トルコ22日目 オルタジャの町〜イズミールから南東に約270km オルデニズの町

 8時前には目を覚ましたが、その時間はトルコ人にとってまだ活動時間帯ではないらしくみなさん眠っている様子。昨夜「朝9時一緒に朝食食べよう」と聞いてたので荷物の準備したりPC作業して過ごすことに。

RIMG0463
 夜も暖かかくて快適でした

RIMG0464
 そんで頂いた朝食が

 これまた実に美味しい。世界3大料理の一角を担う国でもあるし、トルコの食事は美味いと聞いてもいたが、日本へ一時帰国し舌が肥えてる状態にも関わらず、何食べても美味いと思えるトルコの料理は凄いな。

RIMG0465
 マキネッタみたいな構造のお茶ポッド

 色々話をしてたが1番印象に残ってるのが「トルコの若い人たちはあまりチャイ(トルコ茶)を飲まず、炭酸飲料飲む人が多いね」という話。日本でも似たようなイメージあるな、まったく伝統を何だと思っているのだ!とお茶好きな茶壺さんは言ってやりたい。

 昨日の自転車ショップに移動したのは古いリムテープの代わりを購入するのと、ペダルのトゥクリップを外す作業をしたかったため。イズミールで交換したペダルとトゥクリップが相性悪くて使い辛かったので。

RIMG0466
 色々見て貰ってここでもチャイを頂いて

 お礼言って出発したのは12時過ぎてた。楽しい半日休だったなと思いつつオルタジャの町を抜けるよう自転車漕ぎ出したのだが、休んだためか昨日の温泉効果かやたらとペダルが軽い。

RIMG0469
 これはサクサク進めそうな気がする

 ・・・と上り坂に差し掛かる10kmくらいは思ってた。やはりというか海岸近くの道であるにも関わらず、激しいアップダウンが連続する地形のようで相当キツい。

RIMG0472
 オマケにこの通り

 訪れた山は山頂付近のトンネルで反対側に通じてるタイプだったが、これが車両以外は通行禁止で自転車は本当の意味で山頂まで迂回路登れと言われてしまう。山岳路で頂上トンネルのスタイル好きじゃない私だが、それでもちょっと釈然としない気持ちを抱えつつ。

RIMG0473
 でもまぁやっぱり登った感は大事

 この先も標高こそ低いものの斜度キツめの坂を登っては下る。温泉でリフレッシュしたはずの両足はいつの間にやら限界ギリギリとなっていますよ。

RIMG0475
 どうしてこうなった

 50kmほど走ったところでフェトヒエという町に到着する。ここのビーチに沿って作られた公園が実に綺麗で自転車道も完璧に整備されており驚いてしもうた。トルコはちょいちょい地方都市のレベル高さにビックリするな。

RIMG0479
 先ほどまでとの違いが凄い 

RIMG0482
 オシャレで

RIMG0484
 多分人気観光地なのだと思われ

 ここからオススメされたポイントを幾つか経由したく、主要道路を外れて海岸線に近いローカル道へ入るのだが。これがまた無茶苦茶大変な坂道なのであり、300mちょっとの標高にも関わらず途中から押して進む羽目になろうとは。

 フェトヒエが住民も多い観光地だとしたら、山向こうのオルデニズは地元住民が殆どいない本当に観光客に向けて作られた町という印象。町中の雰囲気はそれほどだったが、ちょうど夕日が沈むタイミングで見れたビーチは素晴らしい景色。

RIMG0485
 かなり久々の海に沈む夕日だと思う

 町からちょっと離れた草地にテント張って本日終了。今日は久しぶりにビールも買ったし朝お土産にオリーブも頂いてるしで夕食が豪勢だ。

RIMG0488
 大変美味しゅうございました

 相当ハードな行程だったためか、ブログ記事書く気力も出てこず一息着こうと横になったらそのまま寝てしもうた。明日はもっと厳しい峠を登る予定なのだが大丈夫かな?

 2024年1月26日(金) 走行距離68km  累計145023km