トルコ48日目 バグリツァの町〜ヴァンから西に約360km エラズーの町

 最近野宿でも良く眠れてる気がするのだが、地面の柔らかい場所が多く寝心地が良いからか、多少の違和感じゃ目を覚まさないほど疲労が蓄積しているかだと思う。後者だったら大問題。

RIMG1170
 エラズーの町に着いたら休息取ろう

 そんな心持ちで出発した朝だけど、標高が低い(約700m)場所なので気温が高いのが嬉しい。個人的に自転車旅行における快適温度は15〜25℃くらいだと思っているが、そんな都合の良い環境ばかり走れるワケじゃなく、下はー15℃から上は45℃まで様々な気候で自転車漕いできた。

RIMG1173
 そんで1つ言えるのは

 別に私は厳しい気候の中を走りたくはないということだ。これが「厳しい土地」ならそういうこともあるのです。道が面白いならそこを走ってみたい。

 でも気温というのは環境に付属してくるモノであり、求めるものとは違う。だから私は暑くない時期に砂漠を走るし、寒くない時期に極地を目指す。そう考えると2月の時期でトルコ山中を走ってる今の事態がむしろイレギュラーなのでは?

RIMG1171
 湖の対岸にも町があるみたい

RIMG1174
 優雅な家だな 

RIMG1175
 流入河川に架かる巨大な橋を渡る

 でもよくよく考えてみると自転車旅行のスケジュールが計画と剥離するのはいつものことで、寒いアメリカナダやパタゴニア、暑いオーストラリアとかも走ってるんだよね。それに比べれりゃこの国の冬はまだ凌ぎやすい。

RIMG1176
 ・・・とかそんなこと考えながら上り坂

 特に今日の坂道は直線的で景色の変化も少なかったため、そういう時ほどアレコレ余計なことを考えるものだ。というか上り坂は、真面目にずっと取り組んでるよりも他のこと考えたりしてる方が楽なので。

 30kmほど走ってどうやら頂上に到着した模様。標高1400mに満たないことから昨日や一昨日より楽だと思っていたのだが、スタート地点からの獲得標高を考えるとむしろ今日の方が大変だったまである。

RIMG1178
 地味に向かい風なのもあったし

 下り坂に入ってしまい後はエラズーの町まで楽して進むばかりであるのだが、天気が悪く今にも雨が降り出しそう。というか僅かに降られたりしてて、宿にチェックインするまで気が抜けなそうだなこりゃ。

RIMG1182
 休み入れずに急いでエラズーの市内へ

 入れたところまでは良かったが、町中は数十分前まで雨に降られていたようで道路が湿っている始末。むしろゆっくり進んで路面が乾いたタイミングに突入した方が良かったのでは?

RIMG1181
 そこまで考えてなかったよ

RIMG1184
 ラスト5kmくらいから雨降ってきちゃった

 タイミング悪い時ってのはこんなもんなので仕方ないとは思ってる。ただこういうコンディションで宿を探すと早く投宿したいがために宿の見極め甘くなることが多いんだよな。

RIMG1186
 これくらい地方都市だとネット掲載されてない安宿がいっぱい

 自転車建物内に置かせてくれなかったり本当か知らんが此方の顔を見るなり「満員だよ」と断られたりもあって難航し、ようやくチェックインした時には私も自転車もすっかり濡れていたし汚れてしもうた。

RIMG1185
 それでも先に食事と買い物に

 個室で部屋にシャワーが付いてたのはトルコの宿で初めての気がする。そもそも宿に泊まった回数が少ないトルコだけど、どうやらこの先益々平均標高上がっていくみたいなので、ここからは宿を使う機会も増えるだろう。そうすりゃもっと色々な宿が出てくるかも?

 2024年2月21日(水) 走行距離65km  累計146655km