セルビア8日目&ボスニア10日目 Kamisina川沿い〜サラエボから東南東に約50km ゴラジュテの町

 野営地は砂利の上だったためテントの結露は無いと踏んでいたが、朝起きたらフライシート全面水滴まみれであった。何年旅行やってもテントが濡れる原因というのは分からんものだ。

DSCN2929
 日光で乾かしてたら出発10時前に

 とはいえ慌てて走るワケでもなく。スタートして僅か3kmでイミグレーションが出てくる程にはボスニア国境付近にいた。ここの国境を車両以外の方法で越える人はほとんどいないようで、自転車である私も車両のレーンに並んで出国審査を受ける模様。

DSCN2933
 小さい国境ってのはそんなもん

 出国審査だというのに細かい質問が続いたセルビアだけど、無事にスタンプ押してもらいそのままボスニア側のイミグレーションへと移動する。なお本日スタート地点からここまでずっと下り坂が続いてるので、未だマトモにペダルを踏んでいない。

DSCN2934
 それではご機嫌ようセルビア 

DSCN2935
 ボスニア戻りました

 セルビアでも渓谷を走っていたのだが、ボスニア入国してから左右に聳え立つ山々がより大きくなったように思う。簡単にいえば「ダイナミックな道」になった感じで、写真撮るのが実に楽しい。

DSCN2944
 やっぱりボスニアは山の国だと思う

DSCN2940
 日向と日陰の温度差がすごい

 そのまま20kmほど山間の道を進み、平野に出た場所がビシェグラードの町。ここはU字に曲がった川の内陸部分に教会が建っている風光明媚な場所としてオススメされていた土地で、はるばる山の中を走って国境越えしたのも、この町に来てみたいからというのが理由の1つ。

DSCN2946
 ということで訪問してみた

DSCN2948
 想像してたよりずっと荘厳な雰囲気だ

DSCN2954
 川の向こう側からも1枚

 やたら立派な橋の脇にてお昼休憩したのだが、どうもこの橋は世界遺産認定されてる名所の建築物だったらしい。近くの看板にUNESCOとか表記があったので、一瞬気にはしたのだけども。

DSCN2949
 かなり後になってからその事実を知った私

 んなことより私の走行ルートのが問題で、再び渓谷の底にあるドリナ川の脇を伝っていくのだが、この辺の山があまりに険しいためか道路にトンネルがポツポツ出始めた。

 トンネルという存在は日本が段違いに数多く、海外においてそれほどお目にかかることのないモノである。

DSCN2956
 1000km走ってトンネル0なんてザラ

 ところがこの道路は驚きのトンネル率で、長短あれども30を越える数のトンネルが出てくる。問題なのはそのほとんどに電灯の設置が半分もなされていない、下手すりゃ電灯など一切ないトンネルが多いことだ。長さ次第で外の光が届かず真っ暗になる場所もあるというのに!

 路面のギャップ拾って転倒するのも怖いし、そんな状況で後方から車両が迫ってくるのはもっと怖い。自転車のライトで解決するような問題じゃ無いと思うのだけど。

DSCN2961
 走行ストレスが凄まじい

DSCN2960
 それさえなければ景色良くて素晴らしい道なのになぁ

 神経すり減らしながらも走り続けてゴラジュデの町に到着する。ここからは川を離れて山岳ルートへ突入する予定であり、疲れはしても怖い思いをすることのない道になるため胸を撫で下ろす。

DSCN2965
 なのだけど

 その山も標高1200m越えで900m近く登っていく計算となる。ここで下手にヒルクライム始めると途中で日が暮れてしまうの間違いないため、本日はゴラジュデにて終了しようかと思う。

 買い物済ませて川の反対岸へと渡り、テント張れそうな場所を探して回る。とりあえず川沿いの水浴びできるような場所がいいな・・・と畑の間にある道を進んでいたら「セニョールその先には川しかないよ!」と呼び止められてしまったり。

 うん、その川で身体を洗おうかと思いまして・・・と話した私がよほど哀れに見えたのか不明だが「そういうことならウチに泊まっていきなさい」と言ってくれるボスニアの人の暖かさよ。

DSCN2976
 なお娘さんに通訳してもらうまでほぼジェスチャー

DSCN2969
 自宅でパンを焼くって良いな

 ボスニア料理にボスニア酒であるラキアを頂きつつ、ボスニアの音楽を家族みんなで歌って歓迎してくれる至福の時間。本当になんとお礼を言ったら良いのやら。

DSCN2967
 心からありがとうと

DSCN2968
 心もお腹もいっぱいでした

 2度目のボスニアは幸せいっぱいのスタートとなった。

 2023年10月12日(木) 走行距離67km  累計141946km