トルコ28・29日目 アンタルヤの町

 休息日。アンタルヤは結構な観光都市らしいが外に出るでもなくひたすら寝てた。目を覚ましてからもキッチンでコーヒー淹れたり昨日作ったカレー食べたりしたくらいでほとんど活動らしいことはせず。

RIMG0605
 というかゆっくり休むために来たのだし

 昨日割と早くに寝たはずなのだがベッドで横になっていると、いつの間にか寝落ちしてしまう。単純に「寝てない」という状態なら1度ガッツリ眠れば元気になるけれど、身体の疲労が溜まっている状態だと睡眠しっかり取れててもすぐ眠くなる。

RIMG0606
 穴の空いたフロントバッグとか修理しようと思ってたんだけど

 17時前になってちょっとだけ外を歩いてみようかと動き出す。食材の買い出しという理由が無ければ多分1日外出しなかったのだろうとは思ってる。

RIMG0609
 あの辺ずっと走ってきたのか

RIMG0613
 アンタルヤにはやたら銅像が多い

RIMG0615
 私好みだな

 観光的に人気のある旧市街エリアは明日に回すこととして今日はサクッと宿に戻る。サクッとといっても日没ギリギリだったので2時間弱くらい歩き回ったのであり、結構疲れたな。

RIMG0619
 利用してるのkuyuHOSTELという名前です

 真冬のローシーズンだからか宿の利用客もほとんどおらず静かなのが良い。幾つか宿候補があったのだが、他のホステルがバー併設してて深夜まで煩そうだったのがここを選んだ大きな理由。結果論だが今の時期ならその点は気にしなくても平気だったかもしれない。


 翌日。夜眠れないということもなくグッスリだった私。流石に今日は町中色々回ってみようかとも思ったが、PCの写真データバックアップとかしてたらいつの間にか昼過ぎになってた不思議。

RIMG0620
 午前中何やってたんだろ私は

 観光はともかくアンタルヤで済ませときたかったのがコーヒー豆の購入だ。今朝のタイミングでフィルター共々使い切ってしまったので調達したい。

RIMG0624
 そんでもってアンタルヤだけど

 観光地の中心部というだけあってカフェの数が凄まじい。途上国だと焙煎したコーヒー豆見つけるのが難しい(粉なら何処にでもある)のだが、トルコに関してはスーパーやカフェ、果ては香辛料ショップにまでコーヒー豆が販売されてて市販品からスペシャリティまで選び放題。

RIMG0627
 どういう店がいいのか迷ってしまう

 選べるならば美味しいコーヒーが飲みたいのが人情であり、というかアルバニアのスーパーで購入したコーヒー豆は容量1kgとか大きすぎて使い切るのに丸2ヶ月もかかってしもうた。後半は香りもほとんど飛んでるコーヒー飲んでたぞ。

 ということで適度な量で美味しい豆がないかと探しまわる。アンタルヤの観光が完全に主眼から離れてしまったが、まぁ旧市街のカフェは一通り覗いて回ったのだし良しとしよう。

RIMG0629
 ヨーロッパと比べて安く買えたことも嬉しい

 満足して宿に戻り今後のルートを考えつつ飲んでる物はビールでしたが。ほら昨日から気温が上がってビールが益々美味しくなったからさ、夕食前だけど仕方なかったってヤツだ。

RIMG0630
 夕食はオーブン料理で済ます

 この先トルコ東部の山岳地帯に入ると雪と厳しい寒さが待ち構えているらしい。この辺でのんびり過ごして暖かくなるのを待つべきか、今後を考え一時の寒さは我慢し進むべきか。割と悩ましい。

 2024年2月1日(木) 走行距離0km  累計145308km
 2024年2月2日(金) 走行距離0km  累計145308km