リトアニア2日目 ヨニシュキスの町〜ビリニュスから北西に150km baisogalaの町

 物価の安いバルト三国でも最安値であるリトアニア。当然ビールもお手頃価格なのであり、昨日も調子に乗ってロング缶4本も飲み干してしまいあっという間の就寝であった。日中走り回って遊び、夜はビール飲んで爆睡。良い生活してると思うよ本当に。

DSCN7487
 朝日が当たらないのは草地を優先した結果

 昨日に引き続き直線の道が続く。とはいえリトアニアに入り道路脇の路面状況もやや良くなったし側道もある場所が増えた。バルト三国ではラトビアだけが自転車に対して酷い道だったワケで、かの道路事業団体は猛省してほしいところ。

DSCN7489
 これくらいでも側道あると安心感が全然違う

 さて曲がり道がないまま30km。ちょっと別の道に入ってUターンした先に待つは十字架である。いやまぁキリスト教圏で十字架なんぞどこ行っても見ることできるがここの丘にはそれこそ無数に十字架が刺さっており、それが高じて無形文化遺産になってしまったレベル。

 というかリトアニアでも1・2を争う有名観光スポットなのであり、私も厨二病的なワクワクも相まってここに来るのを楽しみにしていた人である。

IMGP8247
 だって十字架の丘だよ?

IMGP8252
 そんなの楽しいに決まってるじゃん

 最初に誰が始めたのか定かでないが、初期の慰霊や宗教的な意味合いからは遠く離れ「とにかく十字架持ってきてぶっ刺せば良いんだろ!」的な雰囲気を感じるのは、世界各国の明らかにキリスト関係ないであろう日本人まで記念にサイン入れた十字架が刺されまくっているからか。

IMGP8255
 伏見稲荷神社と似た感じだと思う

IMGP8259
 全部で何本くらいあるのかね

 そうはいっても宗教的な場所なのであんまり羽目を外した行為や写真の撮影は憚られるかと自重した。丘の上で祈りを捧げるポーズとかそういうの。

IMGP8281
 入場料もないし大満足

 満足したのでそのまま10kmほど先にあるシャウレイの町にてお昼休憩。バルト三国に入ってから物価も下がったので、昼食時に町へ到着できた場合はスーパーで購入した品目でお昼を済ませることが多い。

DSCN7494
 ビックリするほど立派なモールだった

DSCN7496
 シャウレイは郊外をなぞるようにスルーして

 そのまま進路を西にとり首都のヴィリニュスを目指す。まぁ途中で寄り道入れるつもりだけど、バルト三国は基本的に首都を経由して次の国へ進むルートになってるよね。

DSCN7501
 非常に走りやすい

 風もやや西から吹いてくるためペダルが軽い。ちょっと気温と湿度が高くて汗ばむきらいはあるけれど、自転車を走らせるにおいてほぼ完璧な環境だといえよう。だからか2組ほどチームのローディも見かけたし。

DSCN7501
 最後の15kmは南下する道

 上手いこと100km手前のポイントに町があるためそこで買い物すれば良いや、とか思ってたのだが土曜日は営業時間短く16時閉店とかお店の入口に書かれてて焦ったのなんのって。

 幸いもう1つのスーパーが普通に営業してたのでことなきを得たが、やっぱり新しい国に入国した最初の週末ほど緊張感瞬間は無い。それを分かっているなら事前に買い物しとけって話だが、リトアニアは大きな町だとスーパー土日も普通に営業してたからさ。

DSCN7503
 食材買ったら今日も町外れの湖へ

 やっぱり海水浴場になってて何人かいるのだが、昨日のことを反省し明るいうちから迷うことなく隅っこにテント張って夕食作り始めた私。とりあえず北欧抜けたらもうちょっと慎重に野宿地選んでいこうと思います。

DSCN7504
 暑いと野営地に水場がほしい夏の自転車旅行

 2019年8月31日(土) 走行距離101km 累計99298km