スウェーデン8日目 スラグネスの町〜エステルスンドから北北東に387km地点 キャンプポイント

 朝日に反射して湖面が光る気持ちの良い朝は、しかしテントを撤収して出発しようとしている最中に鳴り響いた「バキッ」という音で一瞬にして吹き飛んでしまった。

DSCN6683
 平和は

DSCN6684
 ポールが折れたことで終わった

 長期的にテントを使っているとこの「ポールが折れる」という出来事は、まぁ割とよくあるトラブルだと分かってくるし、テント業者側もそれを見越して予備のポールを1本くらい入れてることも多い。

 しかし私は既にイギリスで同様にポールが折れた際、予備のポールと交換しているため対処方法がない。とにかく折れたポールを1番テンションの掛からない端側へと移し変えテープで補強し応急処置とした。これでとりあえずでも対処できるかは分からんが。

DSCN6685
 スウェーデンの町中で未舗装路は珍しい

 不安を持ちつつ目指すは50kmちょい先にあるアルビッツヤウルの町。今日の行程で唯一訪れることが可能な町であり、とにかくここで交換用のポールを見つけたい。

 ちなみに予備ポールを使った際に「もう後が無い」的な不安が無かったワケではなくて、ちょっとアウトドアショップ見つけたりするとちょいちょい覗いて予備ポール売ってないかな・・・と探すことはあったのだ。

 でも大抵は取り扱いが無かったり、あっても規格が違ってたり無茶苦茶高くて手が出ないといったパターンが続き今に至っている。ピンチになってから本気で慌ててるなんて世話ないと思わないワケではないが、この短期間に2度もポールが折れることを予想して準備しておくとか出来るワケなかろう!とも思う。

DSCN6687
 雪国あるある坂道に砂

 ということでアルビッツヤウルに到着し、スーパーのFreeWi-Fi使って町のアウトドアショップを探してみるも存在しないときやがった。北欧はアウトドアが盛んなのか、かなり規模の小さな町でも普通にアウトドア専門店があるというのにどういうことですか?

DSCN6698
 藁にもすがる思いでとりあえず総合スポーツショップのお店へ

DSCN6693
 なんと売ってた

 うっそぉ!?と見つけて嬉しいのに、そんなマニアックな商品があることに訝しむ気持ちになってしもうたよ。とにかくこのポールセットを購入し、私の使ってるポールと長さが合わないので店員に作業系の工具取り扱ってる店を教えてもらい、そこでお願いしカットしてもらう。

DSCN6694
 英語が通じるとこういう時に助かる

DSCN6696
 助かりました

 これでとにかくテントが張れないという自体は回避できたことだし、精神的にも落ち着いた。ちょっと遅い昼食を済まし、気兼ねしない午後の走行を楽しもうじゃあないか。

DSCN6701
 川を示す看板はちゃんと下が波打ってる

DSCN6704
 どう見ても友好的な雰囲気には見えん

 午前中は割とアップダウンが連続する道で気持ちの余裕がないこともあり大変な思いしながら走っていたが、後半戦は坂も緩やかでペダルも軽い。まだこの後ポールを組み替える作業が残っているというのに既に一仕事終えたような清々しい気持ちになるのはどうなんだ?

DSCN6709
 北欧らしいテント

DSCN6711
 久々に大型の動物見たな

 川沿いに広がるレストエリアは看板に「キャンプ禁止」と書かれており、さてどうしたもんかと対岸見たらキャンピングカーがたくさん止まっている場所が。どうやらこちら側でキャンプする分には構わないらしく、単なる空き地なのに使い込まれすぎて立派なキャンプポイントになってる感じ。

 私もここで走行終了とし、昼に購入したポールの組み換え作業をしなければ。実際に新しいポールを現行ポールと重ねてみたら僅かに径が違って接合することができなかったため、新ポールをつなぎ合わせて1本のポールセットを組み、折れたポールが混じってるポールセットを分解して壊れてないポールを移植する。

DSCN6713
 要するに色々作業してた

 あと今回のポール折れでポールが壊れる箇所は毎回同じということが判明したため、全てのポール該当箇所にテープを巻きつけて補強作業も合わせて行ったりしてたら1時間半とかかかってしもうた。

DSCN6714
 とにかくトラブルなくやってきたいね

 朝から晩までテントポールの対応に追われた感じだが、問題を翌日に持ち越すことなく解決できたので良しとしたい。大切なことは、どんなトラブルが起こっても折れない精神でいることですよ、ポールだけに。

DSCN6716
 ビールだけに

 2019年8月3日(土) 走行距離115km 累計96935km