メキシコ14日目 サンタアナの町〜エルモシージョから北に67km地点 ガソリンスタンド

 メキシコで始めて部屋内にて安定して接続できるWi-Fiであった宿。この国は結構Wi-Fiの設置率が良い反面、こうした細かいところに目の届いたサービスを期待できない国でもあるため。恐らくはインフィニティアムという会社がWi-Fiの設置率上げるべく営業しまくった成果なのだと思われる。

RIMG1598
 お陰様で夜遅くまでネットしてた

 サンタアナより先は再び南下ルートに入る。ここから国道15号線をひたすら走って進むことになり、どういう景色が待ち構えているのかは知らないが、走ってて飽きのこない楽しい道であることを希望したいなぁ私は。

RIMG1600
 とりあえず出発

 そろそろ朝・夕の気温も上着なくてもどうにかなる程度に暖かくなってきたのであり、既に服装はTシャツ・ハーフパンツであるものの、いよいよシューズもサンダルへと変更して真夏スタイルへと切り替えようかと思う。これの何が嬉しいって靴下履かないことが1番嬉しい。

RIMG1605
 ソックス嫌いなんです

 40kmほど先に小さな町が1つある以外、エルモシージョまで特に集落のない道。距離的にも厳しいし、まだ私の体調も万全とは言い難い。ということでエルモシージョをゴールと仮定して、どのポイントで刻むかが本日の重要な課題だと言える。要は「良い野宿場所を見つけよう!」ということ。

RIMG1606
 道路脇は柵があってあんまりテント張るのに適してない

RIMG1608
 70㎞地点で残り100kmくらいあるもんなぁ

RIMG1609
 干涸びた川に何かいる・・・

RIMG1610
 牛だった

 下り坂のはずなのにあんまり楽だと感じないほど緩やかに下る道。本日向かい風なので、下り坂の恩恵よりも向かい風によるマイナスの方が強いことが原因だと思われる。メキシコもちょっと郊外に出てしまうと遮蔽物が一切ない土地が続くし。

RIMG1615
 三叉路にあったガソリンスタンドで終了

 敷地内にテント張らせてもらい、付属しているコンビニでビールも飲めたし距離的にもベストのポイント。ただどうしてもテントが丸見えの場所で野営するのは少々気になるんだよね。

 海外野宿の場合は「人がこない」か「常に人がいる」場所にテント設営するのがセオリーで、本日は後者のパターンになるわけだが。まぁ24時間営業だし近くに警察もいるしでいざとなったらどうにでもなるでしょうよ。そう思いつつの夜なのである。

RIMG1612
 ところでサボテンの花って全然可愛くない

 2017年1月11日(水) 走行距離103km 累計55060km

 メキシコ13日目 カボルカの町〜エルモシージョから北に約160km サンタアナの町

 体調万全に回復したわけではないけれど、そろそろ寝て過ごす日々の我慢に限界である。私は結構インドア趣味を楽しめる反面、丸1日外に出ないということに対して強いストレスを感じてしまう面倒くさい性格なのだ。

 思わぬ事故で4泊もしてしまったカボルカの町から出発準備すべく、放っておいた荷物の数々をまとめていく。その際にヘルメットにかなりのヒビというか、もう完全に廃棄処分になるであろうレベルの亀裂が入っているのを見つけたりして、ちょいと凹む。

RIMG1584
 頭は打たなかったんだけどな

 どちらにしてもある程度大きな町まで装備品を揃えることはできそうもないし、気持ちを切り替えて出発だ。蛍光灯の光だけでは体がシャキッとしないじゃないか。

RIMG1574
 お世話になりました

RIMG1575
 高いだけあって設備よかったモーテル

 しかし静養中は色々と不安なことを想像してしまうので、久しぶりに「自転車で走る」ということに対する有り難みを強く感じる。自転車で旅行するということは、人とマシンとが共に良い状態を保っているからこそ実現できる遊びであるんだなぁと。

RIMG1576
 普段は忘れているけれど

RIMG1581
 いいよね、サボテン

 そんなロシナンテ号と共に移り変わる景色を見ながら、自分の力で先へと進んでいくことの嬉しさよ。事故ってのも悪いことばかりじゃない、自転車に乗ることで感じる原始的な喜びを再確認させてくれるってもんだ。

RIMG1586
 もう1回体験したいとは思わないが

RIMG1587
 メキシコは料金所多いやね 自転車無料だからいいけれど

RIMG1588
 こんな僻地に自動販売機あろうとは

RIMG1592
 こういうの見ると、事故ってのは「運」が絡むんだと思ってしまう

 いい感じに100km強のポイントにある町で走行終了。まだ体調的に不安残る状態なので、テントではなく素直に宿泊施設に投宿する。ここは無理したり節約するような場面ではなかろうて。

 メキシコにおける町は決まったパターンがあるワケだが、ようやく最近町中で苦労せずに安宿を見つけることができるようになった。ポイントは「幹線道路から外れてセントロを見つける」ということにあった。

RIMG1595
 とにかくその周辺に安宿がある

 地味に700mを超える高さまで登らされたワケだが、朝から夕方にかけて見える景色が徐々に変わっていったのが印象深い。写真では分からないそうした移り変わりを見ることもまた自転車ならではの楽しみだと思ってる。

 2017年1月10日(火) 走行距離111km 累計54957km

 場所:ユタ・アリゾナ州の州境にあるモニュメントバレーの集落から東へ約5㎞の位置。直線的に結構坂道を登った終わりにあるためたどり着くのは少々大変。
入場料:単純に公園内に入るのであれば6ドルのみ。ただし広大な敷地を色々と見て回ろうとするとツアーなり自家用車なりが必要となってくる。なお自転車で公園内を走り回ることは可能だが、基本的に未舗装路の大変な道が続くため、荷物満載の状態ではまともに走れないと思われる。


 どうしてこんな形の岩々が作られたのか分からない不思議な場所。アメリカにおけるナショナルパークの中でも有名所の1つであり、周辺の町からは多数の見学ツアーが開かれてもいる。
 私が訪れた時期は冬だったので問題なかったが、完全な砂漠地帯に存在するため自転車で見て回ろうなどというのであれば、十分な水分の携行は必須である。なお入り口付近の坂道が最もキツくて大変だった。
 各種の岩に由来だとか色々見所もあるらしいが、そういうのを見聞きたい方は素直にツアーを利用するべきだと思う。自転車で軽く1回りしただけでも30km近い距離になるため、時間的な制約も気にした方が良い。
 もっとハッキリ言っててしまうと、この付近には同様の不思議な奇岩が山ほどあるためモニュメントバレーにこだわらなければ付近で似たような景色は山ほど見れる。それも少々味気ない気がするけどさ。

PC050634PC050635PC050636

PC050637PC050638PC050639

PC050640PC050642PC050648

PC050641PC050643PC050644

PC050645PC050646PC050647

PC050649PC050650PC050651

PC050652PC050653PC050654

PC050655PC050661PC050670

PC050656PC050657PC050658

PC050659PC050660PC050662

PC050663PC050664PC050665

PC050666PC050667PC050668

PC050669PC050671PC050672

PC050673PC050674PC050675

PC050676PC050678PC050677

 メキシコ11・12日目 カボルカの町

 カボルカ停滞。というのも朝になって起きてみたら、頭痛はあるし何だか体はダルいしであり、これ完全に「ムチ打ち」の症状じゃないか。予感はあったのだけども異国の地でワケも分からずの対応に全力でそこまで頭が回っていなかった・・・というのが本当のところ。

 とりあえず1日休んで様子を見ることにする。合間にネットで「交通事故 ムチ打ち」とか検索して、それはそれは恐ろしい後遺症の話とかが出てきたのであり、マジでビビっているのですが。

 ちなみに午前中に昨日の警察官がわざわざ様子見に尋ねてきてくれたりとかで、メキシコ人ってのは本当に親切というか仕事中なのにそんなんでええんか?とも思ったり。

 とにかく薬飲んで寝るくらいしか自分で対応できることがないので宿内にてひたすらダラダラしているわけだが、メキシコの人たち放っておいてくれないんすよ。何度か宿の主人が様子を見に来たり、併設しているレストランのオバちゃんが夕食に来いと誘ってくれたり。

RIMG1568
 今日の写真は飯くらいに

RIMG1569
 動いてないからそんなに食べてはいない

RIMG1571
 よくしてもらったレストランの人達

 アホな運転して自転車に迷惑かけるような輩もいる国なのに、これではこの国の人達が嫌いになれないじゃないか。結局体のダルさはあまり解消せずに1日が終了する。


 翌日。まだ体調怪しいので更にもう1泊延泊して様子を見る。日本だったならば病院で精密検査でも何でも手段はあろうところだが、この状況で私に取れる選択肢は限りなく少ない状況なのでして。

 寝すぎで眠れないので小説読んだりネットで暇つぶししたり。とにかく安静が一番大事だということくらいはわかるので、ビールも飲まずにひたすら静養しているなんて私ってなんという真面目っぷり。ちょいと補足しとくと、基本的に私はそういう性格なんですよ。真面目のベクトルが変な方向に向いてるだけで。

 幸いにしてお昼過ぎ頃からは体のダルさも取れ、頭痛も無くなる。これで運動始めたら一気にぶり返すとかそういう不安がないワケでもないが、もうこれで改善しないようならばそれなりに設備の整ってるメキシコシティまでワープ(バス移動)するしか方法ないでしょうよ。

RIMG1572
 今日も「大丈夫かい?」とレストランの兄ちゃんから差し入れ貰う

 多分、このカボルカで4泊もした日本人旅行者はほとんどいないだろうよ。私にしても特にこの町に滞在する予定はなかったのであり、まぁこういうのも不思議な縁というヤツなのかな?

 別に交通事故なんて体験したくもないし、いろいろ面倒事多くて不安も募るばかりだが起きてしまった出来事を嘆くよりも、それによって色んな人に良くしてもらい助けてもらったという事実を覚えておきたい。

 事実、このカボルカの町において私は多くの人達の優しさに助けられ良くしてもらった。事故というファクターだけを取ってみれば印象の良くないカボルカであるが、私はこの町が好きだし来て良かったと思っている。そう思えるのは間違い無くここに住んでいる人達のおかげだ。

 2017年1月8日(日) 走行距離0km 累計54846km
 2017年1月9日(月) 走行距離0km 累計54846km

 メキシコ10日目 カボルカの町

 現地で必要性を感じるまでスペイン語を全く学ぼうともしなかった私ではあるが、その必要性を感じてからは行動が速い。如何にして楽するかを考えつつ、NHKのスペイン語講座(You Tube)をダラダラと眺めて勉強している気になってる茶壺さん。

RIMG1555
 そんなんで覚えれたら苦労ない

 まぁついでに旅行でよく使うフレーズをノートに書き込み、これをフロントバッグに詰め込んで走行しつつ眺めたりとかしようと思う。自転車旅行は楽しいが、ある意味でものすごく暇な時間の多い旅行手段であると言えなくもない。

RIMG1554
 全て覚えたらヤギみたく食べてしまおうか

 居心地良かったカボルカの宿を出発して約2km。車に横から追突されて交通事故。もちろん私の乗ったロシナンテ号と車との出来事である。何言ってんだコイツ?・・・と思われるかもだが、私だって何でこんなことになった!?と一瞬意味がわからなかった。

 幸いにして車の速度はそれほど出ていたワケではないが、完全な脇見運転でノーブレーキアタックだったのであり、いい感じに吹っ飛ばされた。いくら荷物満載で重量級の自転車とはいえ、横っ腹を車にどつかれてはひとたまりもなかった。あえなく道路に転がされる私。集まってくる警察車両。

 なんか救急車まで出動してきて、以前の職業的にどうにもお世話になりたくない気持ちががが。とか思ったのだが、救命士の人は私の血圧だけ測った後、そのまま引き揚げてしまった。日本だったら交通事故の傷病者は問答無用に近い形で病院搬送するのだが、私の思いが通じたのだろうか?

RIMG1558
 でも自転車は壊れたので警察車両に乗せる

 ちょっと意外というか、加害者であるドライバーは轢き逃げせずちゃんと私に付き添っていた。勝手な思い込みで、運転マナーの悪い国なんてのは、小規模な事故とかは知らんぷりして逃げてしまうものだと思ってたよ。まぁ郊外に差し掛かる手前で目撃者多かったこともあるかもだが。

 とりあえず警察車両に乗って警察署へ。医師のウルトラ適当な診察を受けた後、町の自転車店へと移動し私の自転車修理となる。なお法令的なことは分からんが、加害者であるドライバーがこれら全ての料金を支払っている。

 キャリアをちょっと直して後輪タイヤがフレてしまったのを修理。少ない整備道具でなかなかどうして一生懸命に作業している所を見ると、メキシコの自転車屋やるじゃん!とか喝采を送りたくなってしまう。

RIMG1559
 タイヤレバーの代わりにマイナスドライバー使うとかさ

RIMG1561
 とりあえず走行できるようになって良かった

 そしてここで始めて病院へと連れて行かれる私。まぁ恐らく軽傷だとはいえ人間への対応が自転車の後になるとか良いのかそれで?もっとも私が「自転車の修理をしたい」と主張したのもあるかもだが。自転車乗りは時として自分よりもマシンの無事を優先してしまう。

 スペイン語で全然要領を得ないのだが、片言英語での説明でX線撮影をするということは分かった。というかこの病院にはそれ以外の設備があんまりないようで、特に痛みもない胸部や頸椎のX線撮影をした後に頂いた内服薬。

RIMG1562
 こんな展開半日前は予想だにしてなかった 

RIMG1567
 これ服用した方が良いのかどうなんだ・・・?

 警察署に戻って色んな書類に署名させられたりとか。午前9時過ぎの事故だったのに、一通りの手続きが終わったのは15時半。無理する場面でもないのでカボルカの町にてもう1泊して静養することにした。なお宿代もドライバーが支払った。

 左半身切り傷で痛いし散々だったので、せめて夕食くらいは楽しく豪華にしようとレストランへ。今日1日全くお金使っていないという点も大きいが。

RIMG1563
 メキシコはタコス系の料理が有名なのだが

RIMG1564
 どれもこれも物凄く美味い

RIMG1566
 腹一杯食べて100ペソ(約560円)ほど

 まぁしかし色々あったワケだが、とりあえず私も自転車も走行不能になるようなことがなく本当に良かった。ちなみに加害者に対してどうこうというのは特にない。私は人の「適当さ」とか「不注意」なんかは大事故でもなければまぁ仕方ないと思ってしまうタイプであるようだ。別れ際に握手までしたし。

 以前の仕事上、交通事故はたくさん見てきたのだがまさか自分が当事者になろうとは。人生わからないものですね。

 2017年1月7日(土) 走行距離2km 累計54848km

 メキシコ9日目 ライグリエガの町〜エルモシージョから北西に約210km カボルカの町

 北米の国々が非常に大きな国であるためあんまり気にしてなかったが、メキシコという国もまた非常に広大な土地を持つ国である。それなりに距離走ってるつもりで地図を確認すると、笑ってしまうほど僅かしか移動してない。メキシコもまた走り終えるまでに時間かかりそうである。

RIMG1532
 教会の敷地で起きる朝

RIMG1533
 10円かからずに水は補給可能と理解した

 ようやく分かってきたことが、メキシコ北部は大砂漠地帯であるという事実。何故だか高山地帯だったり急峻な山々が多いイメージを抱いていたのだが、少なくともそういった地形は南部へと行かなければお目にかかれないようである。

RIMG1535
 それでも今日は山が見えたが

 土地に余裕ありまくりなのに、道路には全く側道が存在しない。別にメキシコ全ての道で側道が無いわけではなかったが、こうした主要道路に分類されるであろう大きな道でも車1台分以上の道路幅を造らないあたりがメキシコクオリティだといえる。

RIMG1542
 でも路面は超絶整備されてて走りやすかった

RIMG1538
 これは初見で分かりづらい

RIMG1539
 なるほど、川になった時の通り道か

 基本的には南下しているため日々の気温も徐々に上がっていってる気がしないでもない。それに呼応して私の服装も上着を脱いでTシャツのみとなり、今日はハーフパンツの着用を再開した。この感じだと数日以内には靴からサンダルへと履き変わって完全夏モードへと移行すると思われる。

RIMG1543
 しかしサボテンだー

RIMG1544
 なんか山に書かれているのは分かるけど

 今日はお昼過ぎに到着したカボルカというやや大き目の町で終了とした。もっと走っても良かったのだが、若干安めの宿があったので無理せずゆっくりしていくべきだと判断した結果。何事もダラける日は必要でしてよ。

 あと久しぶりにネットしたかったワケだが、部屋の中までWi-Fiが届かないのがメキシコクオリティ。何が悲しくて太陽が照りつける中でテラスに出てパソコン起動せにゃならんのか?PCいじる場所ってのは、インドアだと誰かが仰ってませんでしたか?

RIMG1547
 暑くはないけど照り返しが強すぎる

RIMG1548
 しかしいい雰囲気の宿である

 幾つかの町を回って理解したのだが、メキシコは町の中心部に大聖堂が存在しており、そこの周辺に安宿地帯がある模様。つまり私のような旅行者は見知らぬ町に到着したらまず町の中心部(セントロ)を目指せば良いということである。これの最大の問題点は、町の中心が全然わからないということなのだが。

RIMG1551
 こんな感じで教会がある

RIMG1550
 メキシコ人のセンスはわからんのう

 気温はそうでなくとも湿度が高いメキシコの国。必然、1日中走り続けると身体中がベッタベタになってしまい、これが今まで走ってきた国との大きな違いだといえよう。

 なんか田舎町ならば野宿難しくないと思ったメキシコであるが、とにかくシャワーを浴びなくては色々と厳しいのであり、Wi-Fi事情の悪さも相まってそれなりの頻度で今後も宿泊が増えそうである。こう書くとまるでテント泊を望んでいるようであるが、そんなつもりは毛頭ない。あしからず。

RIMG1552
 単純にお金の問題だな

 2017年1月6日(金) 走行距離62km 累計54846km

 メキシコ8日目 プエルトペニャスコの町〜エルモシージョから北西に約260km ライグリエガの町

 特に意識したわけではないが、メキシコ入ってからの走行ペースが非常によろしい。というのもメヒカリ以降がひたすら平坦&無風という条件に加えて道中がほとんど砂漠であるためだ。そんなワケで立ち止まったり色々見て回るようなこともなく、ひたすら自転車漕ぎつつ音楽に合わせて歌い続けている最近である。

RIMG1509
 ベッドがヤバそうだったのでインナーシュラフ使ってる

RIMG1510
 まぁここだけ圧倒的に格安だったからね

 日が経つにつれてどんどん良くなる天気。ついに本日は雲1つない快晴の空であり、最高に気持ちいい状態でのサイクリングである。やっぱ自転車に乗るなら晴れた日がいいよね。

RIMG1515
 ちょっと町から移動するとこの景色

RIMG1513
 ・・・がず〜っと続く

 とはいえ砂漠にだって変化はある。自転車という遅い速度で走っているからこそ見えてくる景色があるのであり、具体的には背の高いサボテン群がお目見えしてきて、私はどういう反応すればいいというのか?

RIMG1517
 しかしサボテンって不思議な植物だわ

RIMG1518
 鉢植えにするには大きすぎるなぁ

RIMG1521
 かと思うと一面畑になったりもする

 一応旅行自転車で走れる距離の範囲内に小さな村々が点在してるようで、食料は最低限しか運んでいない。だけどメキシコの村ってのは「砂漠に廃墟1件」とかでも平気で地図上に集落として載ってたりするから油断できん。その関係で小さな村がべらぼうに多いし。

RIMG1522
 とりあえず商店がある規模で「村」を名乗ってやくれまいか

RIMG1523
 南下してたけど東へと進路変更する

 メキシコの西海岸は斜め(南東方向)に伸びているため、どうせ後で再び海沿いに戻ってくるのは分かっているのだが。陸地に沿った道路がなく、「東→南」か「南→東」というルート選択なので異なる景色を求めてちょっと内陸方面を覗いてみたい。

RIMG1524
 まぁね、こんな景色だろうとは思ってたけど

 ちなみにメキシコは町中においても少し移動すると別の町名となってしまうことが多く、自分がどの町にいるのか非常に分かりづらい。下手すると自分がどの町にいるのか分からないとか間抜けな状況になりかねない。

 本日も教会にお願いしてテント張らせてもらう。唯一のホテルが400ペソ(約2160円)と言われた時点で野宿するのは確定事項になっていた。確かに物価安くはなったけど、東南アジアほど劇的な料金ではないものでして。

RIMG1526
 ビールは70円とかで安いけど

RIMG1529
 協会の職員さん達から何度もお裾分けいただく

 メキシコは治安悪いと聞いてたし今でもちょいちょいビビってるけれど、その国の人達が怖いってのとは違うんだということに遅まきながら気づいた。そんな陽気で親切なメキシコの人達に感謝を感じつつの夜である。

 2017年1月5日(木) 走行距離117km 累計54784km

 メキシコ7日目 砂漠〜テカテから東南東に約320km プエルトペニャスコの町

 朝起きたらフライシートに水滴がびっしょりで驚く。確かに海沿いの地形だし、夜間の冷え込みが強いことを考えるとオカシクはないのだけれど、なんだか砂漠にいるという事実に反している気持ちになるじゃないか。

RIMG1491
 もっとカラッカラなのを期待していた

RIMG1492
 いやしかし晴れると気分良いよね

 メキシコの水は飲めないらしいし、そもそも水道を補給するような蛇口が存在しない。必然的に「水を買う」という行為が必要になってくるのであり、アジア地域でも極力水買わずにやってきた私ではあるが、こんな感じで砂漠が続くことを考えると水の購入もやむなしと言えなくもない。

RIMG1494
 煮沸すれば生水イケるらしいけど

RIMG1501
 というか煮沸した生水既に飲んでたな

RIMG1495
 景色に変化があるのはなんか嬉しい

 いや本当に砂と道しか出てこないのだ。オーストラリアとかも相当な「何もなさ」ではあったのだが、そうは言っても先進国。適度なペースでレストエリアとかが出現して助けてくれたのに対し、メキシコは次の町まで平気で何もない区間が続いたりする。

RIMG1500
 おっと、看板くらいはありますよ

RIMG1503
 とか言ったのだが、こんなしょぼいレストエリアが出てきました

 軽く補給して一休み。おそらく夏の時期は日陰すらないこんな場所で休むことも儘ならないであろうが、幸いにして今は1月真っ只中。暑くて上着は脱いでしまったものの、丸1日晴天の砂漠を走り続けても大して喉すら乾かない。メキシコ走るならば冬がいいと思うのですよ。

RIMG1504
 こういう集落に住む人って何を生業にしてるんだろう?

RIMG1505
 地平線に町が見えた時の嬉しさったら!

 ということでプエルトペニャスコの町へと辿り着く。ほぼアップダウンがない無風状態であったため、15時過ぎには到着していた。町までの距離が100km超えているので、まぁそこそこハイペースだ。

RIMG1507
 しかしここから宿探しが難航する

 というかメキシコの町は色々わかりづらい。町中でも主要道路以外は未舗装路だったり冠水していたりとかで走りにくいわ、メインの道を走っても町の中心部へと向かわなかったりするためにどこが安宿街なのか把握しづらいこと多し。

 実に1時間以上も時間をかけてようやく250ペソ(約1350円)の宿を見つける。この宿以外が400とか500ペソの料金当たり前で、もしかして初日に260ペソで泊まれたのって凄くラッキーだったんじゃないかと思い始めてきた。

 前の国がアメリカだったこともあり、Wi-Fi見つける苦労も格段に違うしどうしたもんやら。やっぱね、最初の1週間くらいは前に訪れた国との違いで良くも悪くも思うところがあったりするのですよ。特にアメリカ→メキシコは違いが大きいし。

RIMG1506
 ビールが安いことが最大の喜びかな

 なおこの近辺の治安悪い雰囲気でして。プエルトペニャスコの町は完全に海沿いリゾートの町なのだが、そういう町ってのはどうしても治安不安になる場所が生まれる事実。ストリップバーとかダンスホールとかが立ち並ぶ周辺に安宿街を作らないで頂きたい。

 2017年1月4日(水) 走行距離118km 累計54667km

 メキシコ6日目 エスタシオンコアウィラの町〜テカテから東南東に253km地点 砂漠

 メキシコのネイティブがどうだったのか知らないが、少なくとも現在のメキシコにおける主たる宗教はキリスト教であり、そこそこの規模の町であれば1つや2つくらいは教会がある。おかげさまで私もこうして教会敷地にテント張らせてもらっているのであり、個人的には素晴らしいと思います。

RIMG1468
 歴史的な観点とかは知らん

RIMG1469
 やたらと大きな教会だった

 何処にでも屋台があるのだし・・・と甘く見て進む途中で見つけた屋台にて朝食にしようとスタートする。ところがどっこい次に出てきた町は本当に小さくて食堂があるのか怪しいレベル。

RIMG1471
 これ、食堂なんですよ

 あんまりリスクを背負って走行するのは止めておこうと大いに肝を冷やした朝である。というのもここから暫くの間は砂漠地帯となっており、食堂どころか人家の1つもでてこない不毛な土地が続く。

RIMG1472
 植物は結構生えているんだけど

RIMG1481
 あと朽ち果てた家の残骸とか

 40km地点で軍隊の検問なのか小さな集落が。自転車は普通にスルーだったのだが、運良くここに食堂が。普通に食料持ってはいるけどメキシコにおいて自炊するのは「食堂がない場合」が基本となりそう。だって自炊しても大して値段変わらないし。

RIMG1477
 40ペソ(約220円)で食べれるとあれば

RIMG1486
 後半戦の方がイメージする砂漠に近い風景

 80kmほど走ったところで海沿いの町に到着する。ここで本日終了するのも一興だが、そうすると明日丸1日使っても砂漠を越えられないのであり、今日もうちょっと進んで明日には大きな町へと到着するスケジュールとしたい。

 そんなわけでスーパーで食材とかビールとか買い込み、再び砂漠の道へと逆戻り。なんかイヤイヤ走ってるような書き方になってしまったが、交通量少ないし独特の景色が広がる砂漠の道は嫌いじゃない。

RIMG1485
 変化には乏しいかもだけど

 時間17時を目安に適当な砂丘の陰に隠れるようにして野営。時間が遅くなるほど道路を走る車の数も減り、ただただ静かな砂漠の夜に1人ぼっち。本当は新年こんな感じで迎えたかったのだが、今日砂漠野宿を楽しめたので良しとする。

RIMG1489
 こういうキャンプって憧れる

RIMG1488
 まぁビールあることが条件だが

 実はこの砂漠がどこまで続くのか知らないのだが、冬の時期で道路上を走っている限りでは、そんな危険なことないんだよね砂漠。もうちょっとこの砂の世界を楽しんでいたいと思ったり。でも猛烈にシャワー浴びたくはある。

RIMG1490
 今日は風ないのでマシだったと思う

 2017年1月3日(火) 走行距離118km 累計54549km

 メキシコ5日目 プログレソの町〜テカテから東南東に約160km エスタシオンコアウィラの町

 メキシコの消防署は思ってたよりちゃんとしてる・・・という表現が正しいのか何ともだけど。少なくともこのレベルの田舎で1つの消防署に3人もの人間が勤務していた国をちょっと私は思い出せない。まぁ彼らは仕事というよりテレビ見てたけど。

RIMG1450
 消防の仕事ってのは「災害対応」が主だからそれで良いと思ってる

 準備して職員さんたちにお礼言ってから出発する。メキシコ入ってからこうして人と絡むと、やたら写真を撮られるのだが、スマホの普及ってのはこうした「気軽に撮影」の機会が増えた要因だよなと思う。

RIMG1452
 ちなみに私はスマホカメラを使わないタイプ

RIMG1453
 アメリカ国境の町メヒカリを通過していく

 とにかく(アメリカ)国境沿いの町は治安的に不安があるイメージ。ここメヒカリはテカテと違って大きな(国境ある)町であり何処でトラブルに巻き込まれるかわからない。事前に想像できる危険要因には近づかないのが主義であり、はやいとこ町を抜けて南下することに。

RIMG1454
 そもそも中心部まで行ってない

RIMG1455
 メキシココンビニはコーヒーが充実

RIMG1456
 こんなに種類いるのだろうか?

RIMG1457
 あと足踏みタイプのトイレ水レバーってのも珍しいと思う

 朝から雲に覆われた天気で今ひとつ気分が乗らず。大分マシになったとはいえ、太陽が出てない状況では上着も着てるし靴下&シューズの装備。できるならばサンダルでの気楽な格好で走りたい。

RIMG1458
 何故だか「ストレイトストーリー」って映画を思い出した

RIMG1460
 どんだけ焼いてるんだよ

 本格的にメキシコ田舎地域へと突入するのだが、どんな田舎でも食べ物屋台が豊富である国は安心感が違う。先進国で町に入ってスーパーがなかった時のガッカリ感は、メキシコではなさそうである。

RIMG1464
 潰れてたけど日本食レストランもあった模様

 町唯一のホテルがやたらと足元見た料金表示だったので、ここは華麗にスルーして教会軒下にテント張らせてもらう。メキシコ入ったら一転して宿泊施設ばかりの生活になる予定だったのだが、それはもうちょっと後になってからのお楽しみとしておこう。

RIMG1465
 もっと日中に出て欲しかったよ太陽さん

RIMG1466
 地味にソノラ州へ突入して時差1時間発生してた

 こういう看板1つとってもスペイン語だと理解できずにスルーしてしまうことが多いのであり、結果的に情報を見落とす頻度が上がることに繋がってしまう。別に大した問題にならないことがほとんどだけど、こと「面白さ」という側面では確実に損しているのでありどうにかしたいところ。

 2017年1月2日(月) 走行距離97km 累計54431km

↑このページのトップヘ