走ることに。ただでさえ路面に注視しなくてはならない未舗装路において、前方の視界が悪くなるのは勘弁願いたいのですけども。

IMG_2034
 どうにかならないもんかね

 昨日から引き続き所々で工事が行われており、一言で言うと「ウザい」と言わざるをえない。半端に工事されてると、路面状況もぐちゃぐちゃになるしダンプカーはたくさん通るし通行止めの箇所も多数出てくる。普通の未舗装路の方がよっぽど走りやすいですよ。

IMG_2035
 でも工事のオッちゃんからみかん貰える特典があるかも

 先の見えないダート山岳をいつまでも走り続けて3時間。当初の予想ではお昼には峠を越えて、そこから15km先にあるちょっと大きめの町でお昼休憩したりのイメージだったのだが、現実には最初の峠すら登りきれていない。

 なんだかんだでアンデス山脈突入して2ヶ月近くになるけれど、その大部分は舗装されていた綺麗なアスファルトの上での登坂だったのであり、走行ペースを勘違いしていたことに気づく。未舗装路で移動できる距離は舗装された道の約半分ってところだな。

IMG_2042
 やっと頂上に

IMG_2038
 泥付きまくった自転車をとりあえず川で水洗い

 峠を越えてもダートだけど。とはいえ同じダートでも地面の質が泥っ気のあるネチョネチョタイプから、乾燥したそれへと変わってきたのが有難い。既に私の両足、泥でパッキングされた上に砂埃でコーティングされて真っ白になってたし。

IMG_2041
 山超えたことで雲も抜けたし

IMG_2042
 食堂ないけど作るの面倒という理由で昼取らずに走り続ける

 1700mから登り続けて1000mアップ、したと思ったら400m下がって再び登り返し2750mでようやく上り坂が終了する。つまり明日も両足筋肉痛でヘロヘロであることは避けられそうにない。

IMG_2046
 お昼を食べる予定だった町が見えたの14時過ぎ

 ようやくクルテポの町へと入り、舗装された道の走りやすさに感激だよ。感覚的には「タイヤが地面をがっちり掴むのによく回る」みたいな。ダートだと「タイヤは空回転するのに地面を進まない」という逆転現象だからね。

 そんでこの町で何やってたのかといえば、昨日引き千切ってしまったブレーキのワイヤーを交換するため自転車店探してた。昨日・今日とほとんどの行程が上り坂だったし、一応フロントブレーキが生きてるからと走り続けてここまで来たが、生死に関わる部品の故障は極力早いタイミングで対応しときたい。

 思いの外大きそうな町だし大丈夫だろ

 適当にそこらへんの人捕まえて聞き込みし、2つ目のショップというか民家っぽい場所で無事ワイヤー交換する。というかほとんど自分で作業してたな。看板もないし、ここは本当に自転車店だったのか最後まで分からず仕舞い。

IMG_2051
 しかしどんだけブレーキ強く握ってたのか 

IMG_2054
 でもすごく親切な人たちでした

 というか親切すぎて、宿を探すという私のため近場の宿に電話予約入れてくれる。どう考えてもお高いホテルなんだけど、ワイヤー代金も無料にしてくれた手前、断りづらくてチェックイン。部屋が5階で自転車運び入れるだけでヘトヘトになってしまったホテルだけど、それでも本当に嬉しいよ。

IMG_2057
 気になる料金は25ソル(約850円)って、そこまで高くない!

 かなり大変だった割に実走距離は30kmちょっと。まぁ再びアンデスの高台へと登ってきたことだし、明日からはもうちょい距離走れるだろうと思いつつ。

 2017年9月2日(土) 走行距離35km 累計66960km

 ペルー4日目 ハエンの町〜リマから北北西に約680km カピジャの町

 地図を見てもらえば分かることだが、地味にペルー北部はルートに迷うほど様々な道がある。とりあえず海岸線の砂漠道はどう考えても楽しくないだろうということで行かないとして、ハエンから先をどのように走ろうかワクワクしながらの準備。

 惜しむらくは、山岳地帯ではどの道を走ろうとも、未舗装路から逃れることができないという事実。綺麗な道路は走れません。

IMG_2001
 しかし交通ルール無茶苦茶だなペルーは

IMG_2003
 やっぱり郊外が走りやすい

 手始めに200m程の峠を越えて、とりあえず並行している川の上流に向かうよう進路を西に取る。全体的に向かってる方向は南のはずなのだが、道が東西に分かれていたのだから仕方ないね。

IMG_2006
 豆を干すのは無くなったがコーヒーのお店がやたら多い

IMG_2012
 ハエン手前ほど平坦路ではなくなったな

 川に流れる水が黄土色をしており、いくら暑くてもこの水は飲めないなぁと思いつつ走行する。もうここ最近アンデスの標高高い場所ではそこらの湧き水補給してたので、当たり前に川から水が飲めると思ってしまっていた。これは、一般的じゃないみたい。

IMG_2011
 そりゃ、飲めない水もあるわな

IMG_2015
 50kmの距離にあったチプレという集落から

IMG_2016
 明らかに整備状況悪くなる道へと進む

 ここからお休みしていたアンデス山脈のご帰還である。左右にそびえ立つ山の真ん中に流れる川。それと並行して延びる道というのは先ほどまでと同じなのだが、違うのは道の先端が明らかに山中へと向かっていること。

IMG_2018
 あと未舗装路なこと

 まぁダートではあるけどもかなり走りやすい。所々で道路工事が行われており、近い将来には全面舗装へと切り替わるのだろうか、未舗装であってもかなり整備された場所が多い。

IMG_2019
 その代わり工事による通行止めも多い

IMG_2021
 ここら辺はまだまだこれからなのか?

 も1つ嬉しいことで、ペルーの上り坂は頂点に向かってほぼ一定の角度で登り続ける作り方をしているため、体力的に無理がないし、途中で下り坂が入る割合が非常に少ない点。いや本当、エクアドルはペルーを見習うべきですよ。

IMG_2023
 もはや路上の川に対して何も思わなくなってきた

IMG_2025
 後半は結構キツい登りも多い 

 分岐点から1000mアップの標高1700mちょっとまで走ったところでいきなり町が現れて驚いた。もう今日は確実に野宿だと思って食料買い込んでたし、完全に空き地を探しながらの走行だったのだが。

IMG_2026
 事前予告はお早めに 

IMG_2027
 あるなら宿使いますよ、ペルーは安いし

 やっぱりね、標高上がってくるとそれだけで楽しくなってくるといいますか。全方向に広がる地平線とかの景色も好きではあるが、やっぱり高い場所から山を望むのは格別なのである。勿論、これには間違いなく「自分の力で登ってきた」というファクターがある。

 自分の力で汗かきながら大変な思いして行くからこそ、世界はより強く色を帯びるのだ。これはもうやった人にしか理解できない胡散臭いスピリチュアル的要素がふんだんに含まれているものの、紛れもない事実である。

 2017年9月1日(金) 走行距離81km 累計66960km

↑このページのトップヘ