そういえばアフリカから日本へ戻り、仕事や諸々の手続き始めるにあたって携帯電話の番号が必要だったのだが。これがとんだ笑い話で国外で購入されたスマホはモノによってだが、一般の国内SIMカードは認証してくれないという問題がある。もちろんSIMフリー機種のスマホでだ。

 つまり日本で継続して電話番号を保持したいのなら、日本の技術基準を満たしてる機種でないと門前払いなのであり、私みたく格安アンドロイドスマホのユーザーは運が悪いと電話番号持つ権利すら与えられていない。これが現代日本のスマホ事情なのだ。

 こういう問題は、外国人の移民や労働者とか日本人の海外在住者、それに長期旅行の最中に異国でスマホを購入した輩でもないと相対しないのであり、あまりこの点が話題になった話を聞いたことないのだが、全くもって酷い構造だと思う。国内でスマホ本体を買わないと結果的に電話番号入手できない国なんて他になかったぞ。

 ということで壊れたワケでもないXperiaのスマホは新しい機種へと買い替えを余儀なくされた。日本メーカーであるSONYのスマホが日本国内でのみ使い物にならないとかフザケンナって気分。

DSCN1661
 買いました

 そんな気持ちで購入した中華製格安スマホのRedmi 9Tではあるが、別にこの機種に対して腹を立てているワケではない。ただもうスマホは地図アプリとGPS機能が働けばそれ以外の機能にあまり興味がないというだけ。ただしこの機種はNFC機能(おサイフケータイ機能に代表される近距離無線通信)が無いため、2022年現時点で海外旅行を考えてる人の場合ワクチンパスポートのアプリがDLできないという問題がある。

 とりあえず治安に不安が残る途上国でiPhoneみたいなハイグレードスマホは盗難の標的にされやすい筆頭格であり、そういう意味でもこうした格安スマホは強い。そもそも私はそんなハイエンドモデルのスマホを買ったことない人だけど。 
 

 個人的に「自転車旅行をするならあると便利な道具○選!」・・・みたいな記事が苦手で、それは乗り手の特徴やスタイルがそれぞれ異なる自転車旅行において「万人が役立つ便利道具」なんてないと思っているから。

 とはいえ海外自転車旅行をしたいと話を聞いた際、私が人を選ばず推しているアイテムというのも有るっちゃある。

 これは海外において「入手困難」で「あると結構便利」だけども旅行経験がないと「あんまり頭に思い浮かばない」という3項目を満たしてるようなアイテムだ。どこでも入手できるライトやバッグをわざわざ必要だよ!なんて豪語しないし、趣味性が高く旅行に必須でないコーヒー関連の物品とかも人にオススメはしない。

 そんなマニアックな商品といえるのがこれ、蚊取り線香ホルダーである。

DSCN1657
 あんまりイメージ湧かないでしょ?・・・多分

 アフリカの一部地域を除き大体何処でも渦巻式の蚊取り線香は取り扱いがあるのだが、この蚊取り線香ってのは地面に直接置いて使うと火が消えてしまい有効活用できない。このため中央の穴に同梱されてる線香立てに差し込んで使うことになる。

sirabee20210604katorisenkou1-768x512
 イメージ画像

 ところがこの線香立ては海外品だと非常にバランスが悪くて耐久力もない粗悪品がほとんど。使い勝手が悪すぎてちょっとした風で倒れてしまうようではお話にならない。

 ところがキャンプの時はまだマシなのだ。本当に困るのは自転車での走行中だったり安宿に宿泊しているタイミング。

 蚊に悩まされるけど状況的に蚊取り線香が使えない・・・というのは低速で走るフルパッキン自転車ならではの問題。移動してる関係で蚊取り線香にどれほど効果出るのかは疑問符付くものの、低速になればなるほど蚊が群がってくる環境下でありがたい存在なのである。

 宿での利用はドミトリー形式だったりすると煙の匂いを嫌がる人もいたりするので万能ではないし、何なら閉鎖された空間ではワンプッシュタイプの蚊取りスプレーの方が便利だといえる。

DSCN1658
 でもこのタイプの蚊取りスプレー日本にしか売ってないのよ

 そんな事情もあり世界中大概の土地で安価に入手できる蚊取り線香は嫌でも活躍の機会が多い。個室等の迷惑がかからない宿の場合は私も積極的に利用してるというか、地域によっては蚊取り線香が無いとまともに眠れないレベルで蚊が飛び回っていたりする。

 私はそういう場合、最初に蚊取り線香を焚いて外出し室内の蚊を燻り殺すのだけど、部屋の床に線香の燃えかすが落ちるの気になるじゃん?木製の床だったりすると下手すりゃ家事の原因にもなりかねんし。

 そういう時はフライパンやコッヘルで受け皿を作ったりしてたのだが、食材を入れる物ではなるべく避けたいというのも事実。海外の蚊取り線香とかさ、なんかヤバい成分混ざってても不思議じゃないし。←偏見

 そうした諸々の面倒さを解決してくれる「無くてもどうにかなるけどあった方が助かる系アイテム」の筆頭じゃないかと思われる蚊取り線香ホルダー。とりあえず海外自転車旅行するならオススメしときますよ。
 

 取手の取り外しが可能なフライパンといえば私の中では真っ先にティファールというメーカーが思い浮かぶ。次に過去2度も購入したアイリスオーヤマが出てくるかな。

 まぁ私はキッチン用品の業界に明るくないし、失礼かもしれないが「取っ手が取り外し可能な調理器具」というのは割とニッチ産業のジャンルだと思う。そんなに対応してるメーカー名や商品をポンポン挙げられる人の方が少数ではなかろうか?

 しかし長期の自転車旅行という遊びにおいて、私はこの取っ手離脱可能フライパンを高く評価しもっと多くの人が使うようになるべきだと常々思っている。

 これは長期自転車旅行における荷物積載量と生活環境、食事量のバランスが取っ手なしフライパンと非常に相性が良いからだ。

 これが登山だとか短期の自転車旅行なら私もフライパンをオススメはしない。容量も重量もそれなり程度に大きなフライパンを持ち運ぶという行為が他の荷物を圧迫する要因になってしまい、メリットよりデメリットが目立つことになる。

 しかし直径26cm程度のフライパンは取っ手さえなければ、オルトリーブに限らず自転車用のサイドバッグに無理なく入れることが可能なサイズ。そう、通常のフライパンだと持ち手の部分が飛び出してしまい収納が難儀となるのだ。

 そして連日テント泊で自炊を行うのであれば、コッヘルのフライパンはあまりにも小さすぎる。数日程度なら小さなフライパンで我慢できるけどさ、100とか200日もキャンプ生活するならば最低限煮込みや炒め物ができるような調理器具が欲しいというのが人情だろう。

 そうでなくとも1日中走り続けたサイクリストなんてのは食事量が尋常でないのだ。ある程度の量を調理できるフライパンは大変重宝するアイテムであり、自転車旅行者はもっとフライパン持つべきなのだと私は声を大にして言いたい!

 そんなワケで使いすぎてボロくなったフライパンに代わり新たなフライパンを探してみたのだが、魔法瓶で有名なサーモス社からも取っ手着脱式のフライパンが販売されてることを知った。

 先に述べたように私はこの方式のフライパンを応援したいし、もっと認知度上がって欲しいと願っているので様々なメーカーの品を使ってそれを紹介したい。ついでにアフィリエイトで私にお金が入れば経済も回ってみんな幸せ!

DSCN1653
 日本経済を支えたい

 商品的な話でいうと取っ手のロックが上部に位置しており、片手で簡単に着脱ができる割に不注意でフライパンが落ちてしまうことのない設計となっていて使いやすい。

DSCN1651
 仮にロックが解除されても裏側が二重ロックとなってて

DSCN1652
 取っ手を持ってると勝手にロック解除されない構造となってる

 今回のフライパンはかなり深皿のタイプを購入したのでカレー10皿分を1度に調理することもできた。これなら流石に「量が少ない!」と残念に思うこともないでしょう。

 そんなわけでこうしたフライパンを使う自転車旅行者が少しでも増えればいいなぁ・・・と思っております茶壺です。

 トレーニング的な意味も含め国内で何度かキャンプツーリングをしてるのだが、自転車旅行が以前と比べて非常に面倒臭くなった点の1つに「ガソリンスタンドで簡単にガソリン買えなくなった」ということがある。

 途上国を走る場合、ガソリンバーナーでないと燃料補給ができないという事情からワールドサイクリストの多くがガソリンバーナーを携行して旅行しており、私もその例に漏れずガソリンバーナーユーザーだ。

 調理や掃除にちょっと手間がかかるものの、ランニングコストが安くどんな僻地でも車が存在する場所なら自動的に付いてくるガソリンスタンドで補給できるガソリンバーナーは実に便利な存在である。

 しかし日本は京都アニメーション放火事件で法令が厳しくなってしまい、赤ガスを直接補給するのは非常に難しい状況となってしまった。ガソリン携行缶持つとかホワイトガソリンを使う、場合によっては灯油で代用する方法も無いではないが、どれも大変だったりコスパが悪かったりと利便性が低い。

 ・・・という理由から購入したのがhikenture社のシングルガスバーナーである。別にガスバーナーが嫌いなワケではない。

 というか国内を走るのであれば、この手のCB缶(カセットボンベ缶)とOD缶(アウトドア缶)に両対応しているシングルバーナーで必要十分だといえる。ホームセンターで販売されてるCB缶でも通常の気候なら全く問題ないレベルの火力を保持できるしランニングコストも安い。しかもコンビニやスーパーでもCB缶は買える。

DSCN1654
 CB缶ってコイツのこと 

 ちょっと寒冷地だったり登山をする際にもOD缶へと切り替えることで場を選ばず活躍でき、その上ガソリンバーナーより遥かにコンパクトにまとめて収納できる。なんなら重量もだいぶ軽い。

DSCN1655
 バーナー本体の値段も安い

 燃料噴出させるため遮二無二ポンピングを繰り返したり、わざわざマッチやライター使って点火しなくて良い手軽さを見てもガスバーナーは本当に優秀なギアで、むしろ海外の僻地を長期間走るような旅行者でもないとガソリンバーナーを必要物資に据える必要はないのである。

DSCN1656
  このアダプターの着脱でOD/CB缶を切り替える

 ということで国内に滞在してる間はとりあえずコイツを使い続ける予定。海外に出ることになったら先進国と登山中のみ活用するサブバーナーとして使っても良いかなと思っている。

 私が自転車旅行を始めた時期も、怪しげな中華製激安テントは方々で販売され自転車旅行界における一定のシェアを持っていたように思う。

 2014年当時の正確な状況を把握できていたかは定かでないが、この時期において自転車旅行におけるテントの選択肢は大別すると「高くて性能の良いしっかりしたテント」か「激安の怪しいテント」という住み分けがあった気がする。そりゃ他にも10万オーバーの物凄いハイレベルなテントとかあったけど、それは割愛するとして。

 良い性能のテントも中華テントも使いまくってきた私としてはどちらも一長一短あると思っているが、これは物づくりという意味で仕方のないことだといえる。良い物作るためコストをかけながらも販売値段は安くする・・・ってそりゃ二律背反というヤツだろう。

 そんなワケで新しいテントを探した今回も「両方の良いところ(安くて高性能)があるテントを買おう!」といった贅沢な試みがあったワケではない。ないのだが、2022年現在ではそうした安価でありつつも高性能(っぽい)テントというのが一大ジャンルとして築かれているのには驚いた。

 今回購入したGEERTOP社の2人用テントも普通に中華安物1万円テントでしょ?・・・くらいのイメージだったのだが、スペック見た限りだと5000㎜防水だったりポール素材がアルミだったりでヤケにしっかりしているテントなのだ。

DSCN1643
 フライシート有

DSCN1647
 フライシート無 

DSCN1644
 スカートが付いているのポイント高い

 前室2箇所、ベンチレーション、本体にはメッシュ生地多め、付属のペグもしっかりしたタイプと抑えるべき点をキチンと抑えた手堅い作りになっている。

DSCN1645
 内部はこんな感じ

 ポールやファスナーの耐久性能といった長期旅行者として気になるポイントというのは、よほど大量に販売されて情報が広く行き渡っているものでない限り「自分で使い続けてみる」というのが実情なので、とりあえず簡単に使ってみた感想としては「非常によく出来ているテント」だと評価して差し支えない一品だ。13000円なのにスゴいな。

 最も私は後にぶっ壊したか旅行を終えた時、使用感想を追記する(つもり)ので、その時がこのテントにおける真の評価になるのだと思っている。その時までこのテントが販売続いてるかは知らん。
 

 場所:ケニア首都のナイロビから北北西に100Kmほど移動すると出てくるナイバシャ湖の南に位置している。このナイバシャ湖畔にはたくさんキャンプ場があり、自転車的にはナイロビからちょうど1日の距離で移動できる範囲だった。
入場料:実は私、この国立公園にはいってない人だったりする。なので料金は当然無料。今回のギャラリーは国立公園の周辺走ってて出てきた動物たちの写真であり、サブタイ詐欺と言われたら何も言い返せない。なんか国立公園の料金自体は20とか25ドルくらいだと聞いたのだが、現在でも同様の金額かは知らん。

 国立公園と同時に肉食動物が生息してないエリアであるため、敷地内を自転車で走り回ることが可能なケニア唯一のサファリパークでもある。そしてこの国立公園ってのは敷地境界線に明確な柵とかあるわけじゃないため、周辺の道を走ってても普通に動物が出てくる。ちなみに国立公園内にはレンタル自転車のサービスやキャンプ場もあるらしく、ケニアでナイロビから気軽に行ける人気サファリの1つなのだそう。ケチなサイクリストにも優しい野生の王国である。

DSCN0982DSCN0981DSCN0983

DSCN0984DSCN0985DSCN0986

DSCN0980DSCN0988DSCN0989

DSCN0990DSCN0991DSCN0992

DSCN0993DSCN0997DSCN0998

DSCN0999DSCN1000DSCN1001

DSCN1002DSCN1003DSCN1004

 お彼岸ということで田舎へ車で移動した。はてさて片道10時間の運転というのはずいぶん大変というか、いろんな意味で疲れることであると共に移動に対するスタンスの違いを改めて感じさせることになった。

 長期旅行というのはある種「移動を繰り返していく」行為の合算だといえる。大小のスパンはあれど目的地を決めてそこへたどり着き、そこからまた次の目的地を目指して移動を始める。これはどんなスタイルの旅行だろうと違いはない。

 しかしこの「移動」という行為は自力で動く術がない場合、大きく異なる考え方で構成されてる。というのも移動の道中をどう捉えているのか違うのだ。一般的な旅行において移動する時間や距離という存在は、無くなって欲しかったり短くなって欲しいモノであり、その道中は快適性を重視しストレス軽減を鑑みる扱いとなる。

 これに対して海外自転車旅行というのは移動における捉え方が千差万別で、車両と同様に短時間で速く到達できることに重きを置くこともあれば、行程が大変だったり時間が掛かろうとも、むしろそうした点が好まれ重要視される向きがある。

 目的地までの経過や道中の重要度が非常に高く、というか場合によっては道中こそがメインで目的地自体はオマケと捉えられることすらある。道を走ることが旅行の目的(の1つ)であるといえよう。

 つまりドライブやツーリングと同系統の扱いができるのだ。この2点と自転車が違なるのは「エンジンが無い」という点で、このため海外旅行というハードルが格段に下がっており「海外自転車旅行」という他の旅行スタイルとは異なる割とオンリーワンの特徴があると私は考える。

 注:エンジン付き乗り物は海外旅行に使うと手続きが非常に大変 

 このため海外自転車旅行者というのは他の海外旅行者との情報交換に齟齬が出る。サイクリストが求める目的地までの道中というのは、自力移動しない旅行者にとって「無くなって欲しい時間」で「我慢する時間」だからだ。

 ちなみに「目的地にたどり着くまで大変な方が達成感出るから車両での移動は必要だ!大変だから行く価値があるのだ!」・・・みたいに考えるタイプの方は自転車旅行に向いてる性格だと思う。どこでもドアを無用の長物だと考える人は多くない。

 ともあれ私だって車で移動すればその道中を楽しみにゃしない。その道中とは自分の中へと吸収され蓄積するものではなく、謂わば移動という行為を消費しているようなものなので。走った道も高速道路だったしさ。

 旅行において何を重視するかなんて個人の好き勝手だ。だけど自転車における海外旅行は「自転車だからこそ」旅行を楽しめる選択肢がちょっとだけ多くなっていて、そのちょっとだけを選べる代わりに結構多大なアレコレを等価交換してたりする。

 だからきっと海外を走る自転車旅行者は、目的地に至るまでの過程を気にする分だけちょっとロマンチストなのだ。

 場所:エチオピアの首都であるアディスアベバのやや北部に位置している。町の中心部から少々離れているのだが治安が悪い関係で自転車を置いておくことに躊躇いがあり、私はトラムでメリニクIIスクエア駅まで移動し徒歩で向かった。バスだと博物館最寄りの停車場もあるのだが路線図よく分からなくて使わずじまい。
入場料:これが驚くほど安価で、2020年当時は10ブルで日本円にして約35円程度。今調べてみたら料金5倍に跳ね上がってたけどエチオピアブルの価値が下がっているらしく、日本円換算だと約110円であった。まぁこんなもんか。

 エチオピア唯一の国立博物館であるものの、そもそもアフリカにおける文化・歴史的な博物館なんぞエジプト除いて大した規模でもなければ世界的に有名で貴重な出土品がある訳でもない。実際そう感じさせる細やかな博物館であり、要するにここへやって来る多くの旅行者は、最古の人類であるルーシー先輩に敬意を払ってご挨拶するためといって良い。
 そのルーシー先輩の骨もレプリカらしいがそれは些末なことだ。人類が誕生したと目される土地で、その御仁のお姿を拝見して人類の歴史に思いを馳せる。そういうロマンを存分に感じさせるための場所です。写真は他の展示品が多いけど。

DSCN0504DSCN0505DSCN0506

DSCN0507DSCN0508DSCN0509

DSCN0511DSCN0512DSCN0513

DSCN0514
DSCN0515DSCN0517

DSCN0510

 私は物事における経験値というのは実践やれ現場でないと得られないことがあると考えてるタイプで、要するに理屈より実行が大切だよ派。自転車旅行という遊びもその通りだと思う。

 ということで時間ができた年明けから、ちょいちょい国内における1週間程度のツーリングを実施してたりする。(トレーニングの意味も含めて)世界1周用のフル装備なのは自分でもアホだと思うが。

 ともあれ以前走った勝手知ったる日本の道。どうしても知ってる事柄が多くなりがちで「知らないを知りたい」を念頭に置いてる私の旅行において、同じ自転車旅行というスタイルじゃそれほど感慨湧くことがあるのだろうか・・・?という気持ちもあった。


 なのでそうした心配が杞憂に終わったことは嬉しくもあるし驚いてもいる。私の頭がお花畑咲き誇っており「過去のことなんかすっかり忘れてしまってな!あらゆる物が新鮮で感動だ」・・・というのもある意味羨ましい気がするが、そうでないならこれは私自身が変わったことによる見え方や感じ方の変化なのだろう。

 年単位の長期旅行なんてのは周囲の環境や人々は目まぐるしく変化する一方で、自身の行っていることは割とルーチンワークだ。移動して観光して生活して生きていく。

 そうした中で自分の当たり前だと思っていた理とは違う考え方や世界があることを目の当たりにし、見聞やれ世界観が広がるといったことはあるのだろうけどさ。自分じゃそういう感覚ってわかりづらいものなのよ。

 だから茶壺さんは多少の成長やれ変化はあれど、旅行前と根本に違いがあるとは思ってないしそれは人が歳を取るにつれて感じ方や考え方が変化していくそれの範囲に収まる程度のことだと。

 違った。私が興味を惹かれる事柄も、知らない人と相対するときの対応も、もっといえば野宿する候補地1つ取ってみても以前の私とは全然違う理屈で動いている。

 個人的にこうした自分の変容を無闇に「成長」という言葉で括りたくないのだが、様々な場所で土地の人やれ建物やれと相対するとき「リスペクト」という点を意識して考える様になったことは良い方向への変化なのだと思ってる。

 昔の自分を卑下する気持ちはサラサラないが、やっぱり自転車旅行したことが己の糧になっていると実感できるのは嬉しいし喜ばしいことじゃないか。

 その結果か定かでないが前回・今回の国内自転車旅行でも大変沢山の方々に良くしてもらい、素晴らしい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございます。

 やっぱね。人と仲良くなるには自転車旅行しとくべし、とか茶壺さんは思うワケですよ。家に戻ってきたらウクライナで戦争始まってたニュースを見るとさ。

 場所:アスワンの町から砂漠を280Kmほど走った先にアブシンベル神殿観光のために作られたといっても過言ではないアブシンベルの町があり、その町の最奥に神殿は位置している。ここまでのアクセスは完全1本道なうえにアブシンベルの町がエジプト最南端に位置してるわ、アブシンベル以南は道がナセル湖で断絶されてるし、隣国となるスーダンは入国に日本大使館のレターとスーダン大使館でのビザ取得という手順が必要になるため、アブシンベル神殿のみを観光するなら他のルート選択肢(除く空路)が実質存在しない。というかアブシンベルだけを観光するような外国人はまずいない。
入場料:2019年12月当時の料金で240ポンド(約1770円)だった。エジプト物価的に相当高額な遺跡であることは間違いないのだが、そもそもここに来る時点で多大な手間と金銭を使っているので多少料金が高かろうと関係ない。向こうもそれを分かってて強気な金額設定にしてると思われる。

 他のエジプト遺跡と違ってナイル川流域から離れ、砂漠の中を300Km近く走った末に突然出てくる町と遺跡。このシチュエーションが遺跡の魅力を増してると思う。
 巨大な像が4体鎮座している景観がハイライトとして語られやすい遺跡だが、世界遺産という制度が作られるきっかけになった建築物だったりと、ちょっと歴史を調べておくと色々感慨深く見学できる遺跡でもある。1時間かそこらで一通り見て回ることができるため、意外と時間が余ってしまい私は観光後にサッサと町を抜けてしまったクチなのだが、どの観光地行っても面白かったエジプトで最後にアブシンベルを訪れて良かったとも思ってる。なお文中で遺跡という単語を用いているが、正しくは副題にも表記しているアブシンベル「神殿」である。

DSCN9842DSCN9843DSCN9844

DSCN9845DSCN9846DSCN9847

DSCN9848DSCN9849DSCN9850

DSCN9851DSCN9852DSCN9853

DSCN9854DSCN9855DSCN9856

DSCN9858DSCN9859DSCN9863

DSCN9864DSCN9865DSCN9866

DSCN9867
DSCN9869DSCN9870

DSCN9857DSCN9862

↑このページのトップヘ