グアテマラ4・5日目 フローレスの町〜アンティグアから北北東に約230km サイアクチェの町

 グアテマラ山岳地帯を前にして、私としても気持ちを整えるべく準備する時間が必要である。そのため今日1日を休養日に宛て、ひたすらビールを飲みまくるんだぜヤッホー!

IMG_0689
 扇風機の風が届かない微妙なベッド

 最初こそちょっと離れた場所にある(昨日とは別の)ショッピングモールにでも行ってみようかと思っていたのだが、午前中からビールが入ってしまい自転車乗れなくなったので却下となった。

 1人酔っ払って町中をウロつくのもトラブルの原因となるため無茶しないこととしたのであり、部屋でネットしながらビール飲んでるのは私なりの自衛手段ということだ。何が起こるか分からないし。

IMG_0697
 何も起こらねーよ

IMG_0694
 これは最初に外出た時の写真

IMG_0696
 グアテマラの主要ビールは大体把握した

IMG_0698
 パパイヤつまみながらの優雅な時間


 翌日。昨日幾つかルートを下調べしたところ、フローレスから南下する道は大きく「東部迂回ルート」と「まっすぐ南下ルート」の2つがあるようだ。そんな2択なので悩むこともなく後者を選択したのであるが、どうやらグアテマラにおける主要道路は先にあげた方らしい。

IMG_0701
 だって町出て1kmで未舗装路

IMG_0703
 しかも無茶苦茶走りにくい道

 いや〜、完全に選択失敗したわ。まだ今ならフローレスに戻ることができる、ついでにもう1泊しちゃえば良い!・・・という誘惑に駆られながら、それでも先へと進む私の強い意志力。

 きつい道を走っている時は「でもダルトンハイウェイより楽でしょ?」と頭の中で否定を入れる事を常としている。

 私の中であのアラスカにおける天国のようで地獄の道を走った日々は、こうして心の奥底に根付き自らを支える糧となってくれた。そういう意味でもダルトンには本当に感謝している。未だ「もう2度と走りたくない」と心底思える道だけど。

IMG_0707
 20kmほどで通常の道路と合流した

IMG_0706
 普通の道に入るとパンクするとかさ

 お昼食べつつパンク修理も済まし、あまりにも走行ペースが遅いからかテンション上がってきた。いっちょ取り返してやりますか!とペダルを踏み込みスピードを上げる。

 そうして疾走するロシナンテ号は僅か10kmも進まずに停車した。だって渡った川が綺麗だったから。

IMG_0710
 泳がないわけにはいかない

IMG_0711
 水着にも着替えずパンツ1枚で遊びまわる

 30分ほど楽しみ体の熱も取れたことだし再出発しましょうか。この川沿いにビール売ってる屋台もあるし、もうここでテント設営したいところなのだがそういうワケにも・・・。

 なおビールが相手では私の中のダルトンハイウェイは一切行動を起こしてくれないようだ。

IMG_0713
 ちょいちょいアップダウンも増え始めたか

IMG_0714
 船で川を渡るのはかなり久しぶりで懐かしい

IMG_0715
 毎回「橋をかけろよ!」と思うのだけども

IMG_0716
 こういう船移動自体は好きである

 対岸のサイアクチェの町にて本日終了。フローレスのホステルより安価なホテルがあったりして、グアテマラの非観光地の宿は安価で泊まれるのでは?という期待で胸が膨らむ夜である。もちろん浮いた分はビールに消える。

 2017年4月8日(土) 走行距離 0km 累計60641km
 2017年4月9日(日) 走行距離71km 累計60712km