ボスニア9日目&セルビア1日目 ブルチコの町〜ベオグラードから西に58km地点 サバ川沿い

 テントを張る時の地面で注意する点は「凸凹」と「傾き」であると思ってる。野宿じゃ完璧フラットな地面にテント張るのは難しいが、なるべくこの2点が良い条件で設営すると睡眠の質が良くなり疲労回復にも繋がる。

DSCN2748
 だからテント張る前の草抜きは重要

 しかし昨日は到着が遅れたこともあり、あまりしっかり整地ができずオマケに川へと下る斜面の途中にテント張ったため角度が付いた状態での睡眠となってしまった。こうなると寝心地悪くて深夜に何度も目を覚ますこととなり、朝になっても身体の節々が痛い。

DSCN2749
 早めに野営地見つけるのは大切なのだ

 ともあれ9時過ぎには出発して川に沿う形で東進する。走り始めて2kmでWi-Fi使えるガソスタが出現し、思わず1時間近くネットして遊んでしまい何やってるのだと思いつつ。

DSCN2753
 次の国入る時は色々情報収集しときたいから

DSCN2751
 徐々に日中でも肌寒いと感じることが増えてきた

 ボスニア北東端に位置するビイェリナの町に向かうのは、バニャ・ルカの宿でスタッフの兄ちゃんからオススメの町として紹介されたから。単にバニャ・ルカからセルビアへ進むと勝手にぶつかる位置関係でもある。

DSCN2758
 でも想像してたより大きな町っぽい

DSCN2757
 町並みに社会主義国の名残りを感じたり 

DSCN2759
 オッさんがカタパルト射出されてるモニュメントかな?

DSCN2760
 この手のチェスで大賑わいしてるの初めて見たかも

 思いの外活気があって良い雰囲気の町だったな。特に見所とか観光名所があるワケでは無さそうだけど、こうした立派な町を走り抜けてくのは悪くない。ボスニア入国直後なんて寒村しか出てこず「大丈夫かこの国!?」と思った程だし。

DSCN2763
 町を抜けて10kmも進めば

DSCN2764
 イミグレーションが見えてきた

 ボスニア側の出国審査はアッサリスタンプ押されて終了したが、セルビア側の入国審査で意外に根掘り葉掘り細かい質問が来る。セルビア抜けた後の訪問予定国って入国審査に必要な問答なのか?

DSCN2767
 時間にしたら数分程度だったが

DSCN2768
 なんとセルビア入って最初の看板がサイクリングロードの情報とは

 このまま首都のベオグラードまで直線的に走っていこうと思っていたが、こんなしっかりした自転車用の道をお出ししてくれるのならば話は別だ。セルビアサイクリングロードを楽しんでみようじゃないか!

DSCN2771
 とか思って走り出したけど

 サイクリングロードが全然親切じゃねぇ。初手から何km進めば良いのか分からないままに走っていたのだが、いつの間にか示してるルートから離れてしまった模様。結局素直にベオグラード目指して進むことにした。

DSCN2770
 なんだかな〜

 国境沿いは道路が狭くてガタガタだし「セルビア大丈夫かいな?」と不安だったが、ある程度進むと道路幅も広がり交通量も落ち着いて走りやすくなってきた。路面はガタガタのままだけど。

 新しい国入った初日は何かと忙しいもので、両替屋で現金作って町の治安や雰囲気もそうだしスーパーでの物価調査もしておきたい。シャバツというやや大き目の町に到着したのは17時前なのだけど、ここから大車輪でこれらの作業してしまう。

DSCN2773
 ついでに水道見つけて水の補給もしなくては

 シャバツの町はかなり大きな規模だけど、それ以上に活気のある町で、中央広場で大勢の人が屯っているの見て最初は「何かフェスティバルでもやってるのか!?」と思ったほど。もうすぐ夕暮れなのに子供が大勢遊具で遊びまわっている。

DSCN2774
 パワーを感じる

 こりゃ野宿は町からしっかり距離とって行うべきだと、町の北部を流れるサバ川渡った反対岸へ向かう。日中は川から離れて走っており気にしなかったが、丸1日サバ川に沿う形で移動してたワケだ。

 川沿いは別荘だったり釣り場として整備されてたりで人気のない場所が見つからず、結局未舗装路が続く道の最奥まで行ったところに良い感じのポイント見つけて本日終了。花で囲まれてるファンシーな場所でのテント泊だが、平坦で地面に凸凹もなく今夜は気持ちよく眠れそう。

DSCN2778
 僅かな違いが寝心地を左右する

 ちなみに蚊も全然出てこず珍しく蚊取り線香使わない夜だった。普段はテント張り終えるまでに複数箇所刺されてしまうのが当たり前で、こりゃセルビア入って野宿運が向いてきたかな。

 2023年10月5日(木) 走行距離86km  累計141480km