トルコ46日目 川沿い〜ギョレメから東に約260km Kepezの町

 道路から脇道入った先に広がってた野原の更に奥、木々の間にテント張ったのだけどそんな場所に誰も来る筈もなく。むしろ狭いスペースでテント畳むのに苦労した朝。

RIMG1107
 野宿をどこまで用心するかは悩ましい

 昨日峠越えしたからといって今日が楽になるとは限らない。というか山岳地帯というのは山々が連なっているからそう呼ばれるのであり、山越えしない方が変なのだ!という考え方もできる。

RIMG1109
 つまり今日も登ります

 登るのは覚悟の上だけど、次の町であるダレンデまでは平坦な道が続くと思ってた。どっこい坂道しっかり登らせるとは想定外。カッパドキアもずっと動き回って休んでないし、そろそろ疲労困憊で倒れちゃうよ茶壺さん。

RIMG1111
 どこまで行ったら休もうか・・・

 んな事考えながらダレンデの町へ。この先の峠越えを考えると、今日確実にスーパーある町はここが最後かもしれないので買い物しておこうと町中散策したのだが。

 僅かな時間の間にチャイに誘われること3回、オマケに見知らぬ方からお菓子を頂きあまつさえ昼食に誘われたのだが。何だこの町?親切か。

RIMG1118
 学校の先生だそうです

 お店の人たちも「サイクリストならたくさん食べるだろう」と丸々お代わり出してくれて、ダレンデを出発する頃には心もお腹もいっぱいに。こうした出会いがあるから自転車旅行は楽しいんだ。

RIMG1116
 町の中央ではイベントやってた

 ダレンデを向けて直ぐに上り坂が始まるのかと思ったら、ここからがむしろ平坦区域だった。どうせこの後1800mまで登ることが分かっていると、手前の平坦路が長いほど後から出てくる上り坂が急斜度になるワケで精神的によろしくない。

RIMG1125
 村の規模に見合わない大きなモスクがあったので見学

 してたら地元っ子が興味津々で話しかけてくる。こういう時女の子ってのは可愛いもので、最初はおっかなびっくり遠巻きにしてたのが、私が日本人だと分かると俄然親切にしてくれ「モスクの中も案内してあげるわ(意訳)」と連れ回してくれた。

 これが男の子だと第一手から「マネー」とか「チャイナ!」と来ることも多く、良くも悪くもアグレッシブなので。

RIMG1124
 どうもありがとう

RIMG1127
 この辺はドライフルーツの販売店が多い

 いよいよ本格的な上り坂が始まったのだけど、看板に記されてた数字が「7%で6km」と心配してた通りの事態に。もっと緩やかにダラダラ登っていくのを所望してたのだけどな私は。

RIMG1128
 計算上は420mアップか

RIMG1131
 上の方まで来るとやっぱり雪景色に

RIMG1132
 何の建物だろうか?

 頂上着いた時には17時を回っており、登りきった灌漑にふける間も無くダウンヒルに入る。少しでも標高下げて寒さから逃れることが第一目標だ。

 Kepezという町まで走ったところで登り返しの坂が出てきてしまい、オマケに時刻も18時過ぎた。もう今日はここで終了だなとテント張れそうな場所を探そうと立ち止まったのだが。

 「どうしたこんなところでまぁ来いよ!」と仕事終わりのオッちゃんグループに声かけられて、そのまま一緒にビール飲んでた。いや飲んでたのは「そういうことなら家に泊まれば良い」とお誘い頂いて、もう怖いもの無し!と思ったのと目の前にビールがあったから。

 自転車はガレージ内に置かせてもらい、車に乗ってシュクルの家へ。夕食の前に飼ってる牛の世話があるというので見せてもらったり。

RIMG1134
 機械を使わず乳搾り

RIMG1137
 一仕事終えてから夕食に

 これがまた素晴らしいお味。今日は昼食も目一杯頂いたワケだが夕食も「たくさん食べなさい」と胃がはちきれんばかりに食べさせてもらい、本当に何と言えば良いのか。

 そういえば仕事仲間の皆さん全員クルド人なのだそうで、国を持たない世界最大の民族として有名なクルド人のエリアに入ったのだと実感した。この手の話は興味があるので、そうしたご家庭にお泊まり経験が出来てとても嬉しい。

 2024年2月19日(月) 走行距離73km  累計146492km