モロッコ11日目 森林〜フェスから西に80km地点 キャンプ場

 シャウエンは夜結構冷え込んだけど、昨夜は寝袋使わずでも平気だった。標高下がったのが効いているのかと思われる。500mの差は如何ばかりか。

DSCN0118
 7時過ぎには目が覚めた

 テント泊なので朝食作るのだが、昨日買った米がやたらと不味くて大失敗。私は海外だとジャスミンかバスマティ、この2種類がなかった場合は最低でもロンググレン(長尺米)のタイプを購入するよう努めているのだが、昨日は店員が選んだ米を購入してしまったのだ。そもそも選べるほど種類もなかったし。

 日本方式の炊き方が合わないのかもしれないが、とにかく不味い米というのは恐ろしく残念なお味。個人的に日本政府が米ばかり強く守る政策には疑問を抱く(海外にも美味くて安い米はある)が、こんな米食べさせられるのは勘弁してほしい。

DSCN0120
 文句言っても仕方ない、出発だ

DSCN0122
 途上国名物、人数ばかり多くて誰も働かないの図

 山岳地帯は抜けたようで、ひたすら農地ばかりが波打つように広がる景色に。農地といっても収穫時期が過ぎているのか、刈り取られた草が目立つばかりでポツポツと牛やヤギが放牧されている程度。

DSCN0129
 でもこの半円状のパイプ

 スペインでも度々見かけたけれど、尽くぶっ壊れて水を運ぶ用をなしていなかったのだが、なんとモロッコで始めて現役で活用されているのを見ることが出来た。過去の遺物とばかり思っていたよ。

DSCN0127
 過積載のトラックも増えてきたな

 こういう細々とした点で「なんだかんだ途上国だよなぁ」というのを実感する。都市部こそ結構な発展っぷりを感じさせたモロッコだけど、観光地で外国人料金を設定していたり、やっぱり先進的な国とは言い難いところがある。それは別に悪いことばかりじゃないけどさ。

 地図で見る限り主要道を外れてショートカットができるルートがあるため入ってみることに。道路の半分くらいが崩壊しており実質1車線しかない道なのは良いのだが、相当厳しい上り坂となっており思いの外しんどいな。

DSCN0133
 割とアップダウンの多い国だ

 主要道と合流したポイントで遅めの昼食休憩とし、そのまま10kmちょい進んだところにあるヴォルビリス遺跡へと向かう。調べたところではローマ帝国時代の遺跡とのことで、通り道ついでに見学してみようかね。

DSCN0143
 とか思ってた

 あ、これ思ってたよりずっと面白い。相当大きな町だったようで広大な基礎部分があたり一面に広がっているのは圧巻の一言。ローマ帝国すげぇな。

DSCN0139
 こういう神殿跡みたいなのも良いけれど

DSCN0145
 モザイク画も沢山あるし

DSCN0140
 浴場として使われてたらしい場所も多い

 惜しむらくは7倍の値段でふっかけてくる外国人料金と、自転車止めておいたら「俺がちゃんと見ててやるから金よこせ」とか言ってくるモロッコ人のセコさかな。払いましたよ、そうしないと逆恨みしてそいつが窃盗犯に変貌する可能性あるので。

DSCN0151
 面倒臭い国だな

DSCN0151
 面白い観光地だけに余計そう思う

 1時間ちょい回って満足したので先へ進もうかと。時間も16時過ぎてるし近くの町で終了しようかと寄ってみたが、宿代が軒並み高くて利用できん。すると「ここから10kmくらい先にキャンプ場あるよ」と教えてもらったので、そこへ向かうことに。

DSCN0160
 そこそこ登って

 守備よくキャンプ場チェックイン完了。ただ下調べして来た場所じゃないので食材持ち合わせがないんだよね。近くの町まで買い出しに行かないと・・・と準備してたらスタッフが「1時間後に街へ行くからバイクに乗せてやるよ」と有難いこと言ってくれる。

 どうも助かりますと1時間後に行って更に30分待たされるのはまぁ想像の範疇だけどさ、買い物終えてじゃあ戻ろうか、というタイミングで突然「今から友達の家行くからオマエは歩いて帰ってね」とか言ってくるの勘弁してほしい。途上国モロッコなのである。

 2022年10月15日(土) 走行距離85km  累計118983km