トルコ32日目 川沿い〜ギョレメから南南西に333km地点 ドラゴンキャンプ場

 深夜0時ごろに雨が降り出しどうなることかと不安になったのは、野営地が辺鄙な場所で電波が届かずネットで天気予報の確認ができなかったため。まぁ1〜2時間で降り止むだろうと思っていた。

RIMG0679
 実際何時ごろ止んだのかは不明

 フライシートもほとんど乾いてたので、夜間の冷え込みを考慮して降り止んでから数時間は経過していることが窺える。つまり大した問題じゃなかったということだ。

RIMG0681
 それでは今日もいきましょう!

 5kmも走れば昨日別れた主要道路と合流しガジパシャの町へと突入する。ちょっと難しいのが次、確実にスーパーのある町が70kmほど先なのだけど、この間かなり激しいアップダウンの連続みたいで今日中に辿り着けない可能性がある。

 安全策でガジパシャいる内に食材ゲットしておくか、山岳地帯を重量少ない状態で駆け抜け次のアナムルで買い物するべきか・・・

RIMG0684
 いいや行っちゃえ

 と勢いに任せて山岳地帯に突入する。もちろん最悪の事態に備えて予備食材は持ってるけれど、思い切ったことするなと言えなくもない行動ではある。

RIMG0685
 まぁスーパーは無くてもレストランはちょいちょい出てくるし

RIMG0687
 私にかかればこの程度の坂道楽勝ですよ!

 とか思いつつ登っているとピクニックテーブルにて昼食楽しんでる家族に声かけられる。吸い寄せられるように席につき、一緒になってお昼をご馳走してもらってる輩は私です。

RIMG0688
 正直助かりました

RIMG0690
 この先のメルスィンという町に住んでるとのこと

 想像してたより大変な道でエネルギー枯渇気味だったので天の助けとはこのことか!と思ったね。トルコの人は見知らぬ外国人にも優しいなぁ・・・とかウキウキしながら走行再開して10分後、別の家族に呼び止められサンドイッチ頬張ってた茶壺さん。

RIMG0691
 いやだってオススメされたら断れないし

 こんなによくして貰った以上、半端に終了するとか出来ないな!絶対この山岳地帯越えてアナムルの町までたどり着いちゃるぞ!という使命感が湧いて出たのはこの時。

RIMG0697
 450mまで登ったところで

 谷間を流れる川を越えるため一旦標高0mまでダウンヒルを挟む。橋を渡ると同時に本日2本目となる上り坂が始まるのであり、チャキチャキ登って行きますよ今日の私は。

RIMG0694
 そういえば昨日の後半あたりから

 栽培されてる作物がみかんに変わってバナナとなった。この集落に至ってはバナナの木々が生茂る隙間にポツポツと家が散見される感じであり、トルコってそんなにバナナのイメージない国なんだけど。

RIMG0693
 2本目は500m位まで登った

 所々で厳しい斜度が出てきたハードな坂であり、冗談抜きでお昼頂いてなかったらエネルギー切れ起こしてヘバっていたと思う。こうして乗り越えられたのは親切な方々のおかげです。

RIMG0695
 そう言えることが嬉しいね

 最後にもう1本小さめの坂をクリアして無事アナムルの町へ到着する。ここがトルコの最南端に位置する岬と隣接する町であり、余裕があったら灯台まで行ってみようかと思ってたけど、余裕もなければ日没までの時間もない。

RIMG0700
 というかスーパーの姿もないのだが

 町を抜けるギリギリまで進んでようやく発見、買い物を済ませて一気にアナムルの町を抜けてしまう。ここまで来たら逆走して町の入口まで戻るという選択肢はなかった。

RIMG0701
 ということで少々先に進んで

 海沿いにあるキャンプ場を訪ねてみたら1泊150リラ(約730円)とお安かったので利用することにした。冬で寒くて行水できない環境なので、3日に1度くらいはシャワー浴びたいし。

RIMG0702
 最南端の岬に日が沈む

RIMG0705
 シャワーと充電済ませてリフレッシュだ

 実際には今日の激しいアップダウンで両足ガタガタなんだけど。アンタルヤ出発して2日も楽な道が続いたから、バランス取るべきだろ!というトルコの反動が来たか。

 2024年2月5日(月) 走行距離87km  累計145575km