フランス32日目 橋の下〜モンペリエから西南西に約120km バルベラの町

 誰も来ないと踏んでいた場所だったのに、よりによって23時を過ぎてから飼い犬に水浴びさせに来た人がいてビックリした。多分向こうも相当びっくりしたと思うけど。

DSCN2441
 そういうことはときどきある

 そんなイベントあったためか普段より30分ほど早くに目が覚めた。西欧は夜が長いとしきりに歌っているが、そもそもタイムゾーンの区切り方が日本とは違うようで、この時期の6時とかまだ真っ暗なんだよね。

 そんな薄暗闇の中コーヒー飲んでると東の空が徐々に明るく色づいてくるワケで。気温の上昇と共に1日が始まるこの瞬間は、キャンプ泊における最上の瞬間かもしれない。

DSCN2444
 では出発

 どんなに気持ちが良い朝でも自転車走らせるのとでは別。素晴らしい気候が素晴らしい走行に繋がるとは限らないのが難しいところでさ。何なのよ今日の風の強さはよ。

DSCN2443
 北西方向からガンガン吹いております

 ひたすらブドウ畑の脇を走っているのだが、時期が良いのかブドウの甘酸っぱい匂いが鼻に来る。でも農場が近いからか動物の糞の匂いや路上の動物による轢死体での腐乱臭と交互に匂いが切り替わるため、なんかブドウの匂いに嫌なイメージ付きそうで困るんだけど。

 フランスが恐ろしいのは町を除くと基本的に地平線まで農地が続く国だという点。1度向かい風が吹こうものなら遮蔽物も出てこないままいつまでも風と喧嘩しての走行を余儀なくされる。雑に言えば「オーストラリア系」に属する国なのだ。

DSCN2447
 ベジエの町で情報収集するも

 今日1日風向きが変わる気配はないようで、もう私も覚悟を決めてギアを低速仕様に落として足に負担がかからない程度の無理のないペースで走ることにする。

DSCN2450
 ツーリングのツアーかな?

 昨日より10km/hほど遅い速度で走ってるのだが、むしろ今日の方がキツいという理不尽な。暑いし喉も渇くしでちょいちょい休憩挟んでいたのだが、周囲に何もない道の真ん中に突如現れた謎の休憩所。

DSCN2451
 お〜これは

DSCN2452
 噂に聞いてた貝殻のマーク

 これがスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラの町を目指して進む「巡礼の道」にある休憩ポイントか。この地に向けてキリスト教徒が徒歩や自転車で長い道のりを歩む、日本で言うところのお遍路みたいなルートがあるのだ。

 私もこのルート走ろうか迷っていたのだが、1つの決められたルートがあるワケじゃない点と今さら巡礼の道走った証明書なんぞ貰ったってそんな嬉しくない。それよか好きに自分でルートを選びたいし!・・・という気持ちから止めておこうと考えていたのだ。まさかこんな形で出会うとは。

DSCN2453
 ちょうどローマとの中間地点だったみたい

 巡礼はしないけど行水はしたいので終盤にちゃんと川沿いとなるよう狙って走る茶壺さん。走ってたいた道がオード川と並行したタイミングでメイン道路を離れ小さな川沿いの道に入る。何処でテントを貼ろうかな〜と探しつつの本日ラストランだ。

DSCN2457
 ラストから長いことも多い 

 怪しい獣道を見つけて突撃してみれば、正にテントを貼るためにある最高の河原へ到着できた。今日は1日向かい風だったけど、決して風向き悪い1日ではなかったのだ!ということで1つ。

DSCN2459
 お後がよろしいようで

 2022年9月16日(金) 走行距離93km  累計116947km