トルコ14日目 イスタンブール国際空港〜イズミールの町

 1ヶ月強の日本滞在を経て21時間(乗り継ぎ待ち含む)のフライトに我慢した後、ようやくイスタンブール空港に到着したのは朝8時前。予想はしてたがほとんど眠れてないのに加え、東京での滞在中はスケジュールギチギチだったこともあり、この時点で全身疲労困憊という感じ。

RIMG0291
 眠い

RIMG0292
 ちょうど朝日が登るタイミングだった空港内

 今回はチケット予約の際、イズミールまで飛行機移動しても料金的にほとんど差がなかった関係でイズミール行きのチケットを申し込んでいたのだが、1月に入って突然「やっぱ航空チケット取れなかった、スマンな(意訳)」というメールが届く。

 慌てて別口のチケット予約に動いたところ、イズミール行きのチケットは軒並み高騰しており購入できなかったという裏話がある。もう2度とTrip.comは利用しないと誓った。

 お疲れモードではあるが、とにかくバスターミナルを目指す。まだここから7〜8時間はバスに揺られてイズミールを目指す必要があるという事実に対して、2024年は自転車走行始める前から嫌になりそう。

RIMG0294
 ほぼ座ってるだけなのに

RIMG0295
 お尻も痛いし腰も痛い

 眠ってしまえばそれが1番良いのだけれど、狭い座席のスペースで熟睡できるようなタイプじゃない私はちょいちょいウトウトすることがあってもほとんど眠れず。なんだかんだ昨日のフライトも寝てないし、何なら5日前に東京戻ってからは忙しくて睡眠不足が続いてる。

RIMG0299
 むしろ寝不足なら多少しんどい環境でも眠れると思ってたのだが

 日が落ちて暗くなった頃にイズミールのバスターミナルへ無事到着。ここで本日3本目となる市内バスへと乗り換えて、自転車一式預かって貰ってるナフィズ宅の最寄りまで移動。

RIMG0300
 何時間移動してるのか数えたくない

 1ヶ月と1週間の時間を経てようやくナフィズの家に戻ってこれた。彼が笑顔で「戻ってきたな!」と言ってくれたことが本当に嬉しかったし、ここでようやく日本ではない異国の土地にやって来たんだ!という実感が湧いた。

 ちなみに相棒である自転車のロシナンテ号にはまだ対面していない。早く姿を見て安心したいけど、今はとにかく眠って明日になったら考えよう。

 2024年1月18日(木) 走行距離0km  累計144552km