アルメニア2日目 メグリの町〜エレバンから東南東に約190km カパンの町

 上手いこと窓から朝日が差し込んできたため目を覚ますことに成功した。とはいえ無茶苦茶眠たい朝7時。とりあえず離れのキッチンでコーヒー飲みつつ朝食作りましょうか。

RIMG2671
 ベッドは2つも要らなかったな

RIMG2672
 キッチンあると色々便利で助かります

 出発準備整えて9時半前には動き出す。この地域は「シュニク地方」と呼ばれているのだが、東西をアゼルバイジャンに包囲された土地であり、険しい山々の中を通る道が1本ないし2本あるのみだ。

 つまりここから北上していくにあって峠越えは避けられない模様。というかメグリの町ですら山の斜面に築かれた町であり、平坦な場所は数えるほどしかない土地である。

RIMG2673
 これはなかなか厳しそうな予感

RIMG2674
 8%がずっと続くのだろうか?

RIMG2676
 アルメニアの牛はなんか可愛いな

 スタートからずっと上り坂が続く。メグリの標高が500mくらいなのだが、この先越える峠の最高標高は2500mオーバーとなるようで、アルメニアは最初の峠から2000mアップという随分厳しいヒルクライムやらせるのね。

RIMG2678
 勘弁してくれ

 淡々と登り続けて2時間くらい経っただろうか?道中に水場が多いため水分補給だけは楽にできるのがありがたい。ちょいちょい食堂も見かけるのだが、ケバブばかりで入店しようという気にならないのは問題だ。イランの後遺症か。

RIMG2682
 中途半端に道が造られてるな

 2000mを越えると周囲に景色も徐々に変化が訪れる。周りの山々にも雪を被った姿が増え、気温もかなり下がってきた。スタート時はTシャツ1枚でも暑いくらいだったが途中から上着を着て暖を取る程度には。

RIMG2683
 お、頂上が見えた?

 何とか無事に山頂までイケそうだと安心したのが悪かったのか、ラスト数kmのところで右足がつってしまうトラブルが。お昼休憩もドライフルーツだけで済ましたし、電解質のバランスが崩れたか。

RIMG2687
 無理矢理エネルギー補給して進むことに

RIMG2688
 何とか山頂到着の2535m

 ここから先は暫く下り坂が続くことになるため何も心配することはない・・・かと思いきや、あまりに疲労の色が濃いせいか、両手足の指が痺れている状況が続く。これもエネルギー不足の影響なんだろな。

RIMG2691
 そんな状態で撮影するの嫌なので

RIMG2690
 早いとこ問題解消したいのだけど

RIMG2693
 下り途中に見えたカジャランの町

 地図では山中に存在する地方の田舎なんだろな・・・とか思っていたが、意外にも高層ビルが立ち並ぶ結構な都会の雰囲気がある。

RIMG2694
 でも近くで見てみると

 その大半は廃墟なのか人が住んでいるのかも怪しいボロビルばかり。メグリの町ではそれほど感じなかったけど、ロシアの衛星国だった過去を持つアルメニアはやっぱり社会主義国の色合いを感じる。

RIMG2697
 渓谷の川沿いを下っていく

RIMG2701
 ここもダイナミックな地形だ

 稼いだ標高貯金をほぼ排出したところで到着したのはかパンの町。流石に疲れ切っているので今日は素直に宿を取ろうと思ったのだが、あまりツーリスティックではない町のためか「安宿」というものがなくお高い宿泊施設ばかり。

RIMG2703
 相当探し回ったぞ

 チェックインしたのは18時半を過ぎており、オマケに全身疲労感でいっぱいの状況。夕食作る気力もなくて食堂にて晩御飯とあいなったところ

RIMG2707
 隣の席のオッちゃんたちと仲良くなる

 どうやらアルメニアでは事あるごとにウオッカで乾杯して一息に飲み干すのがマナーみたいだが、空きっ腹に疲労感満載の状況で5杯も6杯もウォッカ飲まされたためフラフラである。楽しかったけどさ。

 何とか宿に戻り、それはそれとしてビール飲んでる私は罪深い。ほら、よく言うじゃないですか「甘い物とビールは別腹」ってヤツだ。

 2024年4月22日(月) 走行距離80km 累計149926km