モロッコ10日目 シャウエンの町〜フェスから北西に80km地点 森林

 それではシャウエン出発して先へ進もうと思う。まだモロッコ北部なので安宿がありそうな観光都市や大都市が距離を置かず点在しており、割と気軽に構えている茶壺さん。

 サハラ砂漠も行ってみるつもりだけど、そうすると途中に出てくる町の数が極端に減少するのは目に見えているので。否が応でも走り続けなくてはならないだろうし。

DSCN0097
 その時になったら頑張ろう

 山の中腹に位置してる町なので、シャウエンを抜けたら即下り坂だろうと思っていたが甘かった。むしろ登らされていたりして、正直道を間違えたんじゃないかとドキドキした。

DSCN0103
 似たような景色とかいうな 

DSCN0100
 町の全景はこんな感じだったか

 この撮影ポイントから一気に下り坂。N2号線へと合流したところで坂道は一旦終了し、再び主要道路で南下するルートとなる。

DSCN0108
 実際はほんの数kmだけど

 円形交差点での分かれ道で西へと延びるRN13号線に入る。・・・のは良いんだけどさ、両側に山が聳え立つ間を通る道であり、つまり完全に山間部の上り坂じゃないですかー!結局今日も上り坂ですか?

DSCN0110
 上り坂だったよ!

 すぐ脇に結構大きめの河川があるんだけど完全に干上がっている始末。水が豊富な日本だと「川が干上がる」という景色は珍しいかと思うのだが、赤道に近いような暑い国では川が干上がっているのはむしろ日常。水が流れている時期の方が短いところも多い。

 これの困った点は地図を頼りに河川沿いの野営地を探すと、いざ到着してみたら水が1滴もない!というパターンに遭遇することだ。水浴びできると思ってたのに、なんということでしょう。

DSCN0105
 そもそもアフリカの川は汚すぎて入れないことも多いけど

 まぁアフリカは物価安い関係で宿使いやすいから良いのだ。これをヨーロッパでやられると目も当てられないというか、スペインは割とこのパターンでしんどい思いをした。

DSCN0113
 モロッコは今のところ全て宿泊なので問題なし

 大分内陸へと入ってきたからか、暑くても汗の流れる量が減ってきた。正確には湿度が低くなって汗が早期に蒸発してしまうから「汗をかいたように感じない」だけで、むしろ発汗量自体は増えているのだけど。

 なのでやたらと喉が渇くのであり、休憩に入ったカフェでコーラ1.5ℓを丸々飲み干してもうた。そんなに飲むとお腹が緩くなるのは分かりきってるんだけどさ、飲まずにはいられない。

DSCN0114
 トイレ休憩しつつ進む

 17時となり、そろそろどこで終了するか考えるか・・・というタイミングで森林地帯が出現。これはツイてる!と森を抜けた小さな町で夕食済ませ、逆走して道路から見えない場所まで入り込み本日終了。そしてもちろん周りに水はない。

 しゃーねーので濡れタオル使って全身のベタベタ拭き取りましたとも。もっと完全に砂漠地帯とかになれば身体のベタつきも軽減されるので我慢も効くんだけどさ、まだちょっと気持ち悪い。

DSCN0116
 夕食のタイミングで水もらえて助かった

 ちなみにモロッコは「質を選ばなければ」小さな村でも水が汲める国っぽい。レストランでも無料で冷えた水を出してくれて大変助かっている。とりあえず生水云々を気にするのは自転車乗りではない人です。

 2022年10月14日(金) 走行距離99km  累計118898km