エチオピア13日目 フェノーテセラムの町〜アディスアベバから北西に約190km デブレマルコスの町

 宣言通り夜明けと同時に出発していったジョージ。何故それが分かるのかといえば、宿の壁が薄いため物音で目を覚ましたからである。特に見送りすることもなく2度寝したけど。

DSCN0363
 昨日挨拶済ましたので

 ジョージから遅れること3時間半。私も準備を済まして走行開始である。やる気出なかったので朝食の自炊もコーヒーも淹れることなく割とギリギリまで寝ていましたが。ちょっと数日前から鼻水出るのと喉がイガイガして体調悪いからということで1つ。

DSCN0367
 アフリカでは1カ国1度のペースで調子悪くしてる疑惑

DSCN0368
 基本的に川を越えると上り坂に切り替わる

 昨日終盤に楽した分の高度貯金が今日になって返済を催促してくる。エチオピアでは1700mくらいじゃ「まだまだ足りない」高さらしく、大体2000〜2500mくらいをウロウロしてるイメージかな。

DSCN0364
 そんなに厳しい斜度の坂は無くなったのが救い

 300mほどを登り終えたところでタイミング良く町が出てきたためお昼休憩とする。こんな書き方してると「思いもかけず町が出てきてラッキー、お昼にしよう!」といった具合だが、実際は地図で距離や標高を計算して「この町にお昼頃到着できるだろうからそのタイミングで昼食休憩だな」と予測の上での行動です。5年も旅行してりゃそんな行き当たりばったりな行動はときどきしかしない。

DSCN0370
 ちょっと大きめの川は地元の洗濯場

DSCN0373
 しかし気持ち良い景色が続くなエチオピアは

 バハルダールを境にして劇的に子供の「ユー・マネー」攻撃が減ったとはいえ、それでも1日100回くらいはお金せがまれるし2〜3回くらい投石も受けている。ただエチオピア序盤があまりにも酷すぎて、なんか最近は「エチオピア大人しいじゃん」と感覚が麻痺してるだけ。

DSCN0376
 でも不思議なんだけどさ

 外国人見つけるなり息の続く限り「マネー」と連呼してくるクソガキでありながら、このはちきれんばかりの笑顔は何なのだ。エチオピアはどう転んでも子供が石を投げてくる最悪マナーの国ではあるけども、それだけじゃ片付けられない魅力を抱えているとも思う。

DSCN0382
 本当教育次第で化ける気がするけどな

 ただちょっと思ったのが、外国人見つけては「ユーユー」連呼しながら追いかけまくる子供がいるうちこそ、この国の「らしさ」を保っていられる期限かもしれない。行儀良い子供ばかりのエチオピアはエチオピアではないとも言える。

DSCN0381
 どのお店行ってもコーヒー飲めるのがエチオピア

 何のかんの言ってるけど私は石を投げられる度に「エチオピアという国は滅びれろ!」と感じるし、そう思わせるに足る仕打ちを受けまくっている自覚もある。自転車旅行者によるエチオピア被害者の会を設立したら、この国は尻の毛まで毟られるほどの賠償必須だと思ってるし。

DSCN0379
 ただ本当に面白い国なんだよ

 こんなに功罪併せ持つというか、良し悪し色々感じさせてくれる国というのは始めてだ。生ビール飲みつつ「今日も最高にビールが美味い!」という喜びが日中の走った苦労に比例するならば、エチオピア以上にビールを美味しく飲める国というのは無いかもしれない。

 2020年1月31日(金) 走行距離86km 累計108699km