エクアドル3日目 カヤンベの町〜エクアドル首都 キトの町

 コロンビアからエクアドルに入り、明らかに空気が乾燥したと感じる。自転車旅行的には喉が渇くことがそのまま水分携行量を多くすることに繋がりかねないため、良いことばかりと言えないのだが洗濯物が早く乾くし私は好きだ。

IMG_1257
 寒いとそれほど水飲まないし

 カヤンベの町を出発して僅かに5km。この国の名前となってもいる赤道ラインへと到着である。

IMG_1262
 今回の旅行、2度目の自力通過

IMG_1266
 外で自転車と一緒に記念撮影できるのが良いね

 なお首都であるキトの町北部にはもっと立派な赤道記念館だか博物館があるらしいのだが、それには全く心惹かれない。私は自転車で北半球から南半球へと新たなステージに入った実感を得たかったのであり、これくらいの簡単な記念碑があれば十分だといえる。

IMG_1267
 他に誰もいないのが嬉しい

 ということで1年以上に渡って太陽に向けて走り続けてきた日々は、今を境に背を向けての走行へと変わりまする。何というか、感慨深い。

IMG_1275
 「オトン」も喜ぶし

IMG_1282
 「やる気」も出るよ

 なおエクアドル入って午前中から青空が広がったのは今日が初。やっぱり高い山々に灰色の雲は似合わない。透き通るような青色を目にして走っていると、何だか私も最高の気分になってくるというもの。

IMG_1277
 幸せ 

IMG_1276
 自転車旅行ここに極まれり

IMG_1278
 2600mくらいあるけど天気が良いと半袖で十分

 エクアドルに入ったことでもう1つ変わったと思うのが、平均高度が上がった点。コロンビアでもちょくちょく3000m越える峠があったけど、それはやや低めの標高から一気に登り、頂上から折り返し下るような道だった。

 これがエクアドルでは2000m代後半でちょこちょこアップダウンを繰り返しつつ、場合によっては3000mも超えてくるといった具合。そのため全体的に走ってる高度が上がっているし、3000m越える場所でも平気で集落が広がっている。

IMG_1283
 この先のキトだって標高2900mの町だし

 なお大都市キトへ侵入するにおいて、南北に長いこの町の中央ど真ん中である東側から突っ込む形をとった。こうすれば交通量多くて走りづらい都市部走行を最小限に押さえられるという賢い判断なのであるが。

IMG_1285
 その代わり崖みたいな道を登らなくてはならない

IMG_1286
 しかもアスファルトじゃなくてブロック敷きかよ!

IMG_1287
 最後の250mアップに1時間かかった

 やっとの思いでキトへ到着。ホステルにチェックして荷物を運び込み、とりあえずベッドに腰を落ち着けたらそこから1時間以上動けなかった。かなり厳しい行程だったのに加え、キトの町に着いたことにより気が抜けたか。

 とりあえず明日明後日で体調万全にして調子整えたいところ。地味に体調悪かったのです。

 2017年8月9日(水) 走行距離77km 累計65805km