コロンビア10日目 バルディビアの町〜ボゴタから北北西に約300km ヤルマルの町

 アンデス山脈始まりの日。もうすっごくワクワクで、昨夜も楽しみすぎて5分と経たずに寝てた。でも朝起きて「まだ寝てたい」とか思うくらいにはやる気満ち溢れてた。

 とりあえず現在標高が手元の高度計で160m。メデジンまで距離あるのだし、素直に距離刻む形で走る方が賢いのだが、賢くないので今日はやれるだけやってみようと思う。今、全力を出さずしていつ頑張るのさ?

IMG_0344
 そんな感じで7時過ぎ出発

IMG_0346
 この橋を越えるともう上り坂

 何にも考えてないわけではなくて、午前中の早い時間帯で「低地での上り坂」という最もキツいポイントをクリアしてしまおうという算段。重量級自転車での上り坂は、暑さへの対策というのが思いの外重要なファクターであることは間違いなかろう。

IMG_0348
 普通の自転車でも一緒だよ

 ときどき凶悪な斜度が出てくるのだが、全体的には「やや緩やか」程度で快調に進む。もうアンデス山脈というだけでそり立つ壁みたいなイメージを抱いたりとかもしてたのだが、そりゃ道路作ってる以上は自転車で走れる道だよね。

IMG_0349
 500mくらい上ったかな?

 しかし景色が抜群に良い。ある程度まで上ると木々が開けて展望が良くなるのだが、こんな景色を見ながら走れるなんてそりゃ世の自転車旅行者の憧れの地となるわけですよ。例えるなら、アメリカでこのレベルの景色が広がってるのはナショナルパークとかそんなレベル。

IMG_0358
 それが当たり前に無料で広がっているのでして

 これは堪らん。何がって、坂道いつまでも続くことが。標高も1000mを突破するが、一向に坂の終わりが見えないどころか斜度が急角度になってきおり後半に本気出すタイプだったかオマエは。

 ボトルの水を全て消費し、そこら辺の滝から取った水飲んでも飲んでも追いつかない。素直にバルディビアの町で終了しとけば良かったかな?とか弱気になり始めた時には町は遥か彼方に見えるのみ。

IMG_0359
 こりゃ行くしかないわ

IMG_0361
 休憩挟んでも疲れ切った足はそう簡単に回復しない

IMG_0364
 1800mくらいで雲の中へ

 ようやく稜線部分を超えたところで朝から続いた上り坂も一段落。最初に見つけたレストランに入ったのだが、完全にエネルギー枯渇してたのか最初に出されたスープの味が全身に染み渡るようであった。

IMG_0367
 5時間上ってればそりゃ美味いですわ

 前半戦だけで標高1900mまで上ってるだけあって、流石に午後は多少落ち着く。この落ち着くというのは「坂の斜度が緩やかになった」ワケではなくて「道中に下り坂が入り込むようになった」ということであり、ふざけんなせっかく必死こいて上った貯金を切り崩して再び登らせるなんて!

IMG_0365
 一筋縄じゃいかないアンデス

IMG_0371
 でも流石に2000m越えると暑くはない

IMG_0374
 結局2360mが最高地点

 つまり数字だけの獲得標高2200m。実際にはアップダウン含んでるので2400〜2500くらい上ったぞ、このクソ重たい自転車で。すごいな私、今日はビールがさぞや美味いことでしょう。

IMG_0375
 そこからちょっと下った先に見えるヤルマルの町

 コロンビアでは町と町との距離そんな離れていないし町なんて山ほどあるのだが、今日はこの町が見えた時の景色に感動してしまった。本日上り続けてきた末のゴールという喜びだろうか?

IMG_0378
 こんな山の斜面に町作ってくれてありがとう

 今日は頑張った!累積獲得標高も新記録作ったし!とご褒美ビール3本ほど飲んでたら寒くなるわ、お腹膨れて夕食食べる気なくすわとあんまりな結果に。

 ちなみに標高上って何が嬉しいって夜中に暑くないのが嬉しい。でもシャワーがあんまり暖かくならないのは悲しい。悲喜こもごも。

 2017年7月6日(木) 走行距離58km 累計63899km